名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大𣘺俊夫(大橋俊夫)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大𣘺俊夫(大橋俊夫)のプロフィール

大𣘺俊夫、おおはし・としお。日本の経営者。「ロジネクス」社長。

大𣘺俊夫(大橋俊夫)の名言 一覧

厳しい時代だからこそ経営者は時流を読み、決断し変わらなければならない。


長距離ですとどうしても労働時間の問題が発生し、ドライバーの過労運転にもつながってしまいます。当社も過去に悲しい事故がありました。尊い犠牲の上に当社が成り立っていることを肝に銘じると同時に、コンプライアンスを遵守し、働き方も変えていかなくてはなりません。


年齢や身体的な負担などの理由で泣く泣く退職する従業員がいると身が引き裂かれるような思いがします。そこでグループ会社を展開し、従業員に様々な働き方の提示をしたいと思っています。全く知らない会社で一から働くよりよっぽど安心して働けるでしょう。


大𣘺俊夫(大橋俊夫)の経歴・略歴

大𣘺俊夫、おおはし・としお。日本の経営者。「ロジネクス」社長。

他の記事も読んでみる

橋下徹

新しい方向性に問題があるのは当然だ。ただそれが現状と比べてどうなのか、という思考が事態を前進させるためには絶対に必要。新しい方向性に潜む問題点ばかりをあげつらって、現状がよりましになるチャンスを逃したら目も当てられない。現状がましになるチャンスを逃すだけでなく、さらに悪い方向に向かってしまえば最悪だ。


岡野喜太郎

「馬鹿ッ」と一喝、怒鳴りつけられるかもしれない。そう思って仰ぐと、以外にも父の顔はなごやかで静かであった。「それで銀行が助かるなら、それで結構だ。お前の信ずるようにやりなさい。田畑はなくしても、また買うことができる。人様には絶対に迷惑をかけてはならない」あまりにも温かい父の言葉に、私の目からは思わず、熱い涙が落ち、感謝の言葉さえ、しどろもどろであった。
【覚書き|明治34年の恐慌によって駿東銀行が破たんしそうになったとき、実家の田畑を抵当に入れ他の銀行から資金を借りたいと父に頼みに行ったときを振り返っての発言】


国部毅(國部毅)

我々が貢献できる分野はいろいろあると思います。例えば、我々にはこれまで事業再編や業界再編などのお手伝いをさせていただいてきた知見、経験があります。また、我々の銀行内には企業調査部とともに個別業界をずっと見続けているコーポレート・アドバイザリー本部があります。この部署などは、個別業界の知見を蓄えていますから、今後の企業展開や、事業展開について様々なアドバイスを提供できるはずです。


堀之内九一郎

あまりに早くスタートしても、その人の人間性が備わるまでは、なかなか成功しません。一時的に成功しても、途中で人の嫉妬などのマイナス感情を受けて、どこかでつまずいてしまいます。商売とは、人が集まって初めて成り立つものですから、まわりの人に悪感情を持たれると、そのほころびは、どんどん大きくなっていくのです


古田英明

学生なら、「日本以外で働きます」と言わないと、これからはもう職はない。30代であれば、海外赴任を積極的に申し出るべき。若いうちに準備をしておかないと、45歳になって会社が中国人に買収され、日本には職がありません、ではつらい。日本企業に駐在員を出せる力がまだ残っているうちに、海外へ出ておくほうがいい。


高田明(ジャパネットたかた)

問題の原因を見つけて解決するのが人生。それをずっと続けていたら、結果的に自分の成長に繋がり、人にも幸せを与えられる。


林野宏

企業の価値は、営業力の総和。営業力の強い会社は、トップ自らが率先して行動することと、営業組織を生かすこと。そして、女性が活躍する会社にすることです。当社の前身となる緑屋では、やる気と独立心のある女性社員たちが新規のカード会員を開拓してくれました。それが当社の強い営業力の原点でもあります。


青木均一

いままでは自己を主張しすぎて、人に容れられなかった。今度は人の言うことを聞くことによって、自分というものを受け入れられた。世の中とはこうしたものだ。自分一人で生きているものではない。大勢の感情の集まりが世の中だ。しからば自分の意見を通そうと思うなら、まず聞いてやるのが順序だ。


前川正雄

20世紀は物の生産性が重要でしたが、21世紀は知恵の生産性の勝負になります。そうなると、個々人が感覚知に長け、その感覚知の交流を促進する寄り合いのシステムが今も根づく日本の製造業の独壇場となります。特にハイテクは日本からしか生まれてこないでしょう。21世紀は再び、日本の時代になりますよ。


木瀬照雄

本当に消費者が求めているものは何なのか。そこにきちんと意識を向ければ、我々が役に立てることはまだまだ結構あるんじゃないでしょうか。


出口治明

既存の生保では、販売員の組織を維持することがすべてに優先するようになり、普通の商品がつくれなくなってしまいました。恋人や両親に安心して勧められるようなわかりやすい商品をゼロからつくりたい。


川口順子

新しいものに出合うためには、訪れたチャンスを、恐れず、ひるまず、つかむ必要があります。自らの選択を恐れる必要はありません。