大𣘺俊夫(大橋俊夫)の名言

大𣘺俊夫(大橋俊夫)のプロフィール

大𣘺俊夫、おおはし・としお。日本の経営者。「ロジネクス」社長。

大𣘺俊夫(大橋俊夫)の名言 一覧

厳しい時代だからこそ経営者は時流を読み、決断し変わらなければならない。


長距離ですとどうしても労働時間の問題が発生し、ドライバーの過労運転にもつながってしまいます。当社も過去に悲しい事故がありました。尊い犠牲の上に当社が成り立っていることを肝に銘じると同時に、コンプライアンスを遵守し、働き方も変えていかなくてはなりません。


年齢や身体的な負担などの理由で泣く泣く退職する従業員がいると身が引き裂かれるような思いがします。そこでグループ会社を展開し、従業員に様々な働き方の提示をしたいと思っています。全く知らない会社で一から働くよりよっぽど安心して働けるでしょう。


大𣘺俊夫(大橋俊夫)の経歴・略歴

大𣘺俊夫、おおはし・としお。日本の経営者。「ロジネクス」社長。

他の記事も読んでみる

牛田一雄

当社はあと数年で創立100周年を迎えます。私の頭の中には、医療も含め新しい事業の「種」となる構想があります。次の100年につなげられるよう、これらの種を着実にまいていきます。


藤井孝一

やらなくてもいいことまで抱え込んで、時間がないと嘆いている人は少なくありません。そうならないためにはタスクリストをつくったら、中身をやらなければならないことと、やらなくてもいいことに分類する必要があります。そうやって確かめてみると、やらなくてもいいことが意外にたくさんあることに気づくはずです。


酒巻久

コストダウンを図るとき、いわゆる“濡れ雑巾を絞っていない会社”はあっというまに2分の1になります。これ以上無理だと言われても、私は「濡れ雑巾をバスタブの中で絞るな。外へ出して絞れ」と言っています。


ケリー・マクゴニガル

他の人がどう思うかということが、重要な情報源になることもあります。ベンチャー(企業)で、単独プロジェクトで成功することはほとんどありません。人生で大きな仕事をする時は必ず、周囲からのサポートが必要になるのです。自分では気づかない盲点に気づかせてくれることもあります。自分を縛る先入観や欠点といった盲点に。


三宅宏実

読書はリフレッシュにもなりますし、気づかされる言葉がたくさんあった。世界は広がるし、本から得られた言葉をヒントに自分を磨けば、競技に生かせるのではないかとも思えた。今では、書店で本を選ぶ時間が一番楽しい。


横山信弘

細かく指示を出し続けていると、部下は自分の頭で考えなくなり、思考停止状態に陥る。そうなった部下に、「なんでできないんだ!」と怒鳴ろうものなら、部下は頭が真っ白になって、何も答えられないでしょう。もしもそんな部下がいるとしたら、それはあなたの責任です。


高田明(ジャパネットたかた)

買う人の人生にどういう形で役に立てるのか、そこまで踏み込んで販売したら、きっとお客さんにも伝わるはずです。そして、そんなことが結果的に「売れるネタ」につながっていくのです。


小林謙

顧客である企業に深く踏み込み、内に眠る無形の資源を活性化させ、生産性を拡張する。それには地力が必要であり、お客様の事を理解していないとできない。


永野毅

「あなたたちの文化について、今日から私たちの文化に合わせてください」ということは一切やりません。むしろ、「あなたたちは何十年間も持続的な成長をしてきて社員からも評価されているのだから、いい所は今まで通りやってくれ」と。だけど、我々の文化と一緒になることによって、ブレンドすることで、よりあなたたちが良くなり、より強くなっていく。そういう要素があるのだったら、積極的にそういうものを交ぜて、さらに会社として前へ進んでいこうよと。


ティム・ブレット

コカ・コーラの強さは、ブランド自体に力があることはもちろんですが、最大の強みは、その素晴らしい人材たちによって常にイノベーションが起こされていることではないでしょうか。実はイノベーションという言葉は誤解をされやすい。イノベーションは新製品の開発だけではなく、たとえば広告などのコミュニケーションの方法、製品パッケージの選択肢を増やすことなど、仕事のやり方の中にもあるのです。


篠原菊紀

人の脳には意識している層より、無意識が支配している層が意外と大きい。ある実験では、腰痛持ちの人に、偽薬を「これは偽薬です」と告げたうえで飲んでもらったところ、全体で30%も症状が改善しました。「医師が説明したうえで薬を処方した」という状況から、偽薬と知っていたにもかかわらず脳がだまされたのです。


加藤俊徳

右利きの人は、右手の脳番地が左手の脳番地よりも大きい。生後5カ月になると、手を使って物に触ろうとします。この頃から手の脳番地の成長が、左脳と右脳で差が生まれます。つまり、手を使う頻度によって、脳の形まで変わるのです。すなわち、両手は使えば使うほど脳が成長するのです。


倉岡寛

今後も世の中の不満・不便を解消できるようなサービスの提供を図っていきたい。


前澤友作

儲けとか勝ち負けに重点を置かないほうがいいと思うんですよね。僕の幸せの大部分は、人の幸せが占めています。じゃあ、どうやってまわりの従業員やスタッフ、その先のお客様や取引先、株主を楽しませたり驚かせることができるのか。それを考えてやってきたら結果的に儲かっていたという感覚なので、これからもそれでやっていきたいなと。


牧野克彦(セールストレーナー)

ご契約いただいたお客様のフォローで目指すのは、お知り合いを紹介していただくこと。それも、商品を必要としている方に会わせていただくことです。商品に興味をお持ちの状態から関係がスタートするため、「売り込んで迷惑がられる」というつらいプロセスを味合わずにすみます。この場合、こちらに連絡しやすい環境をつくること、興味のある人にだけ訴える仕掛けをつくることの2つの方針が必要になります。


ページの先頭へ