名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大槻文平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大槻文平のプロフィール

大槻文平、おおつき・ぶんぺい。日本の経営者。「三菱鉱業(のちの三菱マテリアル)」会長。宮城県出身。東京帝国大学法学部卒業後、三菱鉱業に入社。総務部長、常務、副社長、三菱鉱業セメント社長、三菱鉱業会長などを歴任。日経連会長なども務めた。

大槻文平の名言 一覧

聖書に「叩けよ、さらば開かれん」という言葉があるが、あれ式にやってきたんですよ。何事にも一生懸命。


大将がガックリしたり、しょげかえっていたら社員に響く。


直島精錬所で煙害問題が起こった時、課長で行って解決したことがある。だから、まごころを持って話せば、何でも解決できるという気はしました。


日本人はぜいたくになり、何もかもが派手になりすぎている。物心ともにハンブル・ライフ(つつましい生活)に徹すべきである。
【覚書き:大槻氏は三菱鉱業の炭鉱の労務係から職歴をスタートさせたため、会長になっても質素な生活を徹底していた】


ヤマ(炭鉱)は一家という運命共同体の思想なんです。札幌へ遊びに行って帰りの汽車に乗るとホッとしたもんです。カネが一文もなくても暮らせるからなんです。炭坑というのは、本当にいいところですよ。三菱鉱業が炭坑をやめてセメントに転換しても成功したのは、人材が多かったからです。


大槻文平の経歴・略歴

大槻文平、おおつき・ぶんぺい。日本の経営者。「三菱鉱業(のちの三菱マテリアル)」会長。宮城県出身。東京帝国大学法学部卒業後、三菱鉱業に入社。総務部長、常務、副社長、三菱鉱業セメント社長、三菱鉱業会長などを歴任。日経連会長なども務めた。

他の記事も読んでみる

宮原正弘

AITというビジネスユニットをつくり、顧客の課題解決のために実証実験を行っています。AITチームでは、「こんなビジネスを始めたいが、AIの活用について検証できるだろうか」というお客様との議論から生まれたアイデアをベースに実証実験を行います。この実験を通じて、まずはアイデアの実現可能性を検証。有望と判断すればプロジェクト化し、確度を高めて実現に向け動き出すことができるのです。


安田隆夫

以前は私も「俺の指示どおりにやれ!」などと一方的に命令して、うまくいかないことも多かった。そんな反省から、信頼して任せると決めた。


金田一秀穂

僕が仕事で「口説かれる」場合、次のような言葉には、ぐっときます。「先生の本が大好きで何冊も読んでいます。そこでぜひこんなお話を……」とか「先生のラジオを聞かせていただいてすごく面白くて、そのテーマでぜひ講演を」とか。褒めてくれたり、ファンだなんていわれると「断りづらく」なる。そう。いってみると、口説くというのは、きわめてソフトな「脅迫」みたいなものかもしれませんね。


高橋俊介

世の中には、業界が違うから、会社が違うからといって、人の話に聞く耳を持たない人もいる。しかも、このような人たちの多くは、ひとつの具体例にすぎない事象を、具体例のまま過度に普遍化し、歪んだ持論をつくってしまう。間違った固定観念を持ってしまうわけだ。そのような考え方や態度では、自己の体験だけではなく、せっかくの人脈や外部から得た刺激を学びに変えることができない。


遠藤章造

それまでは結局、見た目や考え方、言うこともかっこつけていたんですよ。でも、40歳過ぎて、あかんところはあかんで、「ぶりーん」と全部を出していこうかな、と。注意されたら直せばいいだけで。かっこつけるのをやめたら、今が本当に楽しいんですよ。


大野直竹

入社直後、長続きするか不安もありましたけど、仕事の面白さを感じてからは、辞めるにはもったいないと思うようになりました。


木下敦

祖父の考え方は、「人がやっていないことを率先してやろう」というもので、その精神は今の当社にも引き継がれています。


宮内義彦

私は企業が国の富を生み出し、社会をより良くする存在だと信じています。


八木沼純子

スケートと出合ったことにも、職業にしたことにも、少しも後悔はありません。いまあるリンクをなんとか維持しながら、たくさんの人にスケートと触れ合ってもらえる機会をつくっていきたいですね。この先も、何らかのかたちでスケートには関わりたいし、アイスショーも続ける予定です。表現の道に終わりなし。これからもまだまだ勉強です。


住谷栄之資

私は毎朝30分間、布団の中で、「あの決断は本当に良かったのか」「部下を叱ったときの自分の精神状態はどうだったか」などと、昨日の自分を棚卸します。会社全体の戦略や方向性を考えるのも、実はこの時間が多いんです。日中は会議やアポイントの連続で、一人になれることは滅多にありませんから。


青木紘二

失敗を恐れずにチャレンジすれば、新しいものが見えたり、違ったアングルからいい写真が撮れたりします。うまくいかないこともありますが、それぐらいの勇気を持たないとダメ。能力にそれほど差はないはずで、要するに「やったれ!」と思う肝があるかどうかなのです。


北尾吉孝

どこの国でも人間性の基本は変わりません。髪の色や肌の色が違っても、交渉するうえで一番大切なことは誠実さです。小手先のテクニックは、誠実さには絶対におよびません。