名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大植武士の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大植武士のプロフィール

大植武士、おおうえ・たけし。日本の経営者。リコーの社長。福井県出身。神戸商業大学(のちの神戸大学)卒業後、リコーに入社。イギリスにリコー現地法人を立ち上げた。

大植武士の名言 一覧

勢いに乗るコツを掴むのはむつかしい。それは運をひっぱってくることだ。世の中には、今日いえば悪い結果をもたらすが、明日いえば、うまくいく、といった何かがある。この運をうまくつかまえるパターンはないが、だから、企業経営は面白いともいえる。リコーは振幅は大きいがついている会社だ。トップというのは運をひっぱってこなければダメだと思う。


企業の社会的責任は何かといったら、私は社員の首を切らない」という一事に尽きると思います。社長にとって本当に大事なことは社員の首は絶対に切らないと覚悟すること。


先発メーカーが突っ走っているところで、そのあとを追いかけたって勝つ見込みはありません。だったら後追いなんかしなくていい。横切ってしまえ!必要なのは発想の転換です。


大植武士の経歴・略歴

大植武士、おおうえ・たけし。日本の経営者。リコーの社長。福井県出身。神戸商業大学(のちの神戸大学)卒業後、リコーに入社。イギリスにリコー現地法人を立ち上げた。

他の記事も読んでみる

堀江薫雄

横浜正金銀行(のちの東京銀行)では、「たとえ間違った意見でも、黙っているよりは勝る」という考え方が強かった。何事にも意見を持てということであり、これは行員対支店長、支店長対重役、重役対頭取いずれの場合もそうであって、オピニオンとオリジナリティのない者は駄目とされていた。大多数の正金の人間が、いつも勤勉努力して、緊張感を持ち続けてきたのは、おそらくこのせいではなかろうか。


髙橋和夫(高橋和夫・経営者)

渋谷には昔ながらの横町があったりもして、混沌としたイメージもあります。これらは残した方がよいと考えています。新しいビルもあるけれど、ちょっと移動したら居酒屋だとか、横町があるみたいな、そういう街の方がやはり渋谷らしい。1日では見終わらない、だからまた行ってみようという街、常に何か面白いことが起きている街にし続けたいと思っています。


濱田純一

受験勉強で得た知識を、一度現実と照らし合わせてみることが重要。


岡本太郎

安易な生き方をしたいと思ってしまったときは、そんな自分を敵だと思って闘うんだ。結果が悪くても、自分は筋を貫いたんだと思えば、これほど爽やかなことはない。


谷厚志

ある企業のCS推進室でロイヤルカスタマーの顧客データを調査したところ、その大半がかつてクレームを上げたことのあるお客様でした。その理由はクレームの際にしっかり対応しフォローできたことで、お客様から信頼を寄せられるようになったからです。つまり、クレーム客は経営を支えてくれる金の卵なのです。


名越康文

嫉妬や羨望の気持ちに支配されないためには、現実を見ることが大事です。誰かをうらやましく感じるのは、その人を理想化しているからです。しかしよく見ると、じつは一時的なものであったり、ある面ではうまくいっていても別のところで問題を抱えていることがよくあります。そうした現実を直視することで冷静になれるはずです。


石井昌彦

スタートとゴールの間におぼろげに見える線の間に点を打っていく。とりあえず1回、その点に向けて動いてみる。それを繰り返し、成功と失敗を整理しながら点と点をつないでいくことで、最終的なゴールへの線が引かれていく。


枡野俊明

今、この一瞬を一生懸命に生きる。このシンプルな考え方こそ、あなたを助ける最良の方法。


新将命

目標を策定するプロセスに部下を参画させて、意見を聞きながら落としどころに持っていきます。そして、目標が定まったら目いっぱい任せる。こうすることで、部下は当事者意識を発揮して目標完遂へ全力で取り組んでくれるでしょう。


柏木斉

人材の条件は大きく4つあります。ひとつは仕事に向き合う姿勢で、どんな仕事も自分事としてとらえられるかどうかです。2つ目は、やると決めたことに対して、どこまでも追いかけてやり抜く力です。3つ目は学び続ける力です。最後の条件は誠実・正直であることです。


鈴木喬(経営者)

POSデータの数値を見ているだけでは、その商品が売れているかどうか、本当のことはわからない。店頭の棚のどこに、どれだけ置かれて、どれだけ売れたのか、販売価格はいくらか、ライバル商品はいくらでどのように売られているのか。そうしたことも踏まえなければ、その商品の本当の売れ行きは掴めない。


太田義勝

人生は何が吉と出るかわからないのだから、思ったことははっきり言ったほうがいい。上司にとってもズバズバ物を言う部下のほうが分かりやすいはず。