大植武士の名言

大植武士のプロフィール

大植武士、おおうえ・たけし。日本の経営者。リコーの社長。福井県出身。神戸商業大学(のちの神戸大学)卒業後、リコーに入社。イギリスにリコー現地法人を立ち上げた。

大植武士の名言 一覧

勢いに乗るコツを掴むのはむつかしい。それは運をひっぱってくることだ。世の中には、今日いえば悪い結果をもたらすが、明日いえば、うまくいく、といった何かがある。この運をうまくつかまえるパターンはないが、だから、企業経営は面白いともいえる。リコーは振幅は大きいがついている会社だ。トップというのは運をひっぱってこなければダメだと思う。


企業の社会的責任は何かといったら、私は社員の首を切らない」という一事に尽きると思います。社長にとって本当に大事なことは社員の首は絶対に切らないと覚悟すること。


先発メーカーが突っ走っているところで、そのあとを追いかけたって勝つ見込みはありません。だったら後追いなんかしなくていい。横切ってしまえ!必要なのは発想の転換です。


大植武士の経歴・略歴

大植武士、おおうえ・たけし。日本の経営者。リコーの社長。福井県出身。神戸商業大学(のちの神戸大学)卒業後、リコーに入社。イギリスにリコー現地法人を立ち上げた。

他の記事も読んでみる

國貞文隆

待ち合わせ時間の5分前には現場に到着すること、絶対遅刻しないということが大切です。三菱の岩崎家当主と面会した際、私は10分前に着いたのですが、相手方はすでに到着して待っていました。優秀な人は絶対に遅れない。相手のメンツを潰さないためにも、心しておきたいことです。


小林健(三菱商事)

資源を掘れば売れる時代は終わった。課題は資源事業のコスト競争力を増すことだ。同時にバランスのために資源と非資源を同居させることを考えていく。


南壮一郎

相手によって話す言葉を変えて、伝わりやすいようにしなくてはいけない。転職サイトの事業内容を話すにしても、話す相手が人材業界に詳しい人なのか、IT業界に詳しい人なのか、社員に話すのか、何も知らない人に話すのかでは、言葉選びの段階から変えなくてはなりません。


角田秋生

「とことん」「こつこつ」。そういう力をつける学習法のひとつとして、公文式があると思っています。1回の学習で必ず100点にしていくという行為を繰り返す。間違えていたら直す。要するに、1枚1枚を完結していかなきゃいけないんです。こういうことを繰り返し、何年も続けるうちに、先ほどのとことんやこつこつといったものが身につくのです。


ピート・ローズ

誰もがいろんな理由で負けるけれど、負けというのは簡単に癖になるものだ。負けを一度認めると、長いキャリアの中で、そして長い人生において、そこから抜け出せなくなる。


大山康晴

頭がきれる、または天才的な人。どの世界でもこういう人がトップになると思いがちですが、案外このタイプは二番手のことが多いものです。社長じゃなくて副社長という感じで。なぜか天才肌の人は良い時は100点を取るが、ガタっとゼロとは言わずとも50点以下をとったりする。こんな不安定ではトップの社長なんて任せられませんでしょう。


北島康介

僕は水泳が嫌になったことはありません。好きなことをやるからこそ、つらくても乗り越えられる。強い思いや情熱がありますから。


ヘレン・フォン・ライス

私が社長として重視しているのはスタッフたちと直接、話し合ってお互いの意見を交換すること。


真田茂人

リーダーの「こうしたい」という思いは、自分勝手なものになる可能性がある。極めて個人的な思いを実現するために、周囲を巻きこもうとするのだ。結局それでは人はついてこない。常に自分が示したミッション、ビジョンは社会の役に立っているかと見つめ直すことが必要になる。


遠山正道

世の中に愛され続けるお店を1つずつ丁寧に作り、長く愛されるスタンダードになりたい。


南雲吉則

昨今、災害が多発していますが、手を伸ばせば助けられたという声がよく紹介されています。僕はこれまで体を鍛える必要がないという意見を持っていましたが、いざというときに家族や周囲の仲間を助けられるように体を鍛えておくことは必要だと考えるようになりました。


竹田弘太郎

会社再建も難病の治療のようなもので、どんな薬を与えても効かなかったのが、峠を越すと、めきめき解放に向かう。
【覚書き:石川県の大手タクシー会社石川交通再建時を振り返っての発言】


楠本修二郎

経営する上では、組織をパズル型ではなく筋子型にしていこうと思っています。筋子は形がバラバラですが、同じDNAを持ったイクラはいます。そしてイクラは一粒一粒がとても美味しい。そういう筋子のよっな組織を目指しています。


出水麻衣

いつもは読めていた漢字が読めなくなってしまったり、言葉に詰まってしまったり、緊張してしまったり。こういうときは、軽く息を吐いたり、少しだけ間をあけるようにします。そして心の中で大丈夫と唱えて、立て直します。


宋文洲

今の日本を見ていると、企業や産業に稼ぐ力を身に付けさせない仕組みが数多く存在する気がします。例えば補助金。農業を含め地域産業の育成を目的にした補助金はたくさんありますが、産業や企業の競争力強化の妨げになっている。


ページの先頭へ