名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大森美香の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大森美香のプロフィール

大森美香、おおもり・みか。日本の脚本家、演出家、映画監督。福岡県出身。青山学院女子短期大学芸術学科卒業後、名古屋テレビ放送、フジテレビなどを経て独立。『不機嫌なジーン』脚本で向田邦子賞、NHK連続テレビ小説『あさが来た』脚本で橋田賞を受賞。

大森美香の名言 一覧

新しいジャンルに飛び込みたいという気持ちは常にあります。自分もびっくりしたいし、人もびっくりさせたい。今はドラマの脚本と一緒に、娘の幼稚園の謝恩会の構成台本を書いているんです。


どの方にもそれぞれの面白さがありますが……、私は迷っている方、自分はもっと何かやれるんじゃないかとか、いつも何かを考えていそうな方に興味をひかれますね。何かが欠落している人を見ているとワクワクしてしまって。


私は「当て書き」をするタイプなんです。なので、役者さんが決まると、「あの方がこんなことをしゃべったら?」と空想が膨らんでいくんです。


大森美香の経歴・略歴

大森美香、おおもり・みか。日本の脚本家、演出家、映画監督。福岡県出身。青山学院女子短期大学芸術学科卒業後、名古屋テレビ放送、フジテレビなどを経て独立。『不機嫌なジーン』脚本で向田邦子賞、NHK連続テレビ小説『あさが来た』脚本で橋田賞を受賞。

他の記事も読んでみる

森永雄太

ジョブ・クラフティングがうまくいかないケースを見ると、大抵、タスクを変えただけで、人間関係を変えていない場合が多いものです。タスクを変えただけでは、周りとの連携がうまくいかなくなってしまいます。タスクを変えると同時に、上司や周囲に意見を求めたり、フィードバックをしたりすることによって、自分もやりがいを感じられ、組織にも貢献できるジョブ・クラフティングが実現できます。タスクと人間関係を、バランスよく変えていくことが重要です。


中澤優子(経営者)

「家電メーカーが何でバイク?」と聞かれることもありますが、一言で言えば「このままでは日本は世界に取り残されてしまう」という思いが開発の原動力になりました。


栗城史多

人って、チャンスの在りかをいろいろ考えますけど、諦めないことがチャンスを引き寄せる要。


浦沢直樹

おばあちゃんにお小遣いをもらうんですよ、100円。で、その100円玉で普通おもちゃとかお菓子とか買うじゃないですか。僕、それで大学ノート買うんですよ。「これで漫画描き放題だ」って言って。僕は、子供のときからずっと暮らしていて生きている時間、全部漫画にならないかなって生きているような人だから。「これ使える」とか、そんなことばっかり考えていますよね。


観世清和

組織を率いる者は、やはりみずからの姿勢でお手本を見せなければなりません。私はそれを先代家元である父の姿から学ばせてもらいました。


下村朱美

学校教育が非常に大事だと思いますね。子供たちに将来何になりたいか聞くと、公務員になりたいとか、ITをやりたい、医者になりたいという意見が出てくる中で、起業家になりたいという選択肢自体が少ないんです。ですから、ニュービジネス協議会でも社長に来てもらって中学生や高校生に講義をしたり、大学で出張授業を行ったりして、子供たちの選択肢の中に、起業というものを入れていくよう取り組んでいます。


松本晃(経営者)

人は権限が好きだから、通常、自らそれを捨てようとはしません。そして、やがて目の前の権限を維持・拡大しようとするようになるものなのです。この時も、全社的に見ればおかしいと気づいた社員もいたかもしれません。でも、弊害があることにはっきりと気づかなければ、そのままになってしまうものです。それは、どんな組織でも同じではないでしょうか。


ヘンリー・フォード

自分以外の人間に頼むことができて、しかも彼らの方がうまくやってくれるとしたら自分でやる必要はない。


青木仁志

コミュニケーションにはボキャブラリーを増やすことが大切です。最低でも月1冊本を読めば、年間で12冊。それだけで、人よりも一歩秀でているという心持になり、自分に自信が持てるようになります。


鈴木喬(経営者)

業界の枠にとらわれず、幅広く興味をもち情報収集することで、「これまでにない商品」をつくる糸口が掴める。


サミュエル・スマイルズ

自尊心とは、人間がまとう最も尊い衣装であり、何ものにもまして精神を奮い立たせる


中島洋(教育者)

心がけているのは、学生たちが自由に考え、行動できる場を大事にすること。仮に学生たちのアイデアが現実的でないと感じても、それを正すようなことは決してしません。これまでの取り組みを間近で見てきて感じるのは、学生たちが本来的に自主性や自立心を持っているということです。高校までの学びは必然的に受け身のため、なかなかそれを発揮する機会がなかった。そうした潜在的な力を引き出すことが教員たちの役目なのです。