大森美香の名言

大森美香のプロフィール

大森美香、おおもり・みか。日本の脚本家、演出家、映画監督。福岡県出身。青山学院女子短期大学芸術学科卒業後、名古屋テレビ放送、フジテレビなどを経て独立。『不機嫌なジーン』脚本で向田邦子賞、NHK連続テレビ小説『あさが来た』脚本で橋田賞を受賞。

大森美香の名言 一覧

新しいジャンルに飛び込みたいという気持ちは常にあります。自分もびっくりしたいし、人もびっくりさせたい。今はドラマの脚本と一緒に、娘の幼稚園の謝恩会の構成台本を書いているんです。


どの方にもそれぞれの面白さがありますが……、私は迷っている方、自分はもっと何かやれるんじゃないかとか、いつも何かを考えていそうな方に興味をひかれますね。何かが欠落している人を見ているとワクワクしてしまって。


私は「当て書き」をするタイプなんです。なので、役者さんが決まると、「あの方がこんなことをしゃべったら?」と空想が膨らんでいくんです。


大森美香の経歴・略歴

大森美香、おおもり・みか。日本の脚本家、演出家、映画監督。福岡県出身。青山学院女子短期大学芸術学科卒業後、名古屋テレビ放送、フジテレビなどを経て独立。『不機嫌なジーン』脚本で向田邦子賞、NHK連続テレビ小説『あさが来た』脚本で橋田賞を受賞。

他の記事も読んでみる

吉田たかよし

企画などのアイデアを出す仕事になかなかとりかかれない人は、まずは企画書のフォーマットからつくってしまいましょう。仮タイトルやテーマなど、現在埋められる項目を記入していくことで、これからアイデアを出すべき部分だけが空白で残ります。つまり、「自分は何を考えるべきなのか」が改めて明確になるわけです。ただ漠然と「アイデアを出さなくては」と思っていても、具体的な案はなかなか浮かびませんが、先にフォーマットをつくることでやるべきことに自然と意識が集中していきます。


上野金太郎

仕事って、ひとつの角度から見ていると全体像が見えないんです。営業サイドから見たり、広報やアフターケアの視点から見たり、いろいろな角度から見ないと全体像がわからない。


芦田昭充

私の場合は、あらゆる経済指標や関連する数字を手帳に書き留め、かつ記憶するようにしています。記憶していると数字が頭の中で有機的につながって、無関係だと思っていた数値の関連性に気づくなど、現状分析や将来予測の際に独自のデータを組み立てることができます。


津田純嗣

世の中には二番煎じに徹して効率よく稼ぐ企業もありますが、それでは面白くない。


安田善次郎

これはよいと思った事は決してそのままにせず、必ず実行してみる。また、自分の慣習上、悪いと心づいた事は必ず禁断する。おそらくは人間の貧富貴賎の岐れ目はここであると思う。


山西健一郎

企業の風通しのよし悪しは往々にして経営陣同士の関係性を反映しています。かつては事業部門の縦軸と管理部門の横軸の経営陣の間に連携はありませんでした。しかし今では縦軸と横軸の経営陣が常に連携することが当たり前です。そうした経営陣の一体感には会長と社長の役割分担が大切です。


森川亮

今の部署で貢献しないと、次はない。人の3倍勉強して、仕事をして、周囲に貢献し、「この部署では学び尽くした。卒業だ」と言われるまでやろう。


宇佐美進典

会社の中で経営理念をどう浸透させていくか。単に最上段でお題目を掲げるだけではなく、より日常の中で会社の考え方、価値観、経営理念を意識しやすい環境づくりを考えています。経営理念を体現したオフィス空間、制度の設計を心がけています。


柴田ヨクサル

3人がアイドルを目指し挫折しながらも一生懸命頑張る、というのが基本の筋ではあるんですが、それをそのまま描いたら予定調和になってしまう。だから『プリマックス』はものすごく蛇行するんです。自分でもどうなるのか予想できない時があって。2巻に、ツバメ(登場人物)が突然観客に殴り掛かるシーンがあるんです。せっかく自分たちの踊りを見て盛り上がってくれているのに。読者もこんな展開、嬉しくないよなって思うんですけど、なぜか描いてしまう。「俺の好きなパターンじゃない」って離れていく読者もいると思います。でも「今まで見たことないものを見せます!」と思って描いているので……ファールになったとしても、ホームラン目指してブンブン大振りしていきます(笑)。


川路耕一

「人」を大事にする文化は、日本企業の大事な部分だと思います。経営者と社員、お互いに信頼関係があれば、辛い目に遭った時でも会社は団結することができます。


木村惠司(木村恵司)

いまはある意味で、平時ではなく有事ですから、潜んでいるリスクも大きいと思います。それが現実のものとなったときにどう対処すべきかもよく考え、シミュレーションしておかなければなりません。それをみんなで一体感を持ってやりたいというのが、私の考えです。


浜口隆則

多くの人は開業前に顧客開拓する準備を忘れ、ほかの作業に気を取られます。しかし、開業後に慌てても遅いのです。お客さえいれば、経営は続けていけることを忘れてはいけません。どんな業種も、あらゆる知人に開業の案内を送ることがポイント。SNSやメールは読み流されるので、手元に残るハガキと併用するメディアミックス戦略がお勧めです。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

「自分の身を修めてから、人びとを教化せよ」これは、中国の思想家である孔子の道徳的政治思想の根本的な原則です。状況の圧力を受けて、狂乱的な不安に陥ったり、怒りや敵意を露わにして暴走するような人には、人を率いて、責任のある任務をおこなうだけの能力が備わっていません。


三宅占二

自由闊達な雰囲気の中で、お互い意見を言い合い、楽しく生き生きと仕事ができて、自分が成長している実感を持てる組織をチームごとに作っていかないといけません。現場で気づいたことを提案して実現する現場力は、自由闊達な雰囲気の中でプロ意識を持った人間が互いにおせっかいをしながらワイワイやらないと出てきません。こういう時代ほど、そんな人たちがズラリと揃うと強いというのが実感です。


為末大

一般的に言われる努力は、目標に向かって力を尽くして積み重ねる行為をイメージします。1時間の練習を2時間やったら、2倍努力したと言う。でも、行動前に、「自分が何をやるべきなのか」「何のために実行するのか」と考える努力は、日本人はあまりせず、人任せにする場合が多い。僕は、こうした自問する作業は、「努力」という行為の半分以上の領域を占めると思っています。


ページの先頭へ