名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大森南朋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大森南朋のプロフィール

大森南朋、おおもり・なお。日本の俳優。東京都出身。『サザン・ウィンズ日本編トウキョウゲーム』で映画デビュー。『殺し屋1』で映画初主演。テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞、エランドール賞新人賞、ヨコハマ映画祭助演男優賞、キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞などを受賞。

大森南朋の名言 一覧

芝居をする喜びはいろいろあるんです。作品を観た方に評価をいただくというのも、もちろんその一つです。でも一番は、やはり芝居の最中の、これはハマったという瞬間でしょうか。共演者、監督、スタッフの皆さんと作り上げた世界の中で、「ああ、今、嘘がない」と感じる瞬間が訪れるんです。作品が完成して実際にそれがいいシーンになっていると、演じることの魅力をすごく実感します。


何となくこの世界に入ったのですが、特に芝居の勉強などしていないので、撮影現場でもまったく何もできないわけです。でもそこには、役者の先輩がたくさんいらっしゃった。皆さん遙か彼方を歩んでいるようで、最高にかっこよかった。その上、僕みたいな者にもすごく優しくしてくださる。そういう先輩たち、監督さん、スタッフさんに認められる、受け入れられる人間になりたいと思った。映画の現場に憧れたんです。それが僕の第一歩です。


大森南朋の経歴・略歴

大森南朋、おおもり・なお。日本の俳優。東京都出身。『サザン・ウィンズ日本編トウキョウゲーム』で映画デビュー。『殺し屋1』で映画初主演。テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞、エランドール賞新人賞、ヨコハマ映画祭助演男優賞、キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞などを受賞。

他の記事も読んでみる

三木谷浩史

僕はハードルが高くなるほど、解決したくなってくるんです。経常利益で1000億円。目指すのはただですから。最大のリスクは充実していないってこと。自分が飽きさえしなければ、絶対勝てる。


サラ・ブレイクリー

情熱を持って働く女性たちへのアドバイスは、自分の意見を率直に言うべきだということ。


宮内義彦

仕事とは関係のない人たちとの会合は、異質の才能、経験を持った人々と交流できるまたとない機会です。そしてときとして思わぬ人から、経営の参考になる話を聞ける楽しみもあります。経営者をはじめ多くの人々のヒント、忠告には、金銭には換えられないコストがかかっていることが珍しくありません。多くの授業料を払った実体験からくる言葉には、傾聴に値する重みがあります。


米津玄師

マンガが好きで絵を描くのも好きだったから、自分でやれるんなら全部やるのが手っ取り早いと思っただけ。動画の世界に流すのだから、「絵があって、音楽がある」というのが必然のフォーマットだと思っていたので、そこにとくに疑問は抱かなかったんです。


小川賢太郎

一部の企業で、自らの利のみを求めるという行為が出てきています。もちろん、利を求めることは株式会社の基本ではあります。しかし、利を得るためには何をやってもいいかといえば、決してそんなことはありません。また、本社を置いている国の法律に抵触しなければ何をやってもいいんだという考え方は明らかに誤りです。このことを株式会社のトップマネジメントは十分に自覚しなければならないと思います。


萩本欽一

コメディアンで1番イヤだなと僕が思ってたのは坂上二郎(笑)。それなのに、二郎さんから「一緒にコンビ組もうよ」って誘われたとき、イヤだって言えなかったのね。しょうがないから「1回ぐらいなら……」と答えたはずが、気がつくとコント55号として、ずっとコンビ組んでいた。でも、そこに運があって、有名になれたんです。


安永竜夫

大切なのは僕らが、若い人たちが挑戦する場をもっと増やし、個の力を伸ばしてあげること。


石渡美奈

若手幹部の成長なくして、ポテンシャルも高く、意欲は世界一の我が社の若い社員たちを育てられるはずもありません。つまり組織の健全な成長も得られるはずがありません。


石川善樹

たとえネガティブなものでも、感情自体を否定してはいけません。たとえば怒りは人を楽観的にする効果があります。怒っているときに力の差のある相手にも向かっていけるのは、怒りで脳が楽観的になっているからです。また、不安は人を悲観的にさせますが、そのぶんロジカルな思考が浮かびやすくなります。こうしたネガティブな感情を無理に抑え込むのではなく、自在にコントロールしてクリエーティブな方向に活用できるようになるのが観察瞑想のメリットです。


小島貴子

日本人は質問する力が弱く、授業でも静かに聴くのがいいと考えている学生が多いようですが、それでは社会に通用しません。私の授業では、いつ指名してもすぐに質問できるように工夫をしています。「問いを立てる力」は「意見を構築する力」につながるからです。その点、外部講師の講座では積極的に質問する姿が見られ、頼もしいですね。


飯島彰己

どういう形にもフレキシブルに変わっていけるというのが商社です。商社冬の時代とか、不要論などといわれながらも、いまこういう形で存在しているのは、その時代時代の要請に基づいた業態に、変化してきたからでしょう。


香山リカ(精神科医)

仕事を抱えて悶々としている人は、思い切って仕事を他の人に振ってみることをお勧めします。自分の仕事を手放すことに抵抗を感じるのなら、余裕があるときに相手の仕事も手伝ってあげればいいのです。お互いの得意不得意を踏まえて仕事を交換するのだと考えれば、抵抗感を減らせるはずです。