名言DB

9412 人 / 110637 名言

大森南朋の名言

twitter Facebook はてブ

大森南朋のプロフィール

大森南朋、おおもり・なお。日本の俳優。東京都出身。『サザン・ウィンズ日本編トウキョウゲーム』で映画デビュー。『殺し屋1』で映画初主演。テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞、エランドール賞新人賞、ヨコハマ映画祭助演男優賞、キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞などを受賞。

大森南朋の名言 一覧

芝居をする喜びはいろいろあるんです。作品を観た方に評価をいただくというのも、もちろんその一つです。でも一番は、やはり芝居の最中の、これはハマったという瞬間でしょうか。共演者、監督、スタッフの皆さんと作り上げた世界の中で、「ああ、今、嘘がない」と感じる瞬間が訪れるんです。作品が完成して実際にそれがいいシーンになっていると、演じることの魅力をすごく実感します。


何となくこの世界に入ったのですが、特に芝居の勉強などしていないので、撮影現場でもまったく何もできないわけです。でもそこには、役者の先輩がたくさんいらっしゃった。皆さん遙か彼方を歩んでいるようで、最高にかっこよかった。その上、僕みたいな者にもすごく優しくしてくださる。そういう先輩たち、監督さん、スタッフさんに認められる、受け入れられる人間になりたいと思った。映画の現場に憧れたんです。それが僕の第一歩です。


大森南朋の経歴・略歴

大森南朋、おおもり・なお。日本の俳優。東京都出身。『サザン・ウィンズ日本編トウキョウゲーム』で映画デビュー。『殺し屋1』で映画初主演。テレビドラマ、映画、舞台で活躍。日本アカデミー賞優秀主演男優賞、エランドール賞新人賞、ヨコハマ映画祭助演男優賞、キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞などを受賞。

他の記事も読んでみる

飯島彰己

どういう形にもフレキシブルに変わっていけるというのが商社です。商社冬の時代とか、不要論などといわれながらも、いまこういう形で存在しているのは、その時代時代の要請に基づいた業態に、変化してきたからでしょう。


松本秀男(ほめる達人)

同期が先に出世した場合、自分の中にある嫉妬心や焦燥感に蓋をすると逆効果。「くやしいけど、おまえすごいな」など、褒め言葉とセットにして、本人に向けて前向きに吐き出そう。自分の中の複雑な感情を整理しやすくなり、素直に相手を認められるので、相手から様々なことを学べるようになる。


金杉恭三

私どもの生き方は独自性、先進性、特徴のあるビジネスモデルにある。


羽田圭介

自転車のツーリングが昔から好きなんですけど、千キロ走って行くのも、近所の八百屋さんに行くのも、行為自体はあまり変わらないわけですよ。それが積み重なった結果を俯瞰してみると確かにすごいことをやった感じになるのでしょうけど、当事者は目の前にある道を、数メートル先を見ながらペダルを漕いでいるだけなので。


本間宗久

年中の内、両三度より外、商い致すところこれ無きものなり。この米、二三ヶ月も上がる下がる、とくと見きわめ、買い気ならば買い気立て抜くように、その 間の高下に迷わず、立羽を定め申すべきことなり。それとも少しにても心もとなきことあらば、幾月も見合わせ、図に当たる頃仕掛くべし。時々、気を転じ候て は利を得ることならざるなり。


豊臣秀吉

金銀をたくさん積んでおくのは、良い侍を牢に押し込めて置くのと同じことだ。
【覚書き:秀吉が金銀を気前よく部下や民衆に与えるのはなぜかと家臣が聞いた時の言葉。秀吉は気前が良い武将であると同時に、敵だった武将を打ち負かした後、牢に押し込めておかずに自分の部下に登用するほどの器量を持っていた。】


柳井正

僕らは「売上高5兆円」という前人未踏のエベレストに登頂しようとしているわけです。大学を卒業したばかりの新入社員に「エベレストに行こう」と言っても難しい。それなら、まずは近くの標高500メートル程度の山に登るところから始めないといけない。地域正社員はその取り組みのひとつです。でも500メートルに登ったら、次は1000メートルに登りたいと思うはずです。500メートルで見える風景と、平地で見える風景は、まったく違いますから。


中原淳

振り返りは、毎日する必要はありません。しかし折に触れて振り返る習慣はつけておいた方がいい。振り返りをしないで前進し続けることは、リスクを大きくします。


パム・ミューラー

パソコンを使うと手書きよりもたくさんメモをとれるが、そのせいで頭の中で行う情報処理が浅くなり、学習効率が低下する恐れがある。


小池百合子

振り返れば一番の財産は人ですね。キャスター時代、経営者を400人くらいインタビューしました。40年以上、アラブの人たちとつき合ってきました。その蓄積がいまの私をつくり、いかなる問題にもたじろがない土台となっています。


江崎勝久

経営的には野球で言えば確実にグラウンドに立ち続けて優勝せんといかん。たまに打つようなホームランバッターだけではダメで、ヒットを打ち続ける選手が複数いないといけない。


奥田務

すべての産業で共通して求められるのは、変化対応能力です。消費者が変わる前に、企業は半歩先、一歩先を読んで変わらなくては生き残れません。日本の百貨店の多くはもともと呉服店で、自らを百貨店に変えて生き残った。


苅野進

理解してもらいたいことは、どんなにロジカルに考えても、100%の正解は出ないということ。○×で評価する学校のテストとは違い、何が本当に正しいかはやってみなければわからないのがビジネスの世界です。どんなに前提を擦り合わせ、細密に例外を洗い出したつもりでも、いざ実行してみたら「想定外の例外」が必ず発生する。これも当たり前のこととして捉えなくてはいけません。


俣野成敏

ビジネスマンが成長するのは、より多くの仕事、より大きな仕事に挑戦したときです。


外村仁

組織は結局、そこで働く人のモチベーションに行き着くと思います。ならば、それをどうやって喚起するかが重要な課題です。会社のために、気持ちよく、モーレツに働いてくれる社員をいかに作るかが、事業の成否を分けます。