名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大森健一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大森健一のプロフィール

大森健一、おおもり・けんいち。日本の医学者、精神科医。専門は精神病理学。独協医科大学教授。東京医科歯科大学医学部卒業。同大学で医学博士号を取得。獨協医科大学医学部精神神経医学教室助教授、同主任教授、獨協医科大学学長、獨協学園理事長、医療法人至誠会滝澤病院理事長、日本精神病理学会理事、日本芸術療法学会理事長、日本園芸療法学会理事などを務めた。

大森健一の名言 一覧

思い切って毎日の仕事をすっかり忘れ、別な世界を積極的に作ってみることも心の健康を保つためには大切です。良い仕事をするために、働き盛りこそ仕事離れで心に風を通しましょう。


大森健一の経歴・略歴

大森健一、おおもり・けんいち。日本の医学者、精神科医。専門は精神病理学。独協医科大学教授。東京医科歯科大学医学部卒業。同大学で医学博士号を取得。獨協医科大学医学部精神神経医学教室助教授、同主任教授、獨協医科大学学長、獨協学園理事長、医療法人至誠会滝澤病院理事長、日本精神病理学会理事、日本芸術療法学会理事長、日本園芸療法学会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

鶴岡公二

交渉で特にポイントになるのは、相手がどこまでのカードなら切れるのかという権限の見極めだ。例えば、相手が本当はできもしないのに、こちらの要求に対して大風呂敷を広げたとき、それを真に受けて、こちらも向こうの求めるものを提示したとする。翌日、相手が「昨日はあのように話したが、上層部に掛け合ったら、やはり無理だった」といい出した場合、当然、交渉はやり直しになる。


森下篤史

20年自転車に乗っていても、両手を離しては10mも進めない。「手を離して乗ってみよう」という「テーマ」を持って乗るだけで、手が離せるようになるのと同様に、生きて行くうえで、人に言われてからするのではなく、自分で「テーマ」を持ち、やるべき事はなにかを知り(業務分解)、「作業割り当て」「スケジュール」を立てて実行することで、目標は達成できるようになる。


武長太郎

九州・中洲の屋台をモチーフにした「屋台屋博多劇場」では業界でもユニークな会員制度を導入しています。200円で会員になると、以降のお通しが一生無料になったり、3回目の来店で「VIP会員」になると、1杯目の飲み物のジョッキを無料で大きなジョッキに変えるサービスもあります。会員向けに定期的なイベントを開催しており、たとえば「セロハンテープを持ってきたらドリンクサービス」といった「持ち出せ企画」が好評を博し、来店客の約6割が会員のお客様になっています。


安岡正篤

我々の生活が自堕落になったとき、心から馬鹿と叱ってくれる畏敬する人を持つ者は幸いだ。


矢崎精二

気をつけていることは、言っていることと実際の行動のブレを許さないこと。言葉と行動のブレは、1%たりとも自分に許してはいけない。


佐々木久美子(経営者)

企業と地域は密接につながっている。会社はコミュニティーだと考えているので、子供が集まる場であってもよい。


相澤賢二

商品知識は基本的なもので大丈夫。お客様の質問に即答できなければ調べればいい。そしてお客様に「どうしてこういうことをご存じなのですか?おかげで二度と恥をかかなくて済みます」と感謝すれば、喜ぶのはお客様。お客様は知識ではなく、人柄で買うんです。


高原真由美(髙原真由美)

せっかく整理できても使い勝手がよくなければ、また雑然とした状態に戻ってしまいます。自分にとってどうすれば使いやすいのか利用方法を見直す、さらに使いやすく改良する、うまくいかなかったなら整理の仕組みを修正することをしてみましょう。


御立尚資

事前に必要な要件をすべて満たしてから行動するバケツリレー型の発想は、もう卒業したほうがいいでしょう。いまは先に試作品をつくって世に出し、それを使ったユーザーからのフィードバックを見ながら微調整を繰り返すプロトタイプ型の発想でなければいけません。知識は2割が手に入れば、すぐに現場で試してみることです。


ロバート・キヨサキ

私たちの場合、「お金が私たちのために働いてくれている」のであって、私たちがお金のために働いているのではない。お金を自分に有利に働かせるには、高いファイナンシャルIQが必要になる。だから、まずあなたのファイナンシャル教育に投資することだ。自分のお金を他人任せにしてはいけない。自分でコントロールする力を取り戻そう。


柴田励司

私は複数の作業を同時にやるようにしています。ある資料を作りながら別の資料も同時に作ったり、メルマガの原稿を書きながら新聞に寄稿する原稿を書く、といった具合です。「それでは集中できないのでは?」と聞かれますが、ひとつの作業に何時間も集中していると、目の前のことにのめり込んでしまい、かえって単純なミスをしてしまったり、ひとりよがりな内容になってしまうことも多いのです。でも、いったん別の資料を作り、また元の資料に戻ると、改めて客観的に見ることができ、「何かおかしいぞ」と気づくことができるのです。


小林豊(小林製薬)

社員に「自分で考えろ」というだけでは足りません。考えるための仕組みや環境を用意することが絶対に必要です。