名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大森ひとみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大森ひとみのプロフィール

大森ひとみ、おおもり・ひとみ。日本のイメージコンサルタント。武蔵野音楽大学声楽科卒業。日産自動車ショールームで広報活動に携わったのち、同社研修センターで講師を行う。その後、大手人材派遣会社教育部長を経て独立。株式会社大森メソッドを設立。ニューヨークでイメージコンサルタントの資格を取得。AICI国際イメージコンサルタント協会初の日本人上級コンサルタント・プロフェッショナルメンバー。企業やビジネスマンに対してイメージコンサルティングを行っている専門家。

大森ひとみの名言 一覧

第一線のビジネスマンはみなさん実力をお持ちです。しかし、外見として可視化することに慣れていないのです。


人と会うときは第一印象に気を付けてください。初頭効果といって、一度目にあったときの印象が後々まで尾を引くからです。最初に「あ、感じのいい人だ」とか「元気のいい人だな」というポジティブな印象を与えていれば、少々粗相があっても悪く思われることはありません。反対に悪印象から入ると、挽回するのは難しいのです。


人が感じのいい人を選ぶのは人間の遺伝子にあらかじめ組み込まれた性質です。ビジネスにおいても、感じのいい人ほど上司や部下に愛され、取引先とも大きな仕事ができるのだと思います。


欧米のビジネスマンは、自分のオフィスにはカジュアルなスタイルで出勤しても、重要な商談に出かけるときは相当パワフルなスーツを着ていきます。いくら節電が必要でも知性や常識を失ってはいけません。大事なことは、自分たちが暑く感じるかどうかではなく、お客様からの信用や好感度です。とくに外資系は見た目重視ですから、注意しなくてはいけません。


大森ひとみの経歴・略歴

大森ひとみ、おおもり・ひとみ。日本のイメージコンサルタント。武蔵野音楽大学声楽科卒業。日産自動車ショールームで広報活動に携わったのち、同社研修センターで講師を行う。その後、大手人材派遣会社教育部長を経て独立。株式会社大森メソッドを設立。ニューヨークでイメージコンサルタントの資格を取得。AICI国際イメージコンサルタント協会初の日本人上級コンサルタント・プロフェッショナルメンバー。企業やビジネスマンに対してイメージコンサルティングを行っている専門家。

他の記事も読んでみる

山東理二

市場では我々のプロジェクトを他社も当然狙ってくる。数を追うのではなく、限られた案件をいかに確実に取るか、いかに収益力を高めるかがポイント。


木村讓二(木村譲二)

世の中の役に立つ仕事をしていれば、応援してくれる方たちが必ずいるもので、その方たちのおかげで今に至っています。


猪瀬直樹

モチベーションを保つコツのひとつは「記録」です。記録すると自分の成長を定量的に把握できる。今日は何キロを何分で走ったのか、具体的な数字として把握すれば、自分の成長の度合いが目に見えて、次は上のレベルを目指そうと頑張れるのです。


石黒和義

何か一つの小さな部分に焦点を当てた経営をするのではなく、もっと高い視点で経営を行うべきだ。


松下幸之助

結局人間というのは、自覚を持ち、責任を感じれば、一見ムリと思えるような難しい仕事でもなしとげる力をもっているものだと思う。もちろん向き不向きということはあろうし、またそれなりの訓練といったものが必要なことも当然だが、そういうものが適切なら、あとはその場を与えさえすれば十分な力を発揮するものである。


石川善樹

たとえば日本の一夫一婦制は明治時代に立法された民法によるものですが、配偶者はひとりという常識だって、元をたどれば曖昧な理由で決められていたりもする。そういう思い込みを取っ払えば、人はもっと幸せになれると思うんですよ。


外山滋比古

投資で一番いいのは、特別に話題にもなっていないが、将来性のあるものを見つけることです。なかなか難しいことですが。たとえば今、ガソリンや電気に続くエネルギーの候補に水素があって、東京五輪までに水素バスを走らせるという計画もあるようですが、水素にはそれを備蓄する「水素ステーション」の建設にかなりのお金がかかるという問題がある。水素が本当にガソリンや電気に取って代わるかどうかは分からないが、今水素を製造している限られた会社の株を買っておけば、大富豪になれるかもしれない。恐らく株価は1000倍くらいにはなるでしょうから。


宇佐美進典

昨年、次世代のテクノロジーの研究開発を行なう「ECラボナビ」を立ち上げました。従来はビジネスモデルが先にあって、それをテクノロジーが支える形でサービスが展開されてきましたが、いまやテクロノジーとサービスを同時に考えなくてはいけない時代になりつつあります。すでにラボから3つのサービスをリリースしていますが、今後も引き続きテクノロジーから入って新しいサービスを開発していきたいですね。


堀内信之(経営者)

ものづくりというと、どうしても機械を動かしたり道具を使うものと思いがちです。何事も工夫が大事で、父はよく「工具がなくてもできるじゃないか」と言っていました。できない理由を探すのではなく、できる方法を探す。製造も、営業も、同じものづくりだと。私はそれまでどちらかというと、物理的な次元でとらえていましたが、もっと柔軟に考えてこうと思い直しました。


キケロ

時間が和らげてくれない悲しみなど存在しない。


星野佳路

日本のホテル業界の将来を考えたときには、日本文化は切り離せないため、そこを生かすしかない。


宗次直美

私にとって従業員は子供なんです。いろんな分野で私の代わりに仕事をしてくれる子供たちです。大切にしなければいけません。だから全身全霊で叱ります。