名言DB

9412 人 / 110637 名言

大森ひとみの名言

twitter Facebook はてブ

大森ひとみのプロフィール

大森ひとみ、おおもり・ひとみ。日本のイメージコンサルタント。武蔵野音楽大学声楽科卒業。日産自動車ショールームで広報活動に携わったのち、同社研修センターで講師を行う。その後、大手人材派遣会社教育部長を経て独立。株式会社大森メソッドを設立。ニューヨークでイメージコンサルタントの資格を取得。AICI国際イメージコンサルタント協会初の日本人上級コンサルタント・プロフェッショナルメンバー。企業やビジネスマンに対してイメージコンサルティングを行っている専門家。

大森ひとみの名言 一覧

第一線のビジネスマンはみなさん実力をお持ちです。しかし、外見として可視化することに慣れていないのです。


人と会うときは第一印象に気を付けてください。初頭効果といって、一度目にあったときの印象が後々まで尾を引くからです。最初に「あ、感じのいい人だ」とか「元気のいい人だな」というポジティブな印象を与えていれば、少々粗相があっても悪く思われることはありません。反対に悪印象から入ると、挽回するのは難しいのです。


人が感じのいい人を選ぶのは人間の遺伝子にあらかじめ組み込まれた性質です。ビジネスにおいても、感じのいい人ほど上司や部下に愛され、取引先とも大きな仕事ができるのだと思います。


欧米のビジネスマンは、自分のオフィスにはカジュアルなスタイルで出勤しても、重要な商談に出かけるときは相当パワフルなスーツを着ていきます。いくら節電が必要でも知性や常識を失ってはいけません。大事なことは、自分たちが暑く感じるかどうかではなく、お客様からの信用や好感度です。とくに外資系は見た目重視ですから、注意しなくてはいけません。


大森ひとみの経歴・略歴

大森ひとみ、おおもり・ひとみ。日本のイメージコンサルタント。武蔵野音楽大学声楽科卒業。日産自動車ショールームで広報活動に携わったのち、同社研修センターで講師を行う。その後、大手人材派遣会社教育部長を経て独立。株式会社大森メソッドを設立。ニューヨークでイメージコンサルタントの資格を取得。AICI国際イメージコンサルタント協会初の日本人上級コンサルタント・プロフェッショナルメンバー。企業やビジネスマンに対してイメージコンサルティングを行っている専門家。

他の記事も読んでみる

マーク・トウェイン

「卵は一つのカゴに盛るな」と愚かな者は言う。これでは「金を分散し、注意を分散させよ」というに等しい。賢者は言う。「卵は一つのカゴに盛り、そのカゴをよくよく見守れ」と。賢者は投機を戒める。「人生には投機に手を出すべきではない時期は二つある。投機に回せる金がないときと、投機に回せる金があるときだ」と。そして、投資家としての失敗を嘆く。「投資機会を見つけ出せるのはたいてい、機会がなくなってからだ」と。 【覚書き|1894年に出版した「ノータリン・ウィルソンの悲劇」より】


笹氣健治

依存体質とは、「本当はやめたいのに、なかなかやめられない」という状態のことです。その代表格といえば喫煙です。よくないとわかっていても、繰り返し吸っているうちにタバコが心の拠りどころになってしまい、自分の意志ではコントロールできなくなっている。


松尾静磨

昔はお客さんが1人か2人しかいないことがあった。それでも当時の社員諸君は1人のお客、1つの貨物や郵便物を心から大事にした。それは、本当にありがたいと思う感謝の気持ちからだ。そうした真心の積み上げが、今日の収益を生み出したのだということを忘れないでくれ。
【覚書き|日航の創業期を知らない若手社員たちに語った言葉】


笹氣健治

心配性の人は、仕事をはじめる前に悪い結果を予測して手が止まる。それを防止するには、始める前にあれこれ考えない工夫をするといいでしょう。


橋本真由美

ブックオフ1号店のオープニングスタッフ募集に応募したのが、私とブックオフとの最初の出会いです。「誰でもできる」「働ける時間帯だけでいい」という条件が主婦の私には魅力的でした。当時15歳と17歳の子供がいて、子供の大学進学を考えると家計を助けるためにも、少しは働いた方がいいかなと思ったことがきっかけでした。


上田準二

あるとき、社長塾(社長とスーパーバイザーが出席する管理職抜きの交流会)で議論した社員たちが、ファミリーマートはどうあるべきか、自分たちで考え、提言するサークル活動をやりたいといってきたのです。シメタと思いました。企業文化を変えるチャンスだと。この活動が各地区で次々と湧きあがり、やがて「ファミリーらしさ推進運動」となって全社に拡大していきます。ワークショップ形式で参加者の肩書も関係なければ、マニュアルもない。私も顔を出せば、女子社員の隣で発言します。大ヒットした店内調理のフライドチキン(ファミチキ)も、この活動の中から生まれたものです。


高岡浩三

「新しい現実」を見つけること自体は難しくありません。なぜなら、現前とそこにあるわけですからね。難しいのは、「顧客が抱えている問題」を発見することです。顧客すら気付いてない、もしくは諦めてしまっている問題を発見する――それさえできれば、イノベーションはほぼ達成しています。


伊庭正康

もし、あなたが部下を持つ上司の立場なら、部下から情報を教えてもらう場として、ランチミーティングを活用できます。ランチ中は「役職」という壁が低くなるので、就業時間中は話しにくい本音も、話してもらいやすくなります。部下に少しでも気になるところがあれば、ランチに誘って、何か問題が起きていないか聞いてみましょう。部下に新しい仕事をお願いする際にランチに誘う、というのも有効です。正式に決定する前に、本人の意思を確認しておく場として使うのです。


橘フクシマ咲江

大勢の人に自分の意見を理解してもらおうとすると、2~3回言っただけでは足りません。だから、優秀なCEOほど、社員の前で同じことを繰り返し話すのです。


文野直樹

趣味はある程度、本格的にやってみないと、得るものが少ない。


渡邉幸義

現在、日本には就労困難者が約1000万人いるといわれています。当グループは就労困難者を1000人「も」雇用しているといわれますが、別の見方をすれば、1000万人の中から人間性が高い1000人を選りすぐることができているともいえます。


堤康次郎

私は学校へ出ないかわり、ノートとか参考書の類は実によく読んだものである。ノートなどは5日間くらいはわずかの間に読めるので、毎日毎日学校に行って、先生の言うことをただ筆記して帰るよりは、この方法がはるかに時間が有効だ。これが私の主義だった。
【覚書き|大学生時代を振り返っての発言】


伊東孝紳

現地生産・現地販売はかなり前から進めているが、本当に現地の顧客に好まれるものをつくるには、開発も調達も現地化しなくてはダメだ。そのキーとなる開発のための人材を育てようと、いま一生懸命やっているところだ。


マキャベリ(マキャヴェッリ)

良き力をもつ者は、良き友に恵まれるものである。


北野武(ビートたけし)

若いのが作法を学ばないのは、手本になる大人がいないからだ。少なくとも男にとっての作法は、ある種の憧れだったり、「あのときのあの人は格好良かったな」という記憶だ。身近にそんな人がいたら、強制なんかされなくたって真似したくなる。鮨の食い方にしても、酒の飲み方にしても、昔はそうやって格好いい大人の真似をして覚えたものだ。そう考えると、年寄りが「いまの若いのは作法がなってない」と言うのは、天にツバするのと同じことかもしれない。