名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大森ひとみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大森ひとみのプロフィール

大森ひとみ、おおもり・ひとみ。日本のイメージコンサルタント。武蔵野音楽大学声楽科卒業。日産自動車ショールームで広報活動に携わったのち、同社研修センターで講師を行う。その後、大手人材派遣会社教育部長を経て独立。株式会社大森メソッドを設立。ニューヨークでイメージコンサルタントの資格を取得。AICI国際イメージコンサルタント協会初の日本人上級コンサルタント・プロフェッショナルメンバー。企業やビジネスマンに対してイメージコンサルティングを行っている専門家。

大森ひとみの名言 一覧

第一線のビジネスマンはみなさん実力をお持ちです。しかし、外見として可視化することに慣れていないのです。


人と会うときは第一印象に気を付けてください。初頭効果といって、一度目にあったときの印象が後々まで尾を引くからです。最初に「あ、感じのいい人だ」とか「元気のいい人だな」というポジティブな印象を与えていれば、少々粗相があっても悪く思われることはありません。反対に悪印象から入ると、挽回するのは難しいのです。


人が感じのいい人を選ぶのは人間の遺伝子にあらかじめ組み込まれた性質です。ビジネスにおいても、感じのいい人ほど上司や部下に愛され、取引先とも大きな仕事ができるのだと思います。


欧米のビジネスマンは、自分のオフィスにはカジュアルなスタイルで出勤しても、重要な商談に出かけるときは相当パワフルなスーツを着ていきます。いくら節電が必要でも知性や常識を失ってはいけません。大事なことは、自分たちが暑く感じるかどうかではなく、お客様からの信用や好感度です。とくに外資系は見た目重視ですから、注意しなくてはいけません。


大森ひとみの経歴・略歴

大森ひとみ、おおもり・ひとみ。日本のイメージコンサルタント。武蔵野音楽大学声楽科卒業。日産自動車ショールームで広報活動に携わったのち、同社研修センターで講師を行う。その後、大手人材派遣会社教育部長を経て独立。株式会社大森メソッドを設立。ニューヨークでイメージコンサルタントの資格を取得。AICI国際イメージコンサルタント協会初の日本人上級コンサルタント・プロフェッショナルメンバー。企業やビジネスマンに対してイメージコンサルティングを行っている専門家。

他の記事も読んでみる

横田雅俊

営業のスキルやノウハウは、その奥にある意図や深い考えまで含めて参考にすべきです。どのトップセールスの方の「ひと工夫」にも、その奥に確固とした考えがあるはずです。それを意識して実践する必要があります。


大山健太郎

以前は作れば売れるプロダクトアウトの時代でした。しかし、オイルショックでモノが売れなくなり、プロダクトアウトからマーケットインに変わると今度は業界内の競争が激しくなった。業界の景気や競争に左右されないためにマーケットの先にあるお客様の視点、ユーザーインによる需要創造型企業へと会社を変えてきました。


ケリー・マクゴニガル

プランを立てられる人は、今は我慢しても将来起こるとても良いことや楽しみに価値を見いだす人。一方、立てられない人は、今起こる、ほどほどの良いことや楽しみに重きを置く人で、将来の価値を割り引いた現実を優先する人です。


榊原英資

為替市場は情報の相互依存性が最も発揮される場です。最もグローバルでオープンな市場なのです。誰かがある情報に注目すれば、その行動が変わり、それがまた新しい情報を担ってフィードバックされていく。それを繰り返していくうちに一つの均衡が生まれる。そうするとまた新しい情報が入って近郊が崩れふたたび相互作用を繰り返していく。その無限の連鎖運動が為替市場の本質といえるのです。


手倉森誠

選手には、負けることを恐れるな、という話をしました。でも、そのなかで勝てたらすごいことだぞ、と。


鎌原正直

当社の独自性が発揮できない領域にやみくもに出ていくようなことはしません。あくまでも、得意な技術やノウハウを生かせる領域に経営資源を集中させていくつもりです。当社ではこれを「ユニーク&スペシャリティ」と呼んでいます。


川野幸夫

店長は一般的に「ストアマネジャー」と呼ばれ、直訳するとお店の管理者ですが、それだけだとヤオコーでは店長失格です。店長は「店主」でなければならない。どういう売り場にして、どのような商品を並べれば、地域のお客様は喜んで買ってくれるのか。店長が店舗の従業員を巻き込んで考える様々なアイデアが、利益を大きく左右します。


松井忠三

人によっては、現場を見てしまうと客観的になれないという見解もあると思いますが、私の場合は現場をきちんと理解しないとその会社の実態が見えない。


ロベルト・シンヤシキ

私たちはライバルの存在に感謝し、困難や課題を歓迎するべきです。ライバルがいるからこそ、現状に安穏としないよう刺激を受けるのですし、課題があるからこそ、限界を超えて成長していけるのです。


石田淳(コンサルタント)

「毎日1時間は勉強しよう」なんて思った時点でムリがある。働き盛りのビジネスパーソンなら、自分の時間を1日1時間も取れる人なんかいませんよ。取れても15分とか、せいぜい30分。短い時間をたくさん積み重ねることが、日々の努力を持続させる秘訣なんです。


和佐見勝

考えなければならないことは、お客様が困ること。物流業界の問題をきちんと解決することが私たちトラック運送業としての仕事。


松波晴人

僕自身は、観察のために、非常に優秀な人に会いに行く機会が多々ありますが、ものすごく勉強になります。共通項がいっぱい出てきて、僕もそうしないといけないなと思うことがしばしばあります。多くの方が前向きで、かつ冷静に事実を受け止めている、正に行動観察の概念です。ただ理論を分かっているのと、それを実践出来るかというのは別の話でして(笑)。僕もなるべく実践したいとは思っています。取り入れていくのは面白いですよ。