名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大栗育夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大栗育夫のプロフィール

大栗育夫、おおぐり・いくお。日本の経営者。「長谷工コーポレーション」社長・会長。栃木県出身。東京理科大学工学部建築学科卒業後、長谷川工務店(のちの長谷工コーポレーション)に入社。都市環境設計室室長、エンジニアリング事業部事業部長、取締役、常務取締役、専務執行役員などを経て社長に就任。

大栗育夫の名言 一覧

予定通り工事を終えるため、徹底的に「見える化」しているから想定外が起こりにくい。


当社はマンションを購入されたお客様からのクレームを社員全員で受け止め、次の案件に役立てる。施工現場で生じた問題を設計や営業だけでなく、協力会社も共有する。


当社が認められるようになったのは「予定通りの原価で納期を守る」といったメーカーなら当然のことを、マンション施工で実践したから。


大栗育夫の経歴・略歴

大栗育夫、おおぐり・いくお。日本の経営者。「長谷工コーポレーション」社長・会長。栃木県出身。東京理科大学工学部建築学科卒業後、長谷川工務店(のちの長谷工コーポレーション)に入社。都市環境設計室室長、エンジニアリング事業部事業部長、取締役、常務取締役、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

本田健

今必要なのは、5年後、10年後にどう生きるのか、まずは自分自身のビジョンを決めることです。会社に身を置きつつ、今の分野で揺るぎないプロフェッショナルを目指すもよし、新規事業を立ち上げるのもよし。独立してフリーランスで働くなり起業するなりの自由な生き方を選ぶのもいいでしょう。いずれにしても、今のうちに心構えをしておくべき。そして、そのためにはどんな勉強が必要なのか、どんな仲間をつくったらいいか、誰をメンター(先生)として教えを請えばいいかなど、必要な情報を収集していきましょう。


ポール・サミュエルソン

経済成長率が低くても嘆くことはありません。日本はかつての新興国ではなく成熟した国なのです。日本はあれほど長期にわたった不況を自力で抜け出した国です。そのことに胸を張って自信を再び持つことです。そうした力を持った日本の将来を私は悲観しません。


松下幸之助

平易なことを間違いなくやり通すのは難しいことである。難しいことだから根気がいる。それを指導するほうはもっと根気がいる。


稲垣精二

(業界の)順位はあくまで結果にすぎません。我々の目的は最も支持いただける保険会社になることです。全社員がそこに向かってベクトルを揃える。お客様の満足度とか、働いている社員の満足度を重視した経営を目指す。そのプロセスこそが重要です。もちろん株主がいらっしゃいますから、財務的な数字も重要です。でも社員に対しては、お客様から最も信頼していただける会社になろう、一生涯のパートナーになろうというメッセージを出し続けています。


池田弘(経営者)

一度の人生なので、やりたいことはやったほうが後悔しない。私自身、お宮を継ぐという時には、ものすごく悩みました。そして、お宮を継ぎ、経営者になりたいと思い、事業を立ち上げてきました。


天坊昭彦

人間の満足度は仕事だけで得られるものではありません。プライベートも充実していて初めて満足感が得られる。だから、仕事だけの付き合いではダメなのです。社内では「公私一体」という言葉を使うこともあります。職場の仲間は、互いの家族のことや健康についても知っていて当たり前です。ですから、家族が倒れたら、無条件で「すぐに帰れ」となります。上司がいなかったらその上司が、その人もいなければ上の先輩が判断して帰します。大切なことなのだから当然です。


佐々木常夫

真摯な人間は自然に人を惹きつけます。そして、周囲の人が「この人と一緒に頑張ろう」と思う。部下を強引に従わせるスキルなどなくても、ちゃんとリーダーシップを発揮することができるのです。


飯田亮

日本の国のあり方、考え方みたいなのものは、もっとしっかり考えないとダメ。どこかに頼って生きていくような感じじゃまずい。


太田健自

朝の8時には会社に来ていますが、頭を活性化させるために家から会社までは音楽を聞いています。私の場合はバッハやビバルディなどバロック系やモーツァルトがアルファー波を出やすくするのか効果があります。


谷田千里

部署単位で構わないので、文具や資料の「共有」はした方がいい。「自分が使うモノ」の絶対数を減らすと、整理が楽になるだけでなく、シンプルな働き方ができるようになると思います。


吉良俊彦

話すことが苦手な人が、うまくコミュニケーションを成立させるためにはどうしたらいいのでしょうか。それは自分にも相手にも話す力がないという前提に立って、相手に近づく努力をすることです。


マーシャル・ゴールドスミス

「忙しい時期が過ぎれば、行動に移す」という人がいます。しかし、そのときが来ることはおそらくないでしょう。忙しいといって何もしない人は、いつまでたっても行動を起こしたりはしないのです。