名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大栗育夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大栗育夫のプロフィール

大栗育夫、おおぐり・いくお。日本の経営者。「長谷工コーポレーション」社長・会長。栃木県出身。東京理科大学工学部建築学科卒業後、長谷川工務店(のちの長谷工コーポレーション)に入社。都市環境設計室室長、エンジニアリング事業部事業部長、取締役、常務取締役、専務執行役員などを経て社長に就任。

大栗育夫の名言 一覧

予定通り工事を終えるため、徹底的に「見える化」しているから想定外が起こりにくい。


当社はマンションを購入されたお客様からのクレームを社員全員で受け止め、次の案件に役立てる。施工現場で生じた問題を設計や営業だけでなく、協力会社も共有する。


当社が認められるようになったのは「予定通りの原価で納期を守る」といったメーカーなら当然のことを、マンション施工で実践したから。


大栗育夫の経歴・略歴

大栗育夫、おおぐり・いくお。日本の経営者。「長谷工コーポレーション」社長・会長。栃木県出身。東京理科大学工学部建築学科卒業後、長谷川工務店(のちの長谷工コーポレーション)に入社。都市環境設計室室長、エンジニアリング事業部事業部長、取締役、常務取締役、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

若生正廣

野球で実際にプレーするのは選手たちです。彼らが自ら動かなければ、いいプレーはできません。もっと選手たちの自主性を引き出さなければならない。


三森裕

弊社では代理店制度や銀行窓口販売などの方式はとらず、ライフプランナーがお客様に直接お会いし、相談しながらオーダーメイドの保険をご提案するコンサルティング・セールスに特化しています。ライフプランナーは皆、異業種で活躍する優秀な人材から厳選して採用しています。


真田信幸

一番首は自分一人が手柄を立てようという行為だ。だが一番乗りは自分の属する軍全体に勝ちをもたらそうとする行為だ。だから身構えが違う。一番首は敵一人の戦い方に目を向けるが、一番乗りはどこから城壁に取りついて攻めれば味方を引き入れることができるかと全体を見わたす。つまり、一番首は自分のことしか考えない。そこへいくと、一番乗りは組織全体のことを考えている。


平野信行

リアルエコノミーに貢献することが、金融グループ本来の仕事でしょう。我々は黒子に徹して、貢献していきます。


諸戸清六(初代)

無益の道具類を買うな、買えば他人に見せたくなり、自然と自分の職業を怠り、時間を費すべし、慎まざるべからず。


小田禎彦

客室に設置しているアンケートはがきが重要です。私どもでは年間30万人のお客様がお越しくださいます。そのうち7~8%の方から2万5千枚のアンケートはがきの回答を心強いご支援としていただけるのです。これを注意深く見ていくわけですね。一番怖いのは「これが悪かった。直しなさい」という内容です。しかし、書いてくださる方はまた来てくださる可能性があるわけですよ。「加賀屋なんか、もう来るか」と思う人は書かないわけですから。これを経営者、社員が心の目で読めるかどうか、お帰りになるお客様の表情を読み切れるかどうか。「お客様が無茶を言っている」ととらえるとどんどん垢がたまっていく。採算のとれないものはできませんが、お客様の声は神の声であるという気持ちで、できるものはすべて改善していき、お客様の判定を待つべきです。


ジャック・マー(馬雲)

企業家精神ではチャンスは待つものではなく、創るものです。


前田晃伸

上司が部下に向かって、「あれをしろ、これをしろ」というのは、やめた方がいい。元来、人間というのは、人から指示されるのは嫌いなはずです。本人が自発的に取り組んで初めて、いい仕事ができるし、やりがいも出てきます。


村瀬治男

旧来の販売や営業という概念は、往々にして右から左へ物を移す仕事ですが、マーケティングは、その範囲にとどまらず、より多くの知恵を絞ることが求められます。ですから社員にも、「もっと知恵を出し合って考える集団になってほしい」と言っています。顧客のニーズを知るために知恵を使う。ニーズがわかったら知恵を絞って提案する。それが、キヤノン販売からキヤノンマーケティングへの変化なのです。


橋本治

以前なら、豊かな時代の中で遊びながら警鐘を鳴らすなんてこともできたけれど、いまはそういう余裕もありませんし。ただ、そんなときでも、自分がふと見上げたときに存在している空を「美しい」と思えなくなったら、人間はおしまいだろうなとは感じているんです。


山口真由

本を読むことが辛いと感じるのは、「理解しなくては」と思っているからです。「わからなくてもいい」と思いながら読めば苦痛はほとんどありません。


太田肇

仕事において個人がクリエイティビティを発揮できなければ、これからは生き残っていくのがむずかしくなる。