名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大栗育夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大栗育夫のプロフィール

大栗育夫、おおぐり・いくお。日本の経営者。「長谷工コーポレーション」社長・会長。栃木県出身。東京理科大学工学部建築学科卒業後、長谷川工務店(のちの長谷工コーポレーション)に入社。都市環境設計室室長、エンジニアリング事業部事業部長、取締役、常務取締役、専務執行役員などを経て社長に就任。

大栗育夫の名言 一覧

予定通り工事を終えるため、徹底的に「見える化」しているから想定外が起こりにくい。


当社はマンションを購入されたお客様からのクレームを社員全員で受け止め、次の案件に役立てる。施工現場で生じた問題を設計や営業だけでなく、協力会社も共有する。


当社が認められるようになったのは「予定通りの原価で納期を守る」といったメーカーなら当然のことを、マンション施工で実践したから。


大栗育夫の経歴・略歴

大栗育夫、おおぐり・いくお。日本の経営者。「長谷工コーポレーション」社長・会長。栃木県出身。東京理科大学工学部建築学科卒業後、長谷川工務店(のちの長谷工コーポレーション)に入社。都市環境設計室室長、エンジニアリング事業部事業部長、取締役、常務取締役、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

山田昇(ヤマダ電機)

お客様にとっては、近い所に店があったほうが便利。わざわざネットで買う必要がないし、万が一トラブルがあっても安心感があるのが店舗の一番の強み。これが基本的なネット対策になる。


津谷正明

確かに、今はグローバル化の中で情報やカネが瞬時に動くため、振れ幅が大きいのは事実です。ですが一方で、環境は絶えず変わるものという意識も持っています。


遠藤信博

会社は人が入れ替わる難しさがありますが、絶対に継続していかなければいけません。その武器が文化です。世界の社会インフラを攻めるという感受性を持ち、しっかりと挑戦する柔軟な組織にしたいと考えています。


高橋理子

私の作品を見たフランスの婦人が、「あなたの着物には伝統とモダンが共存している。日本の素晴らしい文化に関わることができて幸せね」と声をかけてくださったんです。これまで私は、着物を単なる衣服として、美しければいいと考えていたんですが、この言葉をきっかけに、着物の歴史や技術のことなど、奥深い背景の部分にまでしっかり向き合っていこうと決意しました。


出口治明

いわゆる報連相というのは部下に強いるものではなく、管理者自身のための言葉です。若い人に元気がなかったり、腹が立ったような顔をしたりしていたら、こっそり別室に呼ぶとか、昼食に誘うなどして、報告・連絡・相談をしやすい雰囲気をつくるのが上司の仕事でしょう。


鬼頭周

ソフトバンクは新たなビジネスを考える際に「やってはいけないリストはない」というDNAがあるようです。それはどんな分野にもあてはまります。


寺門ジモン

言わせてもらえば、人間なんて地球上の生き物の一つです。地球に間借りして住まわせてもらっているようなものですから、たとえ人類最強でも「家主」には絶対に勝てっこありません。そもそも自然界には人間が作ったルールなんて通用しません。だからこそ人間は五感をフル稼働させて危機を素早く察知し、自分の身を守っていく必要があるのです。


小阪裕司

感性マーケティングの視点を持って他の店を回るだけでも、「コレがなぜ売れているんだ?」「そういうことか!」と謎がとけ、いろんなヒントが見えてくるはず。


小山昇

残業削減に最も効果的だったのが、部門を横断して改善を進める社内チームのひとつとして発足させた「早帰り推進チーム」の働きです。私は彼らに「売り上げは下がってもいいから残業時間を減らせ」というミッションを与えました。だが、彼らはそれを「数字を維持したまま残業時間を減らすのが自分たちの役割」だと解釈して、様々な施策を考えてくれたのです。彼らの働きなくしては、これだけ早く早帰り文化が根付くことはなかったでしょう。


安宅和人

思考力を上げるためには、「頭で考えたことを言葉に落とし込んで書き出す」習慣を取り入れることをオススメします。紙でも、パソコンでも、スマホでもいい。簡単と思うかもしれません。しかし、「考えていること」「言いたいこと」を言葉で具体的に表現することは難しい。考えを書いてみると、日頃いかに漠然としたことばかりを考えているかに気づかされる。徹底的に続けると、少しずつできるようになります。


齋藤茂(経営者)

上場で資金調達をする必要はありませんでした。ただ、ずっと何十年も利益が出ていると、社内が平和ボケしてしまう。空気を引き締めるには何がいいか。それで上場を選びました。


吉永泰之

私たちは規模ではなく、個性で勝負する会社。