大枝宏之の名言

大枝宏之のプロフィール

大枝宏之、おおえだ・ひろし。日本の経営者。「日清製粉グループ本社」社長、「日清製粉」社長・会長。兵庫県出身。一橋大学経済学部卒業、シカゴ大学経営大学院修了。日清製粉に入社。営業本部第二営業部部長、取締役業務本部長、日清製粉グループ本社執行役員、日清製粉常務・専務などを経て日清製粉グループ本社社長に就任。

大枝宏之の名言 一覧

他社を見ても、みんなが同じ方向を向いて進んでいる会社は強い。


大学時代のボート部での経験ですが、やはりたくさん練習すると強くなりますね。ボート部には「Mileage makes champions」という方針がありまして、距離をたくさん漕ぐ、つまり練習量の多さがチャンピオンを作るという考えがありました。努力をすればするほど報われるという意味ですが、今は私の好きな言葉、座右の銘にもなっています。


営業が最前線で戦う際に、原料調達や製造の部隊がきちんと同じ方向を向いているということが非常に大事です。逆にそうなっていないと、営業は戦えない。


大枝宏之の経歴・略歴

大枝宏之、おおえだ・ひろし。日本の経営者。「日清製粉グループ本社」社長、「日清製粉」社長・会長。兵庫県出身。一橋大学経済学部卒業、シカゴ大学経営大学院修了。日清製粉に入社。営業本部第二営業部部長、取締役業務本部長、日清製粉グループ本社執行役員、日清製粉常務・専務などを経て日清製粉グループ本社社長に就任。

他の記事も読んでみる

國貞文隆

私は300人以上の経営者・社長を取材してきましたが、そのすべてが朝型だったというわけではありません。午前中にまったく仕事をしない社長もいました。朝起きなければいけないという切迫感に駆られるだけでは意味がありません。重要なのは、自分の仕事に合わせて、アウトプットを最大にするためにきっちり準備運動をする、ということ。特に社長は100%の状態で社員と接しなければならない。二日酔いの顔を見せてしまう社長では、その会社の今後も危ぶまれるというものです。


立花岳志

自分だけでは解決できなかったことが、外で習うことで道が開けました。以前の自分は愚痴ばかりでしたが、学びによって殻を破れて成長できました。


渡邉美樹

人間関係で大事なことはただ1つだけです。それは、相手と向かい合った時に自分自身がどう感じているかということに尽きます。付き合いを続ける中で、「この人はいい感じだなあ」「いい関係が築けているなあ」と思ったら、それが真実になるのです。


渡瀬謙

私は、初めての訪問の際には、先方の玄関先に30分前に着くように行動しています。電車が遅れたり、道に迷ったりするリスクも考えてのことです。もちろん、多くの場合は時間が余ることになります。ですが、この余った時間は決して無駄ではありません。たとえば、駅からの道をあえてゆっくり歩く。会社に着いてしまったら、とりあえず周りを一周してみる。そうしてやはり「話のネタ」を探します。「裏に懐かしい感じの駄菓子屋さんがありますよね」「駅前のラーメン屋さん、すごい行列でしたね」と、こうした話題からスムーズに会話に入っていけるのです。


プブリウス・シルス

変更できない計画は、悪い計画だ。


立石泰則

経営者が技術の重要性を理解し、腹をくくって、現場の人間に任せれば復活できる。


北尾吉孝

部下に対する言い方、接し方にも法があります。「部下が言うことを聞いてくれない」と、イライラしている人もいるでしょう。多くの場合、相手に変化を求めがちですが、実は変わるべきは自分のほうなのかもしれません。論語には「その身正しければ令(命令)せざれども行わる。その身正しからざれば令すといえども従わず」とあります。率先垂範、みんなの先に立ち身を修め、口先だけでなく実践し後ろ姿で導く。それが上に立つ者の基本条件だということです。


中井貴一

たとえば、市民からの抗議を受ける場面。そのときは昔クレーム処理を担当していた友達との会話で「とにかく丁寧に言うしかないんだよ」と聞いた話を取り出す。そのくり返し。30年間の引き出しへの蓄積が役者としての財産ですからね。


南部靖之

弊社で効率を求めれば、一人でも多くのスタッフを企業に派遣することが目的になるでしょう。しかし、本当に大事なことは、スタッフの話にじっくり耳を傾けること。効率重視だと、それを忘れてしまう。話を聞くことは時間もかかりますが、20代のうちから、「そんな時間はムダ」と中途半端に働いているようでは、あとで大成しません。


松下幸之助

はじめからしまいまで徹底的に悪いということもなければ、また徹底的に良いということもない。


菊原智明

日々のちょっとした「とほほ話」をさりげなく自己開示していくことで、人間味が増して相手との距離がグッと縮まる。どんな優秀な人でも、意識してみれば小さな失敗は毎日必ずしているもの。それをノートに記録すればいい。ネタ帳になる上、反省点を振り返るきっかけにもなる。


鈴木みゆき(経営者)

失敗したらすぐに開き直って次に進む。PDCA(計画・実行・評価・改善)はスピードが肝心です。


戸塚隆将

日本人は頑張った結果として自然と成果が上がると考えるのに対して、グローバルエリートたちは目標意識が強く、最初から成果を出すために働いている。


樽見茂

一人で考え込むより、誰かに話しかけることが大切です。人と話すことで、頭の中身を効率的に整理することができます。私の場合、会社では一人になれる時間は、ほとんどないんです。社員もどんどん話しかけてくるし、僕の方からも社員に話しかけます。だから、一人きりになって集中して考えてなどという時間の余裕はありません。そこで、いっそのこと社員に話しかけることで、その瞬間に自分の思考のスイッチを入れて、集中して考えるモードに切り替えるわけです。


相川秀希

手がけた仕事の中身を他人に説明したり、他人の説明を聞いたりするのも、着眼点を伸ばす良い訓練になりそうです。自分がどんな工夫をして仕事を成功させたのか振り返ったり、他人がどんな着眼点で成果を上げたのか聞いたりすることで、大きな刺激を受けられますから。例えば、独立を目指す人同士が集まり、互いにプレゼンテーションし合う勉強会を開くなどはお勧めです。


ページの先頭へ