名言DB

9412 人 / 110637 名言

大林伸安の名言

twitter Facebook はてブ

大林伸安のプロフィール

大林伸安、おおばやし・のぶやす。日本の経営者、研修講師。人材育成会社「ノビテク」社長。英国国立ウェールズ大学大学院でMBAを取得。大手企業を中心に研修を行った。著書に『仕事が楽しくなる!25のルール』ほか。

大林伸安の名言 一覧

ギブアンドテイクのポイントは、50:50の関係はなかなか成り立たないということ。自分では「これだけやったんだ」と思っていても、相手はそこまで「やってもらった」とは考えていないかもしれません。だから、私はギブとテイクの割合を7:3と考えるようにしています。ギブを多めに考えておけば、人間関係で苛立つことも少ないし、相手も気持ちよく応えてくれるはずです。


頑張ってやり続けるだけではもったいない。反省点を次に活かせるように、振り返りを徹底しましょう。


細かい仕事時間短縮術はいろいろとありますが、その究極は「アウトソーシングできる人間関係を築いておく」ということではないでしょうか。


挨拶を軽んじてはいけません。以前、私の部下にとても元気のいい女性がいました。いつの間にか、同じビル内にある別の会社の方々とも仲良くなっていて、その人間関係で研修の仕事を取ってきたこともあります。私は「どうやったら、こんなことができるんだろう?」と不思議に思って、その会社の方に聞いてみました。すると、「彼女は元気よく挨拶をしてくれるんです」と言うのです。挨拶をきっかけに、エレベーターや共有の休憩室で話すようになっていったそうです。


以前、トップセールスの方々にリサーチを行いました。彼らに共通するのは、とにかく社内外に人脈が広いことでした。あらゆるところに「○○さんが言うならしょうがないな、やってやるか」と言ってくれる人がいる。そして、他の人と何が違うのかと言えば、お願いをする一方で、相手のお願いを聞いてあげていること。さらに、きちんと元気よく挨拶ができていることも大切なポイントです。


当社には勤務時間中に1日20分間居眠りをしてもいいというルールがあります。眠気と戦いながら、ダラダラと1時間仕事をするよりも、20分間眠り、スッキリとした頭で40分間仕事をしたほうが効率がいい。精度も上がります。寝てもいいと言うだけでは、なかなか人目を気にして眠れないと思うんです。だから、きちんとルール化しました。


名刺を管理するとき名前や社名で整理する方が多いと思いますが、私はその方の持っている情報や得意分野といった、知識やスキルで整理するようにしているんです。アイデアをまとめるときはこの方、業界の最新情報を知りたいときはこの方、といったように分けることで、いざその方の力が必要になったとき、すぐに名刺が見つかります。


人に仕事を頼むためには、日頃から周囲の人間関係を良好に保っておくことが不可欠です。自分の時間があるときに、他人から何か頼まれれば、できるだけ応えるようにしましょう。ギブアンドテイクの関係を築いておくのです。


組織で働くメリットは、それぞれが得意な分野でフォローし合うためです。さらに言えば、それが社会のしくみだと言ってもいい。どんなに優秀な人でも、一人だけで仕事はできません。だからこそ、自らの知識やスキルを高めるだけでなく、人に任せることを意識的に行なう。任せるのは悪いことではないのです。


仕事に対する知識やスキルが向上すれば、作業スピードが上がり、そのぶん、仕事時間が短縮されます。しかし、知識やスキルには限界があります。そこで、私が強調したいのが「アウトソーシング(人に任せる)」です。これこそが、最もみなさんに伝えたいことです。


仕事時間の見積もりをする際には、不確定要素にも注意してください。たとえば、人にお願いしていることやモノの手配。これらは、自分がどう努力しても、なんともなりません。それだけに、可能なかぎり前倒しをする意識を持って見積もることが大切です。


私が知るかぎりでは、時間に追われて仕事をしている方の多くは、PDCAサイクルの中のC(チェック)とA(アクト改善)が抜けてしまっています。そのために、仕事時間の見積もりを誤ったときに「次は頑張る」といった曖昧な結論にしか達しない。これでは、無理をするしか選択肢がなくなり、最終的には疲弊してしまいます。


スケジュールについては、3週間先の予定を確認しています。職種によって違いますが、私の場合は講演や研修などの予定が、遅くとも3週間前には決まっているからです。その予定から逆算して、今日やるべきことの優先順位をつけていくのです。朝、その日のスケジュールを初めて見て、やることを決めていくという方法では、時間が足りなくなります。3週間先の予定を見ておけば、余裕を持って作業に当たることができるわけです。


私が実践している時間短縮術は、大きく3つに分けることができます。ひとつ目は、「体調管理」です。どんな仕事でも、効率は体調によって左右されます。まずはしっかりと休養を取り、万全の状態をキープすること。すべてのテクニックは、これが前提となります。2つ目は、「段取りやスケジューリング」。私は、予算と同じように仕事にかかる時間を見積もるイメージで、「仕事の見積もり」と呼んでいます。そして、最後が「効率化」です。当然ながら、仕事に対する知識やスキルが向上すれば、作業スピードが上がり、そのぶん、仕事時間が短縮されます。


大林伸安の経歴・略歴

大林伸安、おおばやし・のぶやす。日本の経営者、研修講師。人材育成会社「ノビテク」社長。英国国立ウェールズ大学大学院でMBAを取得。大手企業を中心に研修を行った。著書に『仕事が楽しくなる!25のルール』ほか。

他の記事も読んでみる

冨山和彦

人間は「自分の見たい現実」を見たがる動物だから、自分がこれまで手がけてきた事業をはじめ、立場も含めてすべてを忘れて、ありのままに現実を見ることは非常にむずかしい。経験「則」という以上、自分自身の経験を規範化しているので、その色眼鏡をはずしてファクトを静観するのはむずかしく、強い意志が必要である。


土井英司

面白いアイデアを生むには、自分のなかで、いかに異色の組み合わせを発生させるかが重要です。アイデアを仕事にしている人は、ノートなどを使って、まったく違う情報を組み合わせる工夫が必要です。


池田育嗣

若手時代、上司は疑問の答を簡単には教えてくれずに一言「よく見てみろ」。その通り、機械の動きを2時間にらみ続けたら理解できました。


アンデルセン

旅は私にとって精神の若返りの泉だ。


鳥居勝幸

自社のアピールについては、たとえ実績のある会社でも、その内容を顧客目線から語るのを忘れないようにしましょう。「我が社は世界でもトップクラスです」ではただの自慢にしか聞こえませんが、「世界中に拠点がるので、海外進出の際にはきっとお役にたてるはずです」と、顧客にとっての利点を強調しながら伝えれば、相手もグッと身を乗り出してきます。


内藤晴夫

奇人変人の時代は終わりました。いまは外部の力を上手に引き出す感性がまず大事です。自分たちだけの力は限られていますから。そして、強みをさらに強くしようと努力する人。それから、人好きな人です。開発はチームでやることが多いので、チームワークとかチームビルディングといったことが苦にならない人でないと務まりません。


星野佳路

女性が活躍できる環境にするには、性差に関する偏見のない、フラットな組織文化をつくることが不可欠です。


レジェンド松下

実演販売士はその場で話すことを決めるわけではなく、必ず事前に台本を作ります。お客様の心を動かすには、皆さんが納得できるだけのしっかりしたストーリーが必要だからです。


田村潤

会議には、参加者の人件費がかかっている。長いほど無駄というわけ。コスト意識を持って欲しい。


織田隼人

悩むというのは、決断をするうえで明らかに時間の無駄です。何か意思決定をするときに「自分はいま考えているのか、それとも悩んでいるのか」と意識するだけで、悩む時間を節約し、決断のスピードを大幅に高めることができます。


杉本哲太

振り返って考えてみて、自分に足りていなかったのは、与えられた役に対するアプローチの仕方です。自分が役になりきろうとするあまり、ボタンの掛け違いというか、取り組み方がズレていたんですね。三國(連太郎)さんたちの芝居で、それに気づかされて以降、30代は試行錯誤の連続でした。


石水勲

売っているのは商品ですが、信用をなくせば会社が危機に陥る。


鈴木進介

思考をスッキリさせるためには余計な感情を排除することも大事。たとえば、上司から来週のプレゼン資料をつくる仕事を頼まれたとき、「なんで俺がこんな仕事をしなきゃいけないのか?」などと考えず、作業に移る。とにかくプレゼンの資料はつくらなければいけない。それは揺るがない事実だとしたら、まず感情を排除して淡々と仕事をこなすことです。


丸山輝

面倒で、あまり人がやりたくないことを引き受けて実行することが、当社にとっての社会貢献。


坪田一男

いくつになっても諦めずにチャレンジすることが、長い人生を面白くするコツ。