名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大林伸安の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大林伸安のプロフィール

大林伸安、おおばやし・のぶやす。日本の経営者、研修講師。人材育成会社「ノビテク」社長。英国国立ウェールズ大学大学院でMBAを取得。大手企業を中心に研修を行った。著書に『仕事が楽しくなる!25のルール』ほか。

大林伸安の名言 一覧

ギブアンドテイクのポイントは、50:50の関係はなかなか成り立たないということ。自分では「これだけやったんだ」と思っていても、相手はそこまで「やってもらった」とは考えていないかもしれません。だから、私はギブとテイクの割合を7:3と考えるようにしています。ギブを多めに考えておけば、人間関係で苛立つことも少ないし、相手も気持ちよく応えてくれるはずです。


頑張ってやり続けるだけではもったいない。反省点を次に活かせるように、振り返りを徹底しましょう。


細かい仕事時間短縮術はいろいろとありますが、その究極は「アウトソーシングできる人間関係を築いておく」ということではないでしょうか。


挨拶を軽んじてはいけません。以前、私の部下にとても元気のいい女性がいました。いつの間にか、同じビル内にある別の会社の方々とも仲良くなっていて、その人間関係で研修の仕事を取ってきたこともあります。私は「どうやったら、こんなことができるんだろう?」と不思議に思って、その会社の方に聞いてみました。すると、「彼女は元気よく挨拶をしてくれるんです」と言うのです。挨拶をきっかけに、エレベーターや共有の休憩室で話すようになっていったそうです。


以前、トップセールスの方々にリサーチを行いました。彼らに共通するのは、とにかく社内外に人脈が広いことでした。あらゆるところに「○○さんが言うならしょうがないな、やってやるか」と言ってくれる人がいる。そして、他の人と何が違うのかと言えば、お願いをする一方で、相手のお願いを聞いてあげていること。さらに、きちんと元気よく挨拶ができていることも大切なポイントです。


当社には勤務時間中に1日20分間居眠りをしてもいいというルールがあります。眠気と戦いながら、ダラダラと1時間仕事をするよりも、20分間眠り、スッキリとした頭で40分間仕事をしたほうが効率がいい。精度も上がります。寝てもいいと言うだけでは、なかなか人目を気にして眠れないと思うんです。だから、きちんとルール化しました。


名刺を管理するとき名前や社名で整理する方が多いと思いますが、私はその方の持っている情報や得意分野といった、知識やスキルで整理するようにしているんです。アイデアをまとめるときはこの方、業界の最新情報を知りたいときはこの方、といったように分けることで、いざその方の力が必要になったとき、すぐに名刺が見つかります。


人に仕事を頼むためには、日頃から周囲の人間関係を良好に保っておくことが不可欠です。自分の時間があるときに、他人から何か頼まれれば、できるだけ応えるようにしましょう。ギブアンドテイクの関係を築いておくのです。


組織で働くメリットは、それぞれが得意な分野でフォローし合うためです。さらに言えば、それが社会のしくみだと言ってもいい。どんなに優秀な人でも、一人だけで仕事はできません。だからこそ、自らの知識やスキルを高めるだけでなく、人に任せることを意識的に行なう。任せるのは悪いことではないのです。


仕事に対する知識やスキルが向上すれば、作業スピードが上がり、そのぶん、仕事時間が短縮されます。しかし、知識やスキルには限界があります。そこで、私が強調したいのが「アウトソーシング(人に任せる)」です。これこそが、最もみなさんに伝えたいことです。


仕事時間の見積もりをする際には、不確定要素にも注意してください。たとえば、人にお願いしていることやモノの手配。これらは、自分がどう努力しても、なんともなりません。それだけに、可能なかぎり前倒しをする意識を持って見積もることが大切です。


私が知るかぎりでは、時間に追われて仕事をしている方の多くは、PDCAサイクルの中のC(チェック)とA(アクト改善)が抜けてしまっています。そのために、仕事時間の見積もりを誤ったときに「次は頑張る」といった曖昧な結論にしか達しない。これでは、無理をするしか選択肢がなくなり、最終的には疲弊してしまいます。


スケジュールについては、3週間先の予定を確認しています。職種によって違いますが、私の場合は講演や研修などの予定が、遅くとも3週間前には決まっているからです。その予定から逆算して、今日やるべきことの優先順位をつけていくのです。朝、その日のスケジュールを初めて見て、やることを決めていくという方法では、時間が足りなくなります。3週間先の予定を見ておけば、余裕を持って作業に当たることができるわけです。


私が実践している時間短縮術は、大きく3つに分けることができます。ひとつ目は、「体調管理」です。どんな仕事でも、効率は体調によって左右されます。まずはしっかりと休養を取り、万全の状態をキープすること。すべてのテクニックは、これが前提となります。2つ目は、「段取りやスケジューリング」。私は、予算と同じように仕事にかかる時間を見積もるイメージで、「仕事の見積もり」と呼んでいます。そして、最後が「効率化」です。当然ながら、仕事に対する知識やスキルが向上すれば、作業スピードが上がり、そのぶん、仕事時間が短縮されます。


大林伸安の経歴・略歴

大林伸安、おおばやし・のぶやす。日本の経営者、研修講師。人材育成会社「ノビテク」社長。英国国立ウェールズ大学大学院でMBAを取得。大手企業を中心に研修を行った。著書に『仕事が楽しくなる!25のルール』ほか。

他の記事も読んでみる

大前研一

変人、大いに結構。坂本龍馬や勝海舟なんて超変人だったんですから。


堀紘一(コンサルタント)

「あまり寝ていなくて」と忙しさを自慢するのは愚かである。頭を正常に働かせるには7から8時間の睡眠がいる。そして会社に居残る時間を短くする。仕事の密度を濃くし、夜7時以降は会社にいないようにする。勉強や会食の時間がとれないからだ。


冨安徳久

今の日本には命の重みや周りに助けられている感謝の気持ちが欠けていると思います。自分は多くのものを与えられているという気付きが、「生きる」ことに繋がるのです。


横山信弘

何度もミスをする部下に対しては、やるべきことを一覧にして、一つひとつチェックする。できたことを確認しながら成功体験を増やしてあげるといい。


林野宏

消費マーケット全体は大きく2極化していきます。安さを売り物にしている商品は、さらなる安さが求められる。一方で、良さが認められた商品は高額でも売れる。ここで見誤ってはいけないのは、安いものを買う人と高額商品を買う人が、必ずしも別ではないということ。1人の消費者の中で、こだわりのない分野の商品には安さを求め、こだわりのある分野には相応の出費をいとわないという2つの軸が育っていく。こうなると、単純に価格の高低ではなく、その間に「新しい消費の芽」が出てくる。


藤修

松下(パナソニック)は1000社以上のグループ会社があった。つまり松下は、何千人というスターを作ったのです。当社ではグループ会社計画を毎年発表していますが、それはグループ会社を多くするよりも、スターを輩出する会社にしたいから。スターを作るという意味で松下を超えたいですね。


ホルスト・シュルツ

私は14歳からいまに至るまで、サービスに対する哲学は変わっていません。我々は「サーブ(給仕)」しますが、断じて「サーバント(下僕)」ではありません。


柳井正

負けないようにするには、より良い商品を安く提供し、誰でも買えるようにすることしかない。そういう単純なことを追求すべきです。それをきっちりやっている小売りは生き延びてきたし、今後も生き延びるという当たり前のことです。


細谷英二

りそな銀行の営業時間を午後5時まで延長すると決めたとき、社内から強い抵抗がありました。実現に9カ月もかかりました。しかし、私は世の中にサービス企業へ変身するメッセージになるとして断行しました。正直言うと、他の銀行が1年以内にすべて追随すると思っていましたが、どこもやらなかった(笑)。業界全体のお役所のような意識が抜けないのでしょう。


徳重徹

本気の挑戦の結果としての失敗は、必ず自分のプラスにつなげることができるのです。自分はさて置き、過去の偉人はみんなその繰り返しで、大事を成し遂げていますから。


高橋がなり

上にだけ媚びを売るヤツは、後輩や同僚から嫌われる。僕がすすめるのは、「下」や「横」の人に尽くすこと。後輩や同僚に尽くすと、僕が困った時に同僚や後輩が助けてくれるから仕事が上手く回る。それで「優秀に見えないけど、なぜかアイツに頼むと上手くいく」「運の良い男だ」と評価され始めた。結局、上も下も横も動いてくれるようになったわけです。


ニーチェ

もっと喜び楽しむことを学ぶこと、それこそ他人を苦しめたり、苦しめようと考えたりすることを忘れさせる最善の方法である。