名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大松博文の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大松博文のプロフィール

大松博文、だいまつ・ひろぶみ。バレーボール・コーチ。東京オリンピックでバレーボール全日本女子チームの監督となり同チームを金メダルに導いている。同チームはその強さから東洋の魔女と称された。過酷な練習を選手に課し、鬼の大松と恐れられた。関西学院大学卒業後、ニチボーに入社。陸軍に召集され、インパール作戦に従軍。過酷な作戦の数少ない生存者の一人として帰還。ニチボーの女子バレーボール部監督に就任。以降、同チームを世界一に叩き上げた

大松博文の名言 一覧

私は勝たなければならない。絶対に勝たなければならない。選手も私もやる気になった。これまで私たちはあらゆる苦闘を味わってきたが、いまはあの過去の猛練習以上のことをやらなければならない。そうしてオリンピックでの優勝があるのだと思った。


4時から12時まで、毎夜7時間だった練習が、やがて一時間延び、一時間半延びるというようになり、当然睡眠時間はそれだけ減っていった。そして自分たちはすべてを犠牲にし、眠る時間も減らして練習している。この事実がやがてソ連に負ける道理がないという自信となって選手たちの胸に集積されていった。


いいか、自分の目指すところは剛を制する剛のチームだ。そのために君たちは、オールラウンドに世界一にならねばならない。君たちは小鳥だが、巨鳥になってもらいたい。君たちはこれまで勝ち続けているからといって、オリンピックでも負けないんだという気持ちがあったらとんでもないことだ。今日から巨鳥になるためのシゴキをやるが、自分を信じてついてきてもらいたい。


大松博文の経歴・略歴

大松博文、だいまつ・ひろぶみ。バレーボール・コーチ。東京オリンピックでバレーボール全日本女子チームの監督となり同チームを金メダルに導いている。同チームはその強さから東洋の魔女と称された。過酷な練習を選手に課し、鬼の大松と恐れられた。関西学院大学卒業後、ニチボーに入社。陸軍に召集され、インパール作戦に従軍。過酷な作戦の数少ない生存者の一人として帰還。ニチボーの女子バレーボール部監督に就任。以降、同チームを世界一に叩き上げた

他の記事も読んでみる

竹中平蔵

チャンスは天から降ってくるものではなく、自分で掴みにいかなければならない。時代認識を踏まえた積極性が重要。チャンスを意識して一歩踏み出さねばならない。


堀切功章

(茂木友三郎名誉会長は)自らもそうですが、若手社員にも本を読ませるんですよ。月に1回読書会をして、選んだ本をA4の紙2枚にまとめさせる。もう10年以上やっているんですね。若い者には本を読め、と。自分はそのエッセンスを、と。なかなかいいアイデアだと思って。一挙両得ですね。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

多くの人が幸せを求めて、浪費を重ね、刺激を欲し、快楽に走ります。しかし、永続的な深い幸せは、そうした生活の対極にしか見つけることができません。つまり、セルフコントロールされた生活です。


宮原賢次

住友グループには、住友家の家訓をベースに400年続いた「住友の事業精神」というものがあります。「信を重んじ、確実を旨とする」がエッセンスです。それを、これを、(元社員が)こともあろうに簿外取引などという行為で汚してしまった。悔しかったですよ。社員との対話集会でも「いま一度、住友事業精神の原点に戻ってくれ」と口酸っぱくして言いました。


伊藤明(伊東屋)

思いついたら、さっと書けるのは紙ならでは。我が社の商品企画室は厳しくて、社長の提案も簡単には通らない(苦笑)。ふと浮かんだ良いアイデアを逃さないように、ノートはいつも手元に置いています。


吉永泰之

私は、自分がつねに主体的であるためにはどうすればいいかを考えていました。誰かの意思に従って働くのではなく、主体性をもって働くためには、自分の意思で会社に通っているんだという状態を守り続けなければなりません。それには、この会社を辞めて他社にいってもいまと同じかそれ以上の待遇を得られるという状態をつねに担保しておく必要がある。それが担保できていれば、たとえ上司であっても意見の食い違う人とは正々堂々と喧嘩ができるし、不満を抱えながら会社にぶら下がり続ける必要もありません。


矢部輝夫

当社では清掃活動を「新幹線劇場」と呼んでいます。これはお客さまが主役で、私たち従業員が脇役となって、一緒にこの場所で素晴らしい思い出を作ろうという意味合いです。


柳弘之

私たちは「感動創造企業でありたい」と30年言い続けています。その意味は、お客様の期待を超えるということです。


冨安徳久

他社が真似できないのは、弊社が徹底的にこだわり抜いた葬儀を執り行っているからです。私たちは首尾一貫して、志を持って仕事をしています。真心を込めた葬儀を、適正な料金で執り行い、リピーターを作る。そのためには、しっかり社員を教育し、彼らが1件1件の葬儀を大事にすることが必要です。


七五三木敏幸

私の友人でも、50歳過ぎて役職定年を迎えて、出向するケースが多い。大概は敗残兵みたいな気持ちで新天地に赴いて、リタイアする日を指折り数えて堪え忍ぶ。でもそうじゃない人も何人かいますね。行った先で前向きな目標をつくってチャレンジする。出向先で部長、役員、取締役、専務と上がって、今年から本社の副社長に復帰した友人もいる。


浦上ヤクリン

求められるのは、ミス・失敗をいい経験にしていこうというポジティブな発想の転換。ただでさえ、ブラックな職場環境の企業が多いと言われる日本です。過剰に真面目になりネガティブになっていては身がもちません。


逢沢明

社内で自分1人しか考えていない事がある。でもそれを実現するためにどうするか……ということになった時に、「これは絶対いい案です」と、自分の意見として主張しても通らない。その時に使う代表的な手法の1つは「調査を行う」ということです。これこれの件について調査しましたと。実際調査するといろんな意見が出てくるんですね。そうするとその中に自分のやりたい、それを求める意見が入っていたとしたら、それを調査結果とすれはいいわけです。数字を操作するのはもちろんいけませんから、そうじゃなくて、自分の意見に近いものを意図的に大きくクローズアップするわけです。