名言DB

9425 人 / 110833 名言

大松博文の名言

twitter Facebook はてブ

大松博文のプロフィール

大松博文、だいまつ・ひろぶみ。バレーボール・コーチ。東京オリンピックでバレーボール全日本女子チームの監督となり同チームを金メダルに導いている。同チームはその強さから東洋の魔女と称された。過酷な練習を選手に課し、鬼の大松と恐れられた。関西学院大学卒業後、ニチボーに入社。陸軍に召集され、インパール作戦に従軍。過酷な作戦の数少ない生存者の一人として帰還。ニチボーの女子バレーボール部監督に就任。以降、同チームを世界一に叩き上げた

大松博文の名言 一覧

私は勝たなければならない。絶対に勝たなければならない。選手も私もやる気になった。これまで私たちはあらゆる苦闘を味わってきたが、いまはあの過去の猛練習以上のことをやらなければならない。そうしてオリンピックでの優勝があるのだと思った。


4時から12時まで、毎夜7時間だった練習が、やがて一時間延び、一時間半延びるというようになり、当然睡眠時間はそれだけ減っていった。そして自分たちはすべてを犠牲にし、眠る時間も減らして練習している。この事実がやがてソ連に負ける道理がないという自信となって選手たちの胸に集積されていった。


いいか、自分の目指すところは剛を制する剛のチームだ。そのために君たちは、オールラウンドに世界一にならねばならない。君たちは小鳥だが、巨鳥になってもらいたい。君たちはこれまで勝ち続けているからといって、オリンピックでも負けないんだという気持ちがあったらとんでもないことだ。今日から巨鳥になるためのシゴキをやるが、自分を信じてついてきてもらいたい。


大松博文の経歴・略歴

大松博文、だいまつ・ひろぶみ。バレーボール・コーチ。東京オリンピックでバレーボール全日本女子チームの監督となり同チームを金メダルに導いている。同チームはその強さから東洋の魔女と称された。過酷な練習を選手に課し、鬼の大松と恐れられた。関西学院大学卒業後、ニチボーに入社。陸軍に召集され、インパール作戦に従軍。過酷な作戦の数少ない生存者の一人として帰還。ニチボーの女子バレーボール部監督に就任。以降、同チームを世界一に叩き上げた

他の記事も読んでみる

マザー・テレサ

人々は与えることを学ばなければなりません。でも、与えることを義務と考えるのではなく、与えることを願いとすることが大切です。


島本理生

自分も夫と暮らしていると、年々、男女ってわかりあえないんだなあというのがあるんですね。別に私に関心がないわけじゃなくて、基本的に考えていることが違うんだなと。そういう男女の違いを書くのが面白くて、ここ数年のテーマにもなっています。


角和夫

株主の利益を考えた場合も、いわゆる売り抜けを狙っている株主と長期保有される株主を分けて考える必要があります。長期保有の株主は、安定的な配当と堅実なキャピタルゲインを求めておられるわけで、そうした株主の期待に応える経営をしていくことが大切だと思います。


猪瀬直樹

オーナー社長は簡単に意思決定ができます。しかしオーナーから何代も経たサラリーマン社長がいる会社がほとんどですから、意思決定をいかに行うかというリーダーシップは非常に重要。


マーニー・レヴィーン

シンギュラリティー後の世界も大きくは変わらない。ビジネスも同じ。変わるのは仕組みだけ。


貝沼由久

我々が現在の技術だけで、新しい世界に生き残っていけるかを考えた時に、やはり新しい技術を取り込んで伸ばしていかなければいけないという結論に至りました。いろんな要素技術を結合してIoT時代に必要な新しいデバイスをつくる準備をしておかないといけないなと。これが一番大きな理由です。

【覚え書き|ミツミとの経営統合のきっかけについて】


バリ・パッダ

かつて、テレビゲームが我々のビジネスを狂わせたように、これからも破壊的なテクノロジーが次々と登場してくるだろう。技術の流れを止めることはできず、そんな中で私たちの基本的な価値観を失うことなく対応していくことが必要だ。


おおたわ史絵

日の光に当たれば自然に目が覚めるように人間の身体はできています。目が覚めたら、カーテンを開ける。そうすれば、脳のなかの時計がリセットされるといわれています。さらに窓を開けて、5分でもいいので日照を浴びれば、すがすがしい朝を迎えることができるでしょう。


佐藤綾子(心理学者)

自分を信じてリラックスして聞いているからこそ修羅場で攻撃ポイントが見つかる。


アンジェラ・ダックワース

やり抜く力を育てるための習慣づくりは、どんなに小さなことでもかまいません。毎日、一つ目標を立て、昨日より上達すべく努力するのです。むしろ、小さければ小さいほど継続しやすくて望ましいといえます。一日にどれだけの量をこなしたとか、どれほどのパワーを注いだかではなく、充分な日数を費やして一つのことを続けていくことが最も大切なのです。