大松博文の名言

大松博文のプロフィール

大松博文、だいまつ・ひろぶみ。バレーボール・コーチ。東京オリンピックでバレーボール全日本女子チームの監督となり同チームを金メダルに導いている。同チームはその強さから東洋の魔女と称された。過酷な練習を選手に課し、鬼の大松と恐れられた。関西学院大学卒業後、ニチボーに入社。陸軍に召集され、インパール作戦に従軍。過酷な作戦の数少ない生存者の一人として帰還。ニチボーの女子バレーボール部監督に就任。以降、同チームを世界一に叩き上げた

大松博文の名言 一覧

私は勝たなければならない。絶対に勝たなければならない。選手も私もやる気になった。これまで私たちはあらゆる苦闘を味わってきたが、いまはあの過去の猛練習以上のことをやらなければならない。そうしてオリンピックでの優勝があるのだと思った。


4時から12時まで、毎夜7時間だった練習が、やがて一時間延び、一時間半延びるというようになり、当然睡眠時間はそれだけ減っていった。そして自分たちはすべてを犠牲にし、眠る時間も減らして練習している。この事実がやがてソ連に負ける道理がないという自信となって選手たちの胸に集積されていった。


いいか、自分の目指すところは剛を制する剛のチームだ。そのために君たちは、オールラウンドに世界一にならねばならない。君たちは小鳥だが、巨鳥になってもらいたい。君たちはこれまで勝ち続けているからといって、オリンピックでも負けないんだという気持ちがあったらとんでもないことだ。今日から巨鳥になるためのシゴキをやるが、自分を信じてついてきてもらいたい。


大松博文の経歴・略歴

大松博文、だいまつ・ひろぶみ。バレーボール・コーチ。東京オリンピックでバレーボール全日本女子チームの監督となり同チームを金メダルに導いている。同チームはその強さから東洋の魔女と称された。過酷な練習を選手に課し、鬼の大松と恐れられた。関西学院大学卒業後、ニチボーに入社。陸軍に召集され、インパール作戦に従軍。過酷な作戦の数少ない生存者の一人として帰還。ニチボーの女子バレーボール部監督に就任。以降、同チームを世界一に叩き上げた

他の記事も読んでみる

橋本真由美

スタッフのモチベーションを高めるには目の前の課題を順番に片付けること。そのとき必ず、創意工夫をすること。うれしいときはみんなで喜び、失敗したときは、みんなで考える。


齋藤孝(教育学者)

発達心理学の基本的な概念の一つに、「最近接発達領域」というものがある。言葉は難解だが、要するにすぐ隣にあるちょっと難しいこと、という意味だ。自分一人ではクリアできなくても、周囲の助けやアドバイスを得てクリアできることがある。それを目指すのが教育の意義であり、それだけコミュニケーションや目標設定が大事ということでもある。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

競争力が保てなければ撤退します。GEで家電は100年以上中心事業でしたが、競争力を保つのが難しいので本体から切り離します。


後藤卓也(花王)

会社には会社の目的があり、社員一人一人の目的に合わせていられないことを知るべきです。会社は社員一人一人の夢より、お客様の期待に応えることで精一杯です。にも関わらず、一人一人がわがままを言っていたら、組織は成り立ちません。


武田邦彦

たとえ結果が予測できなくとも、自分が意義ある仕事だと信じるものに覚悟を決めて取り組むこと。予測がつかないいまのような時代にこそ、そうした姿勢が必要だと思います。


北山顕一

「弱い者いじめをしてはいけません」と言って指導するのは、先生が一方的に価値観を押しつけているだけです。でも「論語塾」では、子どもが自分で○×を判断しています。その答えが正しかったらほめる。これによって、彼らに自信がつきます。決して一方通行ではないのです。


大川順子

失敗を認識することは、決して辛い作業ではありません。弱みを自覚すると、改善への大きな足がかりが得られますし、モチベーションも上がります。果てしなく前進していく、というイメージを楽しむのが一番ですね。


永守重信

人生とは、チャンスをどう見つけるかという戦い。


塚越寛

社員にも「人に迷惑をかけないのは当たり前。少しでも感謝されることをやろう」と言っています。朝の通勤時間帯、マイカーで会社の敷地内に進入する際には、右折しないように指導しています。右折が渋滞を引き起こし、迷惑をかけるからです。こういった心掛けが、渋滞解消につながるのではないでしょうか。できることからきちんとやろう、ということを教育しています。そういった心配りは、回りまわって自分に返ってきます。


ロバート・フルガム

ある大衆紙に、その記事は載っていた。なんのことはない、ある小さな町の消防隊が2階の窓から煙が出ている家に招集をかけられたというだけの話だ。消防隊はなかに突入し、くすぶっているベッドにいた男を発見した。その男が救出され、マットレスに水がかけられると当然のごとく、こんな質問が出た。「どうしてこんなことになったんですか?」「わからんよ。気がついたときには、火のついたベッドに寝ていたんだ」

気がついた時には、火のついたベッドに寝ていた。

これを自分の墓碑銘にされても、あえて文句を言わない人は大勢いるはずだ。一文で人生をよく表している。一難去ってまた一難。わたしなどは自ら災いを招くようなまねをして、それに出くわしたとたんに巻きこまれてきた。最初は悪魔がそうさせたのであり、あとは自分でしたことだ。


金井英之

会話で何より重要なのは、自分が得意なテーマではなく、相手が話しやすい話題を選ぶことです。


武藤潤(経営者)

サプライチェーン全体を見渡して生産性を改善すれば、より少ないエネルギーで燃料油や石油化学製品を作れるようになります。原油価格にもよりますが、当社だけでも輸入した原油のうち約1000億円程度は製品、半製品の精製過程で自家燃料として使っています。これを設備投資や運転面の改善で、1%程度でも改善できれば10億円のコスト削減になる。年間で見ればわずかでも、10年続ければ100億円で大きな改善になる。


野口敏(話し方)

人と打ち解けるには、相手を尊重する気持ちが前提です。馴れ馴れしくならないだろうかと心配する気持ちのある人は、いまより相手の方へ一歩二歩踏み込んでも、まず馴れ馴れしくはなりません。それよりも、自分は人間関係が得意だと思っている人の方が危険ですね。


佐々木常夫

上司をうまく使うことも、段取り上手になるためのポイントです。私は「部下力を磨きなさい」といっていますが、上司とは仕事上の情報や価値観を共有しておくことが重要なのです。上司は部下と違った視点でものごとを見ていますから、部下の提案に対し「これは優先順位が逆だ」とか「この部分は加えてほしい」といった意見を持つことがあります。ですから仕事を振られたら、どの程度の位置づけなのか自分なりに判断する一方で、上司の意見を聞く必要があります。


小池百合子

重要なことはマーケティング。マーケティングとは顧客のニーズを探ること、つまり相手を知ること。「都民ファースト」というのも、都民のニーズを知らなければ、政策もできないし、実践もできない。魂も入らない。


ページの先頭へ