名言DB

9412 人 / 110637 名言

大村秀章の名言

twitter Facebook はてブ

大村秀章のプロフィール

大村秀章、おおむら・ひであき。日本の政治家、官僚(農水)。愛知県知事。愛知県出身。東京大学法学部卒業後、農林水産省に入省。その後、政界に進出。衆議院議員、厚生労働副大臣、内閣府副大臣などを経て愛知県知事に就任。

大村秀章の名言 一覧

愛知の強みとして、港湾、道路、国際空港が有機的につながっている。その結果、付加価値の高い企業群が集まってくる。そして集積は集積を呼びます。今でも自動車産業の集積は世界一だと思っています。航空・宇宙産業の集積度はアジア一です。これをさらに進めていく。


世界の競争に勝つには付加価値を高め続けなければなりません。そのためには、企業や地域、行政も含め、新しいことにチャレンジする空気をつくることが重要です。そうなれば、シリコンバレーから次から次と新しい産業が起きてくるように、愛知からも国際競争力のある産業が今後も出てくると考えます。


大村秀章の経歴・略歴

大村秀章、おおむら・ひであき。日本の政治家、官僚(農水)。愛知県知事。愛知県出身。東京大学法学部卒業後、農林水産省に入省。その後、政界に進出。衆議院議員、厚生労働副大臣、内閣府副大臣などを経て愛知県知事に就任。

他の記事も読んでみる

堤康次郎

私は社長に面会を求めると「滋賀県ではこの効果のある肥料をまだ誰も使っていません。私に滋賀県の一手販売をやらせてください」と申し込んだ。私としては人のためにもなるし、自分も儲かるし、と内心大いに得意の着想だったわけである。すると阿部さんは私の申し出を聞いて、あいた口がふさがらないといった表情である。最も考えてみると、驚くのが当たり前、私は当時やっと15歳の子供であった。
【覚書き|祖父母の農業を手伝うかたわら、リン酸肥料の存在を知り、大阪の肥料会社に代理販売させてくれと頼みに行ったときを振り返っての発言】


加藤久光

ある前提でシステムを考えたとします。でも技術革新が進み、素材や部品が劇的によくなったとします。すると今度はそれに合わせてシステムを見直す。その繰り返しです。例えば生産性を上げるためにラインにロボットを導入する。すると次はロボットの効率をさらに高めるために設計を見直す。


出光佐三

生産者、消費者にどうしたら利益を与えるかというと、一番手っ取り早い話が経費の節約である。いろいろな関門、問屋、卸屋、小売、という経費を節約することである。


臼井由妃

就職難のいま、正社員採用をされるような人は、多くが真面目で優秀です。だからこそ完璧主義に陥り、煮詰まってしまうのですが、「100%の出来で持ってこなくてもいいからね」と言って緊張を解いてあげると見違えるように実力を発揮します。


田臥勇太

小さい頃から自分の中では、絶対にプロのバスケット選手になるって決めていた。好きなことを仕事にできるなんて、こんなに幸せなことはないと子供ながらに感じていたので。だから高校を選べると分かった時は絶対に一番強いところに行きたいと。


藤原和博

日本は激変していますが、今を悲観視する必要はありません。むしろチャンス。自分の周りのヒト・モノ・カネをリストラし、成熟社会を生き抜く人材に変わるための好機。


城山三郎

いつのころからか、私は「この日、この空、この私」と書くようになった。人生、考え出せば、悩みだせば、きりがない。「この日、この空、この私」といった気持ちで生きるしかないのではないか、と。


南場智子

モチベーションの高いチームの方が、低いチームよりも成果を出しやすい。リーダーは、チームの士気を高めて成果を出していかなければならない。


河野章宏

社員が出した損失なんて、言ってしまえば大した赤字じゃない。100万円や200万円使ったところで、うちは傾かない。みんなにとって意味のあることだったらどんどん使ってやれよって。むしろ、赤字を怖がられる方が怖いですね。


早川幸治

英語の発音を意識しましょう。自己流で発音してもネイティブには通じないことが多々あります。教材はできるだけ音声付きのものを使い、徹底的に真似することをお勧めします。


齋藤孝(教育学者)

人に道順を説明する時、「右へ行って左へ行って」と伝えるより、地図を見せて「現在地はここ、目的地はここ」と言う方が、即座に伝わりますよね。人に何かを依頼する際も、まずは地図を見せること。「全体像の説明」が、それに当たります。


藤田晋

情熱や熱意は、アイデア実現のために難解な課題に立ち向かったり、出来上がったものを辛抱強く改善し続けていくには欠かせないものですが、企画を提案する段階ではむしろ邪魔。間違いを起こすだけです。


田岡信夫

4位は、2位と3位を一緒にして1位にぶつけるように誘導するということが戦略となる。「我らの共通の敵はあいつだ」というキャンペーンを終始繰り返していくことである。この意味で4位には「宣伝力」というものが要求される。


マイケル・ポーター

戦略の立案の仕方を知らなくても、優れた戦略は立てられます。多くの場合、それは自分の信念をもとに実行することから始まります。


東浩紀

インテリの多くは、3・11(東日本大震災)のあと何をやっているかというと、ブログやツイッターで闘っているふりをしているだけです。あるいは、「まずは地元の復興が大切」といった、誰が聞いても正しいことを言うばかり。誰も、若者に夢を見せていない。3・11と比べられるのは敗戦ですが、あのときの若者は高度経済成長に夢を見たわけです。その夢は、自然に発生したのではなく、日本の未来はこうなるんだと、誰かが描いて提示したものです。そういうビジョンを描ける人がいないと、人は萎縮していくばかりになってしまう。