名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

大村禎史の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大村禎史のプロフィール

大村禎史、おおむら・よしふみ。日本の経営者。ベビー・子供用品店「西松屋チェーン」社長。兵庫県出身。京都大学大学院工学研究科修士課程修了後、山陽特殊製鋼を経て西松屋チェーンに入社。取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

大村禎史の名言 一覧

売り場や商品の「カイゼン」に終わりはありません。まだまだです。生きているうちにできるのか、と心配になるくらいです。


ノウハウはもちろんですが、失敗も教科書になる。


商品もサービスも過剰で、意味のない数量、機能が多すぎます。PB(プライベートブランド)商品を開発する際は、機能のムダをそぎ落とすことを重視しています。


お客さんも商品数が多すぎると選びにくい。選択肢をある程度、絞り込んで提示することで、買い物時間を短縮することができます。


確かに出店余地は少なくなってきています。市場規模も、半減とはいかないまでも小さくなっていくでしょう。その中でどう生き残るかと言えば、やはりシェア拡大なのでしょうね。


鉄鋼業界から小売業界へ転じてきた時、痛感したことがあります。生産性向上という考え方が、経営者や現場になかったんです。


日本の家電は「あれもこれも」と機能を増やし過ぎたおかげで、ガラパゴス化してしまいました。だから電機メーカー出身者には口酸っぱく言っているんです。「本当に必要な機能だけ残して、他は全てカットしてほしい」と。


リーマンショック以降日本の電機メーカーが相次ぎ巨額赤字を計上し、リストラを実施しました。「これはチャンスだ」と思い、どんどん転職してきてもらった。確かに扱う商品は違います。しかし企画立案や品質管理の工程は一緒で、PBの開発に必ず役立つと考えたんです。


生産性を高める観点で、日本の社会全体で考えなければいけないのが、「商品数が多すぎる」ということです。メーカーは似たような商品を出し過ぎていますし、それをそのまま売り場に並べると、我々の生産性も落ちてしまう。日本社会全体が寄ってたかって商品数を多くして、不必要に忙しくしています。


PB(プライベートブランド)商品を育ててカテゴリー単位でシェアを拡大できれば、成長余地は十分にあると考えています。ベビー・子供用品市場で見ると、国内の大手メーカーはすでに圧倒的な国内シェアを持っているので、グローバル市場でシェアを取っていかないと成長できません。しかし小売りは事情が違います。国内のベビー・子供用品市場は2兆円程度だと見込んでいますが、我々はまだその5%程度しかシェアを持っていません。新規出店とPBの拡大で十分成長できますし、中途半端に海外にいってもうまくいかないでしょう。


PB(プライベートブランド)でヒット商品を出せば、逆に売れない商品を削っていくことで総商品数を絞り込むことができます。川上の生産コスト、川中の物流コスト、そして川下の店舗運営コストなど、様々なコストが削減できるようになる。これまでのように新規出店を続けて店舗数が今の2倍になったとしても、商品数が半分になっていれば運営負担はさほど変わりません。これまでも商品数の削減に取り組んできましたが、実際にヒット商品が出てきたので加速していきます。


国が豊かになるということは、モノや土地、設備と比べて、相対的に人のコストが高くなるということだ。この会社に入った時からこう考えてきました。仕事の単純化や標準化を繰り返し、生産性を上げる努力を続けてきたのはそうした背景からです。人件費はこれからも上がっていくでしょう。なので生産性を上げなければ、収益性は落ちる。


大村禎史の経歴・略歴

大村禎史、おおむら・よしふみ。日本の経営者。ベビー・子供用品店「西松屋チェーン」社長。兵庫県出身。京都大学大学院工学研究科修士課程修了後、山陽特殊製鋼を経て西松屋チェーンに入社。取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

安田佳生

私がワイキューブを設立したときは、確固たる事業欲などを持っていたわけではありません。若くして起業した理由は、一旗揚げて、金と自由を手にしようと考えたからです。しかし、金儲けを最終目的にしても人は集まりません。やがて、経営者に必要なのは、みんなで一緒に追いかける夢。つまり大義を掲げられるかどうかではないかと気が付きました。


稲盛和夫

何としても事業を成功させたいという強い「思い」や、格闘技にも似た「闘争心」のない者は、そもそも経営者にはふさわしくありません。逆に、そうした「思い」さえあれば、資金や技術、人材などに恵まれなくても、熱意と執念がその不足を補って、ものごとを成し遂げていくことができるのです。


加谷珪一

株価が下がれば取得コストも下がるため、本来は買い増しのチャンスです。ところが、気持ちが萎えてしまうのか、売りたくなってしまう人が意外と多い。長期投資でこれをやったらアウトです。


桐山一憲

多くの日本企業が失敗した成果主義は、本当の成果主義じゃないんじゃないですか。名目ではやっているんだろうけど、実際にはパフォーマンスを重視して人事評価をしたり、次のアサインメントを決めたりしていなくて、圧力とかそういうもので人事が変わっていっているのではないでしょうか。


河野章宏

商売の観点から言えば、ミュージシャンとお客さんの関係性だけが大事で。間にいる人はどうでもいい。でも、音楽のクオリティーに関してはメジャーに負けないものを作りたいし、メジャーにできないものを作りたい。そのためには、そもそも売れにくいニッチな音楽をどうやって広めていくか、みたいな戦略も必要。ということで、みんなでアイデアを出し合ってきた感じですね。


一瀬邦夫

1号店オープンからわずか2年8か月で100店舗を達成しました。これほどまでのハイペースで「いきなり!ステーキ」をスピード出店することができ、海外進出も果たせたのは、突き詰めると、それは自分自身を信じ抜くことができたからだと思います。1号店と2号店の物件にサインをした頃、世間的に見れば「いきなり!ステーキ」はまだ海の物とも山の物ともつかない存在にすぎませんでした。しかし、私にはその時すでに、「これは絶対にうまくいくビジネスモデルだ」という強い自信がありました。そして、それを信じて迷わずやり抜いた結果が、今につながっているのです。


出口知史

理不尽なことを言われたときは、「真正面からぶつからない」ことが大切。力で攻めてくる人は支配欲求が強い。突然反旗を翻すような態度をとると、怒り心頭になり、さらなる理不尽をふっかける恐れがあるからです。


山口真導

お金はよく会社経営における血液に例えられます。いま皆さんの鼻から鼻血が流れてきたとします。皆さんは鼻血を止めるために何らかの措置をしますよね。しかし、鼻血くらいいずれ止まると放っておいたあげく、止まらずに流れ続けたら鼻血が原因でいずれ死に至るかもしれません。資金繰りが悪い状態とは、鼻血程度の些細なロスが蓄積されている状態であり、死とは倒産ということです。資金繰りを良くするためには、鼻血が出ない健康体を作り、仮に鼻血が出てもすぐ止血することが重要なのです。


鈴木喬(経営者)

新型インフルエンザが流行して、マスクが飛ぶように売れていたときも、「このまま調子にのっていたら、痛い目に遭う」と危機感が膨らみ、売れ行きがまだ伸びているタイミングで、マスク事業からの撤退を決めました。「せっかくのチャンスを逃すのか」と社内からは猛反対されましたが、頭を冷やして考えれば、インフルエンザの流行がそういつまでも続くはずがありません。実際、その後まもなくマスク需要は沈静化して、増産していた企業はだいぶ困ったようです。


齊藤誠(マーケティングコンサルタント)

決定者が抱える課題に沿って書かれた企画書こそが採用される。


高萩光紀

仕事が次から次に降ってくることはありません。自分で仕事を見つけなければなりません。


弘兼憲史

まとまった量の仕事を引き受けた時、すべてのページの構成が練りきれていない段階でも、僕はまず「手を着ける」ことが大切だと思っています。最初の4ページの構成しか固まっていなくても、とにかく始める。手を動かしていくうちに「残りのページはこうしよう」とアイデアが湧いてくることが、往々にしてあるんです。