名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

大村智の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大村智のプロフィール

大村智、おおむら・さとし。日本の化学者、ノーベル賞受賞者。山梨県出身。山梨大学学芸学部自然科学科卒業、東京理科大学大学院理学研究科修士課程修了。高校教師、山梨大学工学部助手、北里研究所抗生物質研究室室長、北里大学薬学部教授、女子美術大学理事長、山梨県総合理工学研究機構総長などを務めた。ノーベル生理学・医学賞をはじめ数多くの賞を受賞。

大村智の名言 一覧

楽な道、楽な道へと行くと本当の良い人生にはならない。


成功した人は人の倍も、3倍も失敗している。


大村智の経歴・略歴

大村智、おおむら・さとし。日本の化学者、ノーベル賞受賞者。山梨県出身。山梨大学学芸学部自然科学科卒業、東京理科大学大学院理学研究科修士課程修了。高校教師、山梨大学工学部助手、北里研究所抗生物質研究室室長、北里大学薬学部教授、女子美術大学理事長、山梨県総合理工学研究機構総長などを務めた。ノーベル生理学・医学賞をはじめ数多くの賞を受賞。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

危機のときは受けて立たねば先には進めない。現状を100%受け入れて、今できることを考えればいい。


森本千賀子

私の場合、子供と一緒に過ごす時間は普通のお母さんの半分程度しかないので、その時間の質をいかに上げるかを考えます。私の母も働いていたのですが、思い返すと母は、授業参観や展覧会などの学校行事は、どんなに忙しくとも必ず来てくれていました。私自身、いまだにそのことを覚えていますから、学校行事には必ず参加しています。


植田統

仮説構築は難しくありません。世の中で起きることは、たいてい常識の範囲内。突拍子もないことなど、なかなか起こりません。過去にビジネスの世界で起きたことを知っていれば、大方の予想はつきます。


玉塚元一

上司を変えないと駄目だとかいう人がいますが、上司を変える前に自分ができることはたくさんあります。上司のやり方が間違っていたり、課や部内に課題があると思うなら、真っ向から指摘して改善を提案すべきです。一人で起こせる波は小さいかもしれませんが、問題には逃げずに立ち向かっていけばいつか現状が変化します。


野口吉昭

ものごとを習慣化するには、プロセスを見える化することも重要です。私の母校である小田原高校の通学路には百段坂という長い階段がありました。登りきるのは一苦労でしたが、いま自分が何段目にいるのかをだいたい把握できるので、途中で引き返そうとは思いませんでした。人が途中でくじけてしまうのは、プロセスや現状が見えず、果てしのない道のりに思えてしまうからです。仕事のプロセスを見える化したら、全体を数段ごとに区切り、クリアするたびに小さな喜びを見出しましょう。


出口治明

僕は今も、若い部下たちに「僕の間違いはどんどん指摘して」と言っています。間違いを指摘してくれる部下や後輩がいないと、裸の王様になってしまいます。


永守重信

当社には10兆円企業にするという目標があり、そのために必要なことを全部やっている。その軸がブレない経営を続けてきたことが誇りだ。


川田修(ライフプランナー)

私がいつも意識しているのは、「51:49」という数字。51%はお客様のことを考え、49%は自分の成績のことを考える。これがベストなバランス。大事なのは、お客様のことが51%未満にならないこと。わずかでもいいから、常にお客様を優先するのが私の習慣。


安めぐみ

ステファニー(演じる役名)は、実際の私とは全然違うタイプだけど、わかるなあと思う部分もあります。誰でも触れられたくない一面はあるし、それをずけずけと言われたら、私だって「キーッ!」ってなりますから。そういう共感できるところを、演技にも活かしていきたいですね。


新田信行

いろいろな中小企業の社長さんと話をしていると「新田さんは変わっているよな」とおっしゃるので「どこがですか?」と聞くと「金融機関の人にしては珍しい」と言われました。そこで「私を金融機関の人と思うからおかしくて、350人の中小企業の社長だと思ってください」と申し上げました。私のやっていることは社長さん達が普通にやっていることです。おかしいとしたら金融機関の方です。


大越健介

午前中に取材や会議がなければ、自宅から1時間かけて駅まで歩いたり、たまにプールで泳ぐなど、午前中に体を動かすこともあります。健康の管理は、キャスターの重要な仕事です。体調を崩すと大勢の方に迷惑をかけることになるので、その点は気を付けています。


北条重時

目立って働きをあらわさない人でも、熱心に努力しているなら、何か事情があるものと思いなさい。たとえ取るに足らない働きをしていても、いつまでも人に後れを取ることはないものだ。それというのも、心の上では熱心に働いているが、それほどの効果もあらわれ出ていないのであって、それも思いがけい事柄に出会っては、案外役立つこともあるのだ。