名言DB

9425 人 / 110833 名言

大杉漣の名言

twitter Facebook はてブ

大杉漣のプロフィール

大杉漣、おおすぎ・れん。日本の俳優。徳島県出身。明治大学を中退し「転形劇場」に入団。舞台俳優を経て、Vシネマ、映画、テレビドラマなどで活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞、キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞、ほか多くの賞を受賞。

大杉漣の名言 一覧

僕は「いままで何をしてきた」ではなく、「いま何をやってる?」と問われる存在でいたい。


プロには慣れていい部分と、慣れてはいけない部分があるんじゃないですかね。僕が北野武監督の現場で感じた毎日のドキドキ感。どんなにキャリアを積んでも、演じる役者自身が新鮮な刺激を失ってはいけないと思います。


俳優なんて、何の保証もないわけですよ。この先の自分の仕事に対して不安はあります。でも、それをプラスに変える努力をするしかない。


ヤクザの役でも、サラリーマンの役でも、こういう職業だから、こう演じるという類型とか予定調和はなるべく避けて自分の色を出したい。悪役だって、ただ怖いだけではなく、人間臭さやマヌケな部分もあっていい。


僕の場合、現場で1番組1作品1シーン1カットを全部、ちゃんとやること。これだけですよ。役者仲間は尊敬しています。でも、現場では、戦う相手でもある。その中から選ばれる役者でいたい。だから、普段から選ばれるための健全な精神と体の用意も怠りません。いま60歳だけど、自分の将来に興味と希望を持って生きていますよ。


平穏に現場が過ぎていくよりも、自分が思うたことや考えたことを、みんなとディスカッションして、わかち合いながら、産みの苦しみを楽しんで作品をつくりたい。


北野武監督の『ソナチネ』では、いい経験をさせていただきました。こういう映画の作り方、演技のあり方があるんだと教えてもらった感じがしたんですね。おかげで、役者として自分がどうやっていくかの方向性がなんとなく見えた。もう覚えてないけど、女房に「俺、あと10年ぐらい役者やってみる」っていったそうです(笑)。


役者としての転機は、42歳の時の北野武監督との出会いです。『ソナチネ』は生まれて初めて受けたオーディション。そこで認められ、北野監督が率いるヤクザ組織のナンバー2の役を演じました。いざ撮影に入ったら新鮮で驚きの連続でした。まず台本がない。毎日「大杉さん、今日やるシーンはこれね」と渡される紙に、その日の分のセリフが書いてあるだけ。すぐに覚えて演じる。出演者なのに、この先どう展開するのかまったくわからない。監督ご自身も、「いつ大杉を殺そうか」って考えてたらしい(笑)。ヤクザの生き残りのストーリーなんですけど、実際の僕自身も撮影現場で生き残るために必死でした。


37歳の時に劇団が解散したんです。経済的な理由や表現の行き詰まりなどの理由からね。サラリーマンに例えれば、会社が倒産したようなものですね。妻と、子供が2人いたのに、突然、明日から仕事がない状態になってしまった。でも、別の見方をすれば、自分はなんでもやれる、どこでも行けるという自由を手に入れたとも思えたんです。仲間と離れるのは悲しいけど、今度は映像の仕事で頑張ろうと決めました。


大杉漣の経歴・略歴

大杉漣、おおすぎ・れん。日本の俳優。徳島県出身。明治大学を中退し「転形劇場」に入団。舞台俳優を経て、Vシネマ、映画、テレビドラマなどで活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞、キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞、ほか多くの賞を受賞。

他の記事も読んでみる

小幡尚孝

人の上に立つ人間は常に柔軟であらねばならない。


長谷川滋利

初対面の相手と打ち解けるのが得意な選手に共通するのは、人を褒めるのがうまいこと。そんな彼らを見て、私も褒め上手を目指すようになりました。


岡倉天心

洋の東西を問わず、巨匠たちは、観客を自分の秘密にひきずりこむ手段として暗示の価値を忘れることはなかった。それに比べ、今日あふれている凡作のよそよそしいことはどうだ。傑作には、人の心の温かな流れが感じられるのに対して、凡作には、ただ、形ばかりの表現しか見当たらない。


高原豪久

常に10年くらい先を見通して考えています。主に、その国・地域の「欲求度合い」がどこにあるか、ということを考えます。商品のニーズは、米国の心理学者のアブラハム・マズロー氏が唱えた「欲求5段階説」と密接につながっています。人の欲求というのは、ピラミッドのように構成されているという理論です。底辺には「生理的欲求」というのがあり、「安全欲求」「所属欲求」「承認欲求」と続き、頂点は「自己実現欲求」です。これは社会の成熟度合いを考える上で、非常に参考になる。欲求レベルによって提供するカテゴリーや商品内容は必然的に違ってくる。


白戸太朗

一人になって頭を空っぽにして、心を開放する時間が必要。情報を遮断して、自分と向き合う。ランニングなら、特別な道具がなくても、いつでもそういう状態に自分を置けます。


鈴木喬(経営者)

計画してもその通りにいかないのが今の時代。最近の変化の激しい時代に、計画に縛られてしまったら正しい決断はできやしない。朝令暮改、いや朝令「朝」改できる勇気と度胸がないと、今のトップは務まらない。


桜井博志

経営危機のときに、自問自答を重ねました。「私はなにをやりたいのか」。答えは明らかでした。「いい酒を造りたい」。これからは杜氏(とうじ)に遠慮せず、思う通りにやってみよう。そこで社員と相談して酒造りに挑むことにしました。


重松理

私は逗子の生まれで横須賀が近かったため、幼いころから欧米が身近にありました。小学生の頃横須賀に駐在していたアメリカ人の知人の家で目にした彼らのライフスタイルが、あまりにも豊かで衝撃を受けました。これが原体験としてあります。ですから私は、日本と異なるライフスタイル提案型のお店をやりたかったのです。衣食住遊知までひとつのお店で完結する、この思いは今も変わっていません。


一宮忠男

失敗?もういっぱいあります。失敗と成功の繰り返しです。


立川理道

ジェイミージャパン(ジェイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチ)になってからは、レフェリー(審判)と前日にしっかりと話せる場を設けてもらえるようになりましたので、自分たちのチームの傾向を伝え、レフェリーからも、日本のこのプレーは誤解を招きやすいから注意したほうがいいといった意見をもらえるようになりました。いろんな国、いろいろなタイプの方が笛を吹くのですが、英語が母国ではないフランスやアルゼンチンなどのレフェリーとは、意外と分かり合える気がします(笑)。