名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大杉漣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大杉漣のプロフィール

大杉漣、おおすぎ・れん。日本の俳優。徳島県出身。明治大学を中退し「転形劇場」に入団。舞台俳優を経て、Vシネマ、映画、テレビドラマなどで活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞、キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞、ほか多くの賞を受賞。

大杉漣の名言 一覧

僕は「いままで何をしてきた」ではなく、「いま何をやってる?」と問われる存在でいたい。


プロには慣れていい部分と、慣れてはいけない部分があるんじゃないですかね。僕が北野武監督の現場で感じた毎日のドキドキ感。どんなにキャリアを積んでも、演じる役者自身が新鮮な刺激を失ってはいけないと思います。


俳優なんて、何の保証もないわけですよ。この先の自分の仕事に対して不安はあります。でも、それをプラスに変える努力をするしかない。


ヤクザの役でも、サラリーマンの役でも、こういう職業だから、こう演じるという類型とか予定調和はなるべく避けて自分の色を出したい。悪役だって、ただ怖いだけではなく、人間臭さやマヌケな部分もあっていい。


僕の場合、現場で1番組1作品1シーン1カットを全部、ちゃんとやること。これだけですよ。役者仲間は尊敬しています。でも、現場では、戦う相手でもある。その中から選ばれる役者でいたい。だから、普段から選ばれるための健全な精神と体の用意も怠りません。いま60歳だけど、自分の将来に興味と希望を持って生きていますよ。


平穏に現場が過ぎていくよりも、自分が思うたことや考えたことを、みんなとディスカッションして、わかち合いながら、産みの苦しみを楽しんで作品をつくりたい。


北野武監督の『ソナチネ』では、いい経験をさせていただきました。こういう映画の作り方、演技のあり方があるんだと教えてもらった感じがしたんですね。おかげで、役者として自分がどうやっていくかの方向性がなんとなく見えた。もう覚えてないけど、女房に「俺、あと10年ぐらい役者やってみる」っていったそうです(笑)。


役者としての転機は、42歳の時の北野武監督との出会いです。『ソナチネ』は生まれて初めて受けたオーディション。そこで認められ、北野監督が率いるヤクザ組織のナンバー2の役を演じました。いざ撮影に入ったら新鮮で驚きの連続でした。まず台本がない。毎日「大杉さん、今日やるシーンはこれね」と渡される紙に、その日の分のセリフが書いてあるだけ。すぐに覚えて演じる。出演者なのに、この先どう展開するのかまったくわからない。監督ご自身も、「いつ大杉を殺そうか」って考えてたらしい(笑)。ヤクザの生き残りのストーリーなんですけど、実際の僕自身も撮影現場で生き残るために必死でした。


37歳の時に劇団が解散したんです。経済的な理由や表現の行き詰まりなどの理由からね。サラリーマンに例えれば、会社が倒産したようなものですね。妻と、子供が2人いたのに、突然、明日から仕事がない状態になってしまった。でも、別の見方をすれば、自分はなんでもやれる、どこでも行けるという自由を手に入れたとも思えたんです。仲間と離れるのは悲しいけど、今度は映像の仕事で頑張ろうと決めました。


大杉漣の経歴・略歴

大杉漣、おおすぎ・れん。日本の俳優。徳島県出身。明治大学を中退し「転形劇場」に入団。舞台俳優を経て、Vシネマ、映画、テレビドラマなどで活躍。日本アカデミー賞優秀助演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞、キネマ旬報ベスト・テン助演男優賞、ほか多くの賞を受賞。

他の記事も読んでみる

栗城史多

登山という活動は何かモノを生み出すわけではありません。でも、自分の挑戦と、その失敗や成功を包み隠さず共有することで、誰かに感動を伝えられたり、また誰かの勇気や、力になれたりすると思えたんですね。この経験が「冒険の共有」という活動を始めようと決めた原点です。


アルフレッド・アドラー

「私は○○である(自己概念)」「世の中の人々は○○である(世界像)」「私は○○であらねばならない(自己理想)」。性格の根っこには、この3つの価値観がある。


桐谷広人

優待投資家として有名なブロガーの方のブログを見るのもお勧めですよ。この株価水準でこの銘柄を買ったんだ、と参考になりますから。


藤原和博

労働時間と賃金のバランスも検討が必要です。たとえ月給が2割上がったとしても、3割長く働いていたとしたら、効率は悪化していることになります。「だったら時間あたりの効率を高め、時給を上げよう」という発想に自然となるでしょう。「もっと稼ぐには、もっと働かないと」というのは、経済が拡大し、何もしなくても全員の時給が自動的に上がっていった成長社会の発想です。成熟社会では、いかに効率よく仕事を終わらせ、できた時間でどう自分のキャリアを充実させられるかが勝負になってきます。時給で考えることで、自分のための「働き方改革」ができるのです。


竹下登

汗は自分でかきましょう。手柄は人にあげましょう。


田口弘

私は「青天井の会社を目指す」と言ってきました。会社には過去の栄光にすがった人たちが大勢いて、組織の上に二重三重に乗っかりがちです。そういう先輩たちを全部どかして、すっきりした組織にしないと、若い社員が前任者の路線に縛られ、思い切って力を発揮することができません。


リー・アイアコッカ

クライスラーよりも良いクルマがあると考えるなら、そちらをお買いください。


阿部俊則

私たちはいつも企業理念の根本哲学である「人間愛」に立ち返る。長期的に自社の強みをさらに強くしていくために、変えてはならないものと変えるべきものを見極める必要がある。


新将命

社員にとって、一番悲しくてモチベーションが下がるのは、給料が低いことではない。それは、会社や上司が自分に対して何を期待しているのか分からないという「期待不明」。毎日一所懸命仕事をして、それなりに結果も出していると思うが、自分の仕事ぶりや成果がどう評価されているのか分からない「評価不明」。今月の売上や今期の利益のために身を削って仕事をしても、この先、会社がどちらの方向に進んでいくのか見えない「方向性不明」。これらが、社員にとって最も悲しいことなのだ。


恵俊彰

もう試行錯誤どころか、僕にとってはMCとかキャスターという言葉自体、荷が重かったです。だから毎回、ゲストにいらした方を家庭教師に見立ててね。疑問をぶつけていくというスタンスでやってみたんですよ。司会進行というよりは、番組を見ていただければわかりますけど、僕、一切台本を見ないでやってますから。立ったまま動いて、瞬時に疑問に思うことをぶつけていくという。


伊藤隆行

新人時代、最初の1年はボツの連続でした。当時の僕が書いていたのは「既存の企画に張りぼてしたもの」で、新しい着眼点が皆無でした。そこに気づき、僕にしか書けない企画とは何か考え抜いたんです。その結論が「自らの経験に立ち戻る」ということでした。


前田晃伸

月次の数値達成という目先の目標にとらわれず、いいお客様をたくさん集めて、いい店を作ることこそが真の目標でなければいけない。そう考えて質を追求した納得のいく経営をしていこうと思ったんです。