大杉栄の名言

大杉栄のプロフィール

大杉栄、おおすぎ・さかえ。日本の思想家、ジャーナリスト、作家、社会主義活動家、アナキスト(無政府主義者)。明治時代、讃岐国(のちの香川県)出身。名古屋陸軍地方幼年学校に入学。同期生との喧嘩で退学。東京外国語学校(のちの東京外国語大学)仏文科卒業。その後、社会主義運動を行った。

大杉栄の名言 一覧

なんでも変わらないものはないものだ。旧(ふる)いものは倒れて新しいものが起きるのだ。


大杉栄の経歴・略歴

大杉栄、おおすぎ・さかえ。日本の思想家、ジャーナリスト、作家、社会主義活動家、アナキスト(無政府主義者)。明治時代、讃岐国(のちの香川県)出身。名古屋陸軍地方幼年学校に入学。同期生との喧嘩で退学。東京外国語学校(のちの東京外国語大学)仏文科卒業。その後、社会主義運動を行った。

他の記事も読んでみる

森下裕道

雑談を盛り上げるための3原則は『相手の長所を見つけ』『相手に共感を示し』『称賛を口にする』ことです。この3つを守れば、話に詰まることはありません。相手の方から話してくれるからです。このようないい関係の中で交わされる会話は、日常生活を楽しく彩ってくれることでしょう。


齋藤孝(教育学者)

会議の目的は、ある課題に対してアイデアを出し合い、チームとして意思決定し、その直後から全員が具体的に動き出せる体制を整えることにある。私の感覚で言えば、そこまでに至らない会議は時間のムダでしかない。


庄司眞

当社には、店舗ごとの顧客データをはじめ、日頃の営業を通じて得た大量のデータが蓄積されています。これまではそれをバラバラに分析して意思決定を行ってきたのですが、一つに統合して分析することで、より精度が高く効率的な戦略を立案することが可能になりました。


加藤智治

当社がいま掲げているテーマのひとつに内部統制の強化があります。内部統制とは、植物にとっての土壌です。土壌が悪いと、いくら種をまいて水をやっても実はなりません。経営において実とは売上や利益ですが、それを毎年継続して生むためには、土壌であるルールや規則を皆が理解し守っていくことが必要です。


古田新太

浅くていいから、引き出しをたくさん持っておくことが大切。


石川光久

これからもこのメンバーで継続して押井さん(押井守監督)の作品をつくり続けたい。このメンバーでやりたいんだ!そのために作品をヒットさせて、製作費をきちんと回収しよう。
【覚書き|アニメーション映画スカイ・クロラの制作中にスタッフに語りかけた言葉】


桜井章一

運というものは、世間一般では「得ること」だと思われている。つまり、欲望が叶えられれば、「運がいい」というわけだ。特にビジネスの世界では、業績が上がったり、人よりも多く何かが得られたりすれば、「運がいい」と言う。だから、奪うことや根こそぎ取ることを「努力」や「能力」だと言っている。しかし、そういう手前勝手なご都合主義で運がつかめるはずがない。一時的には得られても、いつか必ず失う。得たものは失うのが道理だからだ。


三木雄信

英語学習というプロジェクトをマネジメントするのだと考えてほしい。ゴールセッティングができれば、品質・納期・コストも自ずと決まってくる。


松岡修造

「やってられないよ」と思ったとき、「でも俺、頑張ってるよな」とつぶやいてみてください。「頑張ってる私って、結構いいな」と、自分を好きになってください。その方が生きやすくなるとは思いませんか?


魚谷雅彦

ある外資系企業の日本法人に招かれ講演をした際、壇上でコカコーラを一気飲みしました。これだけでみんなが笑顔になり、笑い声が響きました。気持ちがオープンになり、スムーズに本題を吸収してくれました。実はその会社も、これからはマーケティングをしっかりやっていかなければいけないという課題を持っていました。だから僕のような広告プロモーションをいくつも考えている会社の人間を招いてくれたのです。


稲盛和夫

まだだ、もっとやらんかい。そんなことで満足しててどないすんねん。
【覚え書き|業績が少し上がった経営者への激励の言葉】


平林岳

僕にとって審判という職業は、お金を稼ぐためだけの仕事ではないんです。好きなことであり、趣味、生きがいなんです。お金が目的なら米国のマイナーリーグに戻る理由など何もありませんでしたが、我慢してやりたくないことをやっているよりは、やりたい審判をしたかった。


武田双雲

自分が努力した「のに」、ある「べき」リターンが返ってこない。これは全部、思い込んでの期待ですよね。この「のに」と「べき」を捨てるだけでも、すごく身軽になれます。


吉原毅

日本人は論理に弱く情に流されやすい。海外から理屈で攻められると、簡単に信じてしまう。情に厚いのは日本の美徳である一方、欠点にもなってしまう。


井上公造

私自身、口の堅い人間だと周囲の方々から信頼していただいているおかげで、芸能リポーターとして仕事を続けられています。芸能リポーターは口が軽いと思われがちですが、実は、口が堅くないと成立しない仕事。過去には、タレント本人から結婚や離婚の話を直接聞き、いち早く情報を得ることもありました。そのようなときには、勝手にどこかで情報を流したりせず、必ず当人か事務所に「テレビで話したいんだけど」と仁義を切ります。すると、相手も「まずは直接話すべき相手がいるから、いいタイミングがくるまで待ってほしい」と、条件付きで情報解禁の許可を出してくれる。この取引が、信頼を得るためには重要なんです。それを守ることによって「井上は約束を守る。口が堅い」と信じてもらえて、自然と人が自分に打ち明け話や相談をしてくれるようになり、情報が集まってくるんです。


ページの先頭へ