名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大木優紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大木優紀のプロフィール

大木優紀、おおき・ゆうき。日本の女性アナウンサー。東京都生まれ、千葉県育ち。慶應義塾大学経済学部卒業後、テレビ朝日に入社。ニュース、バラエティ番組など幅広い分野で活躍。

大木優紀の名言 一覧

バラエティ番組「くりぃむナントカ」にアシスタントとして出演させていただいたこと。これは、私にとって、ものすごく大きな転機になりました。肩の力を抜いて、仕事を楽しんでいるからこそ、良い仕事ができる。私はまだまだですが、その大切さを、この番組を通じて教えていただいた気がします。


入社したての頃は、肩肘張っていたというか、カッコつけてたんですよ。「素の自分を捨て、立派なアナウンサーにならなければ」と思い、新人研修のときから、髪の毛もメイクもバッチリ整えて、言葉少なくすましていた。周囲の人から見たら、相当取っつきにくかったと思います。実際、同期の前田(有紀アナ)にも「最初は話しかけづらかったよ~」と言われました。でも、バラエティ番組内での前田とのマイクパフォーマンス対決で取り乱したり、番組降板ドッキリや激辛料理企画で号泣したりと、素の自分をさらけ出すうちに、それまでのカッコつける自分がいなくなった。すると仕事を楽しめるようになったんです。


大木優紀の経歴・略歴

大木優紀、おおき・ゆうき。日本の女性アナウンサー。東京都生まれ、千葉県育ち。慶應義塾大学経済学部卒業後、テレビ朝日に入社。ニュース、バラエティ番組など幅広い分野で活躍。

他の記事も読んでみる

山城徹也

営業成績のいい人材ほど、周囲に対する気配りが行き届いている。


西室泰三

東芝と東京証券取引所で経営改革に取り組み、様々な教訓を得ました。ひとつは、会社が危機のときはある程度お金をかけてでもスリムダウンする必要があること。もうひとつが、そうした緊急事態の際には必ず、会社の実情を全社員に周知徹底しなければならないことです。


長谷川和廣

ツキを逃さない人たちは、どんなときでも「どうすべきか」を冷静に考える人です。手本なきこの時代だからこそ、これからは自ら新しいビジネスの手本を考えようとする人が重用されると思います。


細谷英二

社員には「(社長就任)最初の100日間でバランスシートの改善を実行する」と宣言し、再生の基本方針として「厳格に」「嘘をつかない」「先送りしない」という方針を掲げました。私は最初の100日間が、組織の1000日後を決めると強く思っていました。


根岸孝旨

僕は曲を仕上げるときの最後の最後、これとあれのどっちにしようという場面で、ミュージシャンに「どちらでも……」と言われると怒ってしまうんです。「いままで、お互いいろいろ言ったかもしれないけど、最後こそ、自分のワガママや伝え得たいことを通してくれよ!」と。それこそ、音楽の本質なのですから。


冨安徳久

企業経営は山あり谷ありの連続です。苦労もつきものですが、そんな時は、原点に返ることが大切。


水谷隼(卓球)

14歳の時にドイツのプロリーグに留学をしたんです。海外の環境はすごく合理的でした。練習で相手に気を遣ったりしない。日本のように先輩後輩の上下関係はなく、個人が強くなるため、より実践的な練習方法に取り組んでいました。その中に身を置き、強くなるためにより高い意識が芽生えました。


織田大蔵

子供には、いい嘘と悪い嘘があることを、小さいときから教え込んでおかなければいけない。いい嘘というのは、相手の立場に立って、相手への思いやりが込められているから許されるのだ。いい嘘もつけないのは正直ではなく、馬鹿正直といって世間を渡っていけぬ奴だ。


仲尾英敏

広告やWEBの企画制作も、就活のイベント企画運営も、クライアントの立場にたって課題を解決する視点に変わりはありません。


鈴井貴之

3・11以降、「絆」という言葉をみんなが大切にするようになりましたよね。でも、人と人の繋がり方を深めていこうという流れがある一方で、年間3万人以上の方が孤独死をされている。こうした対極ともいえる問題がいまの日本にはあり、しかもそれは自分にも起こりうることなんだという事実を伝えていきたいと思ったんです。ただ、それをまっすぐ見せるだけでは重い話になってしまう。かといってエンタメ要素を入れてドラマや映画でやろうとしても、そんな企画通るはずがない。だからこそ演劇なんです。世間的にタブーとされることでも堂々とやれる。それが演劇の醍醐味ですから。


加藤諦三

うまくいっている人間関係とは、自分がやりたいことと、他人からの期待が合致している関係です。たとえば、リーダーシップの持ち主だと自任する人が、周囲からも「あの人にはリーダーシップがあるから、それを発揮してほしい」と期待されている場合は、非常にうまくいっている職場だと言えるでしょう。反対に、自分は「リーダーシップを見せたい」と考えていながら、周りからは「リーダーではない」と思われている場合は厄介です。誰にも求められていないのに、一生懸命になってしまい、あまつさえ「自分はこんなに頑張っているのに、認められない」と怒りを感じてしまう。このような「自分の能力」を勘違いした人間が、えてしてトラブルを起こしてしまうのです。


高山泰仁

2003年にSARS(烏インフルエンザ)が発生したときは空気感染が指摘されて旅行需要は一気に冷え込みました。このタイミングで販売商品を切り替えました。もともと航空券やホテルの素材売りをしていたのですが、これを機にパッケージツアーの販売に注力するため増資をしたんです。一段落すれば旅行需要は戻ると思っていましたので、このときこそ仕込んでおこうと考えたのです。このときの決断が後の成長につながりました。業界全体が苦しいときに攻めました。