名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大木優紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大木優紀のプロフィール

大木優紀、おおき・ゆうき。日本の女性アナウンサー。東京都生まれ、千葉県育ち。慶應義塾大学経済学部卒業後、テレビ朝日に入社。ニュース、バラエティ番組など幅広い分野で活躍。

大木優紀の名言 一覧

バラエティ番組「くりぃむナントカ」にアシスタントとして出演させていただいたこと。これは、私にとって、ものすごく大きな転機になりました。肩の力を抜いて、仕事を楽しんでいるからこそ、良い仕事ができる。私はまだまだですが、その大切さを、この番組を通じて教えていただいた気がします。


入社したての頃は、肩肘張っていたというか、カッコつけてたんですよ。「素の自分を捨て、立派なアナウンサーにならなければ」と思い、新人研修のときから、髪の毛もメイクもバッチリ整えて、言葉少なくすましていた。周囲の人から見たら、相当取っつきにくかったと思います。実際、同期の前田(有紀アナ)にも「最初は話しかけづらかったよ~」と言われました。でも、バラエティ番組内での前田とのマイクパフォーマンス対決で取り乱したり、番組降板ドッキリや激辛料理企画で号泣したりと、素の自分をさらけ出すうちに、それまでのカッコつける自分がいなくなった。すると仕事を楽しめるようになったんです。


大木優紀の経歴・略歴

大木優紀、おおき・ゆうき。日本の女性アナウンサー。東京都生まれ、千葉県育ち。慶應義塾大学経済学部卒業後、テレビ朝日に入社。ニュース、バラエティ番組など幅広い分野で活躍。

他の記事も読んでみる

高松孝年

競争力を持ち差別化をするためには、我々が持つ独自の技術を特許申請していくことも戦略上必要。


ムーター・ケント

世界は振り子のように、常に揺れ動いています。今向かっている方向が最終的に全ての人々にとっていい結果をもたらすのかどうかは分かりません。それは歴史が答えを出すことです。しかし、私たち企業は今、そのサイクルの真っただ中にいて、何とかしてこの状況を乗り切らなければなりません。


徳重徹

多くの場合、個人投資家は経営者でもある。ビジョンを語る一方で、リスクを把握していることも伝えないといけません。資料に盛り込まなくても、プレゼンでは競合の存在など障壁になり得る要素について必ず話します。


赤羽雄二

仕事のスピードアップを図るうえで非常に役立つのに、多くの人が十分活用できていない思考法があります。「仮説思考」です。仮説思考をすれば、膨大な時間をかけて完璧な結論を出すのを待たずに動き出せます。もちろん仮説は外れることもありますが、動き出すのが早ければ修正も速やかにでき、目的の達成にかかる時間を大きく短縮できます。


板東英二

小さいころから人様の食べ物を盗ってでも生き残ってきましたから、食べ物があるだけで幸せ。爆弾が飛んでこないだけで幸せですわ。だから、どんな仕事でも喜んでやりました。そうして30代を過ごしたところ、東京からもオファーがたくさんきて、いろいろな番組に出演できるようになったんです。
【覚書き|戦中・戦後の貧しかった少年時代を振り返っての発言】


宇佐美進典

持続的に成長し続けるモデルを作らないといけない。数字も大事だが、それを作っている組織や事業全体も見据え、大きなサイクルで成長することを考えなければならない。


大倉忠司

飲食店を経営していると、メニューを増やしたい欲求に駆られます。様々なニーズに対応できそうだし、お客様の関心も引けそうだからです。しかし、その分だけオペレーションが煩雑になり、仕入れの効率が下がって商品の品質を保てなくなるケースが少なくない。それにメニューを増やすのは、経営者の不安の表れである場合が多いのです。主力商品の競争力に自信があれば、いたずらにメニューを増やす必要はありません。もっとも、いつも同じ商品だけでは、やはりお客様から飽きられてしまいます。そこで私たちは、商品を絞り込む一方で、中身を進化させてきました。


佐藤昌弘(コンサルタント)

苦手なタイプのお客様にあたったときは、褒められる部分をひとつでも探しましょう。たとえばツンとして感じの悪い女性のお客様がいたとしても、「ネイルがキレイ」「計算が速い」など、何かしらあるはずです。それを口に出して言いましょう。すると、相手の態度が変わります。相手が変わると、こちらの苦手意識も薄れるものです。


岩下秀麿

私がドラッカーに傾倒したのは「人の心」こそ、最大の経営資源だという考えからです。私はその考えに魅入られて、生涯、この普及に携わりたいと考えてきました。


森下裕道

多くの人が抱きがちなのは「好かれたい、嫌われたくない」という気持ちです。自分を良く見せたい気持ちが強すぎて、かえってギクシャクしてしまった経験が誰にでもあるでしょう。そういうときは、「好かれたい」の方向を180度変えて、「相手を好きになる」よう努めることです。そうすれば、笑顔や挨拶も自然になり、言葉もスムーズに出てくるでしょう。


佐藤秀峰

最近、自分一人で何から何まで全部やる、ということを始めました。編集さんとの共同作業だと、どうしても思い通りにならない部分が出てくるので。『ブラックジャックによろしく』では、これまでは取材や資料集めは編集さんにお願いしていたんですが、次のシリーズからはそれも自分でやっています。お医者さんに電話して、「漫画家の佐藤というものですが、一度お話を聞かせていただけませんか」というと、断られることも多ですけどね(笑)。


嶋浩一郎

ネットの検索は、物事を深く知ることができますが、新発想にダイレクトにつながらない。