名言DB

9419 人 / 110788 名言

大木優紀の名言

twitter Facebook はてブ

大木優紀のプロフィール

大木優紀、おおき・ゆうき。日本の女性アナウンサー。東京都生まれ、千葉県育ち。慶應義塾大学経済学部卒業後、テレビ朝日に入社。ニュース、バラエティ番組など幅広い分野で活躍。

大木優紀の名言 一覧

バラエティ番組「くりぃむナントカ」にアシスタントとして出演させていただいたこと。これは、私にとって、ものすごく大きな転機になりました。肩の力を抜いて、仕事を楽しんでいるからこそ、良い仕事ができる。私はまだまだですが、その大切さを、この番組を通じて教えていただいた気がします。


入社したての頃は、肩肘張っていたというか、カッコつけてたんですよ。「素の自分を捨て、立派なアナウンサーにならなければ」と思い、新人研修のときから、髪の毛もメイクもバッチリ整えて、言葉少なくすましていた。周囲の人から見たら、相当取っつきにくかったと思います。実際、同期の前田(有紀アナ)にも「最初は話しかけづらかったよ~」と言われました。でも、バラエティ番組内での前田とのマイクパフォーマンス対決で取り乱したり、番組降板ドッキリや激辛料理企画で号泣したりと、素の自分をさらけ出すうちに、それまでのカッコつける自分がいなくなった。すると仕事を楽しめるようになったんです。


大木優紀の経歴・略歴

大木優紀、おおき・ゆうき。日本の女性アナウンサー。東京都生まれ、千葉県育ち。慶應義塾大学経済学部卒業後、テレビ朝日に入社。ニュース、バラエティ番組など幅広い分野で活躍。

他の記事も読んでみる

三宅裕之

現状の自分の英語力を把握しておくことも忘れてはいけません。とくにスピーキングは成長が実感しにくいですから、段階ごとに自分の会話を録音しておくことをお勧めします。自分では成長していないと思っていても、半年後に聴いてみると、意外に上達していることに気づくでしょう。


村上憲郎

20代のころ、最初に入った日立電子の研修で、回路設計よりも先に、工業簿記を暗記させられました。そのときは、「なぜ技術の人間がこんなものを」と反発も感じましたが、結局、そこで会社や経済の原理を学んだのでしょう。いま会社経営を行う上で、そうした経験はとても活きています。


野口敏(話し方)

会話が苦手な人の中には、沈黙=悪と考えている人もいるかもしれません。でも、決してそんなことはありません。


千本倖生

ちょうど4人目の子供が生まれた時。企業年金もあと1年で受給資格になるので、上司や同僚はもちろん、母校の教授からも、気違い沙汰だと慰留されました。20年近くいた会社で愛着もあったのですが、日本の消費者のためになり、かつ自分の人生を内面から豊かにするには、壁を飛び越えるしかないと思い、決断しました。

【覚え書き|42歳で電電公社(NTT)を辞めたときを振り返って】


朝倉千恵子

愛される人財を育てるためには、まず自分がどこまで部下たちを愛せるか。そしてどこまで真剣に向きあうことができるか。その一点にかかっていると私は信じて、誰に何と言われようとも、私は私のやり方で、愚直に部下たちを愛し続けたいと思うのです。


大野直竹

いま求められているのは変革。いままでやっていた通りにやるな。


中村獅童(二代目)

人生に悩みはつきものですから、悩んでこそ人間、悩んでこそ人生だと思います。けれども、周りで成功している人たちに共通するのは、皆、悩みとうまくつき合っている悩み上手なのです。


山本幸美

上司としてメンバーに相談したり、サポート関係を築くことは大切ですが、お友達感覚にならないように距離感は必要。仲良くなることと、慣れ合うことは違います。相手に合わせて「ほめる」と「叱る」の両方をバランスよく取り入れ、どちらか一方に偏りすぎないようにしましょう。


丹羽宇一郎

北風に身をさらす経験をすれば人は鍛えられます。だから配属部署は、儲かっている部署よりも、儲かっていない部署の方がいい。貧乏な部署で、「なんで俺はこんなに努力しても恵まれないんだ」と悔しい思いをしながら、それでも人や環境のせいにせず、必死に乗り越えようとしている人は間違いなく成長します。逆に、大儲けをしている部署に入って恵まれた仕事をしていたら、よっぽど高い意識を持たないと強くなれません。だから、「逆境はチャンス、順境はピンチ」なんです。


伊藤喜之

僕は、今でこそ奇抜な格好をしたキャラが定着していますが、昔はごく普通のスーツを着た地味な会社員でした。そのため営業先ではいつも「突っ込みどころのないつまらないヤツ……」と思われていたようで、成績も散々でした。そんなある日、休日にアウトレットモールへ行くと、定価15万円のブランドスーツが1万円で売られています。色は、超ど派手なピカピカのスカイブルー(笑)。「誰が着るの?」っていうくらい奇抜な色だったので、売れ残っていたんです。ちょっとためらいつつも、破格でしたし、買ってみて、ためしに仕事に着ていきました。すると営業に行った取引先で、すごい反応が。「うわ、スゴイの着てるね!」「そんなのどこで売ってんの!?」などと食いつきまくりです。その勢いで話が弾み、契約も成立してしまいました。そのとき、僕はふと思いました。「あ、自分から話しかけるより、突っ込んでもらった方が断然ラクだな……」と。取引先の人たちが「テッカテカのスーツを着た面白いヤツがいるんだよ!」と噂を広め、勝手に根回ししてくれるので、仕事はドンドン増えていきました。こんなふうに、営業ライバルを出し抜いて成功をつかむには、「キャラ作り」が大きな威力を発揮します。