名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大朏直人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大朏直人のプロフィール

大朏直人、おおつき・なおと。日本の経営者。「オンキヨー」社長・会長。東京出身。駒澤大学文学部卒業後、ラジオ部品メーカー勤務を経て電子機器メーカー「日本電通」を設立。自動車部品メーカー「テクノエイト」など数社の再建に成功。その後、東芝傘下の「オンキヨー」を買収し再建に成功した。

大朏直人の名言 一覧

当たり前のことを当たり前に実践することが大切。


メーカーというのは、いい仕入先を持っているところが生き延びるんです。コストが安くていいものを作ってくれる仕入先を持つことが出来れば、その会社の商品はお客様が並んででも買います。


日本のマーケットを制すれば世界を制することができる。それは我々の世界でも、各国のメーカーが口を揃えて言っています。


お客様のニーズは多種多様です。安さももちろお客様は求めていますが、我々は安さを前面に出していくのではなく、性能のいいものをお客様に提供していく方針です。


東芝傘下だったオンキヨーを私個人で買収したとき、オンキヨーでは安価の商品を作らないと宣言しました。安い商品は大量生産をしないと元が取れません。なおかつ大量生産のための工場も建設しなければなりません。さらには、工場を管理するための人員の確保をしなければならない。安価で売るにはたくさんの経費がかかりますので、我々は中高級品オーディオを中心に生産していくことを決めたのです。


ソーテックのように、低価格を武器に他社と勝負しても、最終的に大会社との競争には勝てません。安価の商品で競争することは数を多く売ることが出来ますので、一見効果的な戦略に見えるでしょう。しかし、一度競争を始めてしまうと、簡単に競争から抜けることはできませんし、激しい競争に勝たなければなりません。


大朏直人の経歴・略歴

大朏直人、おおつき・なおと。日本の経営者。「オンキヨー」社長・会長。東京出身。駒澤大学文学部卒業後、ラジオ部品メーカー勤務を経て電子機器メーカー「日本電通」を設立。自動車部品メーカー「テクノエイト」など数社の再建に成功。その後、東芝傘下の「オンキヨー」を買収し再建に成功した。

他の記事も読んでみる

武田双雲

相手を変えたくて苦しむのではなく、自分の物事の捉え方、見方、考え方を掛け替える。自分の感情の習慣を変えた方が、手っ取り早く幸せに近づく。


イチロー(鈴木一朗)

僕にとって準備は、一試合終わったときの言い訳の材料をなくす作業です。たとえばシューズやグローブを磨いていないと、エラーをしたときや怪我をしたときにシューズやグローブのせいにするかもしれない。そうした言い訳を自分にさせないように、納得いくまで準備をするのです。僕には普通のことだけど、それを異常だと言う人もいる。正解はわかりません。


山田昇(ヤマダ電機)

人こそがヤマダ電機の宝であり、礎である。私はそう考えている。つまり、経営の根幹をなすのは社員であり、それが、当社が全員参加型の経営を重視するゆえんである。


休山昭

アクタスは年代や性別にターゲットは置かず、スタイルを切り口としているので、アクタスの共感者、すなわち顧客は減ることはないと考えています。


野中郁次郎

当たり前のことをやり続けるのは実はとても難しいことです。ですが、当たり前のことをきちんとやってさえいれば、必ず道は開ける。


小林健(三菱商事)

まず、目の前の自らがやるべき仕事に正面から取り組み、一生懸命やることから始まる。


大谷博国

お菓子を食べながら喧嘩をする人はいません。だからお菓子は、平和の食べものなのです。


大野直竹

企業は止まることができない。進化し続けられるかどうか、前進し続けられるかどうかが企業の存在価値としてのあるべき姿。


佐々木正悟

どの時間に、どのくらいの仕事が入って、どの仕事を後日へ回すことができそうかを確認し、スケジュールを組み直すだけで、頭がすっきりと整理されます。


三田紀房

「儲ける=悪」というのはあまりにも潔癖すぎます。みんなでお金を回していけば、日本も自分たちも、幸せになるという意識を持たないと。


桃山透

紙で持つ必要がある書類は、次の2種類しかないはず。ひとつは、紙のほうが使いやすい書類。もうひとつは、紙でしか存在しない書類です。ただし、紙でしか存在しない書類も、スキャンすれば、パソコンの中にデータとして保存できます。


坂田道信

ハガキを書くうえで最も大事なのは、「上手に書こうとしない」ことです。頭がいい人は上手に書こうとしますが、これは自己顕示欲の表れでもあり、自己中心的な考え方だといえます。ただ相手のことを思い、下手でもいいから心を込めて書くのです。私は学問も教養もないので、そもそも上手に書けないのですが、それがかえって幸いしていると思います。