名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大朏直人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大朏直人のプロフィール

大朏直人、おおつき・なおと。日本の経営者。「オンキヨー」社長・会長。東京出身。駒澤大学文学部卒業後、ラジオ部品メーカー勤務を経て電子機器メーカー「日本電通」を設立。自動車部品メーカー「テクノエイト」など数社の再建に成功。その後、東芝傘下の「オンキヨー」を買収し再建に成功した。

大朏直人の名言 一覧

当たり前のことを当たり前に実践することが大切。


メーカーというのは、いい仕入先を持っているところが生き延びるんです。コストが安くていいものを作ってくれる仕入先を持つことが出来れば、その会社の商品はお客様が並んででも買います。


日本のマーケットを制すれば世界を制することができる。それは我々の世界でも、各国のメーカーが口を揃えて言っています。


お客様のニーズは多種多様です。安さももちろお客様は求めていますが、我々は安さを前面に出していくのではなく、性能のいいものをお客様に提供していく方針です。


東芝傘下だったオンキヨーを私個人で買収したとき、オンキヨーでは安価の商品を作らないと宣言しました。安い商品は大量生産をしないと元が取れません。なおかつ大量生産のための工場も建設しなければなりません。さらには、工場を管理するための人員の確保をしなければならない。安価で売るにはたくさんの経費がかかりますので、我々は中高級品オーディオを中心に生産していくことを決めたのです。


ソーテックのように、低価格を武器に他社と勝負しても、最終的に大会社との競争には勝てません。安価の商品で競争することは数を多く売ることが出来ますので、一見効果的な戦略に見えるでしょう。しかし、一度競争を始めてしまうと、簡単に競争から抜けることはできませんし、激しい競争に勝たなければなりません。


大朏直人の経歴・略歴

大朏直人、おおつき・なおと。日本の経営者。「オンキヨー」社長・会長。東京出身。駒澤大学文学部卒業後、ラジオ部品メーカー勤務を経て電子機器メーカー「日本電通」を設立。自動車部品メーカー「テクノエイト」など数社の再建に成功。その後、東芝傘下の「オンキヨー」を買収し再建に成功した。

他の記事も読んでみる

石井淳蔵

「安さ」はビジネスの大事な切り口だが、唯一ではない。それは、豊かな経済であることの証拠でもある。豊かな経済では、上流で生まれた「安さ」という価値をそのまま下流に伝えるやり方ではうまくいかない。その間で、多様な価値が創発する。コンビニやスーパーマーケットなど多様なビジネスが生まれていることを見れば、そのことは了解できるだろう。


杉本真樹

1人で想像できることには限界があるが、ほかの誰かと組み、その人の想像と掛け合わせれば、ひらめきは無限に膨らむし、より社会に役立つ発想になる。


孫正義

リーダーは単にアイデアが浮かぶだけではいけません。実行が伴い、人が付いてきて初めてリーダーシップが発揮されます。


アラン(哲学者)

気分に任せて生きている人はみんな、悲しみにとらわれる。それだけでは済まない。やがていらだち、怒りだす。


狩野みき

なぜ「自分の頭で考える」必要があるかといえば、これからの日本人はいやおうなくグローバルで活動しなくてはならず、自分の意見に自信を持てない人は、世界では通用しないからです。日本人は控えめさを美徳としますが、それは欧米人と議論や交渉をする際には通用しません。


斎藤英明(経営者)

私にとって生保の経営は初めてですが、数年以内に、ビジネスを成長軌道に乗せるということは常に意識しています。いまはまず弾みをつけたい。そのためにはスピードも求められますし、トライ&エラーも必要です。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

私はいつも「試飲」「試食」「試聴」「試着」「試読」の「5つの試」を心がけている。試読は立ち読みのこと。時間があれば本屋に飛び込んで目についた本や雑誌を開くようにするだけでも、雑学の幅はどんどん広がっていく。


井上雄彦

僕が今、「一番売れているのは『ONE PIECE』だから、『ONE PIECE』っぽくしよう」みたいなことをやったら、きっととんでもないことになる。僕が、あるいは他の作家さんが『ONE PIECE』になろうとする必要は全然ない。それと同じで、漫画じゃなくてもどんな人にでも当てはまると思うけど、何か他のものになる必要はない。その人が見つけた自分の必然に従えばいい。


江上治

自分が何に強いのか、何が得意なのか、何が好きなのか、などについて分析したことがなく、いきなり未来を作ろうとする。これでうまくいくはずがない。自分が分かっていないから、何も伝えられない。


田島弓子

苦労のない成功より、学びのある失敗の方が、たくましいビジネスパーソンとしての成長につながります。


樫尾和雄

もはやひとつの新製品でヒットを狙う時代ではない。これからはエレクトロニクス技術を生かし、新製品ではなく新事業をつくらなくてはいけない。


原典之

いま社内の若い人の優秀さには驚かされます。我々の若い頃は、人前でしゃべれなんて言われたら随分と上がったものですが、みんな堂々と、ポイントを押さえた議論ができるんですね。彼らにはもっと成長してもらいたい。