名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

大朏直人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大朏直人のプロフィール

大朏直人、おおつき・なおと。日本の経営者。「オンキヨー」社長・会長。東京出身。駒澤大学文学部卒業後、ラジオ部品メーカー勤務を経て電子機器メーカー「日本電通」を設立。自動車部品メーカー「テクノエイト」など数社の再建に成功。その後、東芝傘下の「オンキヨー」を買収し再建に成功した。

大朏直人の名言 一覧

当たり前のことを当たり前に実践することが大切。


メーカーというのは、いい仕入先を持っているところが生き延びるんです。コストが安くていいものを作ってくれる仕入先を持つことが出来れば、その会社の商品はお客様が並んででも買います。


日本のマーケットを制すれば世界を制することができる。それは我々の世界でも、各国のメーカーが口を揃えて言っています。


お客様のニーズは多種多様です。安さももちろお客様は求めていますが、我々は安さを前面に出していくのではなく、性能のいいものをお客様に提供していく方針です。


東芝傘下だったオンキヨーを私個人で買収したとき、オンキヨーでは安価の商品を作らないと宣言しました。安い商品は大量生産をしないと元が取れません。なおかつ大量生産のための工場も建設しなければなりません。さらには、工場を管理するための人員の確保をしなければならない。安価で売るにはたくさんの経費がかかりますので、我々は中高級品オーディオを中心に生産していくことを決めたのです。


ソーテックのように、低価格を武器に他社と勝負しても、最終的に大会社との競争には勝てません。安価の商品で競争することは数を多く売ることが出来ますので、一見効果的な戦略に見えるでしょう。しかし、一度競争を始めてしまうと、簡単に競争から抜けることはできませんし、激しい競争に勝たなければなりません。


大朏直人の経歴・略歴

大朏直人、おおつき・なおと。日本の経営者。「オンキヨー」社長・会長。東京出身。駒澤大学文学部卒業後、ラジオ部品メーカー勤務を経て電子機器メーカー「日本電通」を設立。自動車部品メーカー「テクノエイト」など数社の再建に成功。その後、東芝傘下の「オンキヨー」を買収し再建に成功した。

他の記事も読んでみる

小田與之彦

一人ひとりのお客様にしっかりと喜んでいただくというのが我々の生命線。


楢原誠慈

前に向かう時、一番しんどいのは、うまくいくかわからない時です。しかし、今はとにかく前に進まなければいけない時。


熊谷正寿

決済サービスが一番になれたのは、一番良いものを作り続けて、お客様に一番丁寧に説明することで、プロダクトも営業もサポートも一番になったから。


嶋浩一郎

人間というのは不器用で、自分の欲望のほとんどは言語化できません。たとえば商品を企画するとき、ターゲットとする人に「どういう商品が欲しいですか?」と尋ねても、答えを得ることはできないのです。そこで、先回りして言語化してあげる。すると、「そうそう、これが欲しかったんだ!」ということになる。これが企画です。


五木寛之

日本には世界に誇るべき思想がふたつあります。ひとつはSyncretism(シンクレティズム)、神仏混淆という考え方です。仏壇と神棚が同居していても争いにならない。一神教同士の原理主義的な宗教対立が先鋭化して世界の発展を阻害している時代だからこそ、共存思想が輝きを放つのです。もうひとつが、Animism(アニミズム)、山にも川にも、一木一草にも精霊や神が宿るという考え方です。今日の環境問題の根底には西欧的な人間中心主義があります。人間も地球の一員という発想は、アニミズムの根からしか生まれてきません。


川原秀仁

日本はものづくりばかりに過剰に重きを置いてきた。高品質という言葉は必ずしも物質を示しているだけではない。優れたサービスこそが収益を高め、価値を生みだしていることを認識すれば建設業界に新たなバリューチェーンを導入することができる。単なる市場調査に収まらないマーケティングを徹底し、高品質を全うするために社員一人一人がアイデアを実現化するためのスキルを地道に磨き続けることが重要だ。


大塚寿

ビジネス上のつきあいが濃くなるか否かを握る鍵は、結局のところ人間関係にある。


菊池武夫(タケオキクチ)

ファッションデザイナーという職を選び、約50年が経ちました。タケオキクチというブランドももうすぐ30周年を迎えます。長くファッション業界に身を置いた後、一時はタケオキクチから離れました。ですが私がすべきことはまだ残っていると感じ、今年5月に再び、クリエーティブディレクターに復帰しました。なすべき仕事は何か。創始者として、タケオキクチブランドをリセットし、再出発をすることです。


大河原愛子

ジュネーブ大学を卒業してすぐ日本に来てみたら、女性は就職しても2~3年したら結婚して家庭に入ればいいという風潮が当たり前。これには大変なショックを受けました。しかも、私が仕事を求めても4年制大卒で、外国人。言いたいこともはっきり言うので、日本の男性からすれば「大人しくない女性」だったのでしょう。採用してくれる会社はありませんでした。ですから、仕事をしたかった私はアントレプレナー(起業家)の道を歩むことを選びました。


渡邊健太郎(ビジネスプロデューサー)

「絶対欲しい」と思わせるモノを提供できれば、十分勝負できる。


森辺一樹

日本では「リスク=悪」という印象をもった人が少なくない。一方で、アジアでは、「リスク=チャンス」であり、多くの企業がリスクを積極的に取ることで成長をしている。


窪田良

成功に至るカギはほかにもありましたが、優れた仮説を構築できたことが2年で新規化合物を見つけられた要因です。