名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大朏時久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大朏時久のプロフィール

大朏時久、おおつき・ときひさ。日本の経営者。「オンキヨー」社長。オンキヨー入社後、専務、副社長、テクノエイト副社長などを経てオンキヨー社長・会長を務めた。

大朏時久の名言 一覧

我々の良さは「上司が何を言おうが、お客様が欲しい商品をがむしゃらに作り続ける姿勢」を全社員が持っていることです。


昇格すると、お客様を見ることより「自分を見て欲しい、褒めて欲しい」と思いがちです。私たちは「お客様の方向を見ることを忘れてはいけない」と胆に銘じさせています。


もともと弊社は事業部制でした。事業で分けてしまっていたために事業部門を越えた人事交流がなかったのです。そこで、この壁を取り除くために本部制に変えました。しかし、各々の事業によってスピードに大きく差が出てしまいました。PCとオーディオという開発頻度や品質管理の仕方などが違う事業を、同じ部門で運営していくのは難しいと考えました。社内の人事交流もかなり進んでいたのでもう一度事業部制に戻し、これからは各事業でスピード感を持ってやろうと決断しました。人事交流とスピード感が持株会社制の狙いです。


トヨタは下請けに厳しいイメージがありますが、実際は違います。成長途上の企業には毎日のように社員を派遣し、家族のように一緒に仕事をしてくれます。その姿勢には何度も感激しました。さらに、協力工場の意見を吸い上げ社員全員の健康状態を一人ひとり把握していて、「○○さんは今月このような薬を貰っているのでよく見てあげてください」などアドバイスをしてくれます。また、トップの人とも1カ月に一度はアポイント無しに会えるよう、イベントや発表会が組まれています。仕入れ先のことをよく考えてくれていて、コミュニケーションがとても上手い会社なのです。
【覚え書き|トヨタの下請け企業を経営していたときを振り返っての発言】


大朏時久の経歴・略歴

大朏時久、おおつき・ときひさ。日本の経営者。「オンキヨー」社長。オンキヨー入社後、専務、副社長、テクノエイト副社長などを経てオンキヨー社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

徳岡邦夫

私は、本音で語ることが、人間関係でもっとも重要なことだと考えています。きれいな言葉で飾ろうとすればするほど真意とズレが生じ、嘘が混じりはじめます。相手の信頼を勝ち取りたければ、自分が考えていることをストレートにぶつけること。これに勝る方法はありません。


鈴木喬(経営者)

私が民主的な手続きを踏む経営者であったら、改革を断行できなかったでしょう。従来のやり方を変えることに抵抗するのは人間の性(さが)だからです。


宋文洲

あらかじめ作業時間を見積もっておくと、残業が本当に必要で行われているものなのか、昼間の仕事に身が入らず時間がズレ込んだだけなのか、判断する基準になるでしょう。


ローランド・ベルガー

私がコンサルティングを始めた頃は、仕事の価値の50%は、データの収集と分析にありました。ところが、今では誰でもデータにアクセスできる。単にデータを集める仕事に価値はなくなったのです。これから重要になるのは、データを分析し、解決策を見つけて実行するプロセスを、シームレス(連続的)に回す能力です。


森澤篤

あなたは「この分野では自分は誰にも負けない」という専門性をいくつ持っているだろうか。本当に狭い分野でもいいから、少なくともひとつ、できればふたつはあることが望ましい。たとえば、「コンビニのおにぎりの売れ筋や並べ方なら任せろ」「若者がどんなときに、なぜクレジットカードを使う、もしくは使わないかについてなら半日でも語れる」といったものでも十分だ。


古市幸雄

本気になるためには、「このままで十年経ったら、自分はどうなっているのか」と現実を真っ正面から見詰め直すことが不可欠。


西成活裕

大学院時代はどんな問題を与えられても解くことができたので、自分のことを天才だと思っていたんです(笑)。ところが、助手になって自分が、「テーマ=問題」探しをするようになると、全然上手くいきませんでした。数日間家にも帰らず、大学の図書館や研究室に籠ってひたすらテーマを探す生活を約3年も続けたのですが、それでもダメ。次第に、「俺はこのまま一生何もできないで終わるのではないか」という不安がどんどん大きくなってきて、しまいには顔面神経痛で顔が動かなくなってしまいました。


白波瀬丈一郎

職場のストレス対策を考えるとき、緩衝要因は大きな意味を持ちます。緩衝要因とは、上司や同僚、家族による社会的支援です。仕事そのものはつらくても、上司や先輩がその大変さを理解してくれていれば、ストレス反応はそれほど大きくならないかもしれません。反対に、上司が仕事の大変さをまったく理解せず、むしろ本人を追い込むような言動をすれば、ストレス反応は大きくなるでしょう。


大倉忠司

「烏貴族」の関東進出を決めた際、中途半端ではうまくいかないと思いましたので、週の半分を東京、残りの半分を大阪という二重生活を始めました。


山田進太郎

きめ細かいサポートは、たしかにお金はかかります。でも、丁寧な対応をした結果、ファンがついてリピートしてくれたら、いずれ収益として返ってくる。


森川宏平

技術立社を旗印とする昭和電工の源流に戻る時期がきた。


宗次徳二

ライバル店を観察するより、「自らが現場におもむき、自分の店を厳しくチェックする」のが私の考え方です。では、どこを見ればいいのか。商品よりも接客をチェックします。なぜなら、接客ができていない店はたいてい、売上が落ちているからです。私が会長をやっていた時代、800店まで出店しました。そのうち、閉めたのはわずか2店です。どんな店でも、トップが現場におもむき、厳しい目でチェックすれば持ち直すと思います。