名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大朏時久の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大朏時久のプロフィール

大朏時久、おおつき・ときひさ。日本の経営者。「オンキヨー」社長。オンキヨー入社後、専務、副社長、テクノエイト副社長などを経てオンキヨー社長・会長を務めた。

大朏時久の名言 一覧

我々の良さは「上司が何を言おうが、お客様が欲しい商品をがむしゃらに作り続ける姿勢」を全社員が持っていることです。


昇格すると、お客様を見ることより「自分を見て欲しい、褒めて欲しい」と思いがちです。私たちは「お客様の方向を見ることを忘れてはいけない」と胆に銘じさせています。


もともと弊社は事業部制でした。事業で分けてしまっていたために事業部門を越えた人事交流がなかったのです。そこで、この壁を取り除くために本部制に変えました。しかし、各々の事業によってスピードに大きく差が出てしまいました。PCとオーディオという開発頻度や品質管理の仕方などが違う事業を、同じ部門で運営していくのは難しいと考えました。社内の人事交流もかなり進んでいたのでもう一度事業部制に戻し、これからは各事業でスピード感を持ってやろうと決断しました。人事交流とスピード感が持株会社制の狙いです。


トヨタは下請けに厳しいイメージがありますが、実際は違います。成長途上の企業には毎日のように社員を派遣し、家族のように一緒に仕事をしてくれます。その姿勢には何度も感激しました。さらに、協力工場の意見を吸い上げ社員全員の健康状態を一人ひとり把握していて、「○○さんは今月このような薬を貰っているのでよく見てあげてください」などアドバイスをしてくれます。また、トップの人とも1カ月に一度はアポイント無しに会えるよう、イベントや発表会が組まれています。仕入れ先のことをよく考えてくれていて、コミュニケーションがとても上手い会社なのです。
【覚え書き|トヨタの下請け企業を経営していたときを振り返っての発言】


大朏時久の経歴・略歴

大朏時久、おおつき・ときひさ。日本の経営者。「オンキヨー」社長。オンキヨー入社後、専務、副社長、テクノエイト副社長などを経てオンキヨー社長・会長を務めた。

他の記事も読んでみる

加藤好洋

人の心が変われば、その人だけでなく、周囲を取り巻く環境が変わる。


吉田松陰

恥を知らないということほど恥ずかしいことはない。


柳川徹(経営者)

物流は長らくコスト削減をする分野として捉えられてきましたが、今は事業を拡大するための戦略ポイントとして重視されています。いかに早く、確実に届けるかが消費者に支持されるか否かを左右するからです。


井上由美子(脚本家)

将来の目標もとくには決めていません。目標は、今日書かなければならない20枚をきちんと書き終えることです。


久住昌之

「入ってみて嫌な店だったな」というのはあるかもしれないけど、そんなときは嫌な店に入っちゃった自分自身が面白い。どれもおいしくなかったら、その中でも何がおいしいんだろうとか、どうやったらおいしく食べられるのかとか考えます。ただ、店に入る前にすごく考えるから、どの店も大体良いんですよ。


平賀源内

わがままに自分のしたいことに専念するために脱藩したい。
【覚え書き|高松藩への辞表に書いた言葉】


児玉光雄

制限時間を設けた連想ゲームは直感力を鍛えるのに効果的です。小さな白いカードを30枚くらい用意します。カードにある単語を書いたら、1枚10秒以内でそこから連想される単語を次々書き連ねていくのです。制限時間を決めて次々連想していくことで、ゾーンは生まれやすくなるのです。また、将棋やテニスまど、相手との駆け引きが求められるゲームを始めてみるのは効果的です。私の妻も、60代になってから麻雀教室に通い始めました。新しいことを始めることで脳が刺激され、直感力も鍛えられますよ。


矢沢大輔

1度目は、メモを見ながらでいいので、内容を口に出してみる。2度目からはメモを見ずに記憶を頼りに、内容を口に出す。内容を全て思い出せなくても、間違ってもOK。このトライ&エラーを繰り返すうちに、曖昧な記憶が正確な記憶になっていく。


菊入みゆき

人生は、ある時点だけを捉えて断片的に見るものではありません。長い目で見ると、何がその人にとって良いことなのかはわかりません。


冨安徳久

「人は何故生きるのか」「なぜ働くのか」。この生き方の本質を理解しないと、給料のためだけに働くことになってしまう。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

雑草とは何か。雑草とは、その美点がまだ発見されていない植物のことである。


安岡正篤

本当の自分を知り、本当の自分をつくれる人であって、初めて人を知ることができる、人をつくることができる。国を知り、国をつくることもできる。世界を知り、世界をつくることもできる。