名言DB

9412 人 / 110637 名言

大星公二の名言

twitter Facebook はてブ

大星公二のプロフィール

大星公二、おおぼし・こうじ。日本の経営者。「NTTドコモ」社長・会長。北海道出身。東京大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。取締役経営企画本部長、常務企業通信システム本部長などを経てNTT移動通信網(のちのNTTドコモ)社長に就任。

大星公二の名言 一覧

我々には移動通信を普及させる社会的な使命がある。我々はいうなれば、そのために選ばれたミッションを持った人間なのだ。


競争があるなしではなく、(海外との)内外格差をなくさなければダメだと思うんですよ。だから、通話料を、続いて新規加入料、基本料と安くしていくんです。世界に通用する料金水準にしなければいけない。それは我々の社会的責務だと思いますね。


大星公二の経歴・略歴

大星公二、おおぼし・こうじ。日本の経営者。「NTTドコモ」社長・会長。北海道出身。東京大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。取締役経営企画本部長、常務企業通信システム本部長などを経てNTT移動通信網(のちのNTTドコモ)社長に就任。

他の記事も読んでみる

ピーター・ドラッカー

全力を注がなければ、単に約束と希望があるだけで、計画はない。


栗山浩一(経営者)

株式上場の狙いは、認知度の向上と採用強化が目的です。うちのことをよく知ってもらえれば絶対に面白いし楽しい仕事ができるという自信があります。


枡野俊明

相手の評価が気になるのは、他人と自分を比較しているからです。しかし、本来人間の価値は比べようがありません。自分の本分を生きればいいのだと、意志を強く持つことです。


橘フクシマ咲江

日本人は「言わなくてもわかるはず」と思う傾向がありますが、グローバル社会において、それは禁物。明確な説明が信頼関係の基礎を築くのです。


粟飯原理咲

これからも、「ありそうでなかった楽しいサービスをつくるね」と言われるような会社であり続けたいです。もちろん、常に生活者の目線は忘れずに。


入山章栄

ビジネスには、世界中で共通する「普遍的な側面」もあります。「普遍的な側面」の何かひとつについて強みを持っている人は、ある意味「グローバル人材」に近いといえるかもしれません。そうであれば、(逆説的ですが)そのような強みは日本国内でも培える、ということになります。


楠本修二郎

直感的にアイデアがひらめいたら、「どう思う?」と周囲の人に話してみます。様々な意見を聞くことで、自分にない価値観が得られ、アイデアの幅も広がる。


藤井孝一

人が寝ている時間から活動していると、「俺って、人より先に行っている」という優越感に浸れるんですよ。それを積み重ねていくと、「できる自分」が頭に刷り込まれていき、自信がつくのです。反対に、夜に残業をしていると、皆が遊んでいる中、自分だけが取り残されたようで、「ダメな自分」が頭に刷り込まれていく。朝やるか夜やるかの違いなのに、精神的な影響は180度違うわけです。小さなことかもしれませんが、毎日のことですから、あなどれません。


中島浩一郎

余った木の皮やオガクズをバイオマス発電所に持ち込めば、燃料として評価できます。お金を出して捨てているものが、売れるものになる。


永野毅

優れた経営指標というのは、優れた行動、正しいことを正しく、当たり前のことを当たり前に積み重ねていってこそ出てくる。


ターレス今井

コンサルタントは、業界動向や他社の動きについてわかりやすく説明するプロフェッショナルです。分厚い参考書を読み込まないと理解できないような難しい事象も、コンサルタントなら、「つまりはこういうこと」と、要点を整理して教えてくれるはずです。


松下幸之助

任せた以上あまり細かな口出しはしないし、ある程度は大目に見るということですけど、脱線してしまうというようなときには、これははっきりと注意せんならん。そうでないと、これは無責任ということですわ。脱線しないように介添えするということが「任せて任せず」ということですよ。


澤上篤人

直近の数字が抜群に良くて、マスコミに注目されている企業であっても、経営者がどうやって儲けるかしか頭になく、目先の利益ばかり追いかけているようなら、投資は見送ります。また、経営者のビジョンに共感できなかったり、社員のモチベーションが低く社長の意欲だけが空回りしているような企業も対象外です。


豊田圭一

20代前半の会社員時代、仕事のスピードを上げるために、私は様々な工夫をしていました。なかでも、一番心がけていたのは、上司や先輩を利用することです。「利用する」という表現が露骨なら、「力を借りる」といってもいいでしょう。


竹田和平

株価が4倍にも5倍にも値上がりして、勢いが止まらないときには、僕は持ち株を売るかもしれません。株が暴騰するのは、買いたくてたまらないと思っている人が多いのに、市場には売り物が少ないからです。僕が株を売って、誰かに喜んでいただけるのであれば、それもまた幸せです。買って喜び、売って喜びです。