名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大星公二の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大星公二のプロフィール

大星公二、おおぼし・こうじ。日本の経営者。「NTTドコモ」社長・会長。北海道出身。東京大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。取締役経営企画本部長、常務企業通信システム本部長などを経てNTT移動通信網(のちのNTTドコモ)社長に就任。

大星公二の名言 一覧

我々には移動通信を普及させる社会的な使命がある。我々はいうなれば、そのために選ばれたミッションを持った人間なのだ。


競争があるなしではなく、(海外との)内外格差をなくさなければダメだと思うんですよ。だから、通話料を、続いて新規加入料、基本料と安くしていくんです。世界に通用する料金水準にしなければいけない。それは我々の社会的責務だと思いますね。


大星公二の経歴・略歴

大星公二、おおぼし・こうじ。日本の経営者。「NTTドコモ」社長・会長。北海道出身。東京大学法学部卒業後、日本電信電話公社(のちのNTT)に入社。取締役経営企画本部長、常務企業通信システム本部長などを経てNTT移動通信網(のちのNTTドコモ)社長に就任。

他の記事も読んでみる

白川修一郎

仕事が詰まっていない時期に、1週間だけでも毎日7~9時間の睡眠をとることを中心に据えたスケジュールを立ててみてはいかがでしょうか。これを実践すれば、体調の改善や脳の働きの正常化により、短い労働時間でも仕事をこなせることに気づくはず。睡眠の大切さが身にしみます。睡眠薬などに頼らずとも、生活習慣を見直すことで睡眠時間を十分確保でき、睡眠の質も向上するのです。


守安功

私たちは全社員に必要な共通の姿勢として「DeNA Quality」を定め、手帳やノートに印刷して配り、社員への定着を図っています。その中のひとつに「全力コミット」があります。これは「ツーランク上の目線で、組織と個人の成長のために全力を尽くす」という考え方です。平社員でも、グループリーダーのさらに上の部長の視点で考えて欲しいという意味です。2つ上の目線を持つことで組織全体を意識するようになります。


桜井一紀

「部下の話はいつも聞いてるよ」と主張する人でも、その実、コミュニケーションがとれていないケースは多くあります。「腑に落ちる」話し方でなければ、部下はなかなか理解できないし、ついてもきません。相手が本当に理解できるかどうかを意識的に振り返り、十分でないと気づいたら自分の話し方、聞き方を軌道修正すべきです。


小原日登美

レスリングを通じて人生の浮き沈みを経験し、マイナス思考も大切な自分の一部なんだと分かりました。落ち込む瞬間があるからこそ、上を向こうと思えるから。


笹野和泉

ファッションビジネスの世界では、動きがないと見えることは、同じことばかりやっている印象を与え、やがて陳腐化したとみなされます。アルマーニブランドは、時代を超える美意識に貫かれつつ、同時に、マーケットにおいては生き生きとめざましい展開を見せることが必要です。


石田宏樹

難しいことは、分けて考えると、その中には必ず難しくないこともあることが見えてきます。いきなり金メダルは取れなくても、毎日決められた時間だけトレーニングをすることはできるでしょう。


中川裕(経営者)

我々不動産事業の場合は、ホテルの運営会社や、外食事業者など、様々な分野の方々とつながりを持ち、価値を見いだしてもらえる取り組みを進める必要があります。時には、他の不動産会社やゼネコンとも連携する。その分、大きな責任があると思います。


宮本恒靖

僕は「今を生きる」という言葉が好きなんですが、目の前にある「やらなくちゃいけないこと」「やるべきこと」をやることが重要だと。明日やるというよりも、今やれる、なら、今やろうって。


山田隆持

当然語学は必要ですが、語学ができれば海外で上手くいくかといえばそんなことはありません。やはり重要なのは経験の蓄積です。なるべく若い時代に海外経験を積んだ方がいいと思います。


片田珠美

精神科医も面談では必ず具体的に質問していく。心の中では「この人のわがままが問題だ」と思っていても、絶対に自分からは言わない。やり取りのなかでわがままである事実を浮き彫りにし、本人に気付いてもらう。


柳井正

私は店長の仕事で、一番大切なのは部下に作業を割り当てることだと思っている。誰にどういった仕事を任せて、どういう成果を出させるか。本人に仕事のゴールをちゃんと自覚させているのか。そういったことを勘案して、1日あるいは1か月の仕事を割り振っていく。作業を割り当てるには、働く人の生活や立場を考えてあげなくてはいけない。例えば、従業員が小さな子供のいるお母さんなら、早く終わって家に帰れるようなシフトを組む。出社してきた従業員の顔を見て、体調が良くないようだったら、早退させて、他の人に仕事を割り振る。それが店長の役目でしょう。


鈴木修

いろいろな失敗をしたから、例えばインドは成功したのだろう。その分集中できたから。