名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大平正芳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大平正芳のプロフィール

大平正芳、おおひら・まさよし。日本の大蔵官僚、政治家。第68・69代内閣総理大臣。香川県出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、大蔵省に入省。横浜税務署長、仙台税務監督局間税部長、本省主計局主査、東京財務局関税部長、大蔵大臣秘書官、初代給与局第三課長、経済安定本部建設局公共事業課長、国税庁関税部消費税課長などを務めたのち政治家に転身。内閣官房長官、外務大臣、通産大臣、大蔵大臣、内閣総理大臣などを歴任した。

大平正芳の名言 一覧

本来、歴史というものは、最終的解決なるものはないのであって、暫定的解決を無限に続けていくのが歴史だと思うのであります。


大平正芳の経歴・略歴

大平正芳、おおひら・まさよし。日本の大蔵官僚、政治家。第68・69代内閣総理大臣。香川県出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、大蔵省に入省。横浜税務署長、仙台税務監督局間税部長、本省主計局主査、東京財務局関税部長、大蔵大臣秘書官、初代給与局第三課長、経済安定本部建設局公共事業課長、国税庁関税部消費税課長などを務めたのち政治家に転身。内閣官房長官、外務大臣、通産大臣、大蔵大臣、内閣総理大臣などを歴任した。

他の記事も読んでみる

佐々木正悟

ラジオ体操のスタンプカードのように、「ちょっとずつ貯まっていく」感じは、モチベーションを高めるのに有効です。ポイントカードのあるお店でつい買い物をしてしまう人ならよくわかるはずで、仕事でそれを活用しない手はない。商店のスタンプカードが余っていたら、いま抱えている仕事をマス目に沿って細分化してみよう。そして、中間地点とゴールにご褒美を設定し、タスクが終わるたびに塗り潰していく。ちょっとした工夫を加えることで、自然とモチベーションが高まっていくはずである。


山口真導

お金を使うにあたっては、それが「投資」「消費」「浪費」のいずれに該当するのかを常に意識しましょう。経営に不必要なことにお金を使うことは「浪費」です。浪費をすれば経費が増えて税金が安くなりますが、浪費によるマイナス効果の方が大きいのはいうまでもありません。


加藤浩次

前回は「スベりたくない」気持ちが強すぎてわかりやすい笑いに走ってしまった。ただ、そうやって守りに入った部分ほど、あまりお客さんのウケが良くなかった。何でもそうなんでしょうけど、「ひよったらダメ」ってことなんでしょうね。だから今回はガンガン攻めて、好き勝手にやる予定です。


船ヶ山哲

「知らないものに手を出す」ことこそ、起業の最大のリスク。そもそも知識や経験、実績がなければ、詐欺師を見抜くことさえできないからです。儲け話に手を出すのではなく「過去に眠るお宝」に注目する必要があるのです。そのお宝とは、「あなたがこれまでにやってきた経験」をビジネスにすることです。これまでの経験をベースにビジネスを構築していくことが、起業を成功させる「最大のヒント」なのです。


柏木理佳

もし現在、望みの分野の仕事にまったく携わっていなくても諦めないでください。焦らないで、まずは目の前の仕事に向き合い、得意・不得意を見極めることが、適職探しの第一歩になるのです。


藤井佐和子

部下や後輩が何か失敗したとしても、頭ごなしに起こるのではなく、なぜそのような行動をしたのか根気よく耳を傾けることで、部下や後輩との信頼関係が生まれてきます。


武田邦彦

旭化成時代、年に150回は飛行機に乗って世界中を飛び回りました。土日も祝日もありません。オリンピック選手と同じで、目標を達成するには全力を注ぐしかないのです。激務で体を壊すこともありました。


藤井美保代

そもそも人間は忘れやすいものだ、というのが私の考えです。絶対に忘れないという人はいません。ですから、忘れることを前提にして、忘れないための仕組みをつくることが大事だと思います。


瀬戸欣哉

モノタロウは僕がほぼゼロから設計した会社なので、最初から理想の形を目指すことができました。実は、モノタロウの強みはビジネスモデルに加え、業務をシステム化することを繰り返ししてきたことにあります。ビジネスモデルは、誰にでもすぐに真似されてしまいますよね。だから、真似できない「何か」を組織の内部につくりあげることが必要だと考えました。会社を大きくしていくとだんだん非効率になっていくもの。そうした状況に陥ることを避けるために僕は、業務のシステム化が重要だと考えてきました。


アンドリュー・カーネギー

チャンスに出会わない人間は一人もいない。それをチャンスにできなかっただけである


秋元康

「説得は納得である」。もし自分が相手の立場だったらどうしたら納得できるかを考えるのが、説得するということ。多くの人は、よかれと思って後輩にいろいろなことを言う。けれども、若い頃の自分が、その時の先輩に同じことを言われても分からなかったようなことを言ってしまいがちなんです。子供に「勉強しなさい」と言う親と同じ。自分が小学校とか中学校の時に親にそんなことを言われても決して勉強しようとは思わなかったわけですからね(笑)。


築山節

情報は、出力することを前提に入力しないと使える記憶になりません。漠然と街を歩いた後で、「何を見かけたか」と質問されても、簡単に思い出せないものです。しかし、同じ風景を見ていても、あらかじめ質問されることがわかっていれば、意識して情報を入力するため、記憶に残りやすくなります。