名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大平正芳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大平正芳のプロフィール

大平正芳、おおひら・まさよし。日本の大蔵官僚、政治家。第68・69代内閣総理大臣。香川県出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、大蔵省に入省。横浜税務署長、仙台税務監督局間税部長、本省主計局主査、東京財務局関税部長、大蔵大臣秘書官、初代給与局第三課長、経済安定本部建設局公共事業課長、国税庁関税部消費税課長などを務めたのち政治家に転身。内閣官房長官、外務大臣、通産大臣、大蔵大臣、内閣総理大臣などを歴任した。

大平正芳の名言 一覧

本来、歴史というものは、最終的解決なるものはないのであって、暫定的解決を無限に続けていくのが歴史だと思うのであります。


大平正芳の経歴・略歴

大平正芳、おおひら・まさよし。日本の大蔵官僚、政治家。第68・69代内閣総理大臣。香川県出身。東京商科大学(のちの一橋大学)卒業後、大蔵省に入省。横浜税務署長、仙台税務監督局間税部長、本省主計局主査、東京財務局関税部長、大蔵大臣秘書官、初代給与局第三課長、経済安定本部建設局公共事業課長、国税庁関税部消費税課長などを務めたのち政治家に転身。内閣官房長官、外務大臣、通産大臣、大蔵大臣、内閣総理大臣などを歴任した。

他の記事も読んでみる

秋山浩保

様子見、受け身の人たちは、必ずしも敵意があるわけではありません。こちらがどんな人間かわからないので、指示を待っているだけなんです。


鈴木孝博

成功体験に安住してしまうと、ハングリー精神が衰えます。そこで、過去の成功体験にとらわれず、常に次を求めて貪欲に走り続けるため、品質改善や商品開発のペースを上げました。


江崎利一

働くということは人生におけるすべての基本である。働かずに食う法、働かずに金を儲ける法、働かずに出世する法があろうはずがない。だから、少しでも早くこの「働き」の習慣を身につけるのがその人の一生の大きな幸せといえる。


有田秀穂

眠りとストレスは密接に結びついています。ストレスを溜め込むと、寝つきづらく浅い眠りになります。加齢により熟睡度が低下するのは事実ですが、40代は本来、まだまだぐっすりと眠れる年代。もし、深夜2時~3時になっても寝つけないようであれば、ストレスを溜め込んでいる可能性もあります。


金川千尋

外部に丸投げするほうが簡単ですが、当社は部分的に仕事を頼むことはあっても、丸投げは一切しない。苦労して、経験やノウハウを自社に蓄積することに意味があるからです。


松下正幸

会社を経営していく上で、理念を持つことは非常に重要だと思います。同時に、理念を継承していくことも不可欠になってきますが、これはなかなか大変なことでもあります。パナソニックでも、創業者が亡くなってからずいぶん経ちますから、現役の経営陣の中で直接教えを受けたのは、もう私一人になりました。そうした中で、どのように理念を継承していくかが課題となっています。


鈴木喬(経営者)

本当に怖いのは、商品が見込み通りに売れなかった時よりも、実は売れてしまった時の方です。どんなヒット商品でも、いつかは需要がピークアウトします。ピークアウトの時期を予測して早めに供給を絞っておかないと、売れなくなった時に不良在庫を抱えることになbます。特に日用雑貨は店頭に商品をたくさん並べないと手に取ってくれません。流通在庫を多めに用意しているだけに、不良在庫を抱えるリスクは大きい。ピークアウトした段階で供給を絞っても、遅いのです。


六角精児

今もお金に関しては、貯めようという意識はないですね。ある程度、取っておかなければいけないと思っているんですけど、お金は使ってなんぼじゃないですか。貯金も大事だろうけど、使うことで生まれてくるものもあると。


桝太一

人を好きになるために僕がやっているのは、相手の「取材」です。番組開始以来、「ZIPノート」という反省ノートを書いています。ここには番組の反省事項だけでなく、共演者に関する情報も書き込んでいます。好きな食べ物や住んでいる場所、ペットの名前など、その方について可能な限り調べ、書き残す。仕事でおつきあいするうちに、新しく分かったことがあれば随時、書き加えます。「相手を知る」ことは、相手に好意を持つきっかけになるからです。


野澤隆

不用意な発言でセクハラやパワハラと受け取られ訴訟になるとき、原因がその一言のみというのはまずありえません。訴訟に至るのは、職場環境や仕事の上下関係を背景に、日頃の不満・不快、鬱屈が積もり積もった結果です。


カルロス・ゴーン

自分がまだ若い場合、赴任して最初にすべきことは人間関係をつくり上げることです。部下の人たちと一緒に過ごすことによって、自分のことをわかってもらい、交流を深め、その管理職たちが直面している問題と、それをどうやって解決しようとしているか、そのやり方を知る必要があります。一番大切なのはチームを作ることです。


入江慎也

怖がってやらないよりも、やって失敗して怒られよう。