名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

大平喜信の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大平喜信のプロフィール

大平喜信、おおだいら・よしのぶ。日本の起業家。雪国まいたけ創業者。新潟県出身。中学を卒業後、工務店や工場などで働き、27歳で独立し大平もやし店を創業。その後、難しいとされていたマイタケの栽培を開始し、雪国まいたけを設立。同社を東証二部上場企業へと育て上げた経営者。

大平喜信の名言 一覧

死まで覚悟すると不思議にストレスなどなくなるもの。


大抵の人は、「できないに決まっている」で終わりますが、私は自分が全力を尽くしてもいないのに「できない」とは考えたくありません。「きっとできる」と思うのです。


学歴がないからこそ、会社をここまで大きくできたのかもしれません。山奥で育つ舞茸の量産は不可能。それが業界関係者の常識でした。私はそういった既成概念がありませんでした。知識がなく、わからないことはわからないと言える性格ですから、なぜできない?どうして失敗する?と突き詰めていくわけです。


いい大学を出た人間は、おおむねプライドが高い。社会に出て、そのプライドの高さを、能力を伸ばす方向に使ってくれればいいのですが、難関大学に入ったことが人生の頂点になっているようでは駄目です。自分はまだまだ向上する存在だと思っていなければなりません。


自己理解力が大事です。自分の長所、短所をわかっている人は意外に少ない。会社として期待しているのは潜在能力を活かすことです。やる気があれば何でもできます。ほとんどの人に大きな潜在能力があるのに、自分で自分の限界をつくってしまう人も多いのです。


舞茸を始める前、もやしをつくっていた創業時には自殺も考えました。事業失敗と言われるのが嫌で、家族もろとも交通事故で死のうとか。しかし、ここで諦めたら中卒だから失敗したと陰口をたたかれる。だから頑張れたのかもしれません。


私はこれまでの人生で何度となく逆境に遭遇してきた。その都度、自ら知恵を出して逆境をはねのけてきたわけだが、本当の知恵を出すために、私はなぜ、なぜ、なぜと何度も「なぜ」を繰り返す。すると、最終的には商売相手や消費者の「望み」にたどり着くことになる。


人間は自分の望みを叶えるためにすべての行動を起こしているわけだが、「なぜ」を何度も繰り返していくと、相手の望みがくっきりと見えてくる。そして、本当の知恵とは、この望みを最も有利な条件で叶えてあげる方法に他ならない。


雪国まいたけを創業した当時、最大の難問はパートタイマーを集めることだった。しかも、せっかく雇ったパートさんがちゃんと働いてくれない。1時間でできる仕事に倍の2時間もかけている。なぜ、パートさんは一生懸命に働こうとしないのか。自問するうちにパートさんの心理が見えてきた。パートさんは3Kの職場に「勤めてやっている」と考えているのだ。この意識をどうすれば変えられるだろうか。私が出した結論は時給の引き上げだった。新規募集に応募が殺到し、古株のパートさんの心理は「勤めてやっている」から「クビにされたくない」に変わった。工場の中を小走りで移動するようになった。


雪国まいたけを創業する前、私はもやし屋をやっていた。当時としては珍しい太もやしの栽培に挑戦していたが、資金はたちまち底をついた。6畳一間に家族4人。腐ったもやしとバナナを分け合って食べる日々。真冬に窓ガラスが割れても修理する金さえなく、ござでふさいで寝たら、翌朝、家族全員の顔に雪が積もっていたこともあった。


一度本気で死を覚悟してしまうと、死以外のことはストレスでなくなる。どんな逆境に遭遇しても、怖くなくなる。嘘だと思う人は試してみるといい。私は、トラックに乗って崖から転落すれば心中ではなく事故死に見えると考えて、転落に最適な場所を探しに行った。そして、失敗したらこの崖から谷底に突っ込むのだと決心したとき、死以外のすべてが怖くなくなってしまった。以来、どれほど大胆な決断をしても平気になったし、異様に活力が湧き上がってくるようになった。
【覚書き|雪国まいたけ以前に創業したもやし屋がうまく行かず極貧生活をしていた頃、親族に迷惑がかからないよう一家四人で心中する場所を探しに行ったエピソード】


27歳でもやし事業を興した時、両親や親戚は「おまえみたいな中卒が会社を作っても、すぐ負け犬になる」と反対しました。でもそれで引っ込んだら人生が終わってしまう。一度きりの人生、好きなことをしようと思いました。


本当にお金がなく、生活することが苦しかった。でも、自分のことは二の次、三の次にして、銀行や機材の納入業者には、確実な返済を心掛けました。その6年後に「まいたけ」事業を始めたんですが、工場を建てる資金がない。銀行に相談したら「大平さんなら信用できる」と言われ、無担保で3000万円をポンと融資してくれたんです。本当にありがたかった。


大平喜信の経歴・略歴

大平喜信、おおだいら・よしのぶ。日本の起業家。雪国まいたけ創業者。新潟県出身。中学を卒業後、工務店や工場などで働き、27歳で独立し大平もやし店を創業。その後、難しいとされていたマイタケの栽培を開始し、雪国まいたけを設立。同社を東証二部上場企業へと育て上げた経営者。

他の記事も読んでみる

渡辺謙

若いころから大きな夢を語ることも大切だけど、目の前のことを地に這いつくばって必死にやることも大切です。映画界でも、演出でも脚本でもない裏方の仕事を血眼になってやっていた若い人が、メキメキと力をつけて監督に出世することがあるんです。目の前の仕事を一心不乱にやっていると、きっといろんなことに興味が出てきて自然に育っていくんですう。


河合薫

厳しい上司の態度は、部下の自尊心を低下させ、「できない自分」はどんどん追いつめられる。できなければできないほど上司は部下を監視するようになり、さらに部下は逃げ場を失ってしまう。


関戸正実

撤退の決断に当たって、私は「迷惑をかけない」ということを重視しました。お客様にも、取引先にも、社員にもできるだけ迷惑をかけない。そのために、無理に事業を継続することはやめようと決断しました。


フレデリック・ハーズバーグ

そもそもエンジンのない自動車にいくら燃料を入れても走るわけがない。問題はいかにエンジンを備えるかだ。


佐々木常夫

「社内を見渡せば、自分より能力が優れた人がいるかもしれません。しかし、それを見て凹む必要はない。100メートル走にたとえると、10秒で走れるのは社長クラス。同じ部署の同僚なら、せいぜい14秒で走れるか、16秒で走れるかという程度の違いしかありません。ところが開き直りが下手な人は、2秒程度の差を5~6秒に大げさにとらえてしまい、自分は圧倒的に能力が足りないと思い込んでしまう。これはもったいない話。そこで違いは2秒しかないと冷静に見極めることができれば、けっして追いつけない差ではないことに気づくはずです。


小島慶子

示されたいくつかの情報の中からどれを選択するかは、自分の生活の優先順位に照らして自分で決めるしかない。人によって優先するべきことは違うから、万人にとっての正解を求めるのは現実的ではない。


村口和孝

結局は人が企業を発展させていくので、幹部にどんな人をそろえるかということはすごく重要だ。


須田将啓

ユーザーに喜んでもらうことを最優先にしながらも、満足してお金を出してもらうためにどう工夫するかということを考えることが大切。


泉谷しげる

友達作りに年齢なんか関係ないからね。自分から動き出せば、そこで必ず人と出会うから。動いていって、相手に対して心を閉じなきゃ、友達はできる。


松下幸之助

一国の首相であれば国民のため、会社の社長なら社員のため、部長や課長なら部下のために、大事に際しては自分の命を捨てるんだ、という心意気をもたないといけません。命をかけるといえば多少ウソになるというなら、命をかけんでも職をかける、指導者は当然、それをやらないといけません。その気がまえで臨めば、そのことに誤りがなければ成功しますよ。


カール・マルクス

豊かな人間とは、自身が富であるような人間のことであって、富を持つ人間のことではない。


桜井章一

会社や肩書きから離れた場を自分の中に設けるようにしてもらいたい。それが自分を一歩引いた立場から眺め、心のバランスを取ることにつながるはず。