大平喜信の名言

大平喜信のプロフィール

大平喜信、おおだいら・よしのぶ。日本の起業家。雪国まいたけ創業者。新潟県出身。中学を卒業後、工務店や工場などで働き、27歳で独立し大平もやし店を創業。その後、難しいとされていたマイタケの栽培を開始し、雪国まいたけを設立。同社を東証二部上場企業へと育て上げた経営者。

大平喜信の名言 一覧

死まで覚悟すると不思議にストレスなどなくなるもの。


大抵の人は、「できないに決まっている」で終わりますが、私は自分が全力を尽くしてもいないのに「できない」とは考えたくありません。「きっとできる」と思うのです。


学歴がないからこそ、会社をここまで大きくできたのかもしれません。山奥で育つ舞茸の量産は不可能。それが業界関係者の常識でした。私はそういった既成概念がありませんでした。知識がなく、わからないことはわからないと言える性格ですから、なぜできない?どうして失敗する?と突き詰めていくわけです。


いい大学を出た人間は、おおむねプライドが高い。社会に出て、そのプライドの高さを、能力を伸ばす方向に使ってくれればいいのですが、難関大学に入ったことが人生の頂点になっているようでは駄目です。自分はまだまだ向上する存在だと思っていなければなりません。


自己理解力が大事です。自分の長所、短所をわかっている人は意外に少ない。会社として期待しているのは潜在能力を活かすことです。やる気があれば何でもできます。ほとんどの人に大きな潜在能力があるのに、自分で自分の限界をつくってしまう人も多いのです。


舞茸を始める前、もやしをつくっていた創業時には自殺も考えました。事業失敗と言われるのが嫌で、家族もろとも交通事故で死のうとか。しかし、ここで諦めたら中卒だから失敗したと陰口をたたかれる。だから頑張れたのかもしれません。


私はこれまでの人生で何度となく逆境に遭遇してきた。その都度、自ら知恵を出して逆境をはねのけてきたわけだが、本当の知恵を出すために、私はなぜ、なぜ、なぜと何度も「なぜ」を繰り返す。すると、最終的には商売相手や消費者の「望み」にたどり着くことになる。


人間は自分の望みを叶えるためにすべての行動を起こしているわけだが、「なぜ」を何度も繰り返していくと、相手の望みがくっきりと見えてくる。そして、本当の知恵とは、この望みを最も有利な条件で叶えてあげる方法に他ならない。


雪国まいたけを創業した当時、最大の難問はパートタイマーを集めることだった。しかも、せっかく雇ったパートさんがちゃんと働いてくれない。1時間でできる仕事に倍の2時間もかけている。なぜ、パートさんは一生懸命に働こうとしないのか。自問するうちにパートさんの心理が見えてきた。パートさんは3Kの職場に「勤めてやっている」と考えているのだ。この意識をどうすれば変えられるだろうか。私が出した結論は時給の引き上げだった。新規募集に応募が殺到し、古株のパートさんの心理は「勤めてやっている」から「クビにされたくない」に変わった。工場の中を小走りで移動するようになった。


雪国まいたけを創業する前、私はもやし屋をやっていた。当時としては珍しい太もやしの栽培に挑戦していたが、資金はたちまち底をついた。6畳一間に家族4人。腐ったもやしとバナナを分け合って食べる日々。真冬に窓ガラスが割れても修理する金さえなく、ござでふさいで寝たら、翌朝、家族全員の顔に雪が積もっていたこともあった。


一度本気で死を覚悟してしまうと、死以外のことはストレスでなくなる。どんな逆境に遭遇しても、怖くなくなる。嘘だと思う人は試してみるといい。私は、トラックに乗って崖から転落すれば心中ではなく事故死に見えると考えて、転落に最適な場所を探しに行った。そして、失敗したらこの崖から谷底に突っ込むのだと決心したとき、死以外のすべてが怖くなくなってしまった。以来、どれほど大胆な決断をしても平気になったし、異様に活力が湧き上がってくるようになった。
【覚書き|雪国まいたけ以前に創業したもやし屋がうまく行かず極貧生活をしていた頃、親族に迷惑がかからないよう一家四人で心中する場所を探しに行ったエピソード】


27歳でもやし事業を興した時、両親や親戚は「おまえみたいな中卒が会社を作っても、すぐ負け犬になる」と反対しました。でもそれで引っ込んだら人生が終わってしまう。一度きりの人生、好きなことをしようと思いました。


本当にお金がなく、生活することが苦しかった。でも、自分のことは二の次、三の次にして、銀行や機材の納入業者には、確実な返済を心掛けました。その6年後に「まいたけ」事業を始めたんですが、工場を建てる資金がない。銀行に相談したら「大平さんなら信用できる」と言われ、無担保で3000万円をポンと融資してくれたんです。本当にありがたかった。


大平喜信の経歴・略歴

大平喜信、おおだいら・よしのぶ。日本の起業家。雪国まいたけ創業者。新潟県出身。中学を卒業後、工務店や工場などで働き、27歳で独立し大平もやし店を創業。その後、難しいとされていたマイタケの栽培を開始し、雪国まいたけを設立。同社を東証二部上場企業へと育て上げた経営者。

他の記事も読んでみる

野村克也

俺はプロとして恥ずかしい思いを常にしていたからこそ、何とかその恥ずかしさを消したいと願い、努力を重ねた。だからこそ、俺は誰よりも練習を積んだ。


大川博

人間、人の師になるということも、なかなか得難く、また嬉しいものである。


宮地正剛

社長を引き受けた初年度は赤字でしたが、仲介会社との事業に資金を投入したことが功を奏して、2年目に黒字化して現在に至っています。ただ、初年度は資金繰りも含め、苦しいことの連続でした。そこで私自身、経営者としてのスキルや理念の重要性を痛感し、自らを徹底的に見つめ直しました。そこで初めて「社長」としてのスタートラインに立つことができたと感じています。


土光敏夫

石播(のちのIHI)も東芝も、それに経団連も、与えられた仕事に対して、それが自分の運命だと思って、ただ没頭してきただけだ。


今泉嘉久

オフィス家具は差別化しにくい商品です。どのように差別化を図ればいいのか。我々は「モノで差別化できないならば、サービスで差別化を実現しよう」と考えました。


松川孝一

その場になってバタバタするのは、他人か偶然性に時間の手綱を握られているからです。自分が先回りして動いて方針を先にある程度準備しておけば、手綱を優先的に握れて、時間に追われることはありません。


加藤俊徳

私は、「努力は才能に勝る」と考えています。努力によって、脳の中に才能が築かれるからです。その努力には時間が必要です。


大泉洋

毎年誕生日ごとに、今年はどんな年にしようかなとザックリとした目標を掲げるんですよ。去年は「肉体改造」。今年は「修得する」ですね。いろんなことが修得できればいいかなと思っています。それは仕事に限りません。いま、書道を習ってるんですよ。


高田純次

他の人たちが、はっきりしたギャグや言葉で勝負しているとしたら、俺の場合はそういう言葉と言葉の間にある行間を泳いできたようなもの。それがよかったのかも。ただし、これはそうやって行間の味わいみたいなもので勝負してきたということじゃなくて、むしろはじめから「勝負を避けてきた」ということかもしれない。ネタで勝負をしてきたら、ひとつやふたつはヒットを飛ばし、もっと売れた可能性はある。でも、逆にそんな時期があったら、いまの年齢までテレビに出ていられなかったんじゃないかとも思う。まともなネタ勝負をしてこなかったのは、意外に賢い生き方だったってことにもなる。もっとも、そうやって生き残ってきたのは緻密な計算では全然なくて、単なる流れだからあんまり参考にはならないけれど。


鈴木泰信

それまで当社では、軸受と軸受以外の自動車製品は異なる事業部で扱っていました。しかし、お客様である完成車メーカーにとっては窓口がひとつの方がいいに決まっています。お客様に対して壁をつくらない組織に変えました。


南場智子

大企業がベンチャー企業を待たせるのは罪だと感じます。DeNAがまだ弱く小さいベンチャーだった時代、自分たちより図体の大きい会社に提案をすると、相手の大企業が「少し考えます」と言って引き取り、その後待てど暮らせど返事がないことに本当に困りました。返事をいただく前に他社に行くこともできず、事業展開に遅れが生じ、資本体力上とても苦しかったです。私たちが上場し資本が安定した今、とにかく待たせないこと、特に当方より規模の小さい会社には、少し無理をしてでも即検討してすぐにお答えするよう心がけています。我が社が迅速にお断りしたことにより、競合との座組が早くできてしまう場合もあるでしょう。それにより少し損をしても、「あの会社はきっちりと誠実に、そして迅速に答えてくれる」という評判により得るものの方が大きいはずです。


渡邊文矢

企画段階から開発チームと協働してコストを設計管理する専門部署「コストデザイン課」を設けることで、原価低減も実現しています。


伊藤有壱

CMは限られた時間の中に膨大な情報が要求されます。制作も短期間に集中してやる。だから人もたくさん関わるし、その連携がとても重要です。それは大変でもありますが、逆に楽しいことでもあります。それぞれの分野のプロや、能力の高い人たちが集まる場は心地いい。そして不思議なことにモノを作る人たちに悪い人はいないように思う。CM制作は大変だけど自分にとってはすごく刺激的な現場です。


石橋善一郎

本質的には企業価値を中長期的に本当に高められるかどうかが最も重要なチャレンジにほかなりません。その中で企業価値を高めるにはどこを守り、どこを捨てないといけないかを見極めなければなりません。


大八木成男

私は上司から文章を細部にわたって叩かれ続けてきました。徹底的に叩かれることによって、文章を書く経験は厚みを増していきます。部下にきちんとした文章を書かせたいと思ったら、叩くという作業もときに必要なのです。


ページの先頭へ