名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大平信孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大平信孝のプロフィール

大平信孝、おおひら・のぶたか。日本のメンタルコーチ。「アンカリング・イノベーション」社長。著書に『本気で変わりたい人の 行動イノベーション』『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣』『「続けられない自分」を変える本』。

大平信孝の名言 一覧

背骨は第二の脳とも呼ばれ、大事な神経がたくさん通っている。そのため背筋を伸ばすとパフォーマンスが高まる。


いつも上手くいっている人は、例外なく意味づけが上手。自分が置かれている状況が変わるたびに、新しい意味を見出し、やる気が自然に湧いてくる状況をつくっている。


大平信孝の経歴・略歴

大平信孝、おおひら・のぶたか。日本のメンタルコーチ。「アンカリング・イノベーション」社長。著書に『本気で変わりたい人の 行動イノベーション』『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣』『「続けられない自分」を変える本』。

他の記事も読んでみる

細谷英二

私はいまだに書生っぽいところがあります。いつも人や企業のあるべき姿について考えたり、自分の夢について考えたりしている。そうすることで、自分の頭で考え抜く力を磨いてきたのかもしれません。


荒井正昭

いろいろ気を遣って、遠回しなコミュニケーションをするのはムダ。私が何でも(意見や情報を)言うので、社員も何でも言うようになりました。


ドナルド・トランプ

過ちや失敗を怖がるな。あなた自身のすばらしい何かをつくり上げる途上での、学習ツールになるからだ。


板尾創路

映画を撮ったきっかけは「1本、映画をやりませんか?」と言われたこと。しかも、「好きに作っていい」と。僕は別に映画監督になりたかったわけでもないし、作ったこともない。だから、いわゆる監督業はできません。何も学んでないですから。でも、お笑いの中で作ってきた自分のやり方で、オリジナルの脚本でいいと言われるんやったら、それはええか、と。お金は出してくれる、配給もしてくれるんですから、むしろ断る理由がありませんよね。これはラッキーはラッキーですが、降って湧いたような話でもないと思っています。僕が映画に関わり、見てもらえる場に出たことで、お金を出す人に「こいつやったら、撮れるんやないか」「儲かるんやないか」と思わせた、ということです。


谷原章介

頭が回らないときは、いろんなことを考えすぎて疲れているのだと思います。だから、ボーッとする時間を設けます。大抵30分も寝れば回復しますので、昼間のうたた寝は大切だと思いますね。


松井忠三

私たちは投資回収が非常に早い。日本は8~9ヶ月で全ての初期投資を回収する。中国では1年、ヨーロッパでも1年か1年半あれば回収できます。


松本晃(経営者)

いきなり良い言葉が浮かんでいるかというと、そうではありません。でも、ずっと考え続けていれば、金メダル級とはいかなくても、銅メダル級くらいのメッセージは出てくる。そうしたメッセージを実際に使ってみて、相手に響いているか、反応を見て、良いものだけを選び出している。


中田亨

有効なダブルチェックは、一人が責任を持ってチェックし、その人の行動をチェックするためにもう一人が「突っ込み役」になること。「なぜこの数字なんですか?」「これで正しいのですか?」といった突っ込みに対して、もう一方はその理由を説明しなければなりません。その過程で曖昧さや思い込みが排除され、ミスが発見されやすくなるというわけです。


油井亀美也

宇宙から地球を眺めた瞬間は、本当にうれしかったのと同時に、現実感がない不思議な感じでした。国際宇宙ステーション(ISS)にいるわけですけど、目の前にはSFの世界のような景色が広がっていて、私の人生で最も「現実離れ」していました。もちろん宇宙ではやるべき仕事がたくさんあるので、そうそう物思いにふけるわけにはいかないのですが、それでもふとしたときに青い地球が目に入り、「あのうっすらと青く地球を包んでいるのが大気で、人間はその下にしか住めないのか」などと考えることがありましたね。


小柳津林太郎

とくに仕事では、自分のスタンダードを他人のスタンダードと思わない方がいいでしょう。これは、マネージャー時代の経験で学んだことです。自分の視点が絶対ではないことを肝に銘じてじっくり話に聞き入れば、相手の本意もすんなり理解できることが多いものです。その結果、意思疎通が容易になり、互いにストレスを感じない仕事ができるようになると思います。


内藤誼人

まわりからの期待値が上がってしまうと、それに応えなければならないという「ねばならぬ思考」が起こります。これは苦しいですよ。そうなる前に「俺に期待してもムダだよ」と宣言して、相手の期待を削いでおく。これだけですごく楽になれます。


鈴木修

社長が(ワンマン経営ではなく)チーム・スズキでやりたいと聞いてどう思ったか? それは新しい方向でいいんじゃないかと。でも、賛成したから異論がなかったと考えられては困りますね。一番の懸念はチーム・スズキってのは小田原評定につながりかねないということなんですよ。戦国時代に豊臣秀吉に小田原城を攻め込まれた際に城中では結論の出ない会議が繰り返されたように、何も決められない、ということでは困る。まあ、お手並み拝見ですな。もちろん、私も四役会議のメンバーですから意見は言いますよ。でも、決めるのは合議制。それは新社長が誕生した時からやっていますよ。一方の考え方として民主主義ではありますからね。明治天皇もおっしゃってましたね。万機公論に決すべし、とね。天下の政治は世論に従って決定しなきゃならない。でも、小田原評定にならんようにやらないと。ならんように指導はしていきます。