名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大平信孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大平信孝のプロフィール

大平信孝、おおひら・のぶたか。日本のメンタルコーチ。「アンカリング・イノベーション」社長。著書に『本気で変わりたい人の 行動イノベーション』『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣』『「続けられない自分」を変える本』。

大平信孝の名言 一覧

背骨は第二の脳とも呼ばれ、大事な神経がたくさん通っている。そのため背筋を伸ばすとパフォーマンスが高まる。


いつも上手くいっている人は、例外なく意味づけが上手。自分が置かれている状況が変わるたびに、新しい意味を見出し、やる気が自然に湧いてくる状況をつくっている。


大平信孝の経歴・略歴

大平信孝、おおひら・のぶたか。日本のメンタルコーチ。「アンカリング・イノベーション」社長。著書に『本気で変わりたい人の 行動イノベーション』『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣』『「続けられない自分」を変える本』。

他の記事も読んでみる

岩田聡

携帯電話で遊べるゲームと大差ないものしか出せなければ負けるわけです。携帯電話はもう必需品のように皆さまお持ちなのですから。圧倒的に面白いと思ってもらえなければ、不便な思いをしてまで別のハードを買ってもらえません。


岡田斗司夫

ノートは高校時代からつけていて、いろいろな使い方を試してきました。何十年もの試行錯誤の末に行き着いたのが、「一冊のノートを常に持ち歩き、そこにすべて書き込む」というごく単純な方法です。テーマ別にノートを使い分けたり、メモを持ち歩いてあとでノートに転記しようなどと手間のかかる方法を選んだりすると、1か月で挫折します。アウトプットを前提に、焦って意味を求めようとするのは、土地を耕さずに収穫だけ急ぐようなもので、結果的に自分が痩せてしまいます。


平野信行

当行には3つの強みがあります。それは「国内の充実した顧客基盤」「グローバルネットワーク」「強固な財務力」です。これらをフルに発揮することで、顧客の期待を超えるサービスを提供し、今後の経済の再生・再創造をサポートしたいと思います。


藤田晋

新商品や新サービスが大ヒットした時、「実は同じことを考えていた」とか「うちの会社もやった方がいいと会議で言ったのに……」と言う人は少なくありません。ネット業界はそれが顕著で、あるサービスが大ヒットした時は、よくそういう話が出ます。そんな負け惜しみを言わないためにも、見込みのあるアイデアは、実現に向けて詰めていく必要があります。


安倍晋三

日本は戦後、民主主義と自由を守り、平和国家としての道を歩んできました。この姿勢を貫くことに一点の曇りもありません。


安部修仁

むろん時価総額は高いことに越したことはありませんが、短期的に株価を上げようとは思っていません。我々は長期的に株価を上げるとこに判断の軸を置いた経営を標榜するということです。もし、株主が短期的に株価を上げることを望むのであれば、僕らに経営をさせない方がいい。


岩波貴士

世の中が細分化すればするだけ、新しい市場が増える。ビジネスは例えれば円のようなもので、その数が増えたとしても、その分だけ円と円との隙間は増え、決してなくならない。


下園壮太

たくさんの選択肢から自由に自ら選べることは、基本的には素晴らしい状況でしょう。しかし、私は自由の過度の拡大が、今日の日本社会のストレス増加の理由のひとつと考えています。私たちは「エネルギー消費=肉体を使うこと」と捉えがちですが、無数の選択肢の中から「選ぶ」という頭脳労働もかなりのエネルギーを使うのです。


村田昭治

いま企業はどうすればいいのか。まず自社の「経営資源」をきびしくチェックし、欠落している「知」「技術」「経営ノウハウ」を点検し、堅実に、外からの意見もよく聴いて成長への構図を練りあげていくことだ。


濱田秀彦

未解決の顧客クレームに対し、解決策として「一部費用の値引き」「オプションの無償提供」という複数の選択肢を提示すれば、上司は判断しやすくなります。単に「どうしましょう」と聞くだけでは、上司はゼロから解決策を考えなくてはなりません。この差は大きいもの。複数の選択肢があれば、上司の判断も早くなり、相談に要する時間が短縮でき一挙両得です。


萩本欽一

ゴールデンゴールズに入ったからって、野球で成功しなくてもいいんです。いい言葉を使えるようになったり運のため方を覚えて、野球をやめたあとも素敵な人生を送れる人に育ってほしい。僕にとって、それも一つの目的だったんですよね。


遠藤章造

この10年、俺が感じていたのは縁の不思議さです。つながりが続く人もいれば、途切れてしまう人もいる。なんでやろうな……と。すごくモヤっとしていた思いを抱えていたんです。それが、この間テレビでご一緒した笑福亭鶴瓶さんのひと言で、すっと晴れていった。鶴瓶さんは「縁は努力だ」と仰っていて、本当にそうやな、と。人に出会うのは縁やけど、努力がなければすーっとなくなっていくもの。どうしても終わった番組のスタッフや演者さんとのつき合いは薄くなってしまい、俺もそれをそのままにしてきたことに後悔があったんです。だから、これから始まる番組、出会った人との縁は今まで以上に努力してつなげていこう、と。それが40代のテーマかなと思っています。