大平信孝の名言

大平信孝のプロフィール

大平信孝、おおひら・のぶたか。日本のメンタルコーチ。「アンカリング・イノベーション」社長。著書に『本気で変わりたい人の 行動イノベーション』『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣』『「続けられない自分」を変える本』。

大平信孝の名言 一覧

背骨は第二の脳とも呼ばれ、大事な神経がたくさん通っている。そのため背筋を伸ばすとパフォーマンスが高まる。


いつも上手くいっている人は、例外なく意味づけが上手。自分が置かれている状況が変わるたびに、新しい意味を見出し、やる気が自然に湧いてくる状況をつくっている。


大平信孝の経歴・略歴

大平信孝、おおひら・のぶたか。日本のメンタルコーチ。「アンカリング・イノベーション」社長。著書に『本気で変わりたい人の 行動イノベーション』『ダラダラ気分を一瞬で変える 小さな習慣』『「続けられない自分」を変える本』。

他の記事も読んでみる

ヨハネ・パウロ・2世

自由とは、ただ好きなことをするのではなく、我々が当然すべきことをなす権利を持つことである。


横田雅俊

お客様はこちらの都合などおかまいなしに、「あれもやってくれ」「これも頼む」と、さまざまな要望をぶつけてくるものです。本来ならば、その中から優先度の高いものを選び、可能な範囲で対応するべきでしょう。しかし、お客様から嫌われたくない部下世代は、言いなりになって何でも引き受けてしまう。その結果パンクして、結局はお客様との約束を果たせず迷惑をかけます。


本庄八郎

セールスの基本は、自分を売り込むこと。では、自分の何を売り込むのかというと、信用、誠実さ、真面目さです。あいつは誠実だと思われれば、何でも売れるんです。


水野美紀

私が変わったきっかけのひとつが、2002年に劇団☆新感線の「アテルイ」という舞台に初めて出させていただき、役者さんたちと飲みに行ったことでした。その時の会話は、私にとって衝撃的でした。皆が自分の欠点やダメなところを言い、周りの人はそれを面白がって重宝する。カッコつける人なんてひとりもいないんです。それまでの私と真逆ですよね。そして、古田新太さんがこんなことを言ったんです。「面白ければ何でもいいんだ」と。古田さんは何気なく言ったようですが、私は目からウロコが落ちる思いでした。「そんな考えもあるんだ。カッコつけなくていいんだ」って。そこで、おそるおそる失敗談を話すと、みんな笑ってくれて。すごく気持ちが楽になりました。


大木優紀

バラエティ番組「くりぃむナントカ」にアシスタントとして出演させていただいたこと。これは、私にとって、ものすごく大きな転機になりました。肩の力を抜いて、仕事を楽しんでいるからこそ、良い仕事ができる。私はまだまだですが、その大切さを、この番組を通じて教えていただいた気がします。


佐藤可士和

顧客のやりたいことを否定することはありません。相手の発注力を引き出すことも含めて、僕の仕事なんです。


三遊亭白鳥

僕は日頃から様々なエピソードを、1つのキーワードに紐づけて記憶しています。これがキーワード同士を結びつけるカギになります。


箭内道彦

自分でつくったヴァーチャルな自分を最初は演じていたのですが、だんだん演じているのか地なのかわからなくなっていくんです(笑)。それでまた新たな役割を自分に与えて。そんなことの連続が、いまの自分をつくっているような気がします。


出口治明

教養は仕事に圧倒的に効く。グローバル企業の経営者と少し話をするだけでも、彼らの、人生や社会に対する深い洞察に気づかされます。教養のない人にはちゃんとした仕事はできない。私は心からそう感じる。


上田研二

創業というのは、ないない尽くしの状態から開始するのです。社員がいない、顧客がいない、事業スキームが完成していない。一から事業を作り上げていく大変さは特別なものですね。一方で、会社が自分の思ったように育っているのを実感した時はうれしく感じます。


小泉文明

これまで何百人ものビジネスパーソンとやり取りしてきましたが、ほとんどの人が目標を現実的なレベルに落ち着かせる傾向にありました。そのやり方で大きな成果を得て、本当に成長できるでしょうか。答えは言うまでもありません。


坂井哲史

これだけ郊外型カフェのブランドが増えると、みんなどこかで他と違う特色を打ち出さなければなりません。そうでないと、立地に恵まれた店舗はともかく、どこかと競合した時に勝てませんよ。


戸塚隆将

ハーバード・ビジネススクール留学時代、様々な人種の学生との交流により、世界観が広がった。人生の中でもっとも価値のあるものは友人関係です。


梅原勝彦

人件費や材料費が上がったから値上げするというのは、お客様は一度や二度なら認めてくれるけれど、それを続けていればいつか見捨てられるし、ライバルにも負けてしまいます。だから、コストダウンは言われなくても続けないといけません。


小山昇

総じて、マイナス思考の人は視野が狭い傾向がありますね。たとえば、親戚が集まって話をしているときに、愚痴や不満ばかり言っている人が一人はいるでしょう? その人を見るとわかるはずです。故郷から出た経験がなかったり、人づきあいが少なかったりと、狭い世界しか見てこなかった人であるケースが多いのです。


ページの先頭へ