名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大工富明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大工富明のプロフィール

大工富明、だいく・とみあき。日本の構成作家。テレビ番組の構成や、吉本新喜劇舞台台本などを手がけた。よしもとの芸人養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」講師も務めた。

大工富明の名言 一覧

長く活躍している芸人は他人のライブに足繁く通っては、なにがウケているか、人の心をつかむテクニックをたえず分析しています。そしてその中から見つけたエッセンスを自分なりにアレンジして、オリジナルにまで持っていく。成功する人はみんな研究熱心です。


初対面の相手を笑わせるには、当たり前に聞こえますが、まず内容以前に「元気よくハッキリ声を出す」ことが大切。話が聞きとりにくいのは致命的です。その後は「素早く共通の話題を探す」ことでしょう。自分だけが知ってるマイナーな話をされても、その絵が思い浮かばなければ笑えません。全く知らない相手でも、国民的アニメなり、学校でよくある出来事、場合によっては世代や地方色など、お互いが共有できることはありますし、そこから笑いは生まれます。


内輪ネタはいけません。人間は「自分の知らないことでは笑わない。知ってることで笑う」んです。高校で別の中学出身の友達が中学時代の先生のモノマネで盛り上がっていても笑えないし、仲間はずれにされたような気分になる。内輪ネタは、知らない人には疎外感を与えてしまう危険性があるんです。


お笑いでアマチュアとプロの違いははっきりしています。周りの友達だけを笑わせるのがアマチュア。初めて会う人も笑わせられるのがプロです。


大工富明の経歴・略歴

大工富明、だいく・とみあき。日本の構成作家。テレビ番組の構成や、吉本新喜劇舞台台本などを手がけた。よしもとの芸人養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」講師も務めた。

他の記事も読んでみる

安野モヨコ

連載をたくさん抱えていた時期の私なりの仕事のコツというのは、あんまり考えすぎないことでした。私はそもそも自分の才能というものは信じていないので、じっくり考えはじめると悩むばかりでまったく進まなくなってしまいます。自分に疑問を抱いたり、何でこんなにくだらない話しか思いつけないんだなんてなりはじめたら、もう終わりなんですね。だから、流れに任せて、こうなって、ああなって、と描いていくわけです。その時期には、簡単なプロット(話の筋)を立てたらもういきなり本番の原稿用紙に向かっていました。途中で思いがちになる「でも、これっておかしくないか?」みたいな突っ込みを入れないまま描いていけば漫画はできあがったし、ぶつつけの緊張感のせいか、いつも決まったページ数にちょうどぴったり収まっていました。


武田良太

力がある者が「俺が、俺が」ではまとまらない。一番後ろに回らなければならない。


安井豊明

現場力を細かく分けると7つの力があると考えています。「成果追求力(販売力)」「運営力」「研修育成力」「問題解決力」「人間関係構築力」「(問題・戦略などの認識)共有力」「提案力」です。


安田道男

私たちのヒットの要因は、シンプルに価値のあることを追求した結果だと考えています。


野村克也

選手がどういう場所で生きてくるかを気づかせるのが監督の役目でもあるんです。監督業というのは「気づかせ業」だと思っています。気づかせることが「再生」なんです。南海時代、それまで1勝もしてなかったピッチャー3人をトレードで獲得して「俺が言うとおりに投げれば間違いない」と言って3人とも2ケタ勝利で優勝。それで再生工場というような異名がつけられたわけです。


槙野智章

プロサッカー選手はサッカーが上手いのは当たり前。プレー以外にプラスアルファが求められる。


上西京一郎

目に見えない体験価値を高めるのは、キャスト(従業員)のホスピタリティ(おもてなし)のほかに、実はもう一つあります。それは新しいアイデアです。これも、褒められる体験が新たなアイデアの創出を生み、ゲストの喜びに結びつくという好循環が回っていけば、東京ディズニーランドでしか得られない新しい体験価値が常に創造されていくと確信しています。


阿部川久広

もはや英語はネーティブだけの言語ではなく、非ネーティブ同士が英語でコミュニケーションする機会が増えています。そう考えると、もはやグローバルな土俵で「流暢な英語」「パーフェクトな英語」をしゃべらなければならない、ということ自体、ナンセンスなのです。


村上太一

教養の深め方には、人それぞれに芸風があると思っています。私の場合は、「ビジネスをどう拡大するか」というテーマを決め、それに紐づく本を読んだり、経験を通して深めています。この経験の幅は広く、「宝塚歌劇を見に行く」「ヘリコプターに乗る」など様々です。支離滅裂に聞こえるかもしれませんが、私の中では、すべて「ビジネスのため」という目的で一貫しているのです。


鈴木篤(経営者)

現在、関西のGDPは、タイと同じくらいの大きさと言われています。そのエリアを「一網打尽」にするのが我々の目的です。徹底的な市場の深掘りです。


井村荒喜

私の台湾在住6年は鉄道建設を中心にして経過した。私の生来の強情さが、台湾という植民地的荒っぽさの中で試練されたことは、私をいろいろな意味で鍛えることになったと思う。


森山徹

化学の分野では、「あなたのやっていることは単なる趣味じゃないのか」と批判する人がいるんです。どういう形で研究活動が世の中に貢献するのか、ということが言いたいんでしょう。それがビッグ・サイエンスには明確だけれど、僕の研究のようなスモール・サイエンスには見えにくい。深い溝があるわけです。