名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大工富明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大工富明のプロフィール

大工富明、だいく・とみあき。日本の構成作家。テレビ番組の構成や、吉本新喜劇舞台台本などを手がけた。よしもとの芸人養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」講師も務めた。

大工富明の名言 一覧

長く活躍している芸人は他人のライブに足繁く通っては、なにがウケているか、人の心をつかむテクニックをたえず分析しています。そしてその中から見つけたエッセンスを自分なりにアレンジして、オリジナルにまで持っていく。成功する人はみんな研究熱心です。


初対面の相手を笑わせるには、当たり前に聞こえますが、まず内容以前に「元気よくハッキリ声を出す」ことが大切。話が聞きとりにくいのは致命的です。その後は「素早く共通の話題を探す」ことでしょう。自分だけが知ってるマイナーな話をされても、その絵が思い浮かばなければ笑えません。全く知らない相手でも、国民的アニメなり、学校でよくある出来事、場合によっては世代や地方色など、お互いが共有できることはありますし、そこから笑いは生まれます。


内輪ネタはいけません。人間は「自分の知らないことでは笑わない。知ってることで笑う」んです。高校で別の中学出身の友達が中学時代の先生のモノマネで盛り上がっていても笑えないし、仲間はずれにされたような気分になる。内輪ネタは、知らない人には疎外感を与えてしまう危険性があるんです。


お笑いでアマチュアとプロの違いははっきりしています。周りの友達だけを笑わせるのがアマチュア。初めて会う人も笑わせられるのがプロです。


大工富明の経歴・略歴

大工富明、だいく・とみあき。日本の構成作家。テレビ番組の構成や、吉本新喜劇舞台台本などを手がけた。よしもとの芸人養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」講師も務めた。

他の記事も読んでみる

松本幸彦(経営者)

ものを言えないペットの視点からも考えるのが、人とペットの共存する豊かな社会を目指しているメーカーの大きな使命です。


佐々木かをり

たとえば、読みたい本のタイトルをメモに書いておくことはよくあると思うんですが、そのメモをなくしてしまったりするんですよね。それで、何の本だったっけ、とメモを探す。そうじゃなくて、あの本が読みたいと思ったら、いつ買うのか、いつ読むのかをその瞬間にスケジュール帳に入れてしまうんです。


平井伯昌

できるだけ早くコーチとしての信頼を勝ち取るには、小さな大会でもいいから、きちんとその選手に結果を出させてあげるのが一番です。なんだかんだいっても、「あのコーチの言うとおりにやったら記録が短縮できた」という事実が積み重なれば、次も耳を傾けてみようという気になるじゃないですか。


内海哲也

今年から選手会長をやらせてもらうことになりました。正直、まだそんな器じゃないと思うし、できるのかなって不安もあるんです。でも、前会長の阿部(慎之助)さんに「おまえに任せた」って信頼していただいたのが嬉しかったですね。受けたからには責任をもってやるつもりです。実は昔からジャイアンツは投手と野手の交流が少ないことが気になっていました。食事に行くのも、野手は野手同士、投手は投手同士が多いんです。せっかく選手会長になったのでチームをまとめる意味で、投手も野手もゴチャ混ぜの食事の機会を設けたいですね。


三枝利行

大学時代はスキーのインストラクターをして、年間100日以上はスキー場にいました。スキーは天候、雪質など一つとして同じことがない環境でも、一定の結果を出すことが求められます。不動産開発に通じるものがあり、社会人生活でもどこかでスキーの経験が生きていたようです。


荻野玲

間違えた事が分かった時に変える決断をするのもリーダーの重要な役割。


川淵三郎

サッカーの監督時代に学んだのは、日ごろから選手の表情、様子、体調などをよく見ていることが必要だということでした。なんだかボールに勢いがない選手に「おい、どうした?」と聞くと必ず、「実は腰痛が」「子供の具合が」と答えが返ってきます。日ごろの観察力が的確な状況分析を導くし、その方向性において自分の軸なり芯がぶれなくなります。そうすれば、この人についていけば「絶対に」じゃなくても、「まあ、だいたいは間違いないかな」というくらいに部下から見てもらえるようになります。


イーロン・マスク

部品の調達は独断的に決めているわけではなく、単に自社より優れている技術があればそれを採用しているだけです。ただし、組むのはその分野でベストなサプライヤーだけです。


和田完二

社長になってみたものの、私はまったくの一本立ちであった。私には学閥も門閥もない。田舎からのぽっと出で満州などで過ごしたのだから、金融界や財界にも知己はない。私をバックしてくれるものは誰もいなかった。仕方がないから、私はいつも一人で歩いてきた。政界には分相応に政治献金もしているが、だからといって「ああしてほしい、こうしてほしい」と頼んだことはない。そんなことで、私は孤立無援、きれいに生きてきたと自負している。


中山勇

国内のオペレーションを強化するのが最重要課題なので、会長との役割分担なんて言わないで二人でやっていきます。海外についても手分けしてやります。


長野敏文

得意先をお訪ねした後、私は必ずお礼状を出すようにしています。お礼状を出しておけば別の機会にも伺いやすいし、行きっ放しというのでは次につながるきっかけがなくなってしまいます。


富田純正

当社は設立45年の歴史があるだけでなく、一度車を仕入れると売却せず長く貸し続けます。だから中古車市場と競合しないため、自動車メーカーからの信頼は厚い。他社よりうちには安く売ってくれるのです。法人契約が多いので、平日もコンスタントに需要があるし、しかも長期契約だから、ある意味リース業にも近い。仕入れ値が安く、高稼働率だから低料金に設定できる。これが次の需要を生む形になっています。