大工富明の名言

大工富明のプロフィール

大工富明、だいく・とみあき。日本の構成作家。テレビ番組の構成や、吉本新喜劇舞台台本などを手がけた。よしもとの芸人養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」講師も務めた。

大工富明の名言 一覧

長く活躍している芸人は他人のライブに足繁く通っては、なにがウケているか、人の心をつかむテクニックをたえず分析しています。そしてその中から見つけたエッセンスを自分なりにアレンジして、オリジナルにまで持っていく。成功する人はみんな研究熱心です。


初対面の相手を笑わせるには、当たり前に聞こえますが、まず内容以前に「元気よくハッキリ声を出す」ことが大切。話が聞きとりにくいのは致命的です。その後は「素早く共通の話題を探す」ことでしょう。自分だけが知ってるマイナーな話をされても、その絵が思い浮かばなければ笑えません。全く知らない相手でも、国民的アニメなり、学校でよくある出来事、場合によっては世代や地方色など、お互いが共有できることはありますし、そこから笑いは生まれます。


内輪ネタはいけません。人間は「自分の知らないことでは笑わない。知ってることで笑う」んです。高校で別の中学出身の友達が中学時代の先生のモノマネで盛り上がっていても笑えないし、仲間はずれにされたような気分になる。内輪ネタは、知らない人には疎外感を与えてしまう危険性があるんです。


お笑いでアマチュアとプロの違いははっきりしています。周りの友達だけを笑わせるのがアマチュア。初めて会う人も笑わせられるのがプロです。


大工富明の経歴・略歴

大工富明、だいく・とみあき。日本の構成作家。テレビ番組の構成や、吉本新喜劇舞台台本などを手がけた。よしもとの芸人養成所「NSC(吉本総合芸能学院)」講師も務めた。

他の記事も読んでみる

守次拓

品質は負けていないし、弊社のほうが安いのに選んでいただけなかった。そのとき、ブランドにならなければいけない、と腹に落ちました。


松井秀喜

僕は才能はないけど、人よりも努力することはできる。


細谷英二

経営の内向き化を防ぐには社員が社会と共生するような活動も重要になります。ハーバード大学のマイケル・ポーター教授はCSV(クリエーティング・シェアード・バリュー)を提唱しています。本業を通じて社会の発展に役立とうという考え方です。私もその考え方に大賛成ですし、りそなでも社会貢献活動に全社員で取り組んでいます。


泉谷直木

相手についての話題から共通の話題に移っていければ、すぐに共通の土俵に上がることができる。


出口治明

早く帰れないから家事や子育てを手伝うこともできない。生産性も低くなる。ダラダラ残業が諸悪の根源。


井口尊仁

信じている人間が自分の言葉で直接語るのが一番伝わる。


団野村

2人か3人で臨んだ方が、交渉は有利に運べます。警察みたいに一方が強気に攻め、もう一方が優しく対応する。いろいろ議論する中で、相手がポロッとこぼした言葉を拾って、相談してチャンスを見出したり。今回はその連携がいい感じでできました。


野村和史(経営者)

特許情報を調べて真似するやつがいる以上、(特許を取らずに)黙って商品をつくっている方がいい、というのはひとつの考え方でしょう。うちも国内8件、米国で2件の特許を保有していますが、「日米で特許取得済み」とだけ書いて特許番号を入れません。少なくとも、悪いやつらが特許情報を調べるのだけは大変にしておかないと。


児玉光雄

仕事の成果はあくまで付録のようなもので、報酬とは、本当に泥臭い努力や作業の中にある。そう考えれば、私たちはどんどん成長していける。


井川幸広

原因がわからずに会社が伸び悩んだことはありませんでした。会社を興して初めて減収減益だった13期も、あくまで新しい事業のための痛みの時期で、どう対応すればいいかわかっていました。常に不明瞭な箇所を作らずに、きちっとやっていけば、原因がわからずに伸び悩むことはありません。


黒川茂

現場を知っているので話が早いという面はあるかもしれませんね。現場に一緒に仕事をしてきた従業員たちが多くいるので、何をするにも余計な説明がいらない。


古森重隆

学ぶ人はぐんぐん成長していく。新聞を読んでいてもそうだし、何の話を聞いても勉強になるという姿勢だから、どんな経験をもプラスにしていく。人からも吸収し、自分の体験からも吸収するし、そして自問する人は伸びます。


藤本やすし

自分の周囲からの見え方を意識しているかどうかは、言い換えれば、自分のブランディングを考えているかどうかなのです。それを持っている人は強いですね。


ヴォルテール

立派にやり遂げたことに対する最大の報酬は、それをやり遂げたことそのものにある。


井上智治(コンサルタント)

ベースボールパークは野球を見るだけでなく、食事やホスピタリティといったことも重要です。東京ドームでの野球観戦のイメージは会社帰りに野球を見に来て、ビールをガーッと飲んで酔って帰っていくというものです。しかし、仙台でそのコンセプトはしっくりきません。私たちが目指すスタイルは地域密着型。家族連れや女性にも来て欲しい。そのために、女性用トイレを広くしたり、地元の食材を使った店を出してもらったりしました。


ページの先頭へ