大工原正伸の名言

大工原正伸のプロフィール

大工原正伸、だいくはら・まさのぶ。日本の経営者。「うかい」社長。横浜うかい亭料理長、八王子うかい亭・横浜うかい亭総料理長、開発事業部次長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

大工原正伸の名言 一覧

昨年は当社にとってよい消費環境でした。これも創業以来続く「利は人の喜びの陰にあり」という基本理念を社員が共有し、料理やおもてなしなど常に「本物」を提供して、お客様に感動と喜びを感じていただけた結果だと思っています。


日本が誇る和食という食文化を日本人や外国人のお客様にも発信して幸せを感じてもらうとともに、「さすが、うかい!」と言っていただける存在になりたい。そのためにも、より一層、お店を磨くことに努力して参ります。


大工原正伸の経歴・略歴

大工原正伸、だいくはら・まさのぶ。日本の経営者。「うかい」社長。横浜うかい亭料理長、八王子うかい亭・横浜うかい亭総料理長、開発事業部次長、取締役、常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

冨山和彦

得てして日本人は、何とか家や何々会社のようなムラ組織に入ってしまうと、ムラの空気を読んでそこに合わせるという行動原理になりがちです。


臼井由妃

任せるというのは、他人の能力を上手に借りることでもあります。上司に相談するなど「知恵を借りる」こともひとつの方法です。ひとりで悩むよりも、ずっといいアイデアが生まれるし、仕事のスピードアップが期待できます。


亀田啓一郎

プロジェクトが動き出し、少しずつ成果が出てきたら、そのプロセスを振り返り、活動の精度を上げていこう。リーダーがすべきことは、振り返り方をルール化し、さらに大きな成果につなげていくことだ。


中野信子

本を読んだり、人と会って知識や知恵を吸収する。運を引き寄せるため、まずは勝負に勝つ実力をつけること。


津曲孝

お客様が来てさえくれれば、どんなサービスでもできます。でも、来ていただけなければ心尽くしもできない。ですから、箱や包装紙もイタリアやフランスのものにしましたし、素材にもこだわりました。


久恒啓一

自分の仕事を図解化して眺めてみることをお勧めします。図解化して自分の仕事を俯瞰してみると、どの作業で時間をとられているか、どの作業が無駄かということが見えてきます。また、この部分は人に任せられるなといったこともわかってきますから、仕事が早く終わるようになるのは間違いありません。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

「他行に学べ、他産業に学べ」と口酸っぱく言っています。机に座って悩んでも、思案しても出てくる知恵なんかたかがしれています。そうであれば、よその銀行や企業が行っていることを聞いてくる、考え方を学んでこいということです。学ぶ心で接し、そこから何らかの教えを得ようとする「謙虚さ」これも大事でしょう。


みうらじゅん

健康器具もそうだけど、親は子供から「年相応」なものなんてもらいたくないんです。「オカンは腰が悪いから、はい、この治療器」なんて自分の子供から言われたら、もうね、おまえウルサイと。逆に、もう一回、父親を男に、母親を女に戻すものをプレゼントすればいい。それに気づいた僕は、オカンに「どピンク」のバッグを贈りましたね。オカンにしてみたら若く見られたということがうれしいし、息子がくれたということを周囲に自慢したいわけですよ。「息子が若い人が持つようなバッグをくれたんだけど、派手やろ~」って。周りに「似合うんちゃうの~」と返してもらったら言うことなし。みんなも親の立場だったら、そうでしょ?


中鉢良治

52歳で執行役員になりました。そのとき、「もし役員でなくなったら、俺に何ができるか」と不安でした。「俺にしかできないという仕事の選択肢が2つ、3つは欲しい」。そう考えて、環境問題、品質問題ならだれにも負けないということを見つけたときには、憑き物が落ちたような解放感がありました。


遠藤功

仕事は時代の要請とともに変わっていくものである。新しく生まれる仕事もあれば、消えてなくなっていく仕事もある。なくならないまでも、仕事の価値が目減りするものもあれば、逆に高まるものもある。


田口弘

出来上がってしまった経営スタイルを否定して壊すことは、過去のしがらみのある人には絶対にできません。とくに私みたいに33年も社長をやっていては、もういけません。自分で自分の首を刎(は)ねることは不可能ですから。


木川眞

イノベーションを起こすために、ヤマトグループが培ってきた強みを分析しました。もともとヤマト運輸や小倉(昌男)さんのことは、銀行員時代から知っていました。ただ中に入ってみたいとわからないこともあります。外と内、両方の視点で需要創出の仕組を客観的に分析しました。


似鳥昭雄

たとえば街のレストランでも、流行っている店、美味しい店があります。でもそれはたいてい、10年前とか20年前から同じシステムでやっている。だから安い値段で美味しい料理を出すことができるのです。場所や形はすぐに真似できても、仕組みを真似るにはやはり10年かかると思います。


吉田晴乃

心得ておくべきことは、とにかく悪口であれ、批判であれ、絶対利用してやろう、全部肥やしにしてやろうという姿勢を持つこと。


木暮太一

将来への漠然とした不安を解消するには、「最低いくらで暮らせるか」を試しに計算してみること。僕も計算しました。自分と家族が生きるために、最低限必要な金額はlか月15万円。年収にすれば180万円。でも180万円くらいなら、最悪バイト生活でも稼げます。「最悪、生きていける」。そう考えると変化が怖くなくなり、逆に積極的に自分から動いていけるようになれる。会社にクビを切られないようにと行動を委縮し、先細っていく……。変化の時代には、これが一番のリスクかもしれません。


ページの先頭へ