名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大川順子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大川順子のプロフィール

大川順子、おおかわ・じゅんこ。日本の経営者、客室乗務員。「日本航空(JAL)」専務執行役員客室本部長。日本航空に入社し客室乗務員として活躍。その後、客室乗員訓練部教官、客室乗員部客室マネジャー、客室品質企画部長、執行役員などを経て取締役専務執行役員客室本部長に就任。

大川順子の名言 一覧

すべての土台は、既知のものにあります。仕事内容、自分の仕事の社内での位置づけ、会社を取り巻く社会状況などの知識を十分に育てること。そうした勉強なしに自信は湧かない。そして自信なしに勘は働かないのです。


失敗を認識することは、決して辛い作業ではありません。弱みを自覚すると、改善への大きな足がかりが得られますし、モチベーションも上がります。果てしなく前進していく、というイメージを楽しむのが一番ですね。


仕事を振り返る習慣を持つと、反省や後悔はつきものです。何年乗務をしても、「あのとき、こうすればよかった」と、ベッドに寝てから思い返すことはしょっちゅうありました。そして、そこを改善できてもまた、すぐに次の目標が出てきます。


乗務員時代は、ずっと自分だけの「フライト日誌」をつけていました。行き先、お客様の人数、運航状況、サービス内容、うまくいったこと、失敗したこと……などを、逐一記録することが習慣になっていました。30年間、どんなに疲れて帰った日でも、そのノートだけは書くように心がけてきました。どんな出来事も、ひと晩寝るとぼやけてしまうものです。貴重な経験を忘れてしまうなんて、あまりにももったいないことです。記録することは、成功と失敗のセオリーを作ることにつながりますし、何よりも自信の源になります。記録した後に同じルートで乗務するときには、必ずその部分を読み返すようにしていました。すると、同じ場面で前より冷静でいられる、的確な判断ができるようになるのです。


理解や分析以前に「感じる」ことが不可欠です。とくに、お褒めやお叱りをいただいたときには、そのお客様がどれくらい喜ばれたのか、ご不快だったのか、といった感情の「度合い」を感じ取ることが必要です。これらは数字で表わすことができない領域ですから、感じ取って記憶に残すしかありません。こうした感覚を研ぎ澄ませることも、勘を磨くことに通じます。


一人で勉強しなくては、と考えると大変に思えますが、仕事には必ず「一緒に働く人」がいます。客室乗務員は常にチームで動きますから、私の場合は先輩や仲間からアドバイスを受けることで多くの知識を得られました。仲間の経験を積極的に聞くことも、とても良い方法です。チームが意識的に、各自の経験を情報としてシェアする習慣を持てば、さらに効果的だと思います。


お客様にも、さまざまな方がいらっしゃいます。男性もいれば女性も、お子様もご高齢の方もいらっしゃるのです。さらにはお一人お一人違ったご要望があり、毎回違ったシチュエーションがある。つまり、正解は毎回違うのです。その場に合わせた対応を、その都度パッと思いつくことができるようにしておかなくてはなりません。ですから、引き出しは無数に必要です。


お客様と直接接する機会を多く持つことができたので、その経験の中で、「自分本位では、正解は出せない」ということを学びました。何を求められているかは、自分の価値観や感覚だけでは決して察知できません。数々のコミュニケーションを通して経験の基盤を作ってこそ、目の前のお客様の気持ちを瞬時に、正確に「想像」する力が湧き、アイデアという名の「創造」も生まれるのです。


「勘」というと、偶発的なひらめきや、悪く言えば「ヤマ勘」のようなものを連想される方が多いかもしれません。しかし私は、それと「勘」とは、別種の――というより正反対のものだと考えています。勘はヤマ勘と違って、確かな根拠を持つものです。既知のもの、つまり知識と経験に裏打ちされた勇気と自信、そこから生まれる想像と創造。これが勘の正体だと思います。


大川順子の経歴・略歴

大川順子、おおかわ・じゅんこ。日本の経営者、客室乗務員。「日本航空(JAL)」専務執行役員客室本部長。日本航空に入社し客室乗務員として活躍。その後、客室乗員訓練部教官、客室乗員部客室マネジャー、客室品質企画部長、執行役員などを経て取締役専務執行役員客室本部長に就任。

他の記事も読んでみる

築山節

同時並行的な業務をさばくスキルや、目的到達までの迅速性、難題を解決するタフネスと発想力、即時の適切な判断力、それらの能力は記憶と分かちがたく結びついているものです。適切な選択に最短で到達する力は、「本人の経験」という記憶の蓄積に立脚するものだからです。これからの時代、記憶はこのように、選択の精度を高めるために使われるべきものだと私は考えています。そう考えると、年齢を重ねることはむしろ「強み」になり得るのです。


坂東眞理子

大学は企業などと違って改革の結果が出にくい体質があります。そこで、まず手掛けたのが文科省の競争的補助金に積極的に応募することです。補助金を獲得するだけではありません。申請を採択してもらう課程で汗をかくので、教職員にも改革を肌で感じてもらいました。


秋山勝

SaaSは売り切りのシステムではないので、顧客と長くお付き合いすることが事業者にとってもメリットです。悩みを打ち明け、親身な対応をとってくれるかどうかという点も、長く付き合えるSaaS業者を見分けるポイントかもしれません。


川野幸夫

私どもヤオコーの店長は、まずは店主なんです。自分たちのお店はどういう商売をしていくのかということから考えます。その店長一人で考えるのではなくて、店舗のスタッフ皆で参加をしてもらい、その地域のお客様にあった商売をしてもらおうということです。だからまずは自分たちの商売を店長が考える。そしてそれを実現するためのマネジメントをどうしていくのかと主体性を持って考える。当然、それを決める権限が与えられています。お客様のことを考えたら結果的に個店経営に行き着いたのです。


古川健介

重要な仕事が急に入ってきたときのために一日の半分は意図的に空けています。事業を拡大するときなど急に資金調達が必要になるときがあり、そんなときには一気に時間をとられるので。


木村英文(木村飲料)

うちの「必勝合格ダルマサイダー」は世界初のお祓い飲料として受験生に人気を博しました。中身の味は同じですよ。でも、目に見えない力が体の内側から働く……はずです。
【覚書き|営業部長の提案で発売した「必勝合格ダルマサイダー」が売れたことについて語った言葉。同サイダーは地元の神社でお祓いされたあとに出荷される】


土井英司

僕の場合、本をつくるお手伝いをしているので、つくり手としての視点と、受け手側として楽しむ視点、この両方をつねにもっていることが欠かせません。すると、あまり面白くない落語を聴いても「ここが悪いから受けないんだな」と学ぶことができますし、面白ければ「この流れが人をひきつけるんだ」と気づくことができます。それらをノートにつけていくことで、幅広い物の見方ができるようになったり、発見があったりします。その一つひとつが、仕事に活きてくると思いますね。


中山勇

国内のオペレーションを強化するのが最重要課題なので、会長との役割分担なんて言わないで二人でやっていきます。海外についても手分けしてやります。


赤羽雄二

スケジューリングや思考法など、あらゆる仕事術を取り入れているのに、仕事は遅いまま。いつも締切りに間に合わず、残業や休日出勤ばかりしている……そんな悩みを抱えている人には、例外なく次のような特徴が見られます。それは、「負の感情が思考の邪魔をして、うまく頭が働いていないこと」です。


加護野忠男

伝統産業の新人育成の方法を研究していると気づくことがある。技能者の育成プロセスに関して、多くの産業に共通した方式があることだ。職人志望者に試練を与えるという育成の方法である。誰もが嫌がるような厳しい仕事、あるいは雑用の仕事を与えるという方式である。


森永卓郎

米国は格差社会ですが、米国の低所得の人たちが必ずしも不幸なわけではありません。地方に行けば、仕事はほどほどにしつつ、家族や友達との交流や趣味を大切にしながら楽しく生きている人がたくさんいます。彼らは幸せの基準をお金には置いていません。日本人だって、そういう生き方に転換すれば良いのです。


植田まさし

スケジュールは仕事部屋のカレンダーに締め切りを書くことで把握しています。基本的に編者者が訪ねてきてくれるので、出歩く必要があまりなく、手帳を持つ必要がありません。カレンダーとノートが手帳の代わりです。