大川順子の名言

大川順子のプロフィール

大川順子、おおかわ・じゅんこ。日本の経営者、客室乗務員。「日本航空(JAL)」専務執行役員客室本部長。日本航空に入社し客室乗務員として活躍。その後、客室乗員訓練部教官、客室乗員部客室マネジャー、客室品質企画部長、執行役員などを経て取締役専務執行役員客室本部長に就任。

大川順子の名言 一覧

すべての土台は、既知のものにあります。仕事内容、自分の仕事の社内での位置づけ、会社を取り巻く社会状況などの知識を十分に育てること。そうした勉強なしに自信は湧かない。そして自信なしに勘は働かないのです。


失敗を認識することは、決して辛い作業ではありません。弱みを自覚すると、改善への大きな足がかりが得られますし、モチベーションも上がります。果てしなく前進していく、というイメージを楽しむのが一番ですね。


仕事を振り返る習慣を持つと、反省や後悔はつきものです。何年乗務をしても、「あのとき、こうすればよかった」と、ベッドに寝てから思い返すことはしょっちゅうありました。そして、そこを改善できてもまた、すぐに次の目標が出てきます。


乗務員時代は、ずっと自分だけの「フライト日誌」をつけていました。行き先、お客様の人数、運航状況、サービス内容、うまくいったこと、失敗したこと……などを、逐一記録することが習慣になっていました。30年間、どんなに疲れて帰った日でも、そのノートだけは書くように心がけてきました。どんな出来事も、ひと晩寝るとぼやけてしまうものです。貴重な経験を忘れてしまうなんて、あまりにももったいないことです。記録することは、成功と失敗のセオリーを作ることにつながりますし、何よりも自信の源になります。記録した後に同じルートで乗務するときには、必ずその部分を読み返すようにしていました。すると、同じ場面で前より冷静でいられる、的確な判断ができるようになるのです。


理解や分析以前に「感じる」ことが不可欠です。とくに、お褒めやお叱りをいただいたときには、そのお客様がどれくらい喜ばれたのか、ご不快だったのか、といった感情の「度合い」を感じ取ることが必要です。これらは数字で表わすことができない領域ですから、感じ取って記憶に残すしかありません。こうした感覚を研ぎ澄ませることも、勘を磨くことに通じます。


一人で勉強しなくては、と考えると大変に思えますが、仕事には必ず「一緒に働く人」がいます。客室乗務員は常にチームで動きますから、私の場合は先輩や仲間からアドバイスを受けることで多くの知識を得られました。仲間の経験を積極的に聞くことも、とても良い方法です。チームが意識的に、各自の経験を情報としてシェアする習慣を持てば、さらに効果的だと思います。


お客様にも、さまざまな方がいらっしゃいます。男性もいれば女性も、お子様もご高齢の方もいらっしゃるのです。さらにはお一人お一人違ったご要望があり、毎回違ったシチュエーションがある。つまり、正解は毎回違うのです。その場に合わせた対応を、その都度パッと思いつくことができるようにしておかなくてはなりません。ですから、引き出しは無数に必要です。


お客様と直接接する機会を多く持つことができたので、その経験の中で、「自分本位では、正解は出せない」ということを学びました。何を求められているかは、自分の価値観や感覚だけでは決して察知できません。数々のコミュニケーションを通して経験の基盤を作ってこそ、目の前のお客様の気持ちを瞬時に、正確に「想像」する力が湧き、アイデアという名の「創造」も生まれるのです。


「勘」というと、偶発的なひらめきや、悪く言えば「ヤマ勘」のようなものを連想される方が多いかもしれません。しかし私は、それと「勘」とは、別種の――というより正反対のものだと考えています。勘はヤマ勘と違って、確かな根拠を持つものです。既知のもの、つまり知識と経験に裏打ちされた勇気と自信、そこから生まれる想像と創造。これが勘の正体だと思います。


大川順子の経歴・略歴

大川順子、おおかわ・じゅんこ。日本の経営者、客室乗務員。「日本航空(JAL)」専務執行役員客室本部長。日本航空に入社し客室乗務員として活躍。その後、客室乗員訓練部教官、客室乗員部客室マネジャー、客室品質企画部長、執行役員などを経て取締役専務執行役員客室本部長に就任。

他の記事も読んでみる

熊切直美

私どもが営業現場で大事にしているのは「売り込まない」ということです。土地オーナー様にいきなり「アパート経営をやりませんか」「相続税対策は大丈夫ですか」といっても、なかなか聞いてもらえません。ですから当社の営業はまず「信頼関係をつくる」ことから始めます。


石川泰彦

10人の仕事を9人で行おうとすると、これまでと同じやり方では同じ量の仕事がこなせないため、「少ない人数でどうすれば効率的に仕事できるか」を発想する。つまり、人が減ることが新しいやり方を工夫するきっかけとなり、その結果、生産性が改善され、サービスの質が向上し、好循環が生まれる。


勝間和代

小さくとも継続的な改善こそが、結局は大きな変化につながる。


市村清

ははあ、女というものはトイレなんかで秘密のことでもなんでも話すんだなと私は感じた。銀行会社のトイレは無数にある。ここから戦後の若い働き方を探れば何か出てくるなと私は思った。


櫻田謙悟(桜田謙悟)

米ウーバーという米国の有名なベンチャーがありますね。タクシーの配車に加え、一般人が自家用車を使って、客を運ぶ仕組みを作って急速に伸びているあれです。すると、ウーバー用の保険サービスができてくる。まだ小さいけど、サービス自体が広がったら、その可能性は急拡大する。これからの保険会社は、そういう変化を見逃してはいけないと思うのです。


伊藤直彦

毎年、新入社員に話をする機会がありますが、野球に例えて話すことが多い。「三遊間を抜かれるな、クリーンヒットならともかく、連係プレーのまずさで抜かれることは問題だ。お互いにぶつかっても、自分でとろうと、両者が気迫を持って立ち向かえば、どちらかのグラブにボールは吸い込まれるものだ。仕事も同じで自分の守備範囲を広げ、決して仕事から逃げてはいけない」。


藤本幸邦

お金を追うな、仕事を追え。


吉野彰

特許にスキマがあれば、競合他社に入りこまれて権利は無効になってしまいます。だから「これが花開くだろう」という基本特許を取得しておくことはもちろん、枝葉のような技術、それこそ5行のメモで終わるような小さい技術のオリジナリティを主張することも含めて、さまざまな特許を準備しておくという戦略が要るんです。


松田晋之介

ベンチャーって最初の方は急成長を続けるんで、それに対しての自分たちの成長が追いつくか追いつかないかが本当に大事。


田中孝司(経営者)

「役員補佐制度」という制度を導入しています。例えば、社長の私には男性2人と女性1人の3人が補佐として付いています。社内には役員補佐は、役員候補であることを宣言しています。役員会などにも出席してもらって、会社全体を見て物事を考えられるように鍛えるのが目的です。


梅田望夫

経営コンサルティングの世界に入ったのも、シリコンバレーに行ったのも、ネットの黎明期に関わったのも、興奮のるつぼの中に身を置きたかったからです。僕は内側から何かを生み出せる人間ではありません。創造的なアウトプットには、外界からの刺激が必要なんです。


天野浩

赤﨑(勇)先生から学んだことは、一度決めたテーマは変えてはいけないということ。


梶本修身

昼休みには最低15分間、1人の時間を確保し、可能ならリラックスできる個室空間で仮眠するのがベスト。パソコンやスマートフォンはいじらず、心身を休めましょう。


竹田陽一

戦争では兵器や食料の補給力がとても大事になってきます。兵器や食料を輸送する場合、人手と経費がかなりかさむので戦費を著しく消耗します。ナポレオンが敗れたのもヒットラーが敗れたのも日本軍が大敗したのも、もとはと言えば戦場を広げ過ぎたために戦力が分散し、補給のための経費がかさんだことが原因で戦力が低下してしまったからです。


小室淑恵

オフの時間を充実させることが、仕事で成果を挙げる土台となります。仕事に必要な知識やスキルを学校に通って習得したり、街歩きや友人との会話の中から、ビジネスアイデアを見つけ出すことが大切になるのです。


ページの先頭へ