名言DB

9412 人 / 110637 名言

大川豊の名言

twitter Facebook はてブ

大川豊のプロフィール

大川豊、おおかわ・ゆたか。日本のお笑い芸人、経営者、芸能プロモーター。「大川興業」総裁。東京都出身。明治大学商学部商学科卒業。大学在学中に大川興業を結成。幅広い分野で活躍した。

大川豊の名言 一覧

現場に足を運ぶのが好きなのは、まあ、単純に「面白い」ってのが一つ。そして、もう一つは猜疑心かな。実際に自分の目で見て、頭で考えないと世の中を見誤っちゃう、という感覚があるんです。


現場で元気をもらうのは俺の方。現場で頑張っている人たちのパワーはすごい。


世間や会社からはみ出したって、別に死ぬわけじゃない。明るく楽しく生きていこうぜ!


今いる場所で、はみ出すくらいの個性を出して、思いっきり面白がって仕事したり、生きていけばいい。はみ出しすぎて、追い出されたっていいよ。いざとなったら大川興業にネタ見せに来ればいいからさ!


まさか153社落ちるとは思わなかった(笑)。仕方ないから、自分で自分を雇うことにしたんです。まず会社を登記して社長になった。そして自分で自分を面接したんです。「世界を笑わせて、日本を再生したい!」と言う俺に向かって、俺が「うむ、内定!」と(笑)。


政治や社会を語るコメンテーターをする芸人は増えたけど、俺の場合、彼らとはモチベーションが違います。なにせ政治は俺の「趣味」(笑)。趣味だからもうとことん楽しんで、しかも現場にも必ず足を運んでいますからね。もちろん自腹でね。


芸人ってハミダシ者が活躍できるほとんど唯一の職業だった。でも最近、官僚みたいなお笑いが多くないか? 俺はもっとはみ出してほしい。大川興業の芸人は、はみ出しすぎかもしれないが。


ハミダシ者が本当にウチの強み。少々おかしな奴でも「お笑いをやりたい」という信念があればいい。だって、世の中からはみ出すほどの個性は、芸人の世界では絶対的な武器だからね。


完全な闇の中で劇をする「暗黒演劇」。アメリカで上演しようとしたら、「そんなの聞いたことない」と言われた。俺はワールドワイドではみ出してるんだ(笑)。


考えてみたら、トランプだって、小池百合子だって、あきらかに「ハミダシ者」が選ばれているからね。時代がようやく、個性を求めるようになったのかもしれませんね。成熟して硬直化した世の中を変えられるのは、変わり者、ハミダシ者なんだと、みな気づき始めたんじゃないかな。


大川豊の経歴・略歴

大川豊、おおかわ・ゆたか。日本のお笑い芸人、経営者、芸能プロモーター。「大川興業」総裁。東京都出身。明治大学商学部商学科卒業。大学在学中に大川興業を結成。幅広い分野で活躍した。

他の記事も読んでみる

似鳥昭雄

壮大なビジョンから逆算して計画を立てないといけない。今立っているところから考えても、何も改革にはならない。モグラ叩きくらいの改善は改善とは呼べない。


豊島逸夫

「相場に絶対はない」といわれる。しかし、一つだけ確実にいえることは、「どこまでも上がり続ける相場は絶対にない」ということだ。


前澤友作

母親の手料理って、どんな高級レストランで食べる食事より美味しいじゃないですか。それは、子供に対する愛情が根底にあるからだと思うのです。ところが、いくら一流シェフであっても、母親の愛を一瞬で理解して料理の味に反映することはできない。結局そのシェフに説明するより、母親につくってもらった方が速いし、確かだということです。
【覚書き|アウトソーシングを極力行わないで自社で内製化している理由について語った言葉】


中山均

切り詰めた生活の中から、私は毎年、少ないときでも20万円、多いときは30万円ぐらいを社会事業や慈善活動に寄付している。講演やなんかで旅に出ることが多いが、汽車や電車は3等と決めているし、日銀政策委員になってからは夜の宴会には一切出ないことにしているので、余計なお金がいらないところへもってきて、おかげで健康も保たれている。


鉄拳(お笑い芸人)

人生で一番迷った時期? やっぱり芸人一本でいくかどうか決めるときですね。当時務めていた建築会社の社長に「お笑いと建築のどっちを選ぶんだ?」と迫られました。一番悩んだんじゃないですかね、いままでの人生で。でも最後は、「テレビの仕事なんて、やろうと思ってもなかなかできるもんじゃないから挑戦してみたらどうだ」と社長が背中を押してくれて。だったら「芸人一本で挑戦してみるか」と決めたんです。30歳も目前のころのことです。


佐藤紗耶子

ITはもっと自由で、新しい事業を創造するツール。現場に任せずに経営者自らITを知り、活用することで既存の事業を支えることも新しい事業を構築することもできる。


為末大

米国オレゴン州では、各国の長距離選手が集まり、最先端の練習に取り組んで、みんなが強くなっています。そんなことが現実に起こっているわけです。スポーツと都市との関係としては、こうした特定種目に特化した「ホットスポット化」が進んでいます。そうなると国の機関が、あらゆる競技で選手を育成するのが本当に正しいのかという疑問が出てくる。いつの日か、「東京はどの競技でいくのか」を選択するときが来るかもしれません。そのときには、東京は日本人だけを育てる場所なのか、ということも考えていくべきでしょう。


浜矩子

過去の成長戦略の夢を追っているから不幸感が高まるんですよ。


藤田聰

あなたの価値を上げるうえで最も重要なのがビジョン、つまり志や目標です。3年後、5年後の理想とする自分の姿を思い描き、実現に向けて行動を起こす。ビジョンは能力開発の原動力。


ロバート・キヨサキ

私の金持ち父さんは、よくこう言っていた。「会計士が会社を経営すると、一つ問題が起こる。それは、自分たちの給料がどこから来ているのかを、忘れてしまうことだ」。金持ち父さんが言いたかったのは「君が給料をもらえるのは、お客さんのおかげなんだよ」ということだ。


菰田正信

イノベーションを起こそう。そのためには不動産業の知恵だけではもう通用しない時代。いろいろな意味での異業種連携を心がけよう。


中山幸市

「窮すれば通ず」という言葉があるが、まさに、その通りである。ただ、窮したという切実感を持ち、その切実感がひとつの努力となって現れて来なければ、通ずることはできない。


荒木美也子

映画は正解がない世界です。だから家のなかでは、「もっとよくしたい」と考える大人たちが、延々と議論を交わしていました。意見が合わずに、絶交する人もいたり。仕事とは、そういう熱いものだと思っていました。
【覚書き|父で映画プロデューサーの荒木正也氏の思い出について語った言葉】


名越康文

ぜひやっていただきたいのが人間関係の整理です。私のみるところ、いつも「忙しい、忙しい」といっている人は、さほど成果が出ていないし、体調も悪い。そういう人の大半は、一日に3時間くらいはムダな時間を使っているものです。その最たるものがムダな飲み会。飲み始めたらあっという間に3時間くらいは過ぎてしまう。おまけに、余計なカロリーを摂って内臓に負担もかかり、朝の目覚めが最悪になるわけです。


実藤裕史

周りの反対や不安もあるでしょうが、まずはやってみることが大事。最初からうまくいくとは限りません。すべて準備が整って始めている起業家なんてひと握り。私自身、失敗を繰り返してきましたから。