名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大川祐介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大川祐介のプロフィール

大川祐介、おおかわ・ゆうすけ。日本の経営者。「ユニオンテック」社長。静岡県出身。クロス職人を経てユニオン企画(のちのユニオンテック)を設立。

大川祐介の名言 一覧

私どもの仕事は「実績」が何よりの営業ツール。幅広い業界や業種を手掛けてきた積み重ねが強みで、お客様の多様なご要望にお応えできる引き出しを多く持つことがお客様目線に近い対応につながります。


空間プロデュースとは、施主さまのこんな空間を作りたい、といったイメージを顕在化させていきながら、しかも思い通りのものを提供するだけでなく、常に期待以上の感動を提供し続ける難しい仕事。


業界の外から建設業界を見たイメージと、現場で働く職人自身が抱く建設業界へのイメージ、この両方を向上させることに努めています。


社員も多くの経験を積むためのチャレンジが必要で、経験豊かになることは社員満足につながります。お客様の想いをカタチに創り上げるお手伝いとともに、社員に対しては社員自らが自慢できる会社づくり、お客様に対しては会社名を気にしていただける誰もが知っている会社になることを目指しています。


起業当初は目の前のことに夢中で、職人の地位向上を念頭に置いてはいませんでしたが、その頃からの数多くの疑問が現在のサービスにつながっています。多くの方々が課題と考えている建設業界の負のスパイラルを転換し、未来の担い手が「かっこいい」と思って率先して参入してくる業界に変えていきます。


現場の職人が誇りとやり甲斐を持って仕事に取り組むためには、お客様としっかりコミュニケーションが取れるようになることが重要です。施主であるお客様から直接声を聞くことで、自分たちの仕事はどのような形でお客様に届けられているのか、気付いてもらう試みをしています。


大川祐介の経歴・略歴

大川祐介、おおかわ・ゆうすけ。日本の経営者。「ユニオンテック」社長。静岡県出身。クロス職人を経てユニオン企画(のちのユニオンテック)を設立。

他の記事も読んでみる

森澤紳勝

時間に遅れたり人を待たせたりするのはダメ。必ず先に着いて待つように心がけています。


元榮太一郎

インターネットは他メディアでは考えられないほどの伝播力を持っており、放置すれば、猛烈なスピードで、きわめて広範囲に情報が伝わっていく。一方で、自社の名誉毀損に当たる文言を見つけた際に大騒ぎをするのも禁物です。騒げば騒ぐほど内容の拡散に拍車を掛けるからです。インターネット上の名誉毀損に対しては、「速やかに、密やかに」対応することが肝心。


北尾吉孝

「志」は「士」に「心」と書きますね。「士」のうちの「十」は一般大衆を表し、「一」は、彼らを率いる指導者を表す。方向性を与え、責任を担うのがリーダー。


宮本彰

文章を打ち込めるだけで、メールも送れない。こんなものは売れないだろうと思いましたし、他のメンバーも反対していたのですが、ただ一人、社外取締役である大学教授が「こういう商品を待っていた!」と。出張の多い彼は、ノートPCより手軽に持ち運びできて移動中に書き物ができるツールを切望していたのです。ならば出してみようかと。
【覚え書き|ポメラ開発について】


酒巻久

好きなことなら、睡眠時間を削ってやっても疲れないのが人間です。勉強するだけの体力や時間がないというのは言い訳で、本当は勉強するのが嫌なだけ。


阿部孝司

システム構築で最も難しいのは、システムの仕様、つまり「どんなシステムをつくるか」を決めることです。たとえば、結婚してすぐに家を建てるとなると迷うことばかりです。子供が何人できるかわからないし、ライフスタイルが変わるかもしれない。初めに細かく決めてしまうと、あとで不具合が出てくることもあります。でもモデルルームがあれば自分がどういう家に住みたいかイメージが湧きます。そして、住んでいく中で具体的なイメージが湧いてきたら、その都度調整していけばよい。システムも同じで、最初から完璧な設計はできません。


酒井秀樹

創業社長が亡くなり、私は37歳で社長に就いた。以来30年計画で自分の野望を実現しようとしてきたわけです。具体的には、大企業を上回る収益力を目指し、付加価値の高い仕事を追求しました。行き着いたのは、新製品開発を重視し、生産の大半を外部委託するファブレス経営です。
【覚書き|ファブレス=開発のみを行い量産のための生産工場を持たない製造業のビジネスモデル】


おちまさと

マラソン大会に出場するときは、事前のトレーニングが欠かせません。ところが企画書を書けと言われるとすぐ机に向かってしまう人が多い。これは練習しないまま大会に出場してしまうのと同じです。


伊藤妃実子

日本の革職人の現場では、海外ブランドの下請けや低価格で作らされるなど、優秀な職人が正当に評価されていないことを疑問に思いました。日本製の商品は、技術が高くて製作に時間がかかり、価格は高めです。そうした価格設定をお客さまに認めてもらうために、日本で長く培われてきた贈答の文化に着目しました。自分の物であれば安い商品でも十分ですが、人には少し高くても、きちんとしたものを贈りたいですよね。


岩田松雄

自慢話は事実を淡々と、失敗話はむしろおもしろおかしく大げさに。


小林靖弘

我々はベンチャー企業ですので、1つの事業モデルだけに絞ることは大変リスキーだと思っています。私は以前リクルートにいたのですが、求人広告と住宅広告のバランスが非常に良い会社で、求人広告が減る時には住宅広告が増えたりしていました。景気の波にうまくマッチングしていたのです。そこでモバイルの分野でもそのようなバランスの良い事業は出来ないかと考えて、BtoCというコンシューマーからお金をもらうコンテンツ事業とBtoBという企業からお金をもらう広告事業をやっています。


米倉誠一郎

難しいからこそ、面白い。