名言DB

9429 人 / 110879 名言

大川祐介の名言

twitter Facebook はてブ

大川祐介のプロフィール

大川祐介、おおかわ・ゆうすけ。日本の経営者。「ユニオンテック」社長。静岡県出身。クロス職人を経てユニオン企画(のちのユニオンテック)を設立。

大川祐介の名言 一覧

私どもの仕事は「実績」が何よりの営業ツール。幅広い業界や業種を手掛けてきた積み重ねが強みで、お客様の多様なご要望にお応えできる引き出しを多く持つことがお客様目線に近い対応につながります。


空間プロデュースとは、施主さまのこんな空間を作りたい、といったイメージを顕在化させていきながら、しかも思い通りのものを提供するだけでなく、常に期待以上の感動を提供し続ける難しい仕事。


業界の外から建設業界を見たイメージと、現場で働く職人自身が抱く建設業界へのイメージ、この両方を向上させることに努めています。


社員も多くの経験を積むためのチャレンジが必要で、経験豊かになることは社員満足につながります。お客様の想いをカタチに創り上げるお手伝いとともに、社員に対しては社員自らが自慢できる会社づくり、お客様に対しては会社名を気にしていただける誰もが知っている会社になることを目指しています。


起業当初は目の前のことに夢中で、職人の地位向上を念頭に置いてはいませんでしたが、その頃からの数多くの疑問が現在のサービスにつながっています。多くの方々が課題と考えている建設業界の負のスパイラルを転換し、未来の担い手が「かっこいい」と思って率先して参入してくる業界に変えていきます。


現場の職人が誇りとやり甲斐を持って仕事に取り組むためには、お客様としっかりコミュニケーションが取れるようになることが重要です。施主であるお客様から直接声を聞くことで、自分たちの仕事はどのような形でお客様に届けられているのか、気付いてもらう試みをしています。


大川祐介の経歴・略歴

大川祐介、おおかわ・ゆうすけ。日本の経営者。「ユニオンテック」社長。静岡県出身。クロス職人を経てユニオン企画(のちのユニオンテック)を設立。

他の記事も読んでみる

堀口智顕

建築士になれると思って入った会社が実は99%不動産会社。でも性格上、仕事を投げ出せない。素直に一生懸命働けば上手になる。それでほめられ、頼りにされたらもっと勉強して働く。先輩の酒の誘いも断って夜、学校へ行き、宅建などの資格も取りました。当時は不動産バブル真っただ中で念願の設計の仕事も入ってくるようになる。ビルやマンションを建てて販売する仕事なんて楽しくて、よだれが出ましたよ。


田中仁(経営者)

結局、どういう会社にしたいかという明確な志に尽きる。ただ、ぼんやり業務に打ち込んでいるのとは成長のスピードが全然違う。


テリー伊藤

いつも同じメンバーで一緒にいると、同じ情報しか手に入らない。


町田勝彦

トップには多少上手くいかなくとも強引に引っ張っていくリーダーシップが要求される。しかしもっと重要なのは、この制度しかないという強い信念と、何が何でもやり遂げるという本気の覚悟だ。継続することでしか会社の風土は作られないからだ。


永守重信

大きな挫折を経験した人間は、再起のチャンスが巡ってくれば同じ失敗はしないし、並々ならぬガッツで勝ち抜くものだ。


安川第五郎

現在、安川電機は電動機のみしかつくっていない。これを安川電機の社憲のように厳しく考えている人が社の中にいるらしい。だが、私としてはそんな窮屈な考え方はやめてくれと言っている。私がやったのは会社の浮沈の瀬戸際にいたからである。時代が変わったし社の基礎もあるのだから、いつまでもこの線を守るという理由もない。


前澤友作

2000年当時には、洋服をネットで販売することは常識外れとされていました。私は経営の面白さは常識との戦いだと思っていますが、この分野に挑戦している人が少なかったからこそ、「誰もやっていないなら私がやる!」と火が付いてしまったのかもしれません。


落合寛司

本当の意味で相談してもらえるようになるまでは時間がかかりました。「銀行は雨が降ったら傘を取り上げる」と言われるように、金融機関に不信感を持つ人が多かった。もし本当のことを言ったら融資を引き上げられてしまう、と思えば相談などするはずがありません。それを一つ一つ実績をつくることで、信頼を勝ち得ていきました。


泉谷直木

指示や目標を伝えたからそれで良しとはなりません。仕事で大事なのは、伝えたことがどこまで達成できるかなのです。


山本真司

PCに向かって文書なりプレゼン資料なりを作りながら考える、というのは最悪です。絵を動かして考えること、それを言葉にすること、言葉をさらに吟味して文書などの形にすること、この3つの作業は分けないといけない。同時にできるのは天才だけ。あくまでも、「考える」段階でやることは、これだというイメージにたどり着くところまでです。