大川彰一の名言

大川彰一のプロフィール

大川彰一、おおかわ・しょういち。日本の国際教育コンサルタント、留学カウンセラー。「留学ソムリエ」代表。京都府出身。大手留学エージェント チーフカウンセラー、米国教育団体ディレクターなどを経て独立。

大川彰一の名言 一覧

実際に生活することで、その国の働き方や時間に対する概念がわかるそうした経験があると、交渉も円滑に進むことが多い。


24時間、いやおうなく英語を使わざるをえない環境に身をおき、夢の中まで英語が出てくるレベルで学ぶと、吸収が早い。本気度も変わってくる。


大川彰一の経歴・略歴

大川彰一、おおかわ・しょういち。日本の国際教育コンサルタント、留学カウンセラー。「留学ソムリエ」代表。京都府出身。大手留学エージェント チーフカウンセラー、米国教育団体ディレクターなどを経て独立。

他の記事も読んでみる

平井伯昌

高い目標を持つ。それが世界で戦える選手になるための第一歩。


福島文二郎

多くの企業ではCS(顧客満足)に関するミッションが掲げられていると思います。ただ、それが社員に浸透しない会社が多いようです。ディズニーでは上司や先輩が、ミッションをしっかり理解したうえで、繰り返し、粘り強く、後輩に伝えています。その結果、後輩はミッション実現のために行動するようになるのです。


菅野寛

修羅場に直面したとき、「自分は社会正義のために事業をしている」とか「この事業を通じて人々の生活が楽になる」とか、そういう使命感があれば、どんなにつらくても頑張れるものです。


おちまさと

ただ奇をてらった企画書がいいわけではありません。大切なのは与えられた課題の枠内の中で「ふり幅」をできるだけ大きくすることです。「ありそうでなかった」企画を出すことが重要なのです。そこで市場調査をしたり、相手にヒアリングをして本当に望んでいる課題について考えます。その枠の中で、他が思いつかない解決策を盛り込んだ企画なら通るでしょう。


ロバート・M・ベラーディ

人生の支出計画は、そのまま人生設計と言い換えられます。ですから、最初に取り組むべきなのは、「自分はどんな人生を送りたいのか」という人生の目標を考えることです。


守島基博

どんなに戦略が優れていても、どんなに弁舌さわやかでも、いいリーダーシップとそうでないリーダーシップを分ける最後の基準は、フォロワー(部下)を率いて、成果を出すかにかかっている。そのためにすることは、極端に言えば何でもいいのだ。


宮内義彦

市場経済のもとでは、すべての力を顧客に向けていかなくてはなりません。顧客に向かうことを阻害するような組織や権限規定は、その時々に変える必要があります。しかし、本当に変えなくてはいけないのは社員の考え方です。社員の頭がいっこうに企業の内側を向いたまま変わらないとすれば、企業全体の成果とはなり得ません。


吉沢康弘(吉澤康弘)

高年収層は、学ぶべきものがそこにあるならコストはいとわないですね。特にネットだと移動時間や空いた時間に勉強することができますし、仲間内でも「あのアプリ、使えるよ」と情報をシェアしますから。そして、そのときの反応としては、「よし、今入れてみよう」という場合がほとんどです。


野田一夫

出世する人の正念場の行動パターンは、どんな場合も自らが正しいと信じた意見を表明し、それが誤りだった場合は、直ちにハッキリ謝り、進んで責任を取ること。


鍵山秀三郎

平凡なことを徹底して続ければ、平凡の中から生まれてくる非凡が、いつかは人を感動させる。


小倉広

あくまでも一般論ですが、若いうちは弱点補強を優先するのがベターです。もし著しい弱点があると、長所まで埋もれてしまうからです。「スキルは高いが協調性に欠ける」といった弱点のある部下には小さなプロジェクトのチームリーダー役をさせる、といった方法を。こうして少なくとも弱点を「平均点」レベルにまで引き上げてから、次に、強みの強化に切り替えるのがいいでしょう。


太田光代

あなたの仕事は早いですか? ミスが少ないですか? こう聞かれても、恐らく、自分では判断しにくいと思います。気恥ずかしいかもしれませんが、思い切って上司に聞いてみましょう。仕事に積極的だと好意的に取って、上司は快く相談に乗ってくれるはずです。


瀬戸薫

宅急便の配達について「細かいマニュアルはつくらない」というのが、小倉(昌男)さんの一貫したスタンスだった。我々が接しているお客様は、10人いれば10人とも違う。だから「お客様が一番ほしいと思うサービスを、あなたが自主的に判断してやりなさい」というのが基本的な考え方だ。それゆえ当グループでは、詳細なマニュアルを作成しないだけでなく、サービス立案・運用の権限を第一線に委譲している。


チャップリン

母の言葉を借りると、結局、客人というものはケーキと同じで、滞在期間が長くなると味は落ちるというのである。
【覚書き|貧しい時代に母の金持の友人の屋敷で客人として長期滞在したときを振り返っての発言】


工藤昭四郎

若いときは血の気が多いのもやむを得ない。場合によっては足を踏み外して落ち込んでみることも貴重な経験であろう。だがそれが貴重になるか愚かになるかは、這いあがるときに何をつかんでくるかである。


ページの先頭へ