名言DB

9429 人 / 110879 名言

大川博の名言

twitter Facebook はてブ

大川博のプロフィール

大川博、おおかわ・ひろし。東映の実質的な創業者。中央大学法科在学中から鉄道省入省。鉄道省事務次官を務める。経理の才能を発揮し頭角を現す。その後、同省OBの五島慶太にヘッドハンティングされ東急に入社。次長、事業部長、専務、副社長として五島慶太の右腕として活躍。債務超過で潰れかかっていた3社(東横映画、大泉映画、東京映画配給)を合併させ東映を発足させ、同社の経営再建に成功した。またプロ野球の振興に励み東急フライヤーズ(のちの日本ハムファイターズ)オーナー、パ・リーグ初代会長を務めた。そのほか、日本経済団体連合会常任理事、日本映画産業団体連合会会長、映倫維持委員会常任委員会委員長、中央大学理事長、中央大学学員会会長、東横学園理事長、日本教育テレビ(のちのテレビ朝日)初代会長・2代目社長なども務めた経営者。

大川博の名言 一覧

「まったく、素人よりコワイものはない」と、一同は大ビックリの、大むくれだった。ところが、こちらはその素人が付け目で、盲ヘビに怖じぬのが唯一の手でもあったので、わかるの、わからぬのと言われても一切平気の平左、いささかムシのいい考えのようであったが、少しでも安く写真(映画)をつくり、少しでも多くの収入を上げることを願い、少しでもこの窮地を抜け出す足がかりをこしらえたいと思った。
【覚書き|東映の経営再建に乗り出したとき、映画制作費の上限と1本あたりの利益目標を従業員に提示したことを振り返っての発言】


上手くいくかどうかわからぬとしても、わからぬながらどこまでも一生懸命やってみると覚悟を決めた。いまとなって、上手くいくと考えていたと言ってもそれは嘘になる。
【覚書き|東映の社長に就任したときを振り返っての発言。赤字の映画会社3社を合併させてできた同社はいつつぶれてもおかしくない状態だった】


あとでわかったことだが、あまりに五島(慶太)さんが私を持ち上げられたので、社内には相当反感も起こって、私の入社を冷たい目で迎えた連中も出てきていたようである。しかし、私はひたすら、五島さんの知遇に、実際の働きをもって応えさえすればよいと考え、毀誉褒貶(きよほうへん)をかえりみず、ただただ自分の仕事に精魂を打ち込むことにした。何事も実績によって理解を勝ちうるが一番と、それこそ必死の努力を己が職務に傾倒したものだった。
【覚書き|東急にヘッドハンティングされた当時を振り返っての発言】


入社に伴う私の地位などについても細かく心遣いをされていた模様であるが、私は最初の地位や待遇などはどうでもよい。正式なポストは、働いた結果を認めてのうえのことにしていただきたい。とにかく、五島(慶太)さんの知遇に応えて、うんと頑張って働こうというだけの考えで、自分からは何もそれについての希望を述べなかった。
【覚書き|東急にヘッドハンティングされ、出社一週間前に五島慶太氏と話したことについて振り返っての発言】


人間、人の師になるということも、なかなか得難く、また嬉しいものである。


まったく人間の運命というものはわからない。一寸先は闇である。幸いにこのとき、私は生き残るほうの運命に噛り付いたが、その運命をもたらしてくれたのが、じつはたった一片のこの電報命令だった。
【覚書き|関東大震災直前、高崎での鉄道省の講習会で講師をせよという電報を受け、高崎に向かったことで震災に巻き込まれずに済んだことを振り返っての発言】


実を言うと、私は五島(慶太)さんから初めてお話があると、ただちに映画事業の客観的な分析にとりかかっていた。そうして、3社の業績不振がいかなるところに根ざし、経営の不合理がいかなる点に潜むかを徹底的に追究した。
【覚書き|五島氏からのちに東映になる映画会社3社(東横映画、大泉映画、東京映画配給)の経営再建にあたってほしいと打診を受けたときを振り返っての発言】


映画といえども企業は企業である。企業の要となる経理を自分でしっかり押さえてかかるならば、映画企業も立ち直りの例外となるまい。
【覚書き:東映の新社長に就任した時を振り返っての発言。東映は東横映画、大泉映画、東京映画配給の赤字3社が合併して発足した。】


大川博の経歴・略歴

大川博、おおかわ・ひろし。東映の実質的な創業者。中央大学法科在学中から鉄道省入省。鉄道省事務次官を務める。経理の才能を発揮し頭角を現す。その後、同省OBの五島慶太にヘッドハンティングされ東急に入社。次長、事業部長、専務、副社長として五島慶太の右腕として活躍。債務超過で潰れかかっていた3社(東横映画、大泉映画、東京映画配給)を合併させ東映を発足させ、同社の経営再建に成功した。またプロ野球の振興に励み東急フライヤーズ(のちの日本ハムファイターズ)オーナー、パ・リーグ初代会長を務めた。そのほか、日本経済団体連合会常任理事、日本映画産業団体連合会会長、映倫維持委員会常任委員会委員長、中央大学理事長、中央大学学員会会長、東横学園理事長、日本教育テレビ(のちのテレビ朝日)初代会長・2代目社長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

松井道夫

死後、評価される画家が多いように、成功した経営者の多くは、当初、周囲の理解を得られなかった。理屈で解釈できる経営に成功はない。論理で割り切れないところにチャンスがある。


毛利輝元

自分自身や家の内が引き締っていなくては、何もかもできたものではない。


飯島英胤

企業が成長し続けるには、言うまでもなく様々な逆境や困難を乗り越えていく必要があります。そのために経営戦略や組織をどう組むかも重要ですが、同様に大切だと痛感しているのが人事の重要性です。


津賀一宏

お客さまが原点、起点。みんながお客さまに向くことを心がける。そのお客さまを向けば、(松下)幸之助創業者が言った素直な心が求められる。お客さま第一と素直な心が大事だと思うんです。


椙岡俊一

成熟化時代の生活者は、モノの持つ機能だけでは興味を示さない。つまり、私たちがこれまで売り文句にしてきた「軽いですよ」「丈夫ですよ」といった価値には、もう目が向けられなくなったということです。


石田衣良

新聞や雑誌で、気になる記事はファイリングしています。面白いと思った記事を切り抜いて、テーマごとにスクラップしてまとめるんです。そうすれば自分の関心の在り方もわかるし、たとえばファイルが100枚になったときに引っ張りだしてつなぎ合わせると、新しいアイデアにもすごくつながるんです。


マーガレット・サッチャー

我々は核兵器のない世界ではなく、戦争のない世界を目指すべきです。


吉村久夫

会津藩の教育方法を調べると、制度の完成度もさることながら、家庭環境もしっかりしていたことが伺えます。有名な「什(じゅう)の掟」の最後を締める「ならぬことはならぬものです」という言葉は、世の中にはやってはいけないことがあると端的に教え込んでいる。


谷口祥子

「人見知りで、初対面が苦手」と悩む人がいますが、それは意識が自分の内面にばかり向いているせい。その状態を抜け出すには、「観察」が有効です。カフェでの隣席の会話、電車で向かいに座る人の様子などから、人となりや背景を想像するトレーニングをしてみましょう。すると仕事の際も、相手の状況や心情が想像できるようになります。ひいては、初対面の緊張感も軽減します。


奈良雅弘

出来事の意味を明らかにする思考、すなわち「解釈」もまた、感情の発生に関わっている。私たちが何かを評価するときには、出来事そのものでなく、いったんその「意味」を明らかにし、そのうえで「いい悪い」を評価することが多い。つまり、解釈し、見出した意味が「いい悪い」という評価につながると、感情が発生するのだ。