名言DB

9429 人 / 110879 名言

大嶋章禎の名言

twitter Facebook はてブ

大嶋章禎のプロフィール

大嶋章禎、おおしま・たかよし。日本の経営者。ネットワーク関連機器とソリューションの企画からメンテナンスまでを一括して行うアライドテレシス・ホールディングスの創業者。東京出身。フロリダ州立大学卒業後、国際通信企業、半導体製造企業、データ通信企業日本法人社長などを経てアライドテレシスを創業した。

大嶋章禎の名言 一覧

人がやることをコピーするのは嫌いです。


今までにないものをつくる企業では、社員一人一人の創造性をつなげていくことが大切です。そこで私は社名に「連合」という意味を持つ「アライド」という言葉を付けました。「テレシス」は、知的にものごとを考えて前に進むというギリシャ語です。一人一人の創造性を連合して前進する、これが社名の意味です。


いま、私どもは世界23か国に38社を展開し、9つの開発拠点を持っています。成功できた理由のひとつは、世界各国に拠点を置くときに、現地の優秀な人材を採用し、自由な権限を与えてきたことにあります。世界各国の人たちと手を組む、アライド(連合)することで、ノウハウは共有され、開発のスピードも上がるのです。


グローバルで仕事をするときは、組織内の人間同士のコミュニケーションをとることが非常に難しい。欧米の人も、日本人も、文化的なバックグラウンドはみな違います。一体化しないと、会社として動けません。


ひとつ壊れたときに予備でまかなうという「リダンダンシー(冗長性)」という言葉があります。しかし、私どもは、機器を2つ買われるのならば、片方を予備にするのではなく2つとも使ってくださいとご提案します。使える通信回線の量も倍になりますし、ひとつダウンしてもつながり続けます。私たちはこの「レジリエンシー(弾力性)」という思想でビジネスを展開しています。


大嶋章禎の経歴・略歴

大嶋章禎、おおしま・たかよし。日本の経営者。ネットワーク関連機器とソリューションの企画からメンテナンスまでを一括して行うアライドテレシス・ホールディングスの創業者。東京出身。フロリダ州立大学卒業後、国際通信企業、半導体製造企業、データ通信企業日本法人社長などを経てアライドテレシスを創業した。

他の記事も読んでみる

平本清

人間は生活が保障されてはじめてモラルを持つ生き物です。社内格差があまりに激しければ、下の方に位置付けられた社員はやる気をなくして、他人の足を引っ張るようになるでしょう。


宗次徳二

私のような三流の経営者には、会社と関係のないことに時間を費やす余裕はありません。仕事以外の友人を作らず、競合店も気にせず、お客様に喜んでもらうことだけを考えました。


LiLiCo

誇りが持てない仕事はするな! 仕事で誇りを持つとは、なぜ自分がそこにいるのか、そこで何を求められているのかを客観的に理解すること。それから自分が力を発揮するにはどうすればいいかを考えて勉強を続けること。


中村獅童(二代目)

生きることとは、「自分の時間をどう使うか」という判断の積み重ねとも言える。それが人生になっていくのだから、「時間の使い方はその人の生き方そのもの」ではないでしょうか。


永守重信

会社を買収するときは自分の会社の本業をより強くしていける会社を買います。一番良いのはもちろん同業者です。競争相手を買うのが一番良いですね。その次に自社が持っていない技術を持っている会社を買います。


高城幸司

モチベーションを下げないためには、他人の力をうまく活用するのもひとつの手です。たとえば、自分が目標に向かって頑張っていることを、他人に向かって宣言します。人間は、他人からよくみられたい、評価されたいという根源的な欲求をもっています。その心理を利用するのです。


山海嘉之

我々がこの十数年やってきたことは、革新技術を創り出し、社会実装を進めながら「サイバニクス産業」という新産業を創出してきたということです。そして、手探りをしながら自らがパイオニアとなって産業を創りながら歩んできたということです。革新的技術を創り出すこと、市場が未開拓であること、資料も教材もなく手探りが続くこと、新領域の専門家人材がいないこと、社会が受け入れる仕組みがないことなど、乗り越えるための様々な挑戦が続きました。ついに、今は好循環のイノベーションスパイラルが回るようになってきた。HAL開発を通じて、イノベーションエコシステムの仕組みづくりを同時展開してきました。


根岸秋男

小さな契約でもいいから、まずお客様に明治安田生命を知っていただき、顧客基盤を拡大していく。


鍵山秀三郎

人は時として、絶体絶命の窮地に陥ることがあります。私も幾度となくそのような経験をしてきました。その中で、忍耐の大切さを学びました。


青木泰憲(プロデューサー)

少なくともクオリティの担保はマストだと思ってます。面白い面白くないは、究極好みの問題でもあるんですけど、まずはお金を払っただけの価値のある作品にしないといけない。それが解約防止にもつながると思います。