名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大嶋祥誉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大嶋祥誉のプロフィール

大嶋祥誉、おおしま・さちよ。日本の組織開発・人材育成コンサルタント。上智大学外国語学部卒業、米国デューク大学でMBAを取得、シカゴ大学大学院人文科学学科修士修了。マッキンゼー、ウィリアム・エム・マーサー、ワトソンワイアット、グローバル・ベンチャー・キャピタル、三和総合研究所などを経てコンサルタントとして独立。著書に『マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣』『仕事がはかどるノート術』『入社1年目問題解決の教科書』『入社1年目ロジカルシンキングの教科書』。

大嶋祥誉の名言 一覧

ひと手間をかけるかどうかで、あなたに対する上司の評価は大きく変わるもの。


報告をするときには、上司の性格を把握して、その人の性格に合わせた伝え方をすることも重要。


「メールよりも電話を好む」「本題だけ話すよりも雑談を好む」など、人によってさまざまな特性があります。それを踏まえて報告の仕方を変えれば、上司の反応は大きく変わってきます。


「ちょっと急ぎの話なのですが」と急いでいることをアピールするのは、よほどのときでない限りやめたほうがいいでしょう。上司の視点からは大して急ぎでないと認識されると、オオカミ少年のように、「あいつの“急ぎ”はアテにならない」と思われてしまうからです。すると、本当に急ぎの要件のときに、すぐに対応してもらえなくなります。


上司を呼び止めるとき「ちょっとよろしいでしょうか」というのは、あまりよくありません。何の件でどれぐらいの時間がかかるかが瞬時にわからないからです。上司はその判断がつかず、反射的に断わられてしまう可能性もあります。この場合は「○○の件で、2?3分ほどよろしいでしょうか」と、要件とおおよその所要時間を示しましょう。所要時間がそれよりも長くかかったとしても、重要な話なら、上司は時間を割いてくれるはずです。


報告前に準備をする時間があれば、結論や根拠をメモ用紙などに書いておくと、端的に報告しやすくなります。上司にそのメモ用紙を渡して話すのもいいでしょう。上司が忙しくてつかまらなければ、そのメモを上司の机の上に置いたり、事前にメールで送ったりしておくと、あとで口頭で説明する時に話が早くなります。


最も重要なのは、最初に話す「結論」が短い言葉でわかりやすく、具体的にまとまっていることです。そうすれば、根拠が多少長くても、上司は話を聞いてくれるものです。


クレームなど、言いにくいことの報告だと現状を回りくどく説明したくなりますが、そうすると上司をいらだたせるだけです。言いにくいことほど、結論から話すことを意識しましょう。そのほうが、意外と、嫌な報告もしやすいものです。


伝えたいことを短い時間で的確に話すコツとして、まず意識しておきたいのは、伝えたいことを「結論→根拠」の順番で話すこと。結論から話すことで、あなたの伝えたいことが一発で相手に伝わり、あとから根拠を言うことで説得力が出る。


まずは「自分に対する不満」や、「誰かにぶつけたい文句」など、思いつくまま、感情を言葉にして書きなぐるといい。負の感情を抱えたまま問題を解決しようとしても負の解答しか導けない。初めに心をリセットしましょう。


多くの人がマイナス思考に縛られる原因は、不安が生まれる理由や解消法を言語化できていないから。モヤモヤした不安や心配は、それを感じた時点ですべて「言葉」に変えるといい。心理学ではカタルシス効果と言われ、言葉によって脳が自分の状況を把握し、心を浄化する作用がある。言語化は、思考を整理しながら原因が特定でき、前向き思考も鍛えられる優れた方法。


大嶋祥誉の経歴・略歴

大嶋祥誉、おおしま・さちよ。日本の組織開発・人材育成コンサルタント。上智大学外国語学部卒業、米国デューク大学でMBAを取得、シカゴ大学大学院人文科学学科修士修了。マッキンゼー、ウィリアム・エム・マーサー、ワトソンワイアット、グローバル・ベンチャー・キャピタル、三和総合研究所などを経てコンサルタントとして独立。著書に『マッキンゼーのエリートが大切にしている39の仕事の習慣』『仕事がはかどるノート術』『入社1年目問題解決の教科書』『入社1年目ロジカルシンキングの教科書』。

他の記事も読んでみる

香山リカ(精神科医)

知り合いの子供の話ですが、「ぬ」という字が書けず逆に書いてしまったそうです。でも知人は「違う」と指摘せず「面白い」と言いました。字はいつか書けるようになるのですから、このような間違いもオリジナリティとして評価してあげると自己重要感が高まると思います。


峰岸真澄

情報誌がメインだったころは、キャッチコピーや写真のとり方だけで、集客効果が大きく変わることがありました。スマートフォンの時代に入り、これからはどういうマーケティングが効果的なのか、追求していかなければなりません。


佐々木かをり

いろいろな人にお会いできたおかげで今がある。出会いの数が、人の器を広げる。


大嶋信頼

怒りとは電気のようなものであり、一人の人から怒りが放電されると、周囲の人が無意識に怒りで帯電してしまいます。すると、元々怒っていない人にまで放電した人の怒りやイライラが伝染し、周囲の人までそんな気持ちになってくる。科学的には、この現象は脳の神経細胞である「ミラーニューロン」が引き起こしています。その特徴は「他人の動作を見ているとき、脳の中で自動的にその人のマネをする」こと。緊張している人の近くにいると緊張が移ることがありますが、同様に、怒っている人の近くにいると、怒りが移ってしまうのです。


佐藤孝幸

「どのテキストが良い」とか「今年はこの問題が出る」といった受験情報をネットでチェックするのも、要領が良いように見えますが、実際は時間のムダづかい。玉石混交の情報に惑わされ、あれこれ迷っている時間があったら、目の前の問題を一間でも解いたほうがよほど有益。


佐藤綾子(心理学者)

自己表現=パフォーマンスを、「目立つため」「中身のなさをごまかすため」の行為と捉える人がいますが、誤解です。中身が伴わなければ、やがて化けの皮は剥がれる。大事なのは中身。しかし、それが周囲に理解されなければ活躍できません。持てる力が信頼を得られないのは、もったいない。


矢矧晴一郎

枝葉末節にパワーをさいていると、大事なものが疎かになってしまう。1から10まで均等にやろうとしてはダメ。重要度を見極め、やらない仕事をキッパリと決めること。


吉田松陰

君子に大切なことは、志と肝だけである。志がなく、肝がすわっていなければ、わずかな才能や知識があったとしても、何の役に立つであろうか。


蟹瀬誠一

経営者は自らが意識を変えて、名ばかりではない人事制度をきちんと整備していく必要があります。制度を作っておくことで大切な人材を失わずに済むし、優秀な若者を集めるアドバンテージにもなる。アイデアが生まれやすい社内の環境をつくることもできる。


和田秀樹

資格試験を受ける際に、二つの基本的なスタンスが必要となる。ひとつは、将来少なくともこの先20年くらいはニーズがありそうだというものを選ぶこと。もうひとつは、資格試験を受験するという体験自体から学ぼうとするスタンスだ。受験勉強という体験が将来に向かって効いてくる。別の資格試験を受けることが億劫でなくなるのだ。


川西修

社歴を踏まなければできないことを通じて、会社を活性化しようとしても無理なんです。今日入社しても参加できる活性化の方法で実践しなければいけない。


桑原豊(経営者)

心に残った本は、何度でも読み返すことをお勧めします。そして、その言葉を行動に結び付け、人生に反映させていくこと。それが、読書の最大の意義だと思います。