名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大嶋友秀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大嶋友秀のプロフィール

大嶋友秀、おおしま・ともひで。日本の経営者、ビジネストレーナー(コミュニケーション)。「スピーキングエッセイ」社長。関西大学文学部卒業後、大阪パッキング製造所、四国化研、サイ、デジタルジャングル取締役営業部長などを経てスピーキングエッセイに入社。専務取締役を経て社長に就任。

大嶋友秀の名言 一覧

報連相だけでなく、トラブルに対応する時やリーダーシップを発揮する時など、様々なシーンで活用できるのが、論理的な話し方のスキルです。これは筋の通った分かりやすい話し方で、PREP法(プレップ法)をマスターするとできるようになります。PREP法とは、P(結論)、R(理由)、E(根拠)、P(まとめ)の順番で話すテクニックです。


大嶋友秀の経歴・略歴

大嶋友秀、おおしま・ともひで。日本の経営者、ビジネストレーナー(コミュニケーション)。「スピーキングエッセイ」社長。関西大学文学部卒業後、大阪パッキング製造所、四国化研、サイ、デジタルジャングル取締役営業部長などを経てスピーキングエッセイに入社。専務取締役を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

筒井義信

先日、若手チームによるプロモーションプロジェクトの検討報告を役員会で行いましたが、私を含め役員から見ると、ここはこうしたらどうかという部分がいろいろ見つかるわけです。しかし、ここは若い力に任せ、我々は意見を言わずに責任だけ取ろうということに決めました。


石黒不二代

留学したのは、日本では子育てをしながら理想の働き方を追求するのが難しいと考えたからです。現に日本で外資系企業に勤めていると18時に子供を迎えに行くのは困難ですが、シリコンバレーではみんな仕事を終わらせて迎えに行きます。上司も定時に帰るので、帰り際に仕事を依頼されることもありません。子育てに対する社会のサポートが手厚いんですね。働く母親としてはストレスもなく最高の環境でした。


川村隆

既存の事業にいつも目をこらして、赤字のゾンビ事業になりそうならすぐ撤退して、伸びる事業に軸足を移すということを日々やっていかなければいけない。


竹田圭吾

量や数を表す場合、ただ「多かった」と書いたり言ったりするのでは、相手はビジュアライズできません。そうではなく、「○○万○千人いた」「○○パーセントです」などと、具体的な数字を出すと相手への説得力も増します。上司に何か報告する場合なども、「需要が増えています」とだけ言うより、「リサーチした結果、○パーセントの需要を見込めます」などと言った方が上司もイメージしやすいのです。


大江英樹

誰にでもあてはまる正解がない中では、何より経験を重ねて自分なりの方法を見つけていくことが重要になる。


小久保裕紀

印象深かった王(貞治)さんの言葉は「その年の型のフォームを作るんだ」という言葉。打てなくなった時、僕は過去のベストな時のフォームに戻そうと、ビデオを何度も見直していたんです。でも、その言葉を聞いて、はっとした。対戦相手も戦略も、自分の筋肉も経験値もすべて同じ時はない。2000年なら2000年型のフォームを作らなければいけない。成功体験はそこで完了と捉え、次へ進まなければいけないんです。


川原秀仁

経験豊富な人が多いですが、「施設参謀」という理念を理解して行動できるようになるには数年かかります。過去のノウハウを蓄積した膨大なオリジナルの教育実践ツールもあるので、座学とOJTを通じてスキルを高めていきます。また、数々のビッグプロジェクトを経験したベテランも「賢人」としてメンバーに加わり、スタッフのさらなる成長に役立っています。


藤田寛之

ゴルフにはミスも付き物。「もう一度打ち直したい」と思ってもできないわけで。失敗をしても、前に進んでいくしかない。ただ、状勢は厳しくなるけれど、まだ挽回するチャンスはある。それを信じて黙々と。プレーを続ける。これも人生と似ているかもしれません。


森川亮

お金を儲けるというのは結果であって、目標ではありません。何に時間を使うかを重視すべきです。どれだけ自分が成長できるかを基準として見極めてきました。これはビジネスでも同様です。稼ぐことより、何に時間を投下すれば一番僕たちらしい価値が出せるかだと思います。


又吉直樹

自分が面白いと思う核の部分は変えませんよ。そのものを変えたら、それは自分が芸人に向いていないということやと思うから。でも、アプローチの仕方、表現の方法をわかりやすくすれば、多くの人に伝わります。


吉田秀雄

周囲を引きずり回せ。引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地の開きができる。


松田丈志

能力差は99%は同じ。あとはすべてのアスリートが4年間をかけ、本気で臨むオリンピックの場で100%の力を発揮できるかどうか。99%と100%はほぼ同じですが、出る結果には歴然とした違いがあり、選手としての評価も変わってきます。