名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

大嶋友秀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大嶋友秀のプロフィール

大嶋友秀、おおしま・ともひで。日本の経営者、ビジネストレーナー(コミュニケーション)。「スピーキングエッセイ」社長。関西大学文学部卒業後、大阪パッキング製造所、四国化研、サイ、デジタルジャングル取締役営業部長などを経てスピーキングエッセイに入社。専務取締役を経て社長に就任。

大嶋友秀の名言 一覧

報連相だけでなく、トラブルに対応する時やリーダーシップを発揮する時など、様々なシーンで活用できるのが、論理的な話し方のスキルです。これは筋の通った分かりやすい話し方で、PREP法(プレップ法)をマスターするとできるようになります。PREP法とは、P(結論)、R(理由)、E(根拠)、P(まとめ)の順番で話すテクニックです。


大嶋友秀の経歴・略歴

大嶋友秀、おおしま・ともひで。日本の経営者、ビジネストレーナー(コミュニケーション)。「スピーキングエッセイ」社長。関西大学文学部卒業後、大阪パッキング製造所、四国化研、サイ、デジタルジャングル取締役営業部長などを経てスピーキングエッセイに入社。専務取締役を経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

岩崎隆夫(岩﨑隆夫)

当社のモノづくりを「農耕民族的モノづくり」と私は呼んでいます。農業と共通点が多いからです。農耕民族の特徴は、まず安定していること。当社もいくつかの得意分野に立脚しています。いたずらに技術の蓄積や製造ノウハウのない土地に移ることはしていません。そして、時間をかけて育て、収穫を得ようとしています。


佐藤優

組織は常に上の味方をする、そう思って間違いない。最近でこそセクハラやらパワハラで部下が訴えて、上司が飛ばされるという事例があります。ただし一時的には部下が勝ったように見えても2年ぐらいすると、訴えた部下は異動させられる。正当な理由で訴えたとしても、組織というのは基本的に造反者を嫌う性質がある。ですから上の人間にまともにぶつかるのは避けるべき。ヘタな正義感で抗ったり、自分が組織を変えてやろうなんて思わないことです。


メンタリストDaiGo

講演で話す内容は、毎回変えています。いつも同じ話をするなんて、面白くないですし、何度も来てる人にも失礼でしょう。だから録画されてネットで講演内容が公開されても、痛くもかゆくもないんです。


新谷学

これからの時代にメディアが生き残っていくには、ブランドの力が極めて重要。今はあらゆるメディアの情報がスマホ上ではフラット化されて混在しています。その中で「週刊文春」という看板への信頼をいかに高めていくか。「週刊文春」が発信している情報なら、お金を払ってでも読む価値があると信頼していただくことが何より大事。


西岡喬

やはりトップが実践しなければ現場は動きません。私自身、地方に出張した際に販売店の社長に会って話を聞いたり、知り合いに三菱車の購入を勧めて、顧客をつくる努力を続けています。


丁宗鐵

日本の伝統食にはどういう特徴があるかというと、利点は食物繊維と発酵食品が多いこと。欠点はたんぱく質が少なく炭水化物が多いことと、塩分が多いことです。もう一つ足りなかったのがスパイス。


柳川範之

少しずつでも継続すれば、大きな勉強量になると発想を変えて、もっと気楽に勉強しましょう。誰だってそんなに長続きはしないし、私自身、目標の2~3割しか消化できないことがザラでしたから。


岩瀬大輔

ノートの活用には3つの段階があるということです。「予習=思考の発散や仮説の構築」「記録」「復習=思考の結晶化」。さらには、結晶化した思考を具体的な「アクション」へつなげる。ここまでやって、ようやく本当の意味で「ノートを活用した」ということになるのではないでしょうか。のプロセスを繰り返していれば、次のアクションのレベルを高めることにもつながるんです。


古市忠夫

自分でも不思議なのですが、感謝する気持ちが大きければ大きいほど、奇跡を起こすために必要な人たちが、自然と集まってくれる。そして、そうやって自分を支えてくれた人たちにも、「ありがとう」と、また感謝するんですよ。


茂木健一郎

頭がいい人は相手の特性と動きを予測して、どんな話をすべきか選択する。つまり先を読む力がある。


森信親

「国のために」と初志に戻って考えれば、今までやってきた金融庁の姿勢が間違っていると思うことがある。それはためらわずに変えていきます。


渋谷昌三

次も喜んで会ってもらえるような印象を残していくことも重要です。そのためには、いいところで話を中断させるのが効果的。これを「ツァイガルニク効果」といいます。「サッカーがお好きならもっとお話ししたかったです。次の機会にぜひ」といったひと言を最後に残すことによって、印象は大きく変わります。