名言DB

9429 人 / 110879 名言

大嶋信頼の名言

twitter Facebook はてブ

大嶋信頼のプロフィール

大嶋信頼、おおしま・のぶより。日本の心理カウンセラー。「インサイト・カウンセリング」代表。米国アズベリー大学心理学部心理学科卒業。周愛利田クリニック勤務、東京精神医学総合研究所研修生、嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室室長、アイエフエフ代表を経て、インサイト・カウンセリング代表を務めた。

大嶋信頼の名言 一覧

「~が正しい、~すべき」以外の選択肢もある、とまずは意識することが重要。その選択肢を採らなくても、頭に置いているだけで心の自由度は大違い。ほどよく力が抜けると、人に与える印象も変わります。ずるい人に目をつけられる危険も、確実に回避できるでしょう。


残念ながら、嫉妬体質の人はどこにでも存在します。自分を優れた者と誤認して人を攻撃する性質も、生来のものなので直せません。こちらが自衛策を講じるしかないのです。


嫉妬は、発作のようなもの。嫉妬の発作は、「共振」する性質も持っています。苛立った上司と接していると、部下も理性が働かなくなります。頭が真っ白になり、さらにミスをしてしまう、といったことが続いている人は、間違いなく「相手の嫉妬の発作の影響下にある」と考えてよいでしょう。


同僚や部下の手柄を奪う人、足を引っ張る人、狡猾な手段を使って人を出し抜こうとする人……、なるべくなら関わりたくないようなタイプの人たちは、「嫉妬」という感情に駆られています。ここで言う嫉妬とは、「自分が得るべきはずのものを奪われそう」という苛立ちです。


怒りとは電気のようなものであり、一人の人から怒りが放電されると、周囲の人が無意識に怒りで帯電してしまいます。すると、元々怒っていない人にまで放電した人の怒りやイライラが伝染し、周囲の人までそんな気持ちになってくる。科学的には、この現象は脳の神経細胞である「ミラーニューロン」が引き起こしています。その特徴は「他人の動作を見ているとき、脳の中で自動的にその人のマネをする」こと。緊張している人の近くにいると緊張が移ることがありますが、同様に、怒っている人の近くにいると、怒りが移ってしまうのです。


老いも若きもイライラしている現代社会。原因はいろいろありますが、とくに大きな原因の一つになっているのは、「インターネット」です。ニュースサイトや掲示板、SNSなどを見ると、政治経済からスポーツ、芸能人の不倫に至るまで、様々な問題について「良い・悪い」「正しい・間違っている」と裁いている人を大勢見かけます。まさしく「一億総評論家時代」といえますが、これは人間の心に負担をかけます。そうやって、人を裁くことをしていると、自分の心の中に怒りが溜まっていくからです。


動物界では、弱ったひな鳥を残りの兄弟たちが攻撃してつつき殺してしまう、といったことが起こります。現象としては「弱い個体の淘汰」ですが、同時にひな鳥たちは、母烏の庇護を受け、多くの餌を与えられそうな固体に対する嫉妬に駆られているのです。これと同じ心理が、人間同士の間にも起こります。嫉妬は、発作のようなものです。いったん駆られてしまうと、本人は感情をコントロールできません。特定の部下を執拗に叱責したり非難したりする上司の振る舞いも、そうした暴力的な発作なのです。


嫉妬されたくないなら、謙虚さ・真面目さ・高潔さを、捨ててしまえばいい。相手は自分に嫉妬しているだけだ、自分のほうが上だ、相手がバカなのだ――と笑い飛ばすのが一番。「自分が上と言える根拠は?」などと考えてはいけません。理由など度外視し、「とにかくあっちが悪い」と思える不真面目さを持ちましょう。これは「感覚で生きる」ということでもあります。正しいか否かではなく、自分の快・不快だけに注目することです。真面目な人には難しく見えますが、訓練によってすぐできるようになります。「真面目な人は損をする」前提のこの策に、抵抗を覚える人もいるでしょう。しかし、高潔な人が攻撃されやすいのは世の習いです。ネットの発達によって誰もが発言権を持つ現代ならばなおさらです。現実を踏まえて身を処す知恵は、やはり不可欠です。


嫉妬されやすい人は、自分を実際より「劣っている」と考えがちです。真面目で謙虚で、もっと自分を高めなくては、と常に努力するタイプです。逆に、嫉妬するタイプの人は、自分を実際より「優れている」とみなす傾向があります。自分は評価されて当然だと思っているので、賞賛や評価や関心などを「奪われたくない」思いが強くなります。そんな嫉妬体質の人物にとって、謙虚な性格の持ち主は「自分よりも周囲から優しくされやすい人」、つまり脅威になります。自分のほうが優れているはずなのにと思うと我慢ならず、何かしら口実を見つけて攻撃します。当然、攻撃された側は戸惑います。自分を低く見ているので、まさか自分が相手の脅威になっているとは思いません。相手の気持ちをいろいろと推し量り、「自分に悪いところがあるなら直さなくては」と努力します。結果、その謙虚さがますます相手の嫉妬心を煽る、という悪循環に陥ります。


大嶋信頼の経歴・略歴

大嶋信頼、おおしま・のぶより。日本の心理カウンセラー。「インサイト・カウンセリング」代表。米国アズベリー大学心理学部心理学科卒業。周愛利田クリニック勤務、東京精神医学総合研究所研修生、嗜癖問題臨床研究所付属原宿相談室室長、アイエフエフ代表を経て、インサイト・カウンセリング代表を務めた。

他の記事も読んでみる

三浦善司

現場で問題が見つかったら、本社はそれを非難するのではなく、サポートするためにある。


中野信子

目の前には、一刻も早くやらなくちゃいけないタスクがある。でも焦れば焦るほどほかのことに目がいき、一向に進まない……。よくあることですが、実はこれ、人としてごく健全な状態なんです。脳は、生き延びるため、子孫をきちんと残すために、ひとつのことに集中しにくい仕組みになっています。たとえば、近くに危険が迫っているときや、自分の子供が泣いているとき、もし何かに集中していると、その異常を察知できません。だから脳は何かに集中せず、周りの変化に気づけるようになっている。「やらなければ」と焦るほど逆に集中できないのは、緊張感が増して脳が周りの物事に、より過敏になるからです。


山極寿一(山極壽一)

京都という地は、世界に向かって挑戦する人材を多く輩出しています。街自体にも「世界の中で京都が一番」という自負がある。職人にしろ、商売人にしろ、世界を相手にしているという気概を持っています。だからこそ、新しいものを伝統と調和させることで、千二百年も生き続けてこられたわけです。


エドマンド・バーク

大志は、空を飛ぶこともできれば、同じように、地を這うこともできる。


木下慶彦

スタートアップの創業期は、社長が社内でサービスとメンバーに向き合っていた方が成功する。


今田洋輔

実験を常にしています。やってみてダメなら、またやればいいって感じで。新しいネタの開拓です。食材の発掘もしますし、同じネタでも仕入れ先を分散させたりね。別々の所から半々づつ取り寄せて食べ比べるんですよ。たぶんね、限界なんてないですよ。だって、東京の人はまだ見たことすらないっていうか…。現地だけで出回って、都内に入ってこないネタってのも、まだ沢山あるくらいですから。


藻谷浩介

頭を鍛えるためには、まずはソクラテスが言う「無知の知」を自覚することです。自分が、いや、そもそも人間まだよく知らないことは、大宇宙はもちろん人間界にもたくさんあります。無知の知を自覚していると、つまり、自分には知らないことがあるということを知っていると、今手にしているセオリーだけでさまざまな現象をすべて解釈しようとするような思考停止の状態から解放されます。


辻口博啓

起業前、休日にはお菓子や巡りをしていました。そこですべて細かくデータをとっていったんです。何が売れ、どんな見せ方をしているのか。ほかにも接客は?ライティング(照明)は?陳列は?店員のユニフォームは?男女比は?と。


筒井道隆

もともと若いころは、昔から間違っているものは間違っているとそのまま言うタイプでした。ただ昔と違ってきたのは、相手のことを推し量るようになった。相手も人間だから、ここで言うべきか、言わないほうがいいか、言うにしてもできるだけ嫌われないような言い方を心がける。昔は、言わなくても分かるだろうとか、礼儀として間違ってるとか、怒りをそのまま表現していた。それでずいぶん誤解されましたが、変わったと思います。


ウィル・ダノフ

私は、既存の小売業の株も避けている。アマゾンとの厳しい競争にさらされているからだ。大半が苦戦を強いられ続けるだろう。