名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

大崎真孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大崎真孝のプロフィール

大崎真孝、おおさき・まさたか。日本の経営者。「NVIDIA(エヌビディア)」日本法人代表。首都大学東京でMBAを取得。日本テキサス・インスツルメンツを経てNVIDIAに入社。日本代表、米国本社副社長を務めた。

大崎真孝の名言 一覧

仕事用の手帳にはその日の朝に感じたこと、アイデアやスケジュールを毎日記録しています。ペーパーレス化が進む昨今ですが、だからこそ書くことの重要性を感じます。書かないと思考が止まってしまうように思うのです。


アナログですが紙の手帳を、仕事用とプライベート用で2種類使い分けています。プライベート用には感銘を受けたフレーズなどを書籍から抜粋して書き留めています。言葉がアップダウンの激しい日々の栄養剤になります。


部下に対して話していても、その発言が自分自身の行いや内面と一致しているのかを問う。すると自分のできることや大切にすべき価値が自ずと見えてくる。


外見に気を使うことに加えて、内面を意識することも心がけています。ことあるごとに私自身がどういう人間なのかを自問しています。


新たな市場を創り上げて、広く社会の課題を解決するというところにフォーカスしていきたい。


NVIDIAは個性的な会社の1つですが、私たちはモノを売っているのではなく市場を創り上げているというビジョンを掲げています。その一環として、並列コンピューティング用のツールソフト「CUDA(クーダ)」を無償で提供したり、大学、研究機関、スタートアップ企業などをサポートしています。


自己を知り、ブレない価価観を築くことは、デジタル化が進みAIの創世期である現代において、重要なこと。


装いは、アピールの場での大きな助けとなると考えています。ビジネスにおけるグローバルスタンダードはスーツです。であるならば、相手へのリスペクトをこめながらも、個性を表現するようなアレンジを利かせてさりげなく自己主張することが、スーツを着るうえで重要になるのではないでしょうか。


ビジネスパーソンは、知性で戦うアスリートだと思います。一流のスポーツ選手はパフォーマンスを上げるため、自らコンディションを整えています。成功をつかむために、ビジネスパーソンもコンディション調整をすることが肝要でしょう。私の場合は夜の接待は週2回まで、二次会は行かないなど、お酒との付き合い方にも気をつけています。また、坐禅を組むことで自分を客観視することも習慣にしています。


前職でフランスへよく出張していた頃、現地の同僚たちは、ルールは守りながらもそれぞれの遊び心を加えた粋な装いをしていると感心していました。ビジネスシーンのみならず、ファッションを楽しむことが、実はビジネスに大切な要素なのだと、そのとき学びました。それ以来私は、たとえばシーンや会う相手に合わせて色柄を考慮したカフスやチーフで伝えたい自分を演出しています。


大学卒業以来、外資系企業に勤めています。グローバル企業の一員として、ローカルとグローバルな視点のバランスを常に考えてきました。外資系企業に勤めている人間は、世界の潮流を理解したうえで、それがローカルにどう当てはまるのかを考えなければなりません。私も主軸は日本に置いて、グローバルの動向を理解し、日本のお客様に提案し、世界のスタンダードに通用するものを採用していただく努力をしてきました。


これから先も技術の進化が落ち着くということはないと思います。ディープラーニングに関していえば、従来長い時間を要していた処理にGPUを使うことで、極めて短時間で終えられるようになりました。しかし、より多くのデータを高速に処理したいというのが業界共通のニーズです。計算資源はまだまだ足りないと言われています。人類が経験したことのないような産業革命あるいは技術革命がまさに進行している状況で、私たちもイノベーションをさらに加速していかなければならないでしょう。


ディープラーニングでは2つの領域での処理が必要になります。1つは、GPUのようなAIプロセッサーや、その上に構成されるニューラルネットワークやアルゴリズムなどのデジタルの世界。もう1つは、実世界の情報を取り込んで良質なデジタルデータに変換したり、安定した電源供給や消費電力を抑えるパワーマネージメントなどのアナログの世界です。アナログの技術があってこそ正確な処理ができるわけですから、アナログとデジタルが協業しなければならない部分は、これからも増えていくと思います。


大崎真孝の経歴・略歴

大崎真孝、おおさき・まさたか。日本の経営者。「NVIDIA(エヌビディア)」日本法人代表。首都大学東京でMBAを取得。日本テキサス・インスツルメンツを経てNVIDIAに入社。日本代表、米国本社副社長を務めた。

他の記事も読んでみる

出口治明

直感を鍛えるためには、勉強し続けるしかありません。人間は「人」と「本」と「旅」からしか学べないと思っています。多くの人に会い、たくさんの本を読み、様々な場所へ旅をする。人によって得手不得手があります。3つの中から、自分に合っているやり方を選んで、勉強すればいいと思います。


堀田力

継続的、恒常的に、みんなが自分のできることを少しずつやって助け合っていく社会にしていきたいというのが私たちの願いです。


西田一見

顔には30種類以上の筋肉が集まり、動かすたび脳に働きかける。笑顔を作るとその30の筋肉の動きとして「楽しい」という気持ちが脳に伝わる。笑顔になるだけで強烈に楽しくなってしまうというわけです。


森郁夫

我々は自分たちが持つ技術の強みを生かそうと、社内発想になりすぎていたのかもしれません。やはり、お客様視点にキチッと戻さなければいけません。しっかりした製品をつくっても、お客様に認めていただけなければ、メーカーとしての存在意義はありません。


清水祐孝

お客様は本が欲しいのではなく書かれている中身が欲しいのだろうなと気づきました。大事なのは印刷物ではなく情報ですよね。だから始めは出版社と考えていたのですが、情報を伝えるのに出版でなくてもいいのではないかと思い始め、出版社から情報加工業社に会社の定義を変えました。


専田晋一

商売目的で人脈を広げようとすると、相手に見透かされて逆効果。地域活動を楽しむうち、人脈は自然に広がるもの。


高橋がなり

自分の会社の業績が急成長すると他人からは羨ましがられるけど、本人は大変なんだよ。中身も成長させないと業績が急降下しちゃうから。なのに人数ばかり増えて内容が伴ってないんだよね僕の会社は。幹部が育たないもんだから烏合の衆状態なんだよ。


小宮一慶

仕事に活かすためには、その情報について、いろんな解釈力が必要になってくる。例えば、入ったレストランがガラガラだったら、その理由を考えるわけです。「ウエイターに活気がない」「外から店内が見えない」などですね。すると、「店内が見えない店は儲からない」といった自分なりの仮説が出てきます。あくまで仮説なので正確でなくてもOK。重要なのは、自分がたてた仮説を検証することです。例えば、店内が見えない他店も調べるわけですね。仮説が正しければそれは知恵となる。その知恵こそが、優れた企画や提案の元になるのです。仮説を立て、検証するクセをつけることを始めることで、情報力は磨かれていきますよ。


ヴォルテール

自然は、人間の行なう教育以上のものを含んでいる。


中村信仁

人と打ち解けられるかどうかというのは、相手とどれだけ心理的にフラットな立場に立てるかにかかっているのです。気持ちの上で上下関係があれば、本当の意味で打ち解けたことになりません。ですから自分から相手の立ち位置に歩み寄る工夫が必要です。


今泉嘉久

大企業になると、オフィスの設計を中間管理層に任せますが、それは絶対にしてはいけません。なぜならオフィスは企業の顔だからです。「どんなオフィスを作るか」でその会社の大まかなビジョンがわかります。ですから、オフィス作りは企業家の最優先事項のひとつなのです。


安原弘展

我々は非常にバリエーション豊かな商品をつくっています。女性の下着だけでなく、スポーツウェアやメンズ商品もあります。女性の下着にもたくさんのブランドが揃っていますし、自社の直営店も多く出店していますので、様々な層のお客様との接点があるわけです。これから日本の人口が減っていくといわれる中でも、我々の持つ商品やチャネルを活用して、一人ひとりのお客様と深くおつきあいしていければ、マーケットは広がっていくはずだと考えています。