名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大崎真孝の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大崎真孝のプロフィール

大崎真孝、おおさき・まさたか。日本の経営者。「NVIDIA(エヌビディア)」日本法人代表。首都大学東京でMBAを取得。日本テキサス・インスツルメンツを経てNVIDIAに入社。日本代表、米国本社副社長を務めた。

大崎真孝の名言 一覧

仕事用の手帳にはその日の朝に感じたこと、アイデアやスケジュールを毎日記録しています。ペーパーレス化が進む昨今ですが、だからこそ書くことの重要性を感じます。書かないと思考が止まってしまうように思うのです。


アナログですが紙の手帳を、仕事用とプライベート用で2種類使い分けています。プライベート用には感銘を受けたフレーズなどを書籍から抜粋して書き留めています。言葉がアップダウンの激しい日々の栄養剤になります。


部下に対して話していても、その発言が自分自身の行いや内面と一致しているのかを問う。すると自分のできることや大切にすべき価値が自ずと見えてくる。


外見に気を使うことに加えて、内面を意識することも心がけています。ことあるごとに私自身がどういう人間なのかを自問しています。


新たな市場を創り上げて、広く社会の課題を解決するというところにフォーカスしていきたい。


NVIDIAは個性的な会社の1つですが、私たちはモノを売っているのではなく市場を創り上げているというビジョンを掲げています。その一環として、並列コンピューティング用のツールソフト「CUDA(クーダ)」を無償で提供したり、大学、研究機関、スタートアップ企業などをサポートしています。


自己を知り、ブレない価価観を築くことは、デジタル化が進みAIの創世期である現代において、重要なこと。


装いは、アピールの場での大きな助けとなると考えています。ビジネスにおけるグローバルスタンダードはスーツです。であるならば、相手へのリスペクトをこめながらも、個性を表現するようなアレンジを利かせてさりげなく自己主張することが、スーツを着るうえで重要になるのではないでしょうか。


ビジネスパーソンは、知性で戦うアスリートだと思います。一流のスポーツ選手はパフォーマンスを上げるため、自らコンディションを整えています。成功をつかむために、ビジネスパーソンもコンディション調整をすることが肝要でしょう。私の場合は夜の接待は週2回まで、二次会は行かないなど、お酒との付き合い方にも気をつけています。また、坐禅を組むことで自分を客観視することも習慣にしています。


前職でフランスへよく出張していた頃、現地の同僚たちは、ルールは守りながらもそれぞれの遊び心を加えた粋な装いをしていると感心していました。ビジネスシーンのみならず、ファッションを楽しむことが、実はビジネスに大切な要素なのだと、そのとき学びました。それ以来私は、たとえばシーンや会う相手に合わせて色柄を考慮したカフスやチーフで伝えたい自分を演出しています。


大学卒業以来、外資系企業に勤めています。グローバル企業の一員として、ローカルとグローバルな視点のバランスを常に考えてきました。外資系企業に勤めている人間は、世界の潮流を理解したうえで、それがローカルにどう当てはまるのかを考えなければなりません。私も主軸は日本に置いて、グローバルの動向を理解し、日本のお客様に提案し、世界のスタンダードに通用するものを採用していただく努力をしてきました。


これから先も技術の進化が落ち着くということはないと思います。ディープラーニングに関していえば、従来長い時間を要していた処理にGPUを使うことで、極めて短時間で終えられるようになりました。しかし、より多くのデータを高速に処理したいというのが業界共通のニーズです。計算資源はまだまだ足りないと言われています。人類が経験したことのないような産業革命あるいは技術革命がまさに進行している状況で、私たちもイノベーションをさらに加速していかなければならないでしょう。


ディープラーニングでは2つの領域での処理が必要になります。1つは、GPUのようなAIプロセッサーや、その上に構成されるニューラルネットワークやアルゴリズムなどのデジタルの世界。もう1つは、実世界の情報を取り込んで良質なデジタルデータに変換したり、安定した電源供給や消費電力を抑えるパワーマネージメントなどのアナログの世界です。アナログの技術があってこそ正確な処理ができるわけですから、アナログとデジタルが協業しなければならない部分は、これからも増えていくと思います。


大崎真孝の経歴・略歴

大崎真孝、おおさき・まさたか。日本の経営者。「NVIDIA(エヌビディア)」日本法人代表。首都大学東京でMBAを取得。日本テキサス・インスツルメンツを経てNVIDIAに入社。日本代表、米国本社副社長を務めた。

他の記事も読んでみる

平田好宏

ブームというのは、人気に便乗して他社がどんどん乗り込んできて、急激に市場が膨らんだもの。同じようなものが出回れば、結局は、価格競争となります。そしてあっという間にしぼんでしまう。


米重克洋

現在、従業員は24人です。エンジニアが3分の2で、残りの3分の1は営業や人事、広報などのビジネス系です。記者は一人もいません。


三池崇史

映像業界にも「これはこうやるものだ」「合理的に物事を進めるためにはこうだ」みたいな常識やルールがあるんですが、皆それにとらわれすぎている気がする。


浦沢直樹

描いている本人が意表を突かれたりとか、気がつかされたりとか、そういうことを繰り返しているからこそ、面白い話になってくるんでね。最初からこうするんだって決めて、そこに向かってきっちり計算ずくで入っていく作品なんて、きっと読んだら面白くないんですよ。


上原美優

1日の終わりにノートをつけます。「誰がなんと言おうと今日の仕事は完璧だった」と思える日以外、ほぼ毎日書いています。その内容は、番組で言いたくても言えずに後悔した言葉とか、反省して悩んだ結果、考えたこととか。そして番組の本番前、トイレの中でノートを読み、集中力を高めるのに役立てています。とくに書き始めた当初のノートは、「今日は駄目だったけどいつか自分の描く夢を大きくしたい」という強い思いが書かれていて、私にとって最も大事なものの一つになっています。


ファビオ・カペッロ

モダンフットボールにファンタジスタ(スーパースター級の選手)の居場所はない。


ちきりん

思考とは知識を並べ立てることではなく、ある知識を基に意見や結論を導き出すこと。まさに、考えること。


森雅志

市域一律のサービスを見直すことが、結果として市民全員のメリットになる。


内田俊雄

自他ともに認めるチームの大黒柱とは、目立たないところで仲間の何倍もの努力を重ね、周囲の信頼を獲得していく努力が欠かせない。あいつで負けたなら仕方ないと仲間も指導者も思える大黒柱を抱え、かつチームワークを最大限に発揮できるなら、結果はおのずからついてくるものです。


重久吉弘

政治的な議論は横に置いて、まずは、ビジネスを通じて関係を持つことが大事。それによって、「日本人はこういうことをやってくれる。いいじゃないか」と思ってくれる。


吉永賢一

読書をするときは「この本で何を知りたいのか」を具体的に設定しておくことが重要です。問題意識をもって読めば、飛ばし読みをしていても、その回答にあたる個所が必ず引っかかるはずです。


宇野康秀

リーマン・ショック後の時期。事業を整理することになり、自ら設立したインテリジェンスの経営から退いたのです。当時のインテリジェンスは、私にとってアイデンティティそのもの。売却を決めた時は、子供を手放すような感覚でした。私は元々、ストレスをあまり感じない方ですが、それでも、メンタル的には相当追い込まれましたね。ただ、ものごとは考え方次第だと思うのですよ。他社の傘下に入ることで、インテリジェンスの事業は強化されました。また、そこで働いていた元部下たちは、新しいチャンスを得られたかもしれません。視点を変えれば、あの選択も前向きに捉えられるのです。