名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大島芳彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大島芳彦のプロフィール

大島芳彦、おおしま・よしひこ。日本の建築家。東京出身。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。ブルースタジオ専務取締役などを務め、リノベーション事業に携わった。一般社団法人リノベーション住宅推進協議会理事。

大島芳彦の名言 一覧

これからは家を「作る」という発想から抜け出し、「使い方を考える」時代。


家を作る時は「あれもこれもつけたい」と要素を足していくが、既にある家に対しては逆の発想で考えた方がいい。物件の持つ価値や住む人にとって本当に必要なものを見定め、それらを整理して編集し直す。余計なものを引いて、本当の価値を見極めることが大切だ。


大島芳彦の経歴・略歴

大島芳彦、おおしま・よしひこ。日本の建築家。東京出身。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。ブルースタジオ専務取締役などを務め、リノベーション事業に携わった。一般社団法人リノベーション住宅推進協議会理事。

他の記事も読んでみる

ジャック・マー(馬雲)

中国語で「ブランド」のことを「品牌」と書きます。私の考えでは、真の意味でのブランドとは「品牌」を構成している2つの漢字「品」と「牌」の両方を兼ね備えているものでなければならないと思います。「品」は品質、あるいは品格。「牌」は看板、要するに知名度です。


東平豊三

経営がうまくいかないときはたいてい、原価が高すぎるか、利益を上げていないか。


アルバート・アインシュタイン

私は未来のことは決して考えない。未来はすぐにやってくるのだから。


加藤智治

アスリートの採用については、子会社のゼビオナビゲーターズネットワークで08年から続けており、CSR活動の側面はあるにしても、アスリートとしての経験や用具・競技の知識を接客や商品開発に生かすことができれば、よりお客様の要望に応えることができると考えています。また、現役選手にとってもセカンドキャリアの不安を抱えることなく選手生活を続けることができます。悔いを残さずに引退まで選手活動を続けることができるのです。


棚橋弘至

緊張に飲み込まれないためには、場数を踏むことも大切。実は、僕は昔から赤面症で、人前で話すことが大嫌いでした。でも、プロレスラーになると、そうもいっていられません。リング上ではマイクアピールをしなくてはいけないし、試合以外でもインタビューを受けたり、テレビやラジオ番組のゲストに呼んでいただいたりして、何かと話す機会が多いんです。最初はもちろんヘタでした。でも、場数をこなすうちに少なくとも緊張で真っ白になることはなくなった。要は慣れです。


鎌田富久

支援するかどうか決めるとき、様々な困難があっても続けるくらいの熱意があるかどうかを見ています。本当にやりたくて情熱がある人でないとうまくいきません。


澤田秀雄

会社を黒字にさせる方法は、大きく分けて2つ。コストを削減すること。もう一つは、並行して売上増を実現すること。


吉野信吾

電気、水道などのライフラインが守られているなら、悲観することはありません。貧乏でも、それはいまだけの一時的な資金不足の状態と捉えることです。


魚谷雅彦

「しゃべらせること」は、リーダーの大切な仕事。話しやすい環境をつくって、社員が日頃思っていることを引き出すように心がけている。


田原総一朗

才能に恵まれ最初から脚光を浴びる恵まれた人もいますが、努力と知恵で一つずつクリアしていく人生は、それはそれで輝かしい。むしろ得る宝は多いと思う。もしあなたが人より不器用だとかドン臭いとしたら、落ち込む必要はまったくありません。素晴らしい人生の宝が得られる可能性があるんですから。


佐藤研一郎

情報化社会には大変な錯覚というか落とし穴があります。というのは何ごとも数字やグラフで表現してしまう癖がある。このため全部わかったつもりになってしまうが、そこに至る過程のあることがついお留守になっている。つまり、数字やグラフの裏側に隠れている本質を見失ってしまうんです。


西谷浩司

社長就任後、社員一人ひとりとじっくり向き合ってみると皆ゴルフが大好きで、仕事に対するプロ意識も高い。ですから、会社として「この商品は誰をターゲットに売るのか」「どんな市場が伸びていくのか」を明確にすれば、復活のカギは見えてくると確信しました。