名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大島真寿美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大島真寿美のプロフィール

大島真寿美、おおしま・ますみ。日本の小説家。愛知県出身。南山短期大学卒業。文學界新人賞を受賞。『宙の家』で単行本デビュー。『チョコリエッタ』が映画化、『ビターシュガー』がテレビドラマ化された。

大島真寿美の名言 一覧

今いるところから外に出ることによって、気付くことができたり、広がっていくものは必ずある。


自分がくさっているのかどうかすら自覚できないまま、じわじわくさっていってしまうことってあるじゃないですか。くさり続けていると魂はいつしか死んでしまう。


魂をおろそかにしていると、生きていても、世界のパーツにしかなり得ないでしょう? そうではない人を描きたくて。


ぬいぐるみのうさぎが喋り出すところは無意識で書いていたんです。後から気付いたことですが、これはそういう小説だったのかもしれない。表にある物語の軸ではなく、その下にある物語の無意識の軸というものを手放さずに書きたかった気がする。だから、どんな方向にストーリーが向かっていっても、それを信じて書こうと。


(『モモコとうさぎ』は)文芸よりも、お仕事コーナーに置いてほしいなぁ。頑張らない人たちでも、ちゃんと生きているし進んでいる。アンチ・お仕事小説が、そういう場所にあってもいいのではないかと。挫折しそうな人とか、「仕事、苦しい」と思っている人には、今とは違う視点を持ってもらえるかもしれません。何かしらの息苦しさみたいなものを抱えている人の心に、この物語が届いたら、すごくうれしい。


私は小説家として、読んで元気になれるようなものを書かなければなぁ、と。でも、そういうことをちゃんと書こうと思ったわけじゃないんです。自分のなかに、その言葉を埋めておいたら、何かがふーっと芽吹くみたいに物語は始まってきた。その種には世界の感触みたいなものがあったんですよね。夢を見ている途中で目覚めたとき、その感触を覚えているような感じってあるじゃないですか。あんな感じで、書き進めながら、探っていきました。


小説も、無意識の軸まで行きつかないあたりで書いているほうが楽なんです。深く潜れば潜るほど難しくなってくる。でも本作(モモコとうさぎ)では「振り切っていいや」と。振り切ってというか、潜っていった先にあるもののほうが本当は大事なことなのだから。そして小説って、きっと無意識の軸のほうまでどこまでも潜ることができる。そこで自分がどういう小説を書き終えられるのか、というのが見たかった。


大島真寿美の経歴・略歴

大島真寿美、おおしま・ますみ。日本の小説家。愛知県出身。南山短期大学卒業。文學界新人賞を受賞。『宙の家』で単行本デビュー。『チョコリエッタ』が映画化、『ビターシュガー』がテレビドラマ化された。

他の記事も読んでみる

芳井敬一

ラグビーでタックルしやすいのは、斜めに走ってくる相手。真正面から向かってくる相手は恐ろしく、とても強い。ならば「自分は常に真正面から行こう」と意を固め、物事と正対することを心掛けてきました。決してたやすいことではありませんが、会社を経営するうえでも正対することは大切で、物事の核をとらえることかでき、同時に新しい風景も見えてきます。


永守重信

創業当時、私が取引先を求めて国内企業を回っていると、行く先々で「お宅の会社、資本金いくらや」「従業員何人おるのや」と必ず聞かれた。従業員3人ですと答えると、その時点で門前払い。自分たちと取引するような会社ではないと判断されるわけです。だからやむなくアメリカに渡ったのですが、あちらでは、3MやIBMのような大企業ですら、私に「資本金いくらや」なんて一切聞きませんでした。その代わりに「あなたは我々に対して、どういうメリットを与えてくれるんだ」と聞いてきた。だから「あなたが使っておられるこのモーターをうちでつくらせてくれれば、形状が半分になるし、コストも安くなって性能がうんと向上する」と答えました。結局、日本電産は世界43か国で事業を展開するまでになり、売上の8割以上を海外が占めています。もし国内だけで取引していたら、日本の一企業で終わっていたでしょうね。


呉文精

ルネサスの技術者は非常に真面目で優秀、そして誠実です。しかし、そういう人が真面目に働くだけで収益がついてくる時代は終わってしまいました。経営としてどう戦っていくのか。私は海外企業の買収やPMI(買収後の統合プロセス)で付加価値を出していきたいと思います。真面目に働いている社員の努力や汗が報われる仕組みを実現することが経営者の役割です。


稲盛和夫

人生とは、自分自身が脚本を書き、主役を演じるドラマだ。どのようなドラマを描くかは自分次第であり、心や考え方を高めることによって、運命を変えることができる。一日一日を懸命に生きれば、未来が開かれていく。将来を見通すということは、今日を努力して生きることの延長線上にしかない。


ムーギー・キム(金武貴)

グローバルエリートは何か特別な習慣を持っているわけではありません。取り組んでいること自体は極めて普通のこと。しかし、その凡事を徹底しているからこそ、彼らは世界で活躍できている。逆に言えば、多くの人は凡事を軽視しているために、その潜在力を発揮できていないということ。


泉谷直木

私個人の人生としては管理職や役員時代も含めていろいろな経験をしましたが、それが全部生きているように思います。


キング牧師(マーティン・ルーサー・キング・ジュニア)

地獄の一番熱い場所は、重大な倫理上の争いの中にあって中立の立場をとり続ける人間のために用意されている。


ムーギー・キム(金武貴)

仕事ができる人というのは、様々な人と温かい人間関係と信頼関係を築き、多くの人を巻き込めるものである。これに対し、愛される自信がない人は猜疑心にあふれており、他人に仕事を任せられず、だから仕事がはかどらず、いつまでも組織が成長しないことが多い。「愛される自信」という自己肯定感が欠如している人は、他人との信頼関係構築が勝敗を分けるリーダーのポジションに上った時に、その生産性の低さが露呈してしまうのだ。


村上太一

実際の仕事の現場では何かのアイデアが生まれた際、その発想が生まれた理由を数字に置き換えることを幾度も求められます。右脳での発想を数値や言葉でロジカルに伝える――創業時のメンバーを見ていても、それを求められる中で自然と成長していった仲間が多いように思います。


坂根正弘

会社を良くするのには時間と労力がかかるが、悪いリーダーシップによって会社が傾くのはあっという間だ。


渡辺謙

僕らの映画の世界にも興行成績という数値目標があるけれど、それは通過点のひとつであってすべてじゃない。それよりも自分の中で何かを伝えたいという強い思いがあって、それがきちんと伝わったかどうかの方が重要だし、その思いが強ければ強いほど、相手に伝えるためにどう工夫すればいいかという悩みも湧いてきます。


小屋洋一

家庭においては、配偶者も貴重な労働力です。特に夫が独立事業者となる場合は、妻がパートで家計を助けることは、大きな安心材料となるでしょう。この場合留意すべきは、妻が経理などで夫の事業を手伝うことの是非。もし夫の事業が失敗すれば、妻も共倒れに。そこで、妻は全く別の仕事に就くほうがリスク分散できるといえます。