名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大島真寿美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大島真寿美のプロフィール

大島真寿美、おおしま・ますみ。日本の小説家。愛知県出身。南山短期大学卒業。文學界新人賞を受賞。『宙の家』で単行本デビュー。『チョコリエッタ』が映画化、『ビターシュガー』がテレビドラマ化された。

大島真寿美の名言 一覧

今いるところから外に出ることによって、気付くことができたり、広がっていくものは必ずある。


自分がくさっているのかどうかすら自覚できないまま、じわじわくさっていってしまうことってあるじゃないですか。くさり続けていると魂はいつしか死んでしまう。


魂をおろそかにしていると、生きていても、世界のパーツにしかなり得ないでしょう? そうではない人を描きたくて。


ぬいぐるみのうさぎが喋り出すところは無意識で書いていたんです。後から気付いたことですが、これはそういう小説だったのかもしれない。表にある物語の軸ではなく、その下にある物語の無意識の軸というものを手放さずに書きたかった気がする。だから、どんな方向にストーリーが向かっていっても、それを信じて書こうと。


(『モモコとうさぎ』は)文芸よりも、お仕事コーナーに置いてほしいなぁ。頑張らない人たちでも、ちゃんと生きているし進んでいる。アンチ・お仕事小説が、そういう場所にあってもいいのではないかと。挫折しそうな人とか、「仕事、苦しい」と思っている人には、今とは違う視点を持ってもらえるかもしれません。何かしらの息苦しさみたいなものを抱えている人の心に、この物語が届いたら、すごくうれしい。


私は小説家として、読んで元気になれるようなものを書かなければなぁ、と。でも、そういうことをちゃんと書こうと思ったわけじゃないんです。自分のなかに、その言葉を埋めておいたら、何かがふーっと芽吹くみたいに物語は始まってきた。その種には世界の感触みたいなものがあったんですよね。夢を見ている途中で目覚めたとき、その感触を覚えているような感じってあるじゃないですか。あんな感じで、書き進めながら、探っていきました。


小説も、無意識の軸まで行きつかないあたりで書いているほうが楽なんです。深く潜れば潜るほど難しくなってくる。でも本作(モモコとうさぎ)では「振り切っていいや」と。振り切ってというか、潜っていった先にあるもののほうが本当は大事なことなのだから。そして小説って、きっと無意識の軸のほうまでどこまでも潜ることができる。そこで自分がどういう小説を書き終えられるのか、というのが見たかった。


大島真寿美の経歴・略歴

大島真寿美、おおしま・ますみ。日本の小説家。愛知県出身。南山短期大学卒業。文學界新人賞を受賞。『宙の家』で単行本デビュー。『チョコリエッタ』が映画化、『ビターシュガー』がテレビドラマ化された。

他の記事も読んでみる

田中優子(江戸文化研究者)

学校経営では、職員との協力体制を重視しています。1人で経営するのは無理ですから。各人が持っている能力に偏りがあるのは当然で、それを寄せ集めて何ができるのかというコーディネート能力が何よりも重要です。私はこのことを江戸文化から学びました。長い間、「連」を研究してきました。連とは、様々な能力を集めて何かを作り出すという動きです。一人の天才が現れて、何でもやってしまうということは、江戸時代にはありませんでした。マルチの能力を持った人はいろいろな連に所属しながら、その能力をいろいろなところで発揮していました。大事な役割を果たしていたのが、コーディネーター的な人なんです。そういう人は何か作品を残すことが少ないので、蔦屋重三郎といった一部の人を除いて、歴史に名前が残ることはほとんどありません。現代社会でも競争を勝ち抜くトップだけでなく、そうしたコーディネーターのようなトップが求められていくような気がします。


伊集院静

そもそも小説というものは、人の人生を変えることなどできない。けれども、もし生きることが悲しみであるとしたら、悲しい思いを抱いている人に対して、小説は寄り添っていくことができる。読んで、こういう悲しい人もいたけれど、なんとか再生したのか、と。この先も、私はそういうものを書いていこうと考えている。


石井知祥

お客様から「使いにくい」とお叱りを受けてきたウェブサイトは大幅に刷新し、分かりやすさや使いやすさを重視して、安心してお使いいただけるようにしました。ウェブサイトでは予約や購入に関するシンプルな操作性だけでなく、初めての海外旅行に際しての注意点なども掲載しており、ホテルや空港バス、海外旅行保険、現地オプショナルツアーなども取り扱っています。


レイ・クロック

一人だけではみんなで力を合わせたほどのことはできない。


望月靖志

デジタルが進化することでアナログも進化していく。アナログとデジタルを分けて考えがちですが、実は表裏一体。


奥田務

日本の百貨店は、全く違う2つのビジネスモデルを備えています。商品を自前で買い取って社員が販売する買い取り型と、ブランド単位で売り場を設けて、ブランド側に商品を売ってもらう消化仕入れ型です。前者は粗利が高いけれど、人件費がかかって商品の在庫リスクもある。後者ではブランド側に売り場を与えて、その代わりに売上高の何割かの利益をもらうから、粗利は低いですが在庫リスクはなく人件費も低い。この2つは全く事業構造が違います。そこで消化仕入れと買い取りの組織を分けました。それぞれの売り場でマネジメントが何人必要で、彼らに何を期待するのかをはっきり伝えたんです。当初は非難囂々でしたよ。けれどもそれによって、随分とオペレーションを効率化することができました。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

40代ビジネスマンにお勧めしたいのは、「戦略的手抜き」。「力の入れどころ・抜きどころ」がわかる年齢であればこその働き方を確立することです。


出雲充

ミドリムシも100種類ぐらいありますから、健康に良いミドリムシはビタミンやミネラルなどの栄養分が豊富ですし、燃料にするほうについては油を抽出・精製しやすいミドリムシを育てることになります。ですから品種も違うし、培養方法も違う技術なんです。それらとは外れる領域に手を伸ばし過ぎないようにするということが重要だと考えています。


いぬかいはづき

資格を履歴書に記入するときや面接でアピールする際は工夫が必要です。「キャリアを裏づける資格」であることは大前提。他にもポイントが二つあります。一つは、なるべく歴史があり知名度が高い資格が良いということ。面接官が資格欄を見たとき、その内容が把握できる資格でないと、評価の対象にはならないでしょう。同じ分野で複数の資格がある場合は、転職サイトなどを参考に、企業ニーズや知名度を調べてから取得しましょう。


中村獅童(二代目)

いつまでも恨みを抱いて殻に閉じこもっていたら、人生に与えられた時間がもったいない。


中原淳

部下が自ら納得し、腹に落ちた経験と、それを振り返ることによって獲得した仕事に対する自分なりの哲学のようなものがなければ、前向きな仕事など期待できないのです。


萩本欽一

誉めて育てることも大事だとは思うけど、行為だけじゃなく気持ちを誉めてあげるといいんです。自分がすることは相手にとってどうなのか、もっと相手を喜ばせる方法はないか、人に気をまわす習慣がつくと、運もどこかから巡ってきます。