名言DB

9429 人 / 110879 名言

大島真寿美の名言

twitter Facebook はてブ

大島真寿美のプロフィール

大島真寿美、おおしま・ますみ。日本の小説家。愛知県出身。南山短期大学卒業。文學界新人賞を受賞。『宙の家』で単行本デビュー。『チョコリエッタ』が映画化、『ビターシュガー』がテレビドラマ化された。

大島真寿美の名言 一覧

今いるところから外に出ることによって、気付くことができたり、広がっていくものは必ずある。


自分がくさっているのかどうかすら自覚できないまま、じわじわくさっていってしまうことってあるじゃないですか。くさり続けていると魂はいつしか死んでしまう。


魂をおろそかにしていると、生きていても、世界のパーツにしかなり得ないでしょう? そうではない人を描きたくて。


ぬいぐるみのうさぎが喋り出すところは無意識で書いていたんです。後から気付いたことですが、これはそういう小説だったのかもしれない。表にある物語の軸ではなく、その下にある物語の無意識の軸というものを手放さずに書きたかった気がする。だから、どんな方向にストーリーが向かっていっても、それを信じて書こうと。


(『モモコとうさぎ』は)文芸よりも、お仕事コーナーに置いてほしいなぁ。頑張らない人たちでも、ちゃんと生きているし進んでいる。アンチ・お仕事小説が、そういう場所にあってもいいのではないかと。挫折しそうな人とか、「仕事、苦しい」と思っている人には、今とは違う視点を持ってもらえるかもしれません。何かしらの息苦しさみたいなものを抱えている人の心に、この物語が届いたら、すごくうれしい。


私は小説家として、読んで元気になれるようなものを書かなければなぁ、と。でも、そういうことをちゃんと書こうと思ったわけじゃないんです。自分のなかに、その言葉を埋めておいたら、何かがふーっと芽吹くみたいに物語は始まってきた。その種には世界の感触みたいなものがあったんですよね。夢を見ている途中で目覚めたとき、その感触を覚えているような感じってあるじゃないですか。あんな感じで、書き進めながら、探っていきました。


小説も、無意識の軸まで行きつかないあたりで書いているほうが楽なんです。深く潜れば潜るほど難しくなってくる。でも本作(モモコとうさぎ)では「振り切っていいや」と。振り切ってというか、潜っていった先にあるもののほうが本当は大事なことなのだから。そして小説って、きっと無意識の軸のほうまでどこまでも潜ることができる。そこで自分がどういう小説を書き終えられるのか、というのが見たかった。


大島真寿美の経歴・略歴

大島真寿美、おおしま・ますみ。日本の小説家。愛知県出身。南山短期大学卒業。文學界新人賞を受賞。『宙の家』で単行本デビュー。『チョコリエッタ』が映画化、『ビターシュガー』がテレビドラマ化された。

他の記事も読んでみる

辻本憲三

どんな商品でも、世界のトップクラスでなければいけません。トップに入るような商品は、必ずどの分野でも5つ、6つはありますから、それらと比較して負けるようなものはつくらない。たとえ日本でトップであっても、世界は関係ない。世界で売れるような商品を開発し、マーケティングをしていこうということですね。


小林りん

問題を解決する能力以前に、問題設定能力が必要。自分は何に心揺さぶられるのか、周りが求めているのは何か、本質を見極め、自ら課題を見つけることが大切。


安田佳生

自分の将来のための投資に、時間とお金をかけている人はたくさんいます。それも必要だとは思いますが、その前提としてまず、どの仕事をやり、どの仕事をやらないのかということを考える時間をつくることが重要です。その時間をつくっておかないと、人は流されてしまい、気づいたら一年が終わり、気づいたらこの仕事をやっていたということになってしまいます。


二宮尊徳(二宮金次郎)

可愛くば 5つ数えて 3つ褒め 2つ叱って 良き人となせ


築山節

仕事というものは、そう簡単に成果が出ませんが、副業では小さな成功体験を積むことができます。それが自信になってヤル気が上がり、脳が活性化する面もあると思います。


田原総一朗

世の中がよくなるという未来図を示していけば、必ず道はひらけるはず。


成田裕

海外進出で最も大事なのは、従業員と一緒の食堂で食事をとることです。さらに生産量や販売量がある一定の目標を達成したときには、パーティを開いたり大入り袋を配るなど、工場全員で祝うのが大切です。ヤクルトという商品は、お客様、他者の喜びが事業の喜びという考え方がベースにあります。工場の従事者やヤクルトレディがまず喜びを感じられなければ、お客様に商品の価値を知ってもらうことはできません。


深沢真太郎

数字や数式は、細かくすれば、するほど、教えてくれることがたくさんあります。普段から「この数字は何と何の掛け算になっているだろう」と考えることが、数字の因数分解に慣れるトレーニングになります。


稲盛和夫

人はインスピレーションを外に求める。しかし私は、内に求める。自分が今やっている仕事の可能性をとことん追求して、改良を加えていくと、想像もつかないような大きな革新を図ることができる。創造というのは、意識を集中し、潜在意識を働かせて深く考え続けるという苦しみの中から、ようやく生まれ出るものだ。決して単なる思いつきや生半可な考えから得られるものではない。


アレックス・カー

大きなリスクをとるなら、たとえ風向きが悪くなった時も破綻せずにすむ状況を整えておくことも必要。投資をする時にポートフォリオを組むように、リスクをトータルで考え、自分で「管理」できれば、恐れるに足りません。