名言DB

9429 人 / 110879 名言

大島渚の名言

twitter Facebook はてブ

大島渚のプロフィール

大島渚、おおしま・なぎさ。日本の映画監督。岡山県出身。京都大学法学部在学中、京都府学連委員長を務め学生運動を行った。また、在学中から劇団を主宰した。京都大学卒業後、松竹に入社。助監督を経て『愛と希望の街』で監督デビュー。その後、数多くのヒット作を生み出した。

大島渚の名言 一覧

情報もいいでしょう。でも、生の体験は強い。


大島渚の経歴・略歴

大島渚、おおしま・なぎさ。日本の映画監督。岡山県出身。京都大学法学部在学中、京都府学連委員長を務め学生運動を行った。また、在学中から劇団を主宰した。京都大学卒業後、松竹に入社。助監督を経て『愛と希望の街』で監督デビュー。その後、数多くのヒット作を生み出した。

他の記事も読んでみる

滝一夫

時にはトップが突破口を開く。今秋、アメリカで商品供給が始まりますが、これは私がトップセールスして決めたものです。こういう先例をつくると、続く者が出てくる。


木村義雄(政治家)

若い力には大いに期待しています。改革への反対はありますが、私も新しい波を起こすために頑張ります。


野田佳彦

私にとっての「素志」は、政治を通じて世の中をよくしたいということ。今を生きている人だけでなく、将来世代のことも考えた国益の実現こそが仕事。


梶谷真司

自分の問題に向き合うとき、自分の問題の専門家は他ならぬ自分自身です。偉大な哲学者の理論は、手助けにはなっても、誰にでも当てはまる万能な解決策にはなり得ません。人生では、哲学者の言葉ではなく、自分の言葉で自分の問いを立て、考える必要があります。


谷川花子

仏壇用ローソクが電気で代用されることもあり、絶対数で見れば徐々に減りつつあります。歳を重ねれば急にローソクを使いたくなるわけではありません。なぜ、昔から供養にローソクをともしてきたのかという部分をきちんと広げていくことが、ローソクメーカーである我々の役割だと思っています。昔からの儀礼的なものをすべて捨て去るのではなく、良い物はもう一度見直しましょう、と。


松井道夫

株式売買手数料が自由化されたとき、「株式委託手数料解体新書」と銘打った全面広告を日本経済新聞に出したんです。松井証券はなぜ手数料を下げるのか、その根拠と理由をそこで説明しました。株式売買の手数料を構成する要素は大きく分けて3つあります。「売買などの執行業務」「情報提供」、そして「コンサルティング」です。それを松井証券はコンサルティングはやらない、情報提供もウェブサイトを通じた客観的なものに限定する、でもその代わり手数料は下げると。いままでが「定食」ならば、こっちは「アラカルト」を出すぞと。


林雅広

当社も人手不足で困っていますが、これがパート中心の仕組みだったらもっと困っていたと思う。当社はパートやアルバイトではなく、きちんと研修を受けた正社員がお届けするので、単に商品を配達して終わりではなく、直接、お客様のご要望を聞き、次の商品開発にその声を反映できる。これも他社にはない強み。


宮内誠

大学生で進路を決める際、両親に「海外に行かせて欲しい」と頼んでアメリカに渡り4年近く過ごしました。時代はバブルで日本で就職の道もありました。ただ、私には厳しい環境で自分を成長させたい気持ちがありました。当時英語が得意ではありませんでしたが、アメリカでインターンシップをして英語と経済や金融について学び、最終的にはMBAを取得しました。それが成功体験となりました。


竹内一郎

私はあるとき気づきました。内向的な性格は変えられないけれども、人前で堂々と話したほうが自分の考えが伝わりやすいのであれば、私は「非言語コミュニケーションの伝道師」の役割を演じればいいのだと。役者が今日は弁護士を演じ、明日はホームレスを演じるように、私も人前で話すときは伝道師を演じればいいのだと。


加藤俊徳

脳を鍛えるとは、欲求を達成するために自分の脳を組み換えていくプロセスです。その第一歩となるのが、「自分の欲求に気づく」ことなのです。