名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

大島有美子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大島有美子のプロフィール

大島有美子、おおしま・ゆみこ。日本の経営者。デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOO(最高執行責任者)。東京出身。日本大学芸術学部、日本大学法学部卒業後、レリアン、レナウンルックなどを経て三菱商事に入社し、マーニ、クリツィアなどの海外高級ブランドを取り扱う業務に携わる。その後、ジバンシィブティック・ジャパンを経て、ウォルフォード・ジャパンに入社。同社で社長を務めたのち、リシュモンジャパンでカルティエの市場戦略企画を担当。その後デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOOに就任。

大島有美子の名言 一覧

私はブランドというよりも、モノそのものに心底惚れこまないと、新たなチャレンジができないタイプなんです。


20代は社会のことをほとんど知らず、周囲に迷惑をかけっぱなしでしたが、無我夢中でした。30代はラッキー続き。そして40代は、惑って、揺れて、悩んでばかりいました。でも50代には、新たな目標が見えてくる気がしています。次の世代に何かを残せるような仕事がしたい。


デビアスではダイヤしか扱っていませんが、だからこそ、ダイヤで負けることはありません。一目見ていただきさえすれば、当社のダイヤの素晴らしさと歴史に裏打ちされたデザインの美しさを、必ずわかってもらえる自信があります。


大島有美子の経歴・略歴

大島有美子、おおしま・ゆみこ。日本の経営者。デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOO(最高執行責任者)。東京出身。日本大学芸術学部、日本大学法学部卒業後、レリアン、レナウンルックなどを経て三菱商事に入社し、マーニ、クリツィアなどの海外高級ブランドを取り扱う業務に携わる。その後、ジバンシィブティック・ジャパンを経て、ウォルフォード・ジャパンに入社。同社で社長を務めたのち、リシュモンジャパンでカルティエの市場戦略企画を担当。その後デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOOに就任。

他の記事も読んでみる

奥村綱雄

私は右から左へとすぐに間に合う重宝な男ではなかったと思うが、不思議なことに、いざというときに一種の動物的な総合カンが働くようである。そのおかげで、今日までどうやら大道を見誤らずにやってこられたと思っている。


堀場厚

会社というものは、組織が大きくなるに従って、各セクション同士のコミュニケーションが希薄になることがあります。そうならないように、この(大津市にある)工場はコミュニケーションの取りやすさを重視したつくりになっています。また、皆が食事をともにする機会を増やすために、以前からコミュニケーションサポートという補助金制度をつくっています。社員が宴会を開いたら1人あたり2千円、滋賀県にある研修所に宿泊すれば1人あたり1万円を支給するという制度です。今の人たちは、昔のように同僚同士で積極的に飲みに行かなくなっているようですが、この制度のおかげで、当社ではかなり頻繁に宴会が開かれています。


木川眞

言葉だけでは不十分です。言葉と同時に行動で示すこと。必要なときに思い切った決断をし、企業の経営方針を体現することも経営者には求められます。行動が伝えるメッセージは言葉以上に強いですから。


前川孝雄

上司が上から生産性の向上を求められているときに、部下が時間やコストのかかる新しい企画を提案しても、通らないのも無理はないでしょう。逆に、上司が上から新しいチャレンジやイノベーションを期待されているときであれば、同じ企画でも通りやすくなります。上司を動かしたいなら、その人が上からどんな指示やプレッシャーを与えられているかを知っておくことがカギになります。


長友佑都

努力する才能がないと上に行けないと思う。


喜久川政樹

私が昇格できた理由は、ひと言でいえば、ネバーギブアップで仕事に取り組んできたからでしょうか。私が入社した当時の第二電電(のちのKDDI)は事業を始めたばかりで、売上げはほとんどゼロでした。私の仕事は、東京を起点に、大阪や北海道までネットワークを構築する業務でした。ネットワークというと聞こえがよいのですが、実際に行なったのは、鉄塔建設と用地買収の仕事です。具体的には、やぶこぎ(クマザサなどの薮をかき分けて進むこと)をして山に登ったり、市役所や町役場の職員や地権者の方と交渉したりしていました。土台になったかどうかはわかりませんが、ネットワークづくりを進めるなかで、全国津々浦々を回って、土地土地のもつ特徴が実感としてわかりました。鉄塔の建設をするために地権者の方と話し合う、説明力や交渉力の基礎も身についたと思っています。


柏本湊

今後必要なのは、「将来に対する想像力」です。本来、今のままの生活が今後も続くとは考えられません。身体も今みたいには動かなくなるはずですし、不慮の病気の可能性もある。一人でも、夫婦でも、その意識を持っていれば、決して無駄遣いはできないはずです。想像力を働かせて将来に前向きに備えておく。スキルを磨く感覚でぜひ、節約を楽しんでください。


澤上篤人

「絶対になくならない分野」かつ「応援したい会社」の株を、みんなが売っているときに買い、みんなが買っているときに売る。それさえできればひと財産築けます。だけど底値ギリギリで買って天井で売ろうと思ったら失敗する。ある程度大雑把にやったほうがたいていうまくいきますよ。みんなが売っているときに買うには、「好きで応援したい会社」であることも重要なポイント。


門脇竜一

リタイアすれば、「ただの人」になるんだからと割り切れば、自分の新しい役割も見えてくるはず。


徳重徹

僕らはベンチャー企業なので、売上が立たなければ会社がなくなってしまいます。でも、大企業からきている人に、そういう危機感は薄いですよね。もちろんなかには志の高い人もいるんですよ。でも、せっかく現地組が本気でやっていても、その思いが日本で意思決定する人たちに理解されず、悔しい思いをする。これじゃなかなか本気になれないでしょう。


ティム・ペック

社内に密なコミュニケーションが存在することは、トラブルが起こったときにも強みを発揮してくれる。


藤巻健史

極的な資産運用とは「今後、強くなる国は、どこか」を見極められるかどうかの勝負なのである。日本だけで運用を考えている人は、後塵を拝することになる。