名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

大島有美子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大島有美子のプロフィール

大島有美子、おおしま・ゆみこ。日本の経営者。デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOO(最高執行責任者)。東京出身。日本大学芸術学部、日本大学法学部卒業後、レリアン、レナウンルックなどを経て三菱商事に入社し、マーニ、クリツィアなどの海外高級ブランドを取り扱う業務に携わる。その後、ジバンシィブティック・ジャパンを経て、ウォルフォード・ジャパンに入社。同社で社長を務めたのち、リシュモンジャパンでカルティエの市場戦略企画を担当。その後デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOOに就任。

大島有美子の名言 一覧

私はブランドというよりも、モノそのものに心底惚れこまないと、新たなチャレンジができないタイプなんです。


20代は社会のことをほとんど知らず、周囲に迷惑をかけっぱなしでしたが、無我夢中でした。30代はラッキー続き。そして40代は、惑って、揺れて、悩んでばかりいました。でも50代には、新たな目標が見えてくる気がしています。次の世代に何かを残せるような仕事がしたい。


デビアスではダイヤしか扱っていませんが、だからこそ、ダイヤで負けることはありません。一目見ていただきさえすれば、当社のダイヤの素晴らしさと歴史に裏打ちされたデザインの美しさを、必ずわかってもらえる自信があります。


大島有美子の経歴・略歴

大島有美子、おおしま・ゆみこ。日本の経営者。デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOO(最高執行責任者)。東京出身。日本大学芸術学部、日本大学法学部卒業後、レリアン、レナウンルックなどを経て三菱商事に入社し、マーニ、クリツィアなどの海外高級ブランドを取り扱う業務に携わる。その後、ジバンシィブティック・ジャパンを経て、ウォルフォード・ジャパンに入社。同社で社長を務めたのち、リシュモンジャパンでカルティエの市場戦略企画を担当。その後デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOOに就任。

他の記事も読んでみる

古賀良彦

年収をアップしたければ、まずは睡眠を見直すことが大切です。眠りに不満や悩みを感じている「かくれ不眠者」は、仕事の効率が低下して、個人の年収や残業時間にも、悪影響が出ているのです。


加藤俊徳

言葉でなく、行為で自分を褒める方法もあります。それは人が見ていないところで善行をすること。陰徳を積むと、「俺ってなんていい人間なんだろう」と自信がつくでしょう。つまりそれが自分で自分を褒めるということなんです。


角和夫

鉄道を支える現場の乗務員と長年向き合ってきた私には、彼らと厳しい交渉を重ねてきた自負があります。そこで学んだのは、社会の足となる鉄道会社にとっては「誠実さ」や「謙虚さ」が何より大切だということです。


岩田彰一郎

BtoCはずっとやりたい事業領域でしたが2度失敗しています。ネットでいかに利用者とつながっていくかという点で実力が足りなかった。じゃあパートナーを見つけようということで、ヤフーの宮坂学社長がCEOに就任した直後、アスクルの物流施設をご案内しました。ヤフーにはネットサービスのノウハウがありましたが、物流はどうすればいいか迷っていた。互いに一目惚れし、爆速で提携しました。


桜井博志

今できないものは、仕方がない。ただそれを、少しずつでも今日からやってみる。人が30分でできることに1日かかってしまうなら、時間を気にせず、1日かけてやる。のんびり、ゆっくりやっても、結果を出すことはできます。「できない自分」を認め、その部分を受け入れたうえで、少しずつ取り組み、できるようになればいい。長い人生、そのくらいの割り切りも大切。


ロングフェロー

苦しんで強くなることが、いかに崇高なことであるかを知れ。


田中良和(GREE)

漫画家が読者の意見を端から聞いて、その通りに描いても読者は喜ばないし、支持もされないでしょう。読者は何が面白いのか、じつは自分でもよくわかっていません。それを想像して描けるのが、優秀な漫画家なのです。けれども、それは読者と目線が同じというのとは少し違います。売れっ子の漫画家って、朝から晩まで机に噛り付くような生活ですけど、そんな読者はいないじゃないですか。つまり、自分の感覚とは違うものが想像できてつくれなくてはならない。僕が自分のところに求めているのは、まさにこういう能力です。


小西利行

「なんでもいいから自由にアイデアを出して」と言われると、かえって考えが浮かばないのが人間というもの。考える目的をはっきりさせて、あえて超えるべき「ハードル」を課すことで、無意識にそれを超えようとするため、アイデアの質がグンと高まる。


榎本博明

いつも偉そうで、すぐキレる上司の場合、心理学的に見ると、彼らが偉そうにしているのは常に心のどこかに不安を抱えているから。周りから凄いと思われたい承認欲求が強いけれど、実際には自らが望むような評価が得られていない。偉く見せることで自分の気持ちを保っているのです。これまでの成長プロセスのなかで身につけた姿勢ですから、彼らの生き方は今さら変えられません。


青野慶久

仕事の時間を縮めて家事に貢献しているつもりでも妻から文句を言われてイラッとすることもあります。それを解決する方法は、お互いを尊重すること、パートナーに対して期待しすぎないこと。「十分してもらっている」と思えれば、いつも感謝の気持ちになります。


北尾吉孝

お金のことを考える時、「いかに稼ぐか」を最初に頭に浮かべる人は多いのではないでしょうか。「北尾さん、どうしたらお金を増やすことができますか」と、稼ぎ方や儲け方について質問してくる人は少なくありません。ですが、お金は稼ぐより使う方が難しい、というのが私の持論。「稼ぎ方」より「使い方」を意識して、お金とつき合うことが重要です。


張琴

研修の現場では、思いもよらぬ珍答奇答が出てくることがあります。ある会社のリーダー研修のとき、「あなたの夢は何ですか?」と受講生の一人に尋ねました。答えに窮したのか、それとも普段から考えている願いだったのでしょうか。立ち上がった彼が即答したそのセリフは、「私の夢は亭主関白です」。会場は大爆笑。私も吹き出してしまいました。もちろん私は、そんな答えにも気持ちよく対応しました。とんでもない答えでしたが、笑いが絶えないリーダーたちでした。笑い声は、組織を活性化するものです。