大島有美子の名言

大島有美子のプロフィール

大島有美子、おおしま・ゆみこ。日本の経営者。デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOO(最高執行責任者)。東京出身。日本大学芸術学部、日本大学法学部卒業後、レリアン、レナウンルックなどを経て三菱商事に入社し、マーニ、クリツィアなどの海外高級ブランドを取り扱う業務に携わる。その後、ジバンシィブティック・ジャパンを経て、ウォルフォード・ジャパンに入社。同社で社長を務めたのち、リシュモンジャパンでカルティエの市場戦略企画を担当。その後デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOOに就任。

大島有美子の名言 一覧

私はブランドというよりも、モノそのものに心底惚れこまないと、新たなチャレンジができないタイプなんです。


20代は社会のことをほとんど知らず、周囲に迷惑をかけっぱなしでしたが、無我夢中でした。30代はラッキー続き。そして40代は、惑って、揺れて、悩んでばかりいました。でも50代には、新たな目標が見えてくる気がしています。次の世代に何かを残せるような仕事がしたい。


デビアスではダイヤしか扱っていませんが、だからこそ、ダイヤで負けることはありません。一目見ていただきさえすれば、当社のダイヤの素晴らしさと歴史に裏打ちされたデザインの美しさを、必ずわかってもらえる自信があります。


大島有美子の経歴・略歴

大島有美子、おおしま・ゆみこ。日本の経営者。デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOO(最高執行責任者)。東京出身。日本大学芸術学部、日本大学法学部卒業後、レリアン、レナウンルックなどを経て三菱商事に入社し、マーニ、クリツィアなどの海外高級ブランドを取り扱う業務に携わる。その後、ジバンシィブティック・ジャパンを経て、ウォルフォード・ジャパンに入社。同社で社長を務めたのち、リシュモンジャパンでカルティエの市場戦略企画を担当。その後デビアス・ダイヤモンドジュエラーズ・ジャパンCOOに就任。

他の記事も読んでみる

プラユキ・ナラテボー

タイ人から見た日本人は、「礼儀正しい」「責任感がある」「勤勉である」とおおむね高評価だが同時に、「日本人はクリアットだ」ともよく言われる。「クリアット」は「心配しすぎ」「考え込みすぎ」といった意味あいを持つ。後先のことを考えすぎて深刻に悩みがちになるという印象を、タイ人は日本人に感じ取っているようである。


増渕達也

エグゼクティブ層の方々は、人と会って聞き慣れない言葉や心に残ったキーワードが出てきたら、短く書き留めることが習慣になっていると感じます。共通していえるのは、目的意識が強いということです。面談やセミナー参加の時間も極論すればコストなので、それに見合ったリターンを求めるのです。直接ビジネスにつながらなくても、新しい知識を得ることはリターンの一種ですから、私と接していても、知らない情報があると「いま、なんていいました?」と聞き返してメモを取る方が多い。


ジェームス・バーダマン

最初から完璧な英語を話そうとすることはありません。目標が高いのはいいことですが、達成期間までの時間が長すぎると、モチベーションは上がらないもの。無理のない目標を立て、「今週はここまで」と決めて、毎日コツコツと取り組む方がいい。


日覺昭廣

M&Aには条件があります。まず、我々のコア技術を生かせる領域であること。次に、シナジーを出せること。さらに、その市場が大きくなること。いくら我々が強くても、市場が大きくならなければ仕方ありません。炭素繊維や繊維など世界一の事業を強化するために、こうした条件に合致するものがあれば投資を惜しみません。


土光敏夫

年寄りは先に死んでいくんだから、どんどん若い人たちが中心にやってもらわなければダメだ。


川崎秀一

昔は、営業の世界といえば体育会系で、上の人のいうことを聞くしかない。しかも完全なる徒弟制度で「仕事は盗め」という感じでした。仕事を懇切丁寧に教えてもらえるわけもなく、先輩にいわれることといったら「コラ」とか「バカ」とか、そればかりでしたからねえ(笑)。しかし、いまはそれでは若い人たちはついてこない。やはり、自分が仕事をとおして経験し、学んだことをあとに続く人たちにきちんと伝えていかなければいけません。


冨澤文秀

このスキームで駄目なら、ロボットビジネスはしばらく駄目かなと思います。だから日本のためにも世界のためにも成功させなければいけないという想いでやっています。


松本晃(経営者)

経営者にとっての最も重要な資質は逃げないことだ。嫌なことは誰でも好きではないのだが、人の上に立つ者が逃げてどうなるのだ!


宮崎駿

黄金パターンは黄金パターンであっても、それを活き活きとできるかどうかなんですよ。男と女がいて恋をするなんていうのは、もう大昔からいくらでもやられてることでね、みんなすっかり見飽きたパターンですよ。それでも、やっぱり説得力を持ってて感動できる恋物語と、そんなもん勝手にすればっていう恋物語ができてしまう。それは作る側が、その恋という問題に対して、毎度おなじみだけど、どれほど真摯になれるかどうかでしょう。だから、僕はパターン化することについては全然恐れていません。


小林弘幸

私の友人に東京から大阪まで行くのに、「こだま」を使うという人がいます。「のぞみ」ならわずか2時間半でつくところを4時間かけて行くというのです。「なにか特別な理由があるんですか?」と聞くと、「4時間というのが私にとって、仕事をするのに区切りのよい時間なんです」とのこと。つまり2時間半で目的地についても、駅を出てまた、仕事ができる場所を探して、作業を再開するのは時間のロスになるというのです。人によっては、その時間が3時間という人もいれば、2時間という人もいるでしょう。ただ、むやみに時間を短くすればよいという事ではないのです。


佐藤優

これからの世の中は、さらなる競争激化、格差の拡大など、個人が抱える問題は一層増えていくでしょう。そんな不安な世の中を生き抜くためには、自分の周りに、どれだけ問題を共有できる仲間を作っておけるかが、その人の力になっていきます。これからの時代に生き残れるのは、そういう足元がしっかりしている人でしょう。


長谷川閑史

民が得意な部分と官が得意な部分をうまく組み合わせることによって、スムーズに労働移動する仕組みを作りたい。工夫の余地はまだある。


佐々木正悟

やってみるとわかりますが、1日にたとえ4分間であっても、仕事を進めるのと、まったくその仕事に手を着けないのとでは、ずいぶん作業量が変わってくるものです。


妹尾八郎

評論家の田原総一朗さんに(ウェブサイトに)登場していただいたら、一気にアクセスが増えたんですよ。それでコンテンツの重要性も学びましたね。


義家弘介(ヤンキー先生)

人間の価値は机と黒板の世界でいい成績を残すという、単純で短いタームで判断するものではありません。いまの我が子は、周りや社会と自分とに違いがあることを受け入れ、夢に向かいどう整合性をつけるかトレーニング中だと教え、信じ、励ますことです。


ページの先頭へ