名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

大島昭彦(経営者)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

大島昭彦(経営者)のプロフィール

大島昭彦、おおしま・あきひこ。日本の経営者。「あいホールディングス」社長。広島県出身。中央大学法学部卒業後、全国中小企業団体中央会勤務、ドッドウエル ビー・エム・エス取締役、ビーエム総合リース取締役、あい設計取締役などを経て、あいホールディングス社長に就任。

大島昭彦(経営者)の名言 一覧

新しいニーズを的確にとらえて、技術開発をしなければならない。


異業種との協業、現場第一主義の視点、その上で将来的なニーズを意識できるようになれば、成長が期待できる健全な経営が実現できる。


現場から「こんな機械が欲しい」という声が出たら、その声を的確に把握して、できるだけ早く開発部門に届けることが重要。


管理会社を通しても、最終的に管理組合がOKしないとセキュリティシステムは導入できません。ところがまとまった金額を使うことはなかなか管理組合では二の足を踏むことが多い。そこでレンタルにすれば初期投資は抑えられ、常に新しい機種に交換することも簡単なので管理組合の理解を得やすくなります。


防犯カメラでも、セキュリティー面からだけではなく、建築設計の立場からのアイデア、情報機器開発からのアイデアなどで、独自の製品開発ができるようになる。


特化して開発していると、専門バカになってしまう可能性がある。そこで、異業種の開発者と一緒になることで、ゼネラリストの視点で物事を考えることができるようになる。すると、専門領域だけの狭い視野では見えなかったことが見えてくる。


時代の変化の中で事業は大きく舵を切らなければならないときがある。それを成功させるのは、いつも技術開発であり、異業種との協業、それにM&Aで常に新しい血を入れること。


大島昭彦(経営者)の経歴・略歴

大島昭彦、おおしま・あきひこ。日本の経営者。「あいホールディングス」社長。広島県出身。中央大学法学部卒業後、全国中小企業団体中央会勤務、ドッドウエル ビー・エム・エス取締役、ビーエム総合リース取締役、あい設計取締役などを経て、あいホールディングス社長に就任。

他の記事も読んでみる

神田昌典

半年後のあなたは、いまこの瞬間に決まっている。半年後の計画がどれだけ具体的に決まっているかで、その人物の成長度がかわる。具体的な目標を掲げることができれば、半年前とは見違えるほど成長している。石の上にも三年。これは石器時代の話である。3ヶ月間、懸命にやってダメな場合は、3年ダラダラやっても同じことだ。


日覺昭廣

炭素繊維は研究予算だけで1400億円を投入しました。確かに我々は相当しつこいかもしれません。ただその間、どこにも採用されず、赤字を垂れ流していたわけではありません。最初はテニスラケットやゴルフシャフト、釣りざおなどに使われ、そこで生産技術を磨いてきました。


田中ウルヴェ京

「悩み」は自分を変える人生最大のチャンス。


東村アキコ

最近どんどんセンシティブさがなくなって、何を言われても大丈夫な感じの図太いおばさんになってきました(笑)。全部の人に好かれなくてもいいかなと。読者の人にもいえることで、私のマンガが好きな人に、これからも好きでいてもらえれば、それでいいかなと思う。ただ、アシスタントに嫌われたら泣きます。


ハワード・シュルツ

私の動機は、父の惨めな姿です。父は生涯を通じて30もの酷いブルーカラーの仕事につき、不安定な生活しか送れなかった。教育のない人間にはチャンスが与えられなかったのです。このことはスターバックスの文化や価値の形成に、直接つながっています。私が作りたかったのは、自分の父親が働くチャンスを生涯得られなかったような会社です。従業員が大切にされ、かつ尊敬され、出身地・肌の色・教育のレベルを問わない会社です。


島井宗室

一生を通じ、まめに体を動かすこと。商人なら三里や五里の道は歩け。


梅森浩一

残業をしないということは、その時間に何をするかより、会社に長くいないということが大切なんです。やることが思いつかなければ、家に帰ってボーっとしていればいい。ボーっとしている時間がないということは、自分のやりたいことを考える時間もないということです。さすがに会社で上司の前ではボーっとできないでしょう。


村上龍

僕は「日本を元気にする」という類の議論は無責任だ、と書いたことがあります。これだけ多様化し成熟した社会で、「日本をどうする」といってできるものではない。個人や企業が努力して、その個が集まって全体が変わっていくというのが本筋だと思います。


山本梁介

お客様からのクレームを「ラッキーコール」と呼び、次の戦略や戦術を生み出すための大切な要素だと位置づけています。


益本康男

米国勢より値段が高くてもいいと言っています。米国の農家にとって、200馬力級のトラクターというのは、2台目のクルマを買うような感覚です。ブランドが浸透すれば、高くても売れるはずなのです。


山本徳次

この3月に名誉会長になりました。30代の初めから会社をやってきましたので、もう代わらなあかんなと。ただ、もう代わったんだからやかましいこと言うなと言われますけど、工場や店などの現場に顔を出すのは相変わらずですね。これは変わりません。ちょっとでも時間があったら現場に行かないと気が済まんのです。


住野よる

大人になってきて、正しいことを正しいと言い切れる強さが自分になくなってきたんです。「他の人から見たら正しいのかな?」と疑問が浮かぶ。それは他の人に対しても同じで、「なんでこの人たちは自分が正しいと信じ切ってるんだろう?」と疑問に思うことが多いんです。正しいと思っていたものが、実は正しくなかったかもしれない。その感覚を、ちゃんと書いてみたかった。