大島昭彦(経営者)の名言

大島昭彦(経営者)のプロフィール

大島昭彦、おおしま・あきひこ。日本の経営者。「あいホールディングス」社長。広島県出身。中央大学法学部卒業後、全国中小企業団体中央会勤務、ドッドウエル ビー・エム・エス取締役、ビーエム総合リース取締役、あい設計取締役などを経て、あいホールディングス社長に就任。

大島昭彦(経営者)の名言 一覧

新しいニーズを的確にとらえて、技術開発をしなければならない。


異業種との協業、現場第一主義の視点、その上で将来的なニーズを意識できるようになれば、成長が期待できる健全な経営が実現できる。


現場から「こんな機械が欲しい」という声が出たら、その声を的確に把握して、できるだけ早く開発部門に届けることが重要。


管理会社を通しても、最終的に管理組合がOKしないとセキュリティシステムは導入できません。ところがまとまった金額を使うことはなかなか管理組合では二の足を踏むことが多い。そこでレンタルにすれば初期投資は抑えられ、常に新しい機種に交換することも簡単なので管理組合の理解を得やすくなります。


防犯カメラでも、セキュリティー面からだけではなく、建築設計の立場からのアイデア、情報機器開発からのアイデアなどで、独自の製品開発ができるようになる。


特化して開発していると、専門バカになってしまう可能性がある。そこで、異業種の開発者と一緒になることで、ゼネラリストの視点で物事を考えることができるようになる。すると、専門領域だけの狭い視野では見えなかったことが見えてくる。


時代の変化の中で事業は大きく舵を切らなければならないときがある。それを成功させるのは、いつも技術開発であり、異業種との協業、それにM&Aで常に新しい血を入れること。


大島昭彦(経営者)の経歴・略歴

大島昭彦、おおしま・あきひこ。日本の経営者。「あいホールディングス」社長。広島県出身。中央大学法学部卒業後、全国中小企業団体中央会勤務、ドッドウエル ビー・エム・エス取締役、ビーエム総合リース取締役、あい設計取締役などを経て、あいホールディングス社長に就任。

他の記事も読んでみる

塙宣之

僕らの強みであり、他の芸人と圧倒的に違うのは、ネタがめちゃくちゃたくさんあること。舞台で漫才をやる回数も多いし、毎年の独演会に向けて新ネタも作っていますし、なにより「ヤホーで調べました」で始まる「言い間違い」「言葉ボケ」のフォーマットは、題材を入れ替えるといくらでも広げていくことができる。だから、同じ番組に20回呼んでもらったとしても、同じネタを1回もやらずに出演し続けられるんです。消費しても消費しても作ればいい。だから、ずっとテレビに出られるんですよ。


中嶋茂夫

実は素晴らしい知識や経験を持っているのに、自分自身がそれに気づいていない人は少なくありません。SNSを使うことで、そうした面がネット上で評価され、自分では気づかなかった長所を発見することもあり得ます。


ロナウジーニョ

まずチームを観察し、スタイルを真似た。次に彼らより少しだけ速く走り、少しだけ強く蹴り、少しだけ多くシュートした。それが出来たら、今度は自分のプレーをした。


井上亮(オリックス)

仕事をしていくなかで、わからない言葉や用語が出てくると思います。とくに若いころはいろいろと覚えなくてはならないことが多いものです。最近の若い人は、わからないことをわからないままで済ましてしまう。だから、ひとつの案件を担当しても、表面だけを見て、深く考えずに進めてしまう。運よく案件を成立させたとしても、知識やノウハウが蓄えられないので、次に同じような案件を任せられたときに上手く対応できないのです。


田中優子(江戸文化研究者)

多くの企業はすでに「AIで代替できる能力しか持たない人は要らない」と明言しています。AIに代替できない能力とは何か、大学も考えていかなくてはいけません。ただ、今、明らかにいえるのは、AIを管理する能力は必要だということです。そうであるなら、文系の学生であっても、少なくともAIの基礎については知る必要があります。その上で、人間としての思考力、判断力、決断力が求められる。それは若手であっても同じです。決断したことについては、責任を負いますから、その責任に耐えられるだけの精神力も求められるでしょう。


川野幸夫

一番大事なことはブレない経営哲学です。「売れればいい」「儲かればいい」ではなく、「何をすればお客様が喜んでくれるのか」。それを追求し続けることがヤオコーの存在理由であり目的です。


上田健一(経営者)

自分が部下だった時代、リーダーが独断でスケジュールを作成し、結果的に思わぬミスで遅延したことがありました。スケジュールを作成する際は、必ずメンバー全員の意見を聞くのが鉄則。


加藤俊徳

脳が肝臓や腎臓などと異なるのは、未完の臓器であり生涯成長し続けるという点です。


小久保裕紀

私の野球人生でみても、少年野球の頃から監督やコーチは怖い存在でした。でも、厳しく見てくれている人がいるからこそ、一所懸命練習に励むというものです。そもそも野球少年なんて、やんちゃな子ばっかりじゃないですか(笑)。「この人がいるから、しっかりやらないと」というように、「怖さ」を知っているかどうかで、身の入り方が全然違ってくるわけです。私が努力を重ね、プロの世界まで真っ直ぐ進むことができたのは、そういった怖い存在を持ち続けてきたからだと思います。


大山健太郎

うちは全国から採用していますが、社員には部活を一所懸命やった人とか、何かの組織でリーダーをやった人が多い。そうした活動を通して組織について実地に学んできた人の方が、学歴が高いだけの人よりも会社にとって魅力的な人材なのです。


鈴木喬(経営者)

同じことばかりやっていては、アイデアは出てこない。


和仁達也

いろいろな角度からものごとを見られると、顧客の悩みを言語化する際に役立ちます。そこでお勧めしたいのが、1つの課題に3つのゴールを設定すること。すると、多面的に考える習慣が身につきます。


杉野正

しなの鉄道のときには、社内に「打倒JR」「打倒、県企画局」などのビラも貼りました。目に見える形で、自分の意志を浸透させるためです。僕は自分の言葉にコミットしているから、目標を曖昧にせず、目的もしっかりと書いて貼っておく。口頭ならば言いっぱなしになりますから。その分大きなプレッシャーですけど。


福井正憲

ブランドは消耗品である。ブランドは守ってはいけない。育ててこそ、ブランドの価値が出る。


小林喜光

よく「歴史から学ぶ」っていいますけど、僕は歴史書はほとんど読みません。歴史は錆びついたものとしか思わないから。歴史を振り返るとそれに左右されて、時代を読む感性が研ぎ澄まされなくなる部分があるんじゃないかなと。


ページの先頭へ